廃車買取おすすめ業者ランキング、廃車買取の評価まとめ

廃車買取業者の中で一番高く買い取ってくれる業者は?

どんな状態の車(故障車や不動車、車検切れの車など)でも本当に買いとってくれるの?
廃車引取りや廃車手続きの費用はいくらかかるの?
廃車にする際にいろんな不安や疑問があると思います。
こちらでは廃車買取実績が多く信頼できる業者さんをランキングでご紹介させていただきます。
少しでも高く車を廃車にしたい方は、複数の廃車買取業者に見積を取ることをおすすめします。

廃車買取業者おすすめランキング

廃車買取業者の廃車買取価格や引き取りサービスなどを徹底比較し、オススメをランキングにしてまとめましたのでご紹介します。

第1位 廃車買取のカーネクスト

廃車買取カーネクストは、全国で廃車買取サービスを行っています。
カーネクストでは、様々な車を買取ってくれます。
例えば

  1. エアバックが開いた事故車
  2. エンジンが故障した故障車
  3. カギを紛失した車
  4. 10年以上放置していた不動車
  5. 車検が切れた車
  6. 冠水車や水没車
  7. 改造車
  8. 遺産案件の車
  9. サビでボロボロの車
  10. 低年式・過走行の車
  11. 他社で断られた車

再販が難しいような車でも「ランドクルーザープラド」や「アルファード」などのトヨタ車は需要があるので高価買取が期待できます。
廃車にかかる「車引取りレッカー費用」「廃車手続き代行費用」は、カーネクストが負担してくれるので無料です。
必要書類を準備するだけカーネクストが廃車にしてくれます。
朝8時から夜10時まで年中無休で問合せることができるので忙しい方でも問合せることができます。
電話受付時間帯に問合せができない方でもフォーム入力から簡単に問合せることができるので安心です。

カンタン20秒で入力完了!
無料見積はコチラ

◇全国対応の廃車買取カーネクストの特徴

  1. どんな車でも0円以上の買取を保証してくれる
  2. 不動車、事故車などのレッカー引き取り代が無料
  3. 陸運局での廃車手続き代行費用が無料
  4. 電話一本、ネット一つで簡単に査定が出来る
  5. ディーゼル車や商業車は高価買取
  6. ボロボロの廃車でも買取してくれる
  7. 廃車買取エリアは全国対応

廃車に困ったら、廃車買取のカーネクストに相談するとよいでしょう。
廃車買取カーネクストと契約後にキャンセルした場合、キャンセル費用が発生するので注意が必要です。
◇廃車買取カーネクストのキャンセル費用
お客様都合でキャンセルした場合:30,000円
◇廃車買取カーネクストの評価まとめ
カーネクストは、廃車の買取価格も高く、廃車の引取りや手続きなどにかかる費用も一切無料というサービスがユーザーから支持されている理由のようです。
廃車買取業者の最大手で安心できる業者さんです。

◇本社所在地
〒531-6131 大阪府大阪市北区大淀中1丁目1番30号 梅田スカイビルタワーウエスト31階
◇対応エリア
全国対応
◇受付時間
8:00~22:00 (年中無休)
◇電話番号
0120-997-864

廃車買取カーネクスト
廃車買取カーネクスト

カンタン20秒で入力完了!
無料見積はコチラ

第2位 廃車王(経済産業大臣認可)

廃車王は、NGP日本自動車リサイクル事業共同組合の関連会社になります。
国内で唯一の経済産業大臣認可を持つ廃車買取サービスを行っています。
全国に約150店舗のNGPグループが使用済み自動車を適正処理し、リサイクルパーツや部品に再利用するなど自動車リサイクル事業を通じて地球環境保護に貢献しています。
廃車王は、地域密着型で直接お客様から車を買取るのでマージンが発生せずに高価買取が期待できます。
どんな状態の車でも基本0円以上で買取を行ってくれます。
◇廃車王の買取事例

