秋田市の廃車買取業者おすすめランキング!

秋田市の廃車買取はどこの業者に依頼するのが良いのか?

こちらでは、秋田市を対応している廃車買取業者ランキングと、秋田市を管轄している運輸支局情報をご紹介します。

秋田市の廃車買取業者ランキング

秋田市の廃車買取業者ランキングは、秋田市を対応している廃車買取業者の中でもユーザーの口コミ評判が良い業者さんを選びました。これから、秋田市で廃車買取を検討されている方は参考にしてください。

第1位 秋田市の廃車買取カーネクスト

秋田市の廃車買取のカーネクストは、秋田県全域で廃車買取、事故車買取りを行なっています。面倒な廃車手続きも全部お任せできます。

  1. どんな車でも0円以上の買取保証付き!
  2. 不動車でもレッカー引取料など無料!
  3. 廃車手続きなどの面倒な手続きも代行!
  4. 他社で「0円」と言われた車でも買い取ってもらえる可能性あり!
  5. 国内外に独自販売ルートを保有している

秋田で廃車に困ったら、廃車買取カーネクストに相談するとよいでしょう。

廃車買取カーネクスト
廃車買取カーネクスト

廃車買取の評価 廃車引取りの評価 廃車手続きの評価
 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★

秋田市の廃車買取を対応しているカーネクストの特徴は、どんな廃車でも0円以上の買取保証をしており、事故車や不動車などの引き取りレッカー代も無料です。事故した車や故障で車屋さんに預けている車など、販売店や買取店だと廃車費用がかかるものも、秋田市の廃車買取を対応しているカーネクストなら無料で引き取ってくれます。また、商業車やディーゼル車(トラックや商業バン)など海外で人気のある車は高価買取が期待できます。

toiawase

その他の秋田市を対応している廃車買取業者

秋田市を対応している廃車買取業者です。廃車の買取り価格や引き取り料金、廃車手続き費用などはお問い合わせ下さい。

第2位 株式会社サユウ

株式会社サユウは秋田県横手市で自動車解体業者を営業しています。
廃車の引き取りを行っており、事故車や過走行車などの中古車買取店やディーラーの下取りでは査定が0円といわれてしまった車も、株式会社サユウでは買取をつけることが出来ます。
それは株式会社サユウでは自動車の解体工場を保有しており、引き取った車の解体をして再利用できるパーツの取り出しや、鉄・非鉄金属などの再資源として利用できる素材をとりだすことで、廃車後も利益を得ることが出来るのです。
また、事故車や過走行車は国内での再販は厳しいものの、海外なら廃車ではなく修理をして再利用しています。海外での国産車の需要の高さが強いのです。

所在地 〒013-0054 秋田県横手市柳田新藤166−7
対応エリア 秋田県
電話番号 0120-204-960
受付時間 9時00分~18時00分
備考 株式会社サユウは秋田県横手市で自動車解体業者を営業しています。不動車や故障車など、どんな車でも買取をしてくれるでしょう。

株式会社サユウの口コミ

書類の手続きを代行してもらえたので、自動車税の還付も受け取ることが出来ました。

第3位 リーテックス 秋田工場

リーテックスは秋田県秋田市の自動車解体業者を営業しています。
使用済の普通自動車、軽自動車、重機、トラックなどの引き取り買取を行っています。
事故や水害による水没などで故障してしまった車、過走行の車なども高価買取していますので、まずはお見積りからぜひご連絡ください。
特に高年式の事故車などは、フロント大破の状態であっても、再利用可能なパーツがあればパーツ毎に査定を行いますので、高額買取の可能性があります。
またリーテックスは金属リサイクル工場を保有していますので、鉄・非鉄金属の回収買取も行っています。気になる方はぜひお問い合わせください。

所在地 〒010-1501 秋田県秋田市下浜桂根浜田92−2
対応エリア 秋田県
電話番号 018-881-5411
受付時間 9時00分~17時00分
備考 リーテックスは秋田県秋田市の自動車解体業者を営業しています。大きな工場を持っていますので、車の運転中に見たことがある方もおられるかもしれません。古い車や多走行車など廃車同然の車でも買取をしています。

