廃車を検討されている方にとって、どの廃車買取業者を選ぶと一番高く愛車を買い取ってくれるのか?気になるのではないでしょうか。

廃車を予定している車の状態が、事故車や故障車、不動車などボロボロの車でも、廃車の買取は出来るの?動かない車や車検切れの車など、自走出来ない廃車の引取り費用や廃車の手続き費用はいくらかかる?など、廃車するにあたって不安や疑問をお持ちの方も多いでしょう。

こちらでは、廃車の引取り費用や廃車の手続き費用の負担がかからず、全国で廃車買取実績多数のおすすめの廃車買取業者をランキング形式でご紹介しています。廃車を検討されている方は、まずは無料査定で見積もりをとってみることをおすすめします。

廃車買取業者おすすめランキング

こちらでご紹介する廃車買取業者は、全国で廃車買取サービスを行っています。廃車の買取価格や、廃車引取りサービス、ユーザー評価が高いかどうかなど徹底比較し、おすすめ廃車買取業者をランキングにしてまとめました。出来るだけ愛車を高く売るには、複数の廃車買取業者で相見積もりをとってみることがおすすめです。

第1位 廃車買取のカーネクスト

廃車買取カーネクスト

お客様は、廃車手続きに必要な「車検証」などの書類を揃えるだけです。廃車にかかる「レッカー費用」や「廃車手続き代行費用」はカーネクストが負担してくれます。
古い車でも状態が良ければ、高価買取も期待できます。特にトヨタ車は値段が付きやすいケースが多くなっています。インターネットによる査定受付は24時間、電話受付は朝8時から夜10時までオペレーターに直接確認することができます。他社に比べても、朝早くから遅い時間まで問合せや見積査定依頼の対応をしてくれるので、お仕事や学校でなかなか時間がとれないという方にも査定を依頼しやすく、おすすめです。電話で査定をする場合は、手元に車検証等準備しておくとさらにスムーズに愛車査定を依頼することが出来るでしょう

今すぐ無料査定

廃車買取カーネクストの特徴とは

カーネクストは、全国対応の廃車買取業者です。全国約13,000社の車に関する業者と提携している最大手の廃車買取サービスとなっています。
廃車買取対象は、事故車や故障車、水害車や長期間放置されてボロボロの車など、どんな車も原則0円以上の買取保証です。
壊れて動かない車や、鍵がない車、車検切れ車もレッカーの引取費用無料で安心です。また廃車手続き代行も無料で、面倒な手続き代行も任せることが出来ます。

廃車買取カーネクストの概要

運営会社 |株式会社ラグザス・クリエイト
代表者  |代表取締役CEO 福重 生次郎
本社所在地|〒531-6131 大阪府大阪市北区大淀中1丁目1番30号梅田スカイビルタワーウエスト31階
対応地域 |全国対応(一部離島を除く)
受付時間 |8:00~22:00 (年中無休)
電話番号 |0120-997-864
古物商許可|大阪府公安委員会 第622172007374号

廃車買取カーネクストの口コミ

乗り換えを予定していたものの、下取り査定が思った金額が出なかったため廃車買取業者をいくつか見て、こちらには電話で査定を依頼しました。他社は実車査定があったものの、カーネクストは訪問査定がなく、不安もあったものの、電話口のオペレーターの方と金額のやり取りを行い、下取り以上の買取額がついたため依頼することにしました。電話口でお話した担当者の方が話しやすく、コミュニケーションを取ることが出来たので、安心して車の引き渡しも完了し、書類のアドバイスもいただいて廃車買取をしっかり完了することが出来ました。

第2位 廃車王

廃車王は、日本自動車リサイクル事業協同組合(NGP)の関連会社である株式会社NGPが運営しています。日本自動車リサイクル事業協同組合は、国内で唯一経済産業大臣認可を受けている事業協同組合で、人と車と地球にやさしい自動車リサイクル事業をおこなっています。全国のNGP加盟業者が地方毎の廃車王の担当店舗となっているため、地位密着型の廃車買取が可能になっています。NGP加盟業者は、自社に使用済自動車の適切な処理を行うことが可能な施設を保有するため、引取回収した廃車を解体しリサイクルパーツや鉄や非鉄金属を取り出し再利用しています。走行できない事故車、長期間放置していた不動車、エンジンやミッションが壊れている故障車、大雨などで乗れなくなった水没車や冠水車、古いボロボロの車なども買取対応しています。
廃車王は、地域密着型で直接お客様から車を買取るため、中間マージンが発生せずに高価買取が期待できます。また、どんな状態の車でも基本0円以上で買取を行ってくれるようです。