  1. 走行できない事故車
  2. 長期間放置していた不動車
  3. エンジンやミッションが壊れている故障車
  4. 長期間乗っていない車
  5. 大雨などで乗れなくなった水没車や冠水車
  6. 古いボロボロの車

◇廃車王の特徴まとめ

  1. 古い車や事故車、いらない車を基本0円以上で買取
  2. 地域密着業者が引き取りに来るのですぐに引き取り
  3. 廃車手続きも無料で代行
  4. 引取料は原則として無料
  5. エンジンが壊れている車でも引き取りOK
  6. 即現金化対応

◇代表取締役
佐藤 幸雄
◇会社名
株式会社NGP
◇本社所在地
〒108-0074 東京都港区高輪3-25-33長田ビル2F
◇事業内容
廃車買取・車の解体業・リサイクル業
◇電話番号
03-5475-1200

第3位 廃車ラボ

廃車ラボは、不要になった車から事故車、動かない車、放置している車などの廃車買取を全国で行っています。
◇廃車ラボの買取事例

  1. 事故車
  2. 不動車
  3. 故障車
  4. 放置車両
  5. 車検切れの車
  6. 鍵紛失の車
  7. パンクしている車

走行可能な車は、持ち込みを行うと排気量別にキャッシュバックを受けれるのでお得です。
◇キャッシュバック金額

  1. 1500ccまで車:3,000円
  2. 1501cc以上の車:5,000円~10,000円

廃車ラボは、廃車にかかるレッカー費用や廃車手続き代行費用が無料なのでお金をかけずに廃車にすることができます。
◇廃車ラボの特徴まとめ

  1. 車引取り無料
  2. 廃車手続き無料
  3. 還付手続き無料
  4. 廃車の手続きは、廃車ラボに名義変更してから行なうので安心
  5. 不動車や放置車両などにも対応OK
  6. 当日は立会いと書類準備だけなので楽チン
  7. 廃車買取エリアは全国対応

◇代表取締役
南場 章
◇会社名
株式会社 ECOLOGY SYSTEM
◇本社所在地
〒182-0036 東京都調布市飛田給1-2-2
◇事業内容
中古車の販売買取廃車・車検整備・自動車保険・板金塗装
◇許可など
東京都公安員会 第 303280907383 号
◇電話番号
042-444-7106

第4位 日本廃車センター

日本廃車センターは、株式会社MICが運営している神奈川県横浜市の廃車買取業者です。
主に関東(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬)を中心に廃車買取強化を行っています。
関東地域以外も無料で査定を行ってくれます。
査定後に現地で買取価格を下げることはないので安心して利用することができます。
◇日本廃車センターの買取事例

  1. 大破した事故車
  2. まっすぐ走れない走行不良車
  3. 改造されている車
  4. 自然災害で浸水・冠水した車
  5. 過走行車
  6. エンジンが壊れている故障車
  7. 長期間乗っていない不要な車

日本廃車センターと契約後にキャンセルした場合、キャンセル費用が発生するので注意が必要です。

◇日本廃車センターのキャンセル費用

  1. 30日前:10,000円
  2. 7日前:15,000円
  3. 当日:20,000円

日本廃車センターは、お客さんから買取した廃車を資源(鉄・スクラップ)の再利用、部品・パーツとしての再利用、中古車販売、中古車輸出などを行っています。
まだまだ乗れる自動車に関してはレンタカーで使ったり、どんな車でも再利用をする事によって収益を上げています。
その一部をお客さんへの廃車買取価格として還元することで高価買取を実現しています。
◇日本廃車センターの特徴まとめ

  1. パーツや部品の再利用
  2. 鉄スクラップなどの資源再利用
  3. 海外の独自販売ルートへ輸出

日本廃車センターと他社との違いは、お問い合わせから廃車の引き取りや手続き完了まで全て自社で行なっているという事です。
複数の会社が関わると情報の共有が出来ていなかったりしてトラブルになるケースがありますが、日本廃車センターは自社だけで完結している為トラブルの心配も無さそうです。
◇代表取締役
増田 信夫
◇会社名
株式会社 MIC(ミック)
◇本社所在地
〒224-0041 神奈川県横浜市都筑区仲町台1-27-20 プラザ仲町台
◇事業内容
廃車買取
◇対応地域
関東エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬)
※その他のエリア要相談
◇電話番号
0120-814-869
年中無休 9:00~19:00