リーテックスの口コミ

事故車の廃車を依頼させてもらったら、他社と比べても高額の査定をしてもらえてうれしかった。

第4位 (有)サン・アール 廃車買取センター

(有)サン・アール 廃車買取センターは秋田県由利本荘市の廃車買取業者です。
車検切れで使用をやめてしまった車や、運転免許を返納することになったなどで廃車する車の引き取り買取を行なっています。
自動車リサイクル法に基づいた、県知事の認可を受けたリサイクル工場を保有しており、廃車の解体時にパーツや素材を回収し、売却して利益を得ています。
また、(有)サン・アールの特徴として、取り出したリサイクルパーツの洗浄、検品、品質チェックを厳しく行っており、美化作業された部品は高価売却されていきます。
そのため、廃車であっても買取をすることが出来るのです。

所在地 〒015-0022 秋田県由利本荘市内黒瀬荒町82−8
対応エリア 秋田県
電話番号 0184-44-8370
受付時間 9時00分~17時00分
備考 (有)サン・アール 廃車買取センターは秋田県で廃車買取をしている業者さんです。古い車や走行距離が多い車でも買取を期待できます。

(有)サン・アール廃車買取センターの口コミ

自動車部品の販売もされており、品質もよく、スタッフの対応も気持ちの良いものでした。

第5位 カイテン株式会社

カイテン株式会社は秋田県秋田市で廃棄物リサイクル業を営業しています。
普通自動車、軽自動車などの廃車予定の車や、解体車両の引き取り買取を行なっています。
カイテン株式会社は自社に保有する自動車解体工場で引き取り買取した車の解体を行います。
その解体の過程で、自動車から再利用可能な部品を取り出し、リサイクルパーツとして販売するため、品質管理を行っています。
廃車から得たパーツや素材で利益を得ることが出来るため、過走行の車や、放置車両などであってもユーザーの廃車を引き取る際に買取をつけることが出来ています。
廃車するしかない状態の車など下取り査定が厳しいこともあります、ぜひ一度お問い合わせしてみてください。

所在地 〒011-0901 秋田県秋田市寺内大小路207−79
対応エリア 秋田県
電話番号 018-846-6512
受付時間 8時30分~17時00分
備考 カイテン株式会社は秋田県秋田市で廃棄物リサイクル業を営業しています。どんなコンディションの悪い車でも買取を期待できるかもしれません。

カイテン株式会社の口コミ

持ち込みで廃車をお願いしました。当日対応してくださった方の対応も良かったので、また廃車する機会があればお願いしたいです。

第6位 オートリサイクル秋田株式会社

オートリサイクル秋田株式会社は、秋田県で自動車解体業を営業しています。
使用済自動車の引き取りを行っています。廃車予定で持ち込まれた車は自社の解体施設で
解体を行い、鉄・非鉄金属・プラスチックなどに選別します。
この車の中に含まれる上質な金属素材はリサイクル対応炉で溶かしたりすることで再資源化され再び利用されていきます。

所在地 〒017-0202 秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山杉沢96
対応エリア 秋田県
電話番号 0120-501-099
受付時間 9時00分~18時00分
備考 オートリサイクル秋田株式会社は、秋田県で自動車解体業を営業しています。解体業者は、スクラップになるような車でも買取をしています。

オートリサイクル秋田株式会社の口コミ

廃車してもらった車をどうするの聞いて、以前使用していた車の素材はまた生まれ変わることが出来てるとを聞けて良かったです。

第7位 廃車王 鹿角店 株式会社現代

廃車王鹿角店株式会社現代は、秋田県のNGPに加盟している業者です。NGPは、リサイクル事業において厳し品質基準を保持しており、国の許可を得ている解体業者のみが加盟出来ます。

所在地 〒017-0204 秋田県鹿角郡小坂町荒谷字手紙沢54番地63
対応エリア 秋田県
電話番号 0120-001-972
受付時間 8時00分~18時00分
備考 廃車王鹿角店は引取回収した使用済自動車を自社保有の自動車解体工場でばらし、海外で需要の高い車などは、修理用部品としても高額で売却することが可能なため、輸出が可能な業者では事故車であっても高価買取が可能になっています。

廃車王 鹿角店 株式会社現代の口コミ

もともとディーラーに下取りに出すつもりだったが、査定を依頼すると金額をつけることがむずかしいと言われてしまった。どこか費用が掛からないところで、買取がつけばと思っていたらこちらを見つけて依頼しました。

秋田市で廃車が売れるのはなぜ?