廃車王の特徴とは

廃車王は、中古車買取では査定が難しい古い車や事故車、いらない車を基本0円以上で買取しています。廃車手続きは無料で代行していて、引取の費用も原則無料です。
廃車王は全国のNGP加盟業者により地域密着業者になりますので、車の保管場所に近い業者が出来るだけ引き取りに来るので、引き取り手配が迅速です。エンジン故障車も引取可能ですが、状態次第で引取りトラックの手配が異なるため、前もって相談しておくと良いでしょう。

廃車王の概要

運営会社 |株式会社NGP
代表者  |代表取締役 佐藤 幸雄
本社所在地|〒108-0074 東京都港区高輪3-25-33長田ビル2F
対応地域 |全国対応
受付時間 |9:00~22:00
電話番号 |03-5475-1200
古物商許可|東京都公安委員会 第301090207822号
自動車リサイクル許可 引取業者| 20131004378

第3位 廃車ラボ

廃車ラボは、株式会社ECOLOGY SYSTEMが運営している日本全国対応可能な廃車買取業者です。不要になった車から事故車、動かない車、放置している車などの廃車買取を全国で行っています。廃車ラボは、事故車や故障車、不動車、放置車両、車検切れの車、鍵紛失の車、パンクしている車の引き取り対応も行っています。また、走行可能な車は持ち込みを行うと排気量別にキャッシュバックを受けれるお得なキャッシュバックキャンペーンが行われています。キャッシュバック金額は、1500ccまでなら3,000円、1501cc以上の車であれば5,000円~10,000円です。廃車ラボは、廃車にかかるレッカー費用や廃車手続き代行費用が無料なのでお金をかけずに廃車にすることができて、安心の廃車買取業者です。

廃車ラボの特徴とは

廃車ラボは、廃車買取した車の引取りや廃車手続きの代行、還付手続きを無料で行います。また廃車手続きの際には、まず廃車ラボに名義変更してから行うので万が一車で何かトラブルがあっても安心です。鍵を失くしてしまった不動車や、放置車両なども対応していますが、引き取り場所の駐車場等環境次第で承りが難しい場合もあります。ユーザーが対応することは、当日立会いと書類準備だけとなっており、負担が少なめです。廃車買取エリアは全国対応ですが、エリアによって廃車で引取出来る車の状況が異なることもあるため、まずは相談から行うことをおすすめします。

廃車ラボの概要

運営会社 |株式会社 ECOLOGY SYSTEM
代表取締役|南場 章
本社所在地|〒182-0036 東京都調布市飛田給1-2-2
対応地域 |全国対応
受付時間 |10:00~20:00
電話番号 |0120-114-161
古物商許可証|東京都公安員会 第303280907383号

第4位 日本廃車センター

日本廃車センターは、株式会社MICが運営している神奈川県横浜市にある廃車買取業者です。廃車買取地域は、主に関東(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬)を中心に強化しています。廃車買取対応は、関東地域以外も無料で査定可能です。廃車買取査定後に、引取当日買取価格を下げることはありませんので、安心して利用することができます。廃車するしかない大破した事故車や、フレームや車軸が曲がりまっすぐ走れない走行不良車、大幅に改造されている車、自然災害により浸水や冠水した車など廃車買取出来るか不安な車も買取対象です。また、外装は綺麗なものの過走行車、エンジン故障車、長期間乗っていない不要車など、中古車買取は付きづらい車も廃車買取査定が出来ます。