第5位 廃車無料ドットコム

廃車無料ドットコム

廃車無料ドットコムは、ネーミングの通り、どんな廃車でも無料で引き取りや手続きをしてもらえるという安心感がある業者です。
◇廃車無料ドットコムの買取事例

  1. 20年以上古い車
  2. ハンドルがきかない走行不良車
  3. 浸水・冠水した車
  4. 放置されている不動車
  5. 車検切れの車
  6. ミッションが壊れている故障車
  7. 長期間乗っていない不要な車
  8. エアバックが開いた事故車
  9. ディーゼル車

不要となった車を高く売りたいと思う方もいれば、後々のトラブルなども聞くしとにかく無料を保証してくれる業者さんにしたいという方もおられるかもしれませんね。
廃車を無料で費用をかけずにする場合はオススメです。
◇廃車無料ドットコムの特徴まとめ

  1. どんな車でも廃車費用は完全無料
  2. 廃車手続き、引き取り費用が無料
  3. 不動車や事故車のレッカー引き取り代も無料

◇代表取締役
池本 篤
◇運営会社
廃車無料ドットコム
◇所在地
〒599-8121 大阪府堺市東区高松72-2
◇事業内容
廃車・事故車買取り/海外輸出販売 等
◇電話番号
0120-953-298

全国の廃車買取業者まとめ

全国47都道府県の廃車買取おすすめ業者をまとめました。

廃車買取業者を探す

◇北海道・東北エリア
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

◇関東・甲信越エリア
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 山梨県 長野県

◇中部エリア
富山県 石川県 福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県

◇近畿エリア
滋賀県 京都府 兵庫県 大阪府 奈良県 和歌山県

◇中国・四国エリア
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県

◇九州・沖縄エリア
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

廃車買取業者が高く買い取れる理由

廃車といえば、その文字の通り廃棄車両ですよね。
Wikilediaで調べて頂いても同じ様に書かれています。
廃棄するような車でも何故高くで買い取ってもらえるのでしょうか?
廃車なので買取してもらえないと思っていたものが買取をしてくれるとなると嬉しいですが、本当に大丈夫?と不安を感じる方もおられると思いますので、廃車買取業者が何故買取りができるかの理由についてご説明いたします。

廃車買取業者はパーツとして販売する

廃車買取業者は、ユーザーさんから買い取った廃車を一つ一つのパーツに分解して販売しています。
車種や年式によって、国内の市場でパーツを販売する場合もあれば、海外へ輸出する場合もありますが、廃棄車両であっても価値がある場合があるんですね。
廃車でも買取業者が高く買える車種として、パーツが高くで売れる車が挙げられますが、年式が新しい車などは廃車になるケースが少ないので一つ一つのパーツの価格が高いのです。
したがって、事故車などの場合でもパーツが高く売れるから高価買取ができるのです。

廃車買取業者は鉄・スクラップとして販売する

自動車は言ってしまえば鉄の塊ですよね。
1tを超える重量がありますので、鉄やスクラップの資源として販売することでも収益を得ることが出来ます。
廃車買取業者は、ユーザーさんから廃車を引取った後に、売れるパーツを外してスクラップとして販売します。
このときにプレス(四角い鉄の塊)にしてから販売するのです。

廃車買取業者は廃車を海外へ輸出する

廃車といってもエンジンが元気でまだまだ走る車の場合、古い車や走行距離が多い車であっても海外でニーズがある場合があります。
特に、トヨタ車のカローラやハイエース等は、海外で非常に人気のある車として知られています。
海外の市場で人気の車に関しては、10万kmを超える廃車であっても高値で取引されているケースが多く、廃車買取業者にも高く買い取ってもらえる可能性があります。
尚、ディーゼル車や商業車が廃車でも高く取引をされているのは、海外へ輸出された後に海外でも商業用として活躍することで、お金を生む自動車となるからなんです。
トラックやバンなど、お仕事で使われている車は、廃車買取業者によって高価買取も見込めるわけですね。

