車の錆び止めは必要?DIYでもできるの?発生する料金や重要性もご紹介!

車の錆び止めは必要?DIYでもできるの?発生する料金や重要性もご紹介!

車は鉄でできているため、潮風や雨水、雪を解かす融雪剤に接触することで、錆の原因となってしまいます。

特に車の下回りは錆びやすく、しっかりと錆び止めを行っていなければ気付いたときには錆びだらけになっていたという事態になりかねません。

鉄が錆びるともちろん見栄えが悪くなります。

そして錆が進行することで、鉄をボロボロにしてしまい、最終的には分厚い鉄でも穴をあけてしまうのです。

そのため定期的な錆び止めが大切だといえるでしょう。

今回は、車の錆び止めの重要性やDIYで行う方法、整備工場でしてもらう際の料金などについてご紹介していきます。

車の錆び止めは必要なの?

車の錆び止めは必要です。

新車時に錆び止めを行っていたとしても、年数が経過することで錆び止めは落ち、錆が発生してしまいます。

そして住んでいる地域や出向く場所、車に乗る頻度によって錆の進行具合も変わります。

車のボディは塗装がしてあり錆びることは滅多にないですが、下回りは鉄がむき出しのため錆びやすい場所です。

そして海からの潮風や雪を解かす融雪剤などが付着すると錆びやすい傾向にあります。

その他にも車に乗る頻度が極端に少ない車の場合、エンジンの熱によって水を蒸発させることができないため、雨水が残ることで錆びの原因になったりもします。

このように車は放置しているだけでも錆は進行するため、定期的に錆び止めが必要なのです。

寒冷地であれば錆び止めは必須!