秋田市を対応しているの廃車買取業者は、なぜ廃車でも買取りできるのでしょうか?

こちらでは、秋田市の廃車買取業者が買取りできる3つの理由をピックアップしました。

廃車が海外のバイヤーへ販売できる

今や日本車は10年前以上の車でも、10万キロ以上走行している車でも海外で高く取引されています。日本で製造された車(Made in Japan)は海外で非常に人気が高く中国車や韓国車の新車を購入するよりも廃車同然でも日本の中古車を購入するくらい信用度が高いのです。
特に、秋田市は立地的に商業車が多くトラックやディーゼル車、商業バンなどがたくさんあります。日本で商売に使われていた廃車同然の車は海外でも商売に使われ、金を生む車として高く売買されます。しかも、商業車はディーゼル車は自家用車よりも故障しにくく20万キロ以上走行している車でも高価買取が期待できます。

パーツや部品に需要がある

自動車はたくさんのパーツや部品が組み合わさっていることはご存知だと思いますが、日本でも海外でも故障したときの修理の為にパーツや部品が必要になります。事故車や不動車でもパーツ一つ一つを販売できる場合は、そのパーツの価格で査定して買い取り額を決めます。したがって、故障車も事故車も不動車も買取りしてもらえるわけです。
特に、海外で人気のあるトヨタ車や商業車、トラック等は不動車や事故車でも高価買取が期待できます。

鉄やスクラップとして資源の再利用ができる

海外へ輸出ができないような車や、日本国内で再販売できないような車は自動車解体業者によってプレスされ鉄やスクラップで再利用されます。自動車は1t以上の重量がありますので鉄やスクラップで販売することができます。ですから、秋田市の自動車解体業者は重量が小さい軽自動車よりも重量が大きいワゴン車などの方が廃車買取価格が高く設定されています。

廃車手続きの期間は短縮できるのか

廃車手続きをこの期間迄に必ず完了したいという目標がある方は多くいらっしゃいます。特に車検が残っている車で、車の利用機会が無くなり廃車をされることにした場合は、廃車手続きを行うことで使用されなかった自賠責保険料や重量税が返戻金として戻りますので、期間が残っているほど戻る金額も多い分急いで廃車手続きを完了したいと思われるのではないでしょうか。こちらでは、廃車手続きにかかる期間を短縮する方法、早めに廃車手続きを完了するためのポイントをご紹介します。

廃車手続きにかかる期間はどのくらい

では、廃車手続きにかかる期間は通常どの程度かかるのかご存知でしょうか。
廃車手続きの運輸支局での申請自体は実は、一日あれば完了します。運輸支局の申請窓口に申請し受理されれば、当日抹消が完了した通知を受け取ることが可能なのです。
ただし、この運輸支局での廃車手続きの申請のためには廃車に必要な書類を揃える必要があります。その必要書類を揃えるために時間がかかってしまうため、廃車手続きを一日で終わらせるということは難しいのです。
まず普通自動車の廃車手続きに必要な書類は揃えるために余裕をみて一週間かかると考えましょう。自動車検査証を手元に準備し、車検証の所有者登録内容を確認します。この時、所有者が車を廃車しようとしている使用者当人で、記載の登録内容が現在の住まいであり、名称、住所ともに相違なければ、印鑑登録証明書を取得して実印を手元に準備すると書類は完備となります。
ただし、車を所有している間に車検証登録内容から、住所を移転していたり、結婚などにより姓名の変更があった場合、印鑑登録証明書とさらに追加の書類が必要となるのです。最も時間がかかってしまう書類が、移転回数が多く、車検証登録から15年以上経過している場合の書類です。これまでに何度か法令の改正が行われており、平成26年3月31日以前に除票となり廃棄された戸籍の除票の附票および改正原附票は保存期間の経過に伴い廃棄されています。そのため、移転の履歴が公的な書類では揃わないことがあるため、本籍地で取得可能な戸籍附票の取得を行い、廃棄証明を取得し、申立書を記入して書類を準備しなくてはいけないのです。このように追加書類が増えると、書類の準備期間が必要となるため、一日で廃車手続きが可能は難しくなっています。

