廃車買取 岩手県のおすすめ業者BEST6

岩手県の廃車買取業者は本当にどんな状態の車でも高く買い取ってくれるの?
廃車手続きや引取りにかかる費用はいくらくらい?

岩手県は多くの廃車買取業者があり、自動車解体業者や輸出業者、中古車販売業者など、廃車同然の車や事故車でも買取を対応している業者が数多くあります。
しかし、その中には廃車引取りや手続きなどの費用がかかる業者も多く、廃車買取価格も業者によってまちまちです。
こちらでは、岩手県で廃車買取業者に廃車を依頼する際に安心して依頼できる業者さんをご紹介します。

岩手県内の廃車買取業者
盛岡市宮古市大船渡市花巻市北上市久慈市遠野市一関市陸前高田市釜石市二戸市八幡平市奥州市滝沢市

岩手県の廃車買取業者ランキング

岩手県の廃車買取業者は主に自動車解体業者、中古車輸出業者(部品取扱業者)ですが、外国人の事業者も多いです。
岩手県で廃車買取業者に廃車の依頼をする方は、どこの業者に依頼するのが良いのか分からない方も多いと思います。
こちらでは、ユーザーの口コミや評判などを集計し岩手県でおすすめの廃車買取業者をご紹介します。

第1位 岩手県の廃車買取のカーネクスト

岩手県の廃車買取を行っているカーネクストは、廃車同然の車や大きな事故車などでも買取している業界トップの廃車買取業者です。

  1. どんな車でも0円以上の買取保証付き!
  2. 不動車でもレッカー引取料など無料!
  3. 廃車手続きなどの面倒な手続きも代行!
  4. 他社で「0円」と言われた車でも買い取ってもらえる可能性あり!
  5. 国内外に独自販売ルートを保有している

岩手県廃車に困ったら、廃車買取カーネクストに相談するとよいでしょう。

廃車買取カーネクスト
廃車買取カーネクスト
カンタン20秒で入力完了!
無料見積はコチラ

第2位 株式会社ギコー 盛岡支店

株式会社ギコーは岩手県盛岡市にあります。
普通自動車・軽自動車の廃車予定の車や中古車の買取、またトラックや重機、農機など特殊車輌の買取を行っています。
事故車など走行不能の車も引取対応も、専用の引取りトラックがあるため可能になっています。
事故で不動の車やヘコミがある車、低年式で過走行な車など中古車買取店では買取がつかないことが多いのですが、株式会社ギコーでは自動車解体施設を保有しているため、車の本体・パーツ・素材に価値をつけて買取が出来るようになっています。

◇所在地
〒0200143 岩手県盛岡市上厨川野子 上厨川字野子123-1

◇対応エリア
岩手県エリア

◇受付時間
8時30分~18時00分

◇電話番号
0120-882-815

株式会社ギコーの口コミ
見積もりや廃車手続き、引き取り当日のレッカー費用などすべて無料で対応してもらえて助かりました。

第3位 株式会社サンケイ商会

株式会社サンケイ商会は岩手県胆沢郡の自動車解体業者です。
車検が切れて乗らなくなった不要車や、事故を起こして不動になってしまった車など愛車の引き取り買取を行っています。
岩手県知事より自動車解体の認可を受けた業者ですので、廃車のご依頼をいただいた車の適正な処理を行います。
不要車から取り出した中古車部品の販売で利益をだせるため、故障車や事故車も買取をお付けすることが出来ています。

◇所在地
〒029-4503 岩手県胆沢郡金ケ崎町西根中荒巻21−1

◇対応エリア
岩手県エリア

◇受付時間
8時30分~17時00分

◇電話番号
0120-41-4543

株式会社サンケイ商会の口コミ
長年乗っていて、年式も古く、動くもののエンジンがうるさい軽トラだったが、買取金額をつけて引き取ってくれた。

第4位 廃車ドット・コム盛岡店

廃車ドット・コム盛岡店は岩手県紫波郡の廃車買取業者です。
不要になった車、低年式の車や不動車、事故車などの引き取り買取を行っています。
ディーラーの下取りでは査定がつかなかった車も、廃車ドットコム盛岡店なら買取が可能です。
それは、廃車ドットコム盛岡店はリデュース、リユース、リサイクルの3Rを行っており、
廃車の車の細部に至るまで価値を活かして買取をすることが出来るからです。