日本廃車センターの特徴とは

日本廃車センターは、買取した廃車から取り出した資源(鉄・スクラップ)の再利用、部品・パーツとしての再利用、中古車販売、中古車輸出などを行います。まだまだ乗れる自動車に関しては、整備点検を行いレンタカーで使ったりもしています。どんな車でも再利用をする事によって、収益を上げていますので、その一部をお客様への廃車買取価格として還元することが出来ていて高価買取を実現します。日本廃車センターと他社との違いは、お問い合わせから廃車の引き取りや手続き完了まで全て自社で行なっているという事です。複数の会社が関わると情報の共有が出来ていなかったりしてトラブルになるケースがありますが、日本廃車センターは自社だけで完結している為トラブルの心配も無さそうです。ただし、日本廃車センターは契約後にキャンセルした場合、キャンセル費用が発生するので注意が必要です。キャンセル費用は、契約後引取までの30日前が10,000円、7日前が15,000円、当日は20,000円となっています。

日本廃車センターの概要

運営会社  |株式会社 MIC
代表取締役 |増田 信夫
本社所在地 |〒224-0041 神奈川県横浜市都筑区仲町台1-27-20 プラザ仲町台
対応地域  |関東エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬)※その他のエリア要相談
受付時間  |9:00~19:00(年中無休)
電話番号  |0120-814-869

第5位 廃車ドットコム

廃車ドットコム

廃車ドットコムは、日本国内にある廃車のプロフェッショナルな自動車リサイクル業者や、廃車業者が参加しています。そのため、対応地域では使用済自動車の適切な処理が出来るリサイクル施設を保有した廃車買取業者が、廃車の引取りを承ることが出来ています。適切な処理が出来る廃車買取業者は、都道府県知事の認可を受けて解体業の許可を持って行っていますので、安心して廃車を依頼することが可能になっています。

廃車ドットコムの特徴とは

廃車ドットコムは、廃車や過走行車、放置車、車検切れの車、事故車、水没車など様々な状態の車を徹底的に解体し、パーツや鉄・非鉄金属等のスクラップ素材を取り出して、資源として再利用することが出来る仕組みとなっているため、どんな状態の車でも買取をつけることが出来ています。廃車の手続きは無料で代行を承っていて、廃車自体もインターネットからの申込が可能ですので、依頼されるお客様はご自宅でゆっくりすることが可能で来店の必要がありません。

廃車ドットコムの概要

運営会社  |株式会社廃車ドットコム
代表者   |代表取締役 友澤 聡介
本店所在地 |〒104-0061東京都中央区銀座六丁目6番1号
対応地域  |北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、富山、石川、福井、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島

廃車買取業者が廃車買取できる3つの理由

廃車というと、車検が切れて不要になった車や、故障などにより走行できない車をイメージされる方が多いでしょう。廃車前提の車となると中古車店では再販が難しいこともあり、買取がつかないと言われたり、買取自体を断られてしまうこともあります。なぜ、このように廃車前提の車でも廃車買取業者は買取をすることが出来るのでしょうか。
中古車買取店では0円査定だった車が、廃車買取業者では買取りがついたというこも多くあります。なぜ廃車買取業者は廃車の買取が出来るのか、3つの理由を解説します。

廃車から回収したパーツをリサイクル

廃車買取業者の多くは、自社または提携先に廃車を解体しリサイクルする設備や工場を保有しています。廃車買取をした車を引き取り後、解体するのですが、その時ただスクラップするわけではなく、再利用出来るパーツや素材は取り出して回収するのです。分解して取り出した一つ一つのパーツによって生産方法は異なり、整備点検と美化作業をして販売できるリサイクルパーツや、劣化した部分を別の部品と取り換えて、再度使用できるように作り直すリビルトパーツがあります。どちらもメーカーの修理工場や、部品販売店で売却をすることが可能で、修理時のパーツがすでに純正品の用意がないものや、高年式でリサイクルパーツが少なく高値で売却が出来るものなどあるため、リサイクルパーツは実は人気があり利益が出ています。中古車や中古車部品は海外でも人気のため、廃車買取業者の中には自社で独自の輸出販路をもつ業者もいます。高年式の新しい事故車などはパーツの価値が高く、需要と供給のバランスとしても需要が高いため、思った以上の価格で売れる可能性があげられます。特に事故車や故障車などの場合、修理が適わないこともありますが、リサイクルパーツの販路がある業者であれば廃車買取することが出来るのです。