廃車買取業者に依頼するときの3つの注意点

最近では、廃車を売る時は廃車買取業者に売却するケースが増えています。
20年以上前は新車も中古車も買うのも売るのもディーラーという時代から、車買取専門店が増えてきた20年前ころから中古車を売却したり購入するときは中古車買取専門店や中古車販売店を使用するユーザーが増えました。
そして最近では廃車にする場合は廃車買取業者に依頼するケースが増えてます。
基本的には廃車買取業者は年間の取扱台数も多く、安心して任せることができる業者だと思いますが、その状況でも注意すべき点についてご紹介します。

廃車手続きの必要書類を事前にチェック

廃車買取業者に売却するときは基本的に車検証や所有者などの必要書類が必要となります。
廃車買取業者の中には「必要書類は不要です」と言われる業者もあるかもしれませんが、普通に考えて書類がなければ誰の車なのか分からないわけですから、その様な業者に依頼するのはやめておいた方がよいでしょう
廃車手続きに必要な書類は、普通車なら車検証や所有者の印鑑証明書など、軽自動車なら車検証と認印となりますが注意すべき点は以下の3点となります。

  1. 所有者はローン会社になっていませんか?なっている場合はローン会社から印鑑証明書などの書類を取り寄せなければなりません。なお、ローンが完了していない場合はローン会社より印鑑証明書などの書類を取り寄せることができないことが多いため、廃車にすることができないケースがあります。
  2. 普通車の場合、車検証と印鑑証明書が必要となりますが、氏名や住所は同じですか?引っ越しなどをしている場合は車検証と印鑑証明書の住所が異なると思います。この場合は、住民票などが必要となりますが廃車買取業者に必ず事前確認しましょう。
  3. 印鑑証明はいつ取得されましたか?印鑑証明書の有効期限は3か月です。それ以上経過している印鑑証明書は使用できません。

廃車買取業者に車両情報を正確に伝える

こちらで紹介させていただいた廃車買取業者は、基本的に廃車引取り料金は無料だと思います。
故障車や事故車などで不動車の場合も無料で引き取ってくれます。
廃車買取業者に廃車の依頼をする際は必ず車の自走可否について聞かれます。
その際に、自走可能と回答した場合は積載車で引き取りに来られると思いますし、不動車と回答した場合はレッカー車やユニック車で引き取りに来られると思います。

車両の状態によって引取り方法は異なりますので、自走可否の状態について正確に伝えましょう

廃車買取業者に3つの還付金について確認しよう

廃車にするということは陸運局で抹消登録をすることをいい、抹消登録をすることで3つの還付金を受けることができます。

  1. 自動車税の還付(残念ながら軽自動車は還付が受けれません)
  2. 重量税の還付(車検を取得した時に自家用車であれば24か月分を先払いしている為、車検の残り期間によって還付を受けれます)
  3. 自賠責保険料の還付(車検を取得した時に自家用車であれば24か月分を先払いしている為、車検の残り期間によって還付を受けれます)

廃車買取業者のほとんどは、3つの還付金のうち重量税、自賠責保険料を廃車買取価格の中に含んで買取をするケースが多いのですが、自動車税は別途還付されるケースがほとんどです。
なお3つの還付金の中で一番高額になるのが自動車税。
排気量が大きい2500ccの車の場合は年間6万円程度かかりますが、仮に7月に廃車にすると8月~翌年3月までの自動車税が還付されるため3万円~4万円程度の還付金を受けることができます。
結構、高額になりますよね。還付金のうち特に自動車税はきっちりと確認されることをおすすめします