◇所在地
〒028-3601 岩手県紫波郡矢巾町高田第11地割24−1

◇対応エリア
岩手県エリア

◇受付時間
9時00分~17時00分

◇電話番号
0120-814-565

廃車ドットコム 盛岡店の口コミ
知人の紹介で車の廃車をお願いしました。
もともと車の買い替えを予定していたので、下取りでもよいかと思いましたがディーラーに査定不可といわれてしまったため、こちらに相談したところ買取をつけてもらえて決めました。

第5位 岩手ニコーリサイクルセンター

岩手ニコーリサイクルセンターは、岩手県一関市で廃車買取業者です。車体整備店も行っております。
廃車予定の車や、事故車などの不動車の引き取り買取を行っています。
自社保有のリサイクル施設で引取りを行った自動車から活かせるパーツを取り出し、品質テストを合格した部品は、リサイクルパーツとして販売しています。また、鉄・非鉄金属も再資源化し金属工場へ売却しています。
車の状態に関わらず本体に価値があるため、査定の金額を下げることなく買取をすることが出来ています。

◇所在地
〒029-3101 岩手県一関市花泉町花泉林ノ沢17−25

◇対応エリア
岩手県エリア

◇受付時間
9時00分~17時00分

◇電話番号
0120-814-565

岩手ニコーリサイクルセンターの口コミ

外装も年式相応でボロボロになってしまっていたので、廃車費用も覚悟していたのですが買取をつけて引き取りもしてもらえました。

第6位 カーリサイクルリプロ

カーリサイクルリプロは岩手県奥州市で車の買取と販売、自動車用品販売を行っています。
不要車や車検が切れてしまった車などの引き取り買取を行っています。
普通自動車、軽自動車、トラックなどの大型車両なども対応しています。
自動車の手続きが良くわからず苦手という方も、廃車手続きの代行を無料で行っていますので安心してお任せいただけます。
県知事の認可を受けた自動車解体工場で、自動車解体、中古車部品のパーツの取り出しを行っており、中古車部品のパーツは洗浄美化作業と、品質チェックを行った後店舗またはインターネットで販売しています。
車の解体から販売までに中間マージンを挟まないため、廃車同然の車両であっても買取価格をお付けすることが出来ます。

◇所在地
〒029-4205 岩手県奥州市前沢区新城49−11

◇対応エリア
岩手県エリア

◇受付時間
8時30分~17時30分

◇電話番号
0197-56-5938

カーリサイクルリプロの口コミ

ディーラー下取りは廃車費用がかかるといわれてしまった車だったが、査定してもらったところ買取金額をつけてもらえて、当日即金で現金対応してくれました。廃車手続きもお任せしたらすべてしてくれて助かりました。

岩手県で廃車が売れる理由

岩手県を対応しているの廃車買取業者は、なぜ廃車でも買取りできるのでしょうか?
こちらでは、岩手県の廃車買取業者が買取りできる3つの理由をピックアップしました。

廃車が海外のバイヤーへ販売できる

今や日本車は10年前以上の車でも、10万キロ以上走行している車でも海外で高く取引されています。
日本で製造された車(Made in Japan)は海外で非常に人気が高く中国車や韓国車の新車を購入するよりも廃車同然でも日本の中古車を購入するくらい信用度が高いのです。
特に、岩手県は立地的に商業車が多くトラックやディーゼル車、商業バンなどがたくさんあります。
日本で商売に使われていた廃車同然の車は海外でも商売に使われ、金を生む車として高く売買されます。
しかも、商業車はディーゼル車は自家用車よりも故障しにくく20万キロ以上走行している車でも高価買取が期待できます。

リサイクルパーツやリビルトパーツなどに需要がある

自動車はたくさんのパーツや部品が組み合わさっていることはご存知だと思いますが、日本でも海外でも故障したときの修理の為にパーツや部品が必要になります。
事故車や不動車でもパーツ一つ一つを販売できる場合は、そのパーツの価格で査定して買い取り額を決めます。
したがって、故障車も事故車も不動車も買取りしてもらえるわけです。
特に、海外で人気のあるトヨタ車や商業車、トラック等は不動車や事故車でも高価買取が期待できます。