廃車から鉄や非鉄金属スクラップを回収

廃車から回収し、再利用できるものはリサイクル出来るパーツだけではありません。実は、車を製造するときに使用されている鉄や非鉄金属は多く使われています。例えば、2014年に報告された自動車一台当たりにおけるアルミニウムの使用量は約170kgです。廃車から取り出した、鉄や非鉄金属(アルミニウムを含む)を溶解し、溶かしたあとに、冷やし四角く固めて移動しやすいようにしいます。金属素材は、資源であり自然資源は回収すればなくなってしまいますが、鉄・非鉄金属を取り出して溶解し、塊化したのち再度利用するため金属加工工場へリサイクル加工品(二次合金地金)として売却すれば、リサイクルも適うようになっています。

廃車でも海外では輸出中古車として活躍

走行距離が20万kmオーバーの車や、事故後の修復歴がある車は中古車市場ではマイナスイメージが先行し、なかなか高値での再販が適いません。ところが、エンジンなどの機関や走行自体は問題ない車であれば、走行距離が多い車や事故修復歴があっても海外でニーズがある場合は輸出中古車として売却出来る可能性が高くなっています。特に海外で人気のある、トヨタ車のカローラやハイエース等は、多走行車低年式車であっても、かなりの高額での再販が出来る可能性があります。このように海外の市場で人気の車に関しては、20万kmを超える車でも需要があり、輸出販路を持つ廃車買取業者は高い査定額を提示することが出来ます。日本では走行規制がある低年式のディーゼル車や、多走行車が多いと言われる商業車は、廃車買取業者で高く取引をされていることをご存知の方もいらっしゃるかもしれません。それは海外でも商用利用出来る耐久性の高い車として認知されているため、人気が高いからなのです。トラックやバンなど、商用車として使われている車は、中古車買取店でも買取がつきますが、輸出販路を持つ廃車買取業者とあわせて相見積もりをとって比べてみることをおすすめします。

廃車買取業者に依頼する時の3つのポイント

廃車をするためにお金を払うのではなく、廃車は売ることが出来る理由をご紹介しました。こちらでは、実際に廃車買取業者に廃車を売却することになった時、依頼する時に注意しておくべきポイントを3つご紹介します。
前述したおすすめの廃車買取業者は、過去の廃車買取実績も多く安心して任せることができる業者ばかりとなっていますが、スムーズに廃車を完了するための注意点として、参考にご覧ください。

1.廃車手続きの必要書類を事前にチェックしておく

廃車買取業者によっては廃車手続きの代行をしてくれる業者もいます。その際の廃車手続き費用は業者次第にはなります。このように廃車手続きの代行を依頼する場合でも、必要な書類の準備は廃車を依頼する所有者が行います。廃車手続き代行はしておらず、廃車の車輛解体のみを行っているという業者もいますので、その場合は書類の提出を業者にする必要はありませんが、廃車解体後廃車手続きをご自身で行う必要がありますので、廃車を完了するには書類の準備は必ず必要になります。

廃車手続きに必要な書類は、普通車であれば車検証の原本と所有者の印鑑登録証明書と実印の準備が必要です。また、軽自動車なら車検証と認印となります。廃車に必要な書類を、所有者が揃えるにあたって注意すべきポイントが3つあります。

  1. 車検証に記載登録されている所有者は、依頼者ご本人になっているか確認します。
    ローン会社やディーラーになっている場合、書類上の現所有者はローン会社やディーラーとなり、必要な書類を取得しなければいけません。ローン会社やディーラー名義になっている場合、書類の取得のために残債確認などの行程が増えるため書類取得まで日数がかかることもあります。なお、ローンが完済していない場合は、基本的に所有権を解除することが出来ないため、廃車に必要な書類を取得できず車を売却できないケースがあります。
  2. 普通車の廃車をする場合、所有者自体は本人であってもお名前や登録住所が現住所やお名前と違う場合、追加での必要書類を集める必要があります。その際に必要な書類は、車検証と印鑑証明書記載の住所または氏名の変更履歴がわかる公的書類です。転居一回であれば基本的には住民票が、お名前が一度変更されていれば戸籍謄本が必要となります。もしも車検証を見て異なっていると気づいたら、まずは廃車買取業者に事前相談しましょう。
  3. 印鑑証明書の取得日を確認しましょう。普通車の場合、所有者の印鑑証明書と実印が必要です。印鑑証明書の有効期限は3か月です。もしも、運輸支局で手続きをする日が3か月を超えてしまいそうなら、早めに新しい印鑑証明書を取得しておくべきでしょう