廃車買取業者ランキングまとめ

廃車買取業者ランキングをご紹介しましたが、ニーズにあった業者さんは見つかりましたでしょうか?
全国対応をしている業者さんの場合、多くの海外業者との取引があるケースもあります。
また、ランキング1位の廃車買取のカーネクストは、全国の提携業者を持っており、複数の業者さんの強みを管理し、ユーザーさんに提供していることによって、どんなニーズにでも応えられるサービスとなっています。

 

おすすめ廃車買取業者【全国版】へ戻る  

廃車買取業者おすすめランキングへ戻る

改造車は車検に通るの?意外と知らない公道を走れる車の基準をご紹介!

改造車は車検に通るの?意外と知らない公道を走れる車の基準をご紹介!

車好きの方であれば、マフラーを変えたり車高調したりなど、車をいじりたいと思っているのではないでしょうか。

自分でいじれば車の知識もつきますし、さらに愛着も湧くことでしょう。

 

しかし改造車の中には車検に通らないものも存在します。

ヘッドライトの微妙なズレや車の高さ、タイヤのはみ出し具合など、車検の基準は意外と細かくあるのです。

せっかく自分の車を改造車にしても、公道を走れなければ意味がありません。

そこで今回は、どのような改造車が車検に通らないのかや、車検の基準についてご紹介していきます。

ひと言に改造車といっても種類はさまざま

ひと言に改造車といっても、その種類はさまざまです。

排気量を変更するボアアップや後部座席を取り除いての乗車定員の変更、マフラーを社外品に変えるなど大掛かりな改造から簡単にできるものまで数多く存在します。

 

そして自分でいじってしまったことにより、車検に通らなくなってしまう場合もあるのです。

車検に通らない車にしてしまった場合、違法改造に該当します。

定義が曖昧な部分のある改造車ですが、この記事では車をいじった場合についてご説明したいと思います。

車検に通るかどうかは保安基準に沿っているかで決まる

先ほどから違法改造車は車検に通らないとお伝えしていますが、そもそも車検に通らないとはどういう意味なのでしょうか。

車には保安基準という決まりがあります。

保安基準に適合していなければ公道を走ることができず、車検にも通りません。

 

つまり車検では、検査を受けにきた車が保安基準に適合しているかどうかを確認しているのです。

保安基準は細かい取り決めが多く、一般の方が全てを理解するのは難しいといえるでしょう。

改造車に乗りたいのであれば、改造する部分の保安基準を確認し、改造することで違法改造車になるのを防ぐ必要があります。

 

しかし逆に考えると、保安基準に適合すれば改造してもいいのです。

タイヤのインチアップやマフラーを社外品に交換する場合でも、保安基準は必ずあります。

保安基準の範囲内であるかどうかをまず調べ、範囲内であれば改造しても大丈夫です。

そして保安基準には車の年式によって変わるものもあります。

去年までの年式の車なら保安基準に適合するのに、今年から販売されている車は適合外の場合もあるため注意しましょう。

車検の時だけ純正に戻せばいいわけではない

新車の場合を除き、基本的に自家用車の場合は2年ごとの車検となります。

違法改造車かどうか確認するのは車検の時だけだから、車検を受ける際だけ純正品に戻せばいいや、と考えている方もいるかもしれません。

車検の時だけ純正品に変えればいいやと思うのは間違ってますし、このように考えるのはやめましょう。

 

まずなぜ保安基準があるのかを考える必要があります。

保安基準とは車の安全性能を保つためや、他の人の迷惑にならないために存在しています。

違法改造をするということは、安全性能を低下させる恐れがあるだけでなく、他の人も迷惑になってしまう可能性もあるということなのです。

 

また車の違法改造の取り締まりは、車検の時だけではありません。

公道を走っている場合でも警察の取り締まりは行われており、怪しい車は停められ取調べを受ける可能性が高くなります。

 

そして本当に違法改造していれば、元に戻すように命じられます。

もし命令に従わない場合、車両の停止命令が出されたり、50万円以下の罰金が課される場合もあるのです。

意外と知らない改造車に関する基準を2つご紹介!