鉄やスクラップとして資源の再利用ができる

海外へ輸出ができないような車や、日本国内で再販売できないような車は自動車解体業者によってプレスされ鉄やスクラップで再利用されます。
自動車は1t以上の重量がありますので鉄やスクラップで販売することができます。
ですから、岩手県の自動車解体業者は重量が小さい軽自動車よりも重量が大きいワゴン車などの方が廃車買取価格が高く設定されています。

廃車手続きにかかる費用について

車の廃車をするには、廃車の解体と廃車手続きをする必要があります。
廃車をしたことがないという方は、費用がどのくらいかかるのか心配という方も多いのではないでしょうか。
こちらでは、初めて廃車をするという方も安心して廃車手続きを進めていただけるように、廃車手続きに必要な費用について詳しくご説明いたします。

廃車手続きにかかる費用の内訳

廃車手続きにかかる費用の内訳について、流れとともにご紹介します。まず廃車手続きを行うためには廃車手続きに必要な書類の準備があります。書類の準備は、車ごとに費用が異なります。軽自動車に関しては、自動車検査証の所有者の認印の準備があれば役所や法務局といったところで取得する書類はありません。ただし、普通自動車の廃車手続き(一時抹消登録手続き)に関しては、所有者の印鑑登録証明書が必要となります。また、印鑑登録証明書は取得から三か月以内の書類が必須となるため、以前取得した書類があるという場合でも期限内でなければ再度取得が必要です。印鑑登録証明書と自動車検査証登録の内容に住所の変更や、姓名の変更などがあった場合はさらに役所や法務局での書類の取得が必要となるため、普通自動車の廃車手続きに必要な書類の取得費用は平均で500円~1,000円となっています。
必要な書類を揃えたら、運輸支局での申請手続きが必要です。こちらは、普通自動車・軽自動車どちらも一時使用中止の登録手続きを廃車手続きの際行いますが、申請手数料が一車両ごとに350円かかります。

廃車手続きにかかるその他の費用

廃車手続きの流れにおいて必要な費用についてご紹介しましたが、こちらでは車の所有者ごとに必要となることがあるその他の費用についてご紹介します。
まず、廃車をしようと思っている車が長期間放置している車だった場合、長期間放置されていた車で車検証が見つからないというお声があります。その場合にかかる費用は、車検証の再交付費用です。車検証の再発行は管轄の運輸支局で行うことが可能です。運輸支局での自動車検査証の再交付手数料は一車両ごとに300円となっています。
こちらは管轄の運輸支局での再交付のみとなるため、お住いのところが管轄の運輸支局から遠方になる場合などは、行政書士事務所などの手続きを代行している業者への依頼をする必要がある場合もあります。行政書士事務所での車検証の再交付代行手数料の平均相場は3,000円~8,000円となっています。

廃車手続きの必要書類

岩手県を管轄する運輸支局で廃車手続きを行う際に必要となる書類をご案内いたします。廃車手続きの必要書類は名義変更の必要書類と大きな違いはありませんが、廃車の場合、廃車買取業者によって、不要な車を買い取ってもらって、廃車手続きまで無料で行ってくれる業者も多いので、廃車買取業者に依頼した際の必要書類をご案内いたします。

必要書類の詳細に関しては、廃車手続きを依頼する専門業者に確認することをおすすめします。

普通車を廃車手続きをするときの必要書類

岩手県で普通車の廃車手続きを行うときは岩手運輸支局にて手続きを行います。
廃車手続きに必要な書類は軽自動車と異なりますので事前に確認しましょう。必要書類は下記の通りです。

  1. 自動車検査証(車検証、原本が必要です)
  2. 印鑑証明書(市役所で発行してもらってから3ヶ月以内のもの)
  3. 譲渡証明書(所有者の実印の署名と押印が必要)
  4. 委任状(所有者の実印の署名と押印が必要)