2.廃車買取業者に車両情報を正確に伝える

こちらでご紹介しているおすすめの廃車買取業者は、基本的に廃車引取りの費用無料、または格安に設定されている業者ばかりです。故障車や事故車など、動かない車の場合も車の保管場所まで直接引取に来てもらうことが出来ます。持込ではなく廃車引取の依頼をする必要がある車の場合は、廃車買取業者に車の状態を聴取されます。車の自走可否はどうか、車検は残っているかなど聞かれたときに答えられるように準備しておきましょう。自走可能と回答し車検の有効期間が残っている車の場合は、ドライバーが二人きて自走で乗って帰ることもあるかもしれません。ローダー積み込み程度走るのであれば、セルフローダー車で引き取りに来られることもありますし、完全不動車と回答した場合はユニック車で吊り上げ作業が出来るトラックで引取りに来られることもあります。

車両の状態によって引取り方法は異なりますので、自走可否の状態について正確に伝えましょう

3.廃車買取業者に3つの還付金について確認しよう

普通車を廃車にするには、管轄の運輸支局で抹消手続きを行います。抹消手続きは2種類あり、一時的に使用を中断する一時抹消登録と、廃車解体を終えてから行う永久抹消登録があります。永久抹消登録をすると3つの還付金を受けることができます。

  1. 自動車税の還付
    ※残念ながら軽自動車は還付が受けれません
  2. 重量税の還付
    ※運輸支局で廃車手続きを完了した日から車検の残存期間までが一か月以上あれば還付を受けとることが出来ます
  3. 自賠責保険料の還付
    ※自賠責保険は強制保険で、車検期間をカバーできるよう入っておかないといけません。廃車時にもしも自賠責有効期間が1カ月以上あれば返戻金が戻ります。

廃車買取業者の買取査定時に、上記3つの還付金のうち重量税、自賠責保険料を廃車買取価格の中に含んで提示しているケースが多くなります。
なお3つの還付金の中で、廃車のタイミング次第で一番高額な還付となるのは自動車税です。特に排気量が大きい2500ccクラスの車の場合は、自動車税が年間6万円程度かかります。仮に7月に廃車にすると、8月~翌年3月までの8カ月分の自動車税が還付されるため、3万円~4万円程度の還付金を受けることができます。廃車依頼をしてから還付金の話を聞くのではなく、成約前に確認をしておくようにしましょう。

廃車買取業者ランキングまとめ

全国対応しているおすすめの廃車買取業者をランキング形式でご紹介しました。廃車買取業者のなかでも海外輸出販路をもつ業者や、リサイクルに特化した廃車買取業者であれば、買取査定がプラスにつきやすい傾向です。特にご紹介したランキング1位の廃車買取のカーネクストは、全国に廃車やリサイクルなど車に関する提携業者があります。廃車買取後の販路が多く、車としてや部品の再販ができるという強みを生かし、どんな車でも買取出来る仕組みとなっています。廃車先に悩んでいる方や、廃車買取で出来るだけ高く売りたいという方は、一度無料査定を受けてみてはいかがでしょうか。

廃車買取カーネクスト

今すぐ無料査定

全国の廃車買取業者と廃車買取情報まとめ一覧

全国の廃車買取おすすめ業者や、廃車買取に関するお得な情報を47都道府県別にまとめています。

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 | 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 山梨県 長野県 | 富山県 石川県 福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 | 滋賀県 京都府 兵庫県 大阪府 奈良県 和歌山県 | 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 | 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県