廃車手続き時短方法のおすすめ

廃車手続きの書類の準備期間に余裕が必要なため、廃車手続きにかかる期間の短縮が難しいことを前項に記述しました。では、廃車手続きにかかる期間というのを時短することは出来ないのでしょうか。廃車手続きをいざしようとして、車検証を確認し書類を準備しようとすると移転履歴を遡ったり、戸籍謄本を取り寄せたりと時間がかかってはしまいますが、前もって車検証の登録内容を最新のものに更新しておけば、実は廃車手続きの準備に多くの時間を要する必要はありません。
運輸支局では、車検証に登録されている住所の変更が可能です。その際に準備するものは、自動車検査証の原本と、住民票、車庫証明書、所有者本人の認印を持参します。この時住民票のみでは車検証登録住所と現住所がつながらない場合は、別途住所を現在の住所とつなげる書類が必要になります。運輸支局での変更手数料は350円かかります。もしも運輸支局へ所有者当人がいくことが難しい場合は、委任状に所有者の認印を押印してもらい合わせて持参することで代理人による登録変更も可能です。廃車手続きとは違い、印鑑登録証明書と実印の準備は不要ですので、前もって登録内容を変更しておくと、その後の廃車手続きを行う時に時短することが出来るのです。

秋田市の廃車手続きを行う管轄の運輸支局

秋田市の廃車手続きはどこに行って手続きをすればいいのか?
廃車手続きを行う運輸支局は普通車と軽自動車とそれぞれ異なります。こちらでは、秋田市管轄する運輸支局をご紹介します。

東北運輸局 秋田運輸支局

東北運輸局・秋田運輸支局は秋田市を管轄している普通車の運輸支局です。車検証に記載されている所有者が秋田市の方は東北運輸局・秋田運輸支局で廃車手続きを行います。

所在地 〒010-0816秋田県秋田市泉字登木74-3
管轄エリア 秋田県全域(秋田ナンバー)
電話番号 050-5540-2012
営業時間 午前の部 8:45~11:45 午後の部 13:00~16:00
備考 秋田運輸支局では廃車手続きの他、ユーザー車検なども対応しています。国土交通省の自動車検査インターネット予約システムにて車検予約をすることができます。

軽自動車検査協会 秋田事務所

軽自動車検査協会・秋田事務所は秋田市を管轄している軽自動車の運輸支局です。車検証に記載されている所有者が秋田市の方は軽自動車検査協会・秋田事務所で廃車手続きを行います。

所在地 〒011-0901 秋田県秋田市寺内字三千刈463番地3
管轄エリア 秋田県全域(秋田ナンバー)
電話番号 050-3816-1834
営業時間 午前の部 8:45~11:45 午後の部 13:00~16:00
備考 秋田事務所では廃車手続きの他、ユーザー車検なども対応しています。

秋田市の廃車買取まとめ

秋田市で廃車買取を依頼するときは、廃車買取の実績が十分な安心できる廃車買取業者に依頼しましょう。
こちらでは、秋田市の廃車買取業者と廃車手続きの流れをご紹介しましたが、全ての手続きをスムーズに最後までトラブル無く行ってくれる業者に依頼するのがベストです。廃車の買取価格だけでなく、廃車の手続きだけでなく、その両方にメリットがある安心できる廃車買取業者に依頼しましょう。

秋田市付近の廃車買取業者

秋田県内の市別の廃車買取業者ランキングをまとめました。

秋田県 、秋田市能代市横手市大館市男鹿市湯沢市鹿角市由利本荘市潟上市大仙市北秋田市にかほ市仙北市

地域別の廃車買取業者ランキング

各都道府県別の廃車買取業者ランキングをまとめました。都道府県別ページにて、廃車手続きを行う管轄の運輸支局情報もご確認頂けます。

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 兵庫県 大阪府 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県