ここまで違法改造についてお話ししましたが、改造車の保安基準は数多くあります。

そして、こんなことでも違法改造に該当するのか、というような細かな取り決めもあるのです。

 

では意外と知らない、改造車に関する取り決めを2つご紹介していきます。

フェンダーからのホイールはみ出し

フェンダーからはみ出たホイールは、違法改造車になってしまいます。

車の保安基準では、フェンダーからホイールがはみ出さないこととあるように、タイヤのはみ出しを禁止しているのです。

 

実はこの基準は最近変更されたもので、2017年まではフェンダーからタイヤがはみ出してはいけないという決まりがありました。

その決まりが2017年6月に改定され、タイヤではなくホイールのはみ出しと変更されたのです。

そうなるとタイヤは、はみ出してもいいのか、という疑問が生まれると思います。

 

タイヤはフェンダーから10㎜以内であれば、はみ出してもよいとされています。

そもそもなぜフェンダーからタイヤがはみ出すことに、そこまで厳しい決まりを設けているのでしょうか。

その答えは、タイヤによって弾き飛ばした小石などが歩行者にあたると、大ケガを負わせてしまう可能性があるからなのです。

 

タイヤはものすごい速さで回っています。

そのタイヤに物がぶつかると、回転力で弾き飛ばします。

何もない場所であればいいですが、街中では歩行者がたくさん歩いていますし、多くの車が走行しており、いくら小さい小石でも高速で飛んでくれば大事故に発展しかねません。

そのためこのような決まりが設けてあるといえるでしょう。

 

ではどんな場面でこの基準に引っ掛かる恐れがあるのでしょうか。

純正では保安基準に引っ掛かることはまずありません。

しかしタイヤのインチアップやスペーサーを入れタイヤの位置を変えることで、これらの基準に引っ掛かる恐れがあります。

スポーツカーなどに乗られている方であれば、純正のタイヤよりも大きくし見た目を良くしたいと思うことでしょう。

しかし気を付けないと、保安基準を違反することになるため注意が必要です。

灯火の色変更

次に灯火類、つまりライトの色についての注意点です。

保安基準には各ライトの色が設定されています。

設定されている以外の色のライトを使用すると、違法改造車に該当し警察から指導を受けます。

 

では保安基準で決められているライトの色とはどのような規定なのでしょうか。

保安基準で定められているライトの色は以下の通りです。

  1. ヘッドライト:白色
  2. スモールライト:白色または淡黄色、橙色
  3. ウインカー:橙色
  4. フォグランプ:白色または淡黄色
  5. バックランプ:白色
  6. ブレーキランプ:赤色

このように各ライトには色の規定が存在します。

オシャレだからとヘッドライトを青に変えたり、赤に変えたりすると保安基準違反となり、車検には通りません。

また赤色の灯火は車の後ろにしか使用することができないため、デイライトなどのような色が決められていないライトでも赤は使用できないのです。

この背景には、「赤=車の後ろ」という決まりを作り、ブレーキなどのようなぶつかる危険のあるタイミングを知らせる役割を持たせているからなのです。

ヘッドライトを交換するのは違法改造ではありませんが、決められた色以外を使用しただけで違法改造車に該当するため注意しましょう。

まとめ

車をいじれば改造車といえるのではないでしょうか。

改造車の定義は人それぞれですが、例えばヘッドライトを社外品に変えただけでも改造にあたります。

改造をしても保安基準に適合していれば申請などは必要なく、個人個人が自由に行うことができるのです。

しかし自分で改造するためには注意が必要となります。

保安基準を知らなければ、悪気がなくても違法改造に該当し車検に通らないばかりか、公道を走っているだけで警察に止められてしまいます。

そして個人間での車の取引では、違法改造車であることも少なくないため、中古車の購入に失敗したくないのであれば信頼できる中古車ショップで購入することをオススメします。

 

 

くるまのニュース一覧へ戻る