北海道や青森県などのような寒冷地では錆び止めを必ず行いましょう。

その理由は、雪が降る頻度が高く、雪を溶かすための融雪剤が錆びの原因になってしまうからです。

融雪剤には塩分が含まれています。

塩は錆を発生させる原因であり、もちろん車も例外ではありません。

また雪によって下回りが濡れやすいといった理由もあるのです。

このように寒冷地で走っている車は錆が進行しやすく、定期的な錆び止めを行わないと下回りが錆びだらけになってしまいます。

錆がひどい車は整備性が極端に下がります。

例えば、ロアーアームブーツを交換するとしましょう。

その際、ロアーアームを固定しているボルトを取り外すのですが、錆がひどいとなかなか外れません。

無理に外そうとすれば、ナットの頭をなめてしまったりボルトのネジ山を潰してしまうリスクもあります。

そうなってしまうと、ボルトを切らなければならず作業効率が落ちるだけでなく、最悪の場合、ボルトやロアーアーム本体の交換も検討しなければならなくなってしまうのです。

このように錆がひどくなれば車の整備は難しく、また錆が進行することで車の剛性も下がってしまうといえるでしょう。

そのため寒冷地で車を購入する際は、必ず定期的に錆び止めの実施が必要なのです。

車の錆止めはDIYでもすることができる

車の錆び止めはDIYでも行うことができます。

スプレータイプの錆び止めは、カーショップやネットで数多く出回っており値段もそれほど高くありません。

車をジャッキアップしなければなりませんが、そんなに難しい作業ではないためチャレンジしてみてはどうでしょうか。

錆び止めの手順としては以下の通りです。

  1. 車の下回りをしっかりと洗う
  2. 車の下回りを乾燥させる
  3. 車をジャッキアップする
  4. タイヤを外す
  5. 錆び止めを行う

下回りの清掃はできれば洗車場などで、高圧洗浄機を使い洗い流すことが好ましいです。

もしできなければ洗車機などの下回り洗浄でも構いません。

洗浄した後は汚れが落ちているか確認しておきましょう。

そして錆び止めを行う前に、しっかりと乾燥させる必要があります。

乾燥させずに行うと、錆び止めがうまく塗れず水が乾いたときに水と一緒にはがれてしまうかもしれません。

そしてジャッキアップし、タイヤを外せば準備完了です。

そのあとは車の下にもぐって錆び止めを行いましょう。

では錆び止めをDIYで行う際の注意点も一緒に説明しておきます。

  1. 錆び止めをする際は帽子とマスクを必ず着用する
  2. 一方向だけで塗らず、いろんな角度から塗り付ける
  3. ローターやマフラーには塗らない

この3点です。

ついつい失敗しがちなのは、一定方向だけでしか塗っておらず、角度を変え確認したとき、全く塗れていないというものです。

車は立体なので、下や横など角度を変えてあげなければ、塗り残しが多くなります。

塗り残しが多ければ、その箇所から錆が発生してしまう可能性もあるので注意しましょう。

車の錆び止めを店舗にお願いした場合に発生する料金は?

車の錆び止めは自分で行うことができる車のメンテナンス方法ですが、お金を払って店にお願いすることもできます。

店にお願いした場合、自分で行うより塗り残しが少なくキレイな仕上がりが期待できるでしょう。

では車の錆び止めを店舗に頼んだ場合、発生する料金はいくらなのでしょうか。

錆び止め料金はさ車種によってさまざま

車の錆び止めを店舗にお願いした場合の料金は、1万5000円から4万円程度となります。

そして車の大きさに比例して値段が高くなっていきます。

DIYでは安い金額で錆び止めを行うことができますが、どうしても汚れを全てキレイにするのは難しく、塗り残しも出てくることでしょう。

しかしお店にお願いすれば、下回り洗浄も車をジャッキアップした状態でできますし、塗り残しもありません。

車の下回りはとても暗く、塗ったと思っていても塗れていない箇所は意外と多くあります。

特に、プロペラシャフトやドライブシャフトなど、棒状のものは一面だけを塗っても反対側は全く塗れていないなんてこともよくあります。

また、ローターやドラム周辺はホースやシャフトなどが多く、どうしてもスプレー缶が入り込めない隙間なども存在するのです。

そのため塗り残しが気になる方は、お店にお願いする方がよいでしょう。

お金はかかりますが、とてもきれいない仕上がりが期待できます。

車の錆び止めを行わなかった場合どうなるのか

もし車の錆び止めを全く行わなかったら、錆が進行し下回りが錆びだらけになってしまうことでしょう。

先ほども伝えたように、海の近くに住んでいる方や寒い地域の方は、錆び止めは必須です。

新車から数年なら大丈夫だと思いますが、一度錆が発生するとその箇所から錆は進行します。

放っておくと錆の部分が広がるだけでなく、錆具合も悪化し最悪の場合、分厚い鉄でも穴があいてしまうのです。

そのため錆を見つけた場合、素早く錆び止めを実施する必要があります。

鉄に穴があくということは、強度が下がるということです。

またボルトやジョイント部分にも錆は発生します。

そうなると、通常スムーズに動かなければならない場所の動きが悪くなり、走行中に振動が出るほか異音の原因にもなってしまうでしょう。

そしてボルトやナットが錆びることで、整備性も極端に下がります。

本来簡単に外れるナットを外すことができず、ねじ山をなめてしまい、ボルトを切らなければならないなんてことにもなりかねません。

このように車の錆び止めを行わないことで起こるトラブルは多く、できれば定期的に錆び止めを行うことが望ましいのです。

まとめ

車の錆び止めは必要です。

特に、海の近くやよく雪が降るような地域に住んでいる方は必ず行いましょう。

車の錆び止め作業はDIYでもできますし、お店で頼むこともできます。

料金面ではDIYの方が安く済みますが、お店に頼めば塗り残しがなくきれいな仕上がりが期待できるでしょう。

錆が発生すると、車の剛性が下がるうえ異音や振動の原因となったり、整備性も下がります。

また錆びだらけの車は見栄えも悪いです。

錆び止めを行うだけでも見栄えはかなり変わるので、できれば定期的に行った方がよいといえます。

錆びが発生してしまうと、完ぺきに取り除くことは難しく、上から錆び止めを行っても進行を止めることはできません。

そのためもし愛車の下回りの錆が進行しているのであれば、乗り換えなども検討してみてはどうでしょうか。

 

 

くるまのニュース一覧へ戻る