軽自動車を廃車手続きをするときの必要書類

軽自動車の廃車手続きは普通車と比較すると準備する書類が少ないため、比較的短期間で準備できる書類となります。必要書類は下記の通りです。

  1. 自動車検査証(車検証、原本が必要です)
  2. 申請依頼書(所有者の認印の押印と署名が必要)

廃車手続きをする際の注意点

廃車手続きをする際に注意すべき点をまとめます。廃車をした後にお金がかかることや、通常の必要書類だけでは廃車手続きができない場合などをご説明します。事前にチェックして、専門業者に依頼する際は、該当事項があれば伝えましょう。

リサイクル料金が未預託の場合は支払いが必要

廃車をする際は、基本的に全国どこの業者でもリサイクル料金が未預託の場合は支払いしなければなりません。業者によって異なると思いますが、廃車の引取前に見預託が分かっていれば事前にその料金を支払ってから廃車の引取りを引き受ける場合や、引取後にリサイクル料金の請求がくる場合など、業者によって異なると思いますので確認しましょう。

尚、リサイクル券がなくても支払い済みの場合は費用がかかることはありません。

車検証の所有者情報と印鑑証明書の情報が異なる場合

普通車を廃車手続きする場合、車検情報が印鑑証明書情報と一致していなければなりません。例えば、引越しなどによって住所地を変更している場合は、住民票または戸籍附票が必要です。

  1. 引越しが一度の場合は住民票
  2. 引越しが二回以上の場合は戸籍附票

ようするに、車検証の住所から印鑑証明書の住所へ変更なったことが分かる書類が必要となります。

車検証の所有者がローン会社になっている場合

新車や中古車を購入するときにローンを組んで購入している場合は、所有者がローン会社になっているケースがあります。この場合は下記の書類が必要となります。

  1. ローン会社の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
  2. ローン会社の譲渡証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
  3. ローン会社の委任状(発行日から3ヶ月以内のもの)

所有者がお亡くなりの場合の廃車手続き

所有者がお亡くなりの場合は、相続手続きになりますので通常の廃車手続きとは異なり複雑になります。その場合の必要書類についてご説明いたします。尚、遺言状がある場合は下記の内容とは異なりますので詳細はそれぞれの専門業者にお問合せください。下記は、遺言状がない場合の必要書類をご案内いたします。

相続の廃車手続き必要書類

相続人がいる場合の必要書類は下記の通りとなります。

  1. 遺産分割協議書(相続人全員の署名と捺印が必要、代表相続人に限り実印の押印が必要)
  2. 印鑑証明書(代表相続人のみ必要、市役所発行から3ヶ月以内のもの)
  3. 戸籍謄本(相続人の全員が記載されているもの)
  4. 除籍謄本(所有者の出生から死亡が記載されているもの)

遺産分割協議書はインターネットなどからダウンロードすることも出来ますが、戸籍謄本や除籍謄本は本籍地で発行してもらわなければなりません。申請方法は窓口に直接行って申請する場合と、郵送で申請する方法があります。

相続人にあたる人

自動車の手続きにおける相続人とは、所有者の配偶者、子供の全員をいいます。
例えば、子供のうち結婚などによって除籍されている方がいる場合は、その方が除籍される前の情報が記載されている改正前原戸籍が必要になります。

岩手県の廃車買取まとめ

岩手県の廃車買取おすすめ業者についてご紹介しました。
廃車で困ったら岩手県の廃車買取カーネクストがオススメです。

  1. 0円以上の買取保証!
  2. 廃車費用無料!
  3. 廃車手続き代行OK!

事故車や動かない車、車検切れ、故障車などの車でも「0円以上の買取保証」なので安心です。
また、「廃車費用無料」や「廃車手続き代行OK」なので手間なく簡単に廃車にすることができます。
もし、買取価格に納得がいかない方は、複数の廃車買取業者に見積を取って決めるといいでしょう。
ご自身に合った廃車買取業者を探してみてください。

北海道・東北エリアの廃車買取業者

北海道・東北エリアの廃車買取おすすめ業者をまとめました。
◇北海道・東北エリア
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

 

おすすめ廃車買取業者【全国版】へ戻る  

廃車買取業者おすすめランキングへ戻る