車を買い替えるのに良いタイミングとは?お得な車の売却方法もご紹介

「そろそろ車を乗り換えようかな」と思ったとき、車を買い替えるのに良いタイミングについて考えたことはあるでしょうか?車を買い替えるのであれば、だれもが出来るだけお得に買い替えたいですよね。それだけではなく、今乗っている車を高く売却することが出来たら新しい車の予算に足すことが可能となります。

こちらの記事では、車を買い替えるタイミングや車を買い替える際にそれまで乗っていた車のお得な処分方法などについてもご紹介いたします。車の買い替えをご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

車を買い替えるタイミングと年数

カレンダーと車

車を買い替えるタイミングと年数についてご紹介したいと思います。タイミングとしては新車購入から、3年・5年・7年・10年などに分かれる傾向があるようです。それぞれのタイミングと年数のつながりについて詳しくご紹介いたします。車を買い替えるタイミングの参考にしてみてください。

最初の車検のタイミング(約3年)

新車購入をしてから3年目というのは、最初の車検のタイミングに当たります。新車購入から3年目で買い替える方は割合的には少なくなっています。リセールバリューが大きいことや新車に乗りたいという方などがあげられるのではないでしょうか。新車購入から3年以内の車であれば十分に高額査定が期待できるでしょう。

特別保証終了のタイミング(約5年)

新車購入をしてから5年目というのは、国産車メーカーの特別保証が終了するタイミングに当たります。新車購入の際の保証としては基本的に一般保証と特別保証があります。一般保証は3年なのに対して特別保証は5年となっています。保証内容は車が故障した場合などに故障内容によっては無料で修理を受けることが可能となっています。したがって、この特別保証が終了するタイミングで買い替えを考える方も少なくはないようです。

高額査定がギリギリ期待できるタイミングは約7年

新車購入から7年目というのは車を買い替えるのか乗りつぶすのかの選択のタイミングとなっているようです。7年目を過ぎると中古車としての価値はかなり落ち、人気車種などでない場合は、売却時の高額査定はあまり期待ができなくなってしまいます。7年目というのは高額査定がまだギリギリ期待できるタイミングであり3回目の車検のタイミングであることからも、車検を通して乗り続けるか新しい車に買い替えるかの分かれ道となっているようです。実際に新車購入から7年目の車検前のタイミングで車を買い替える方が多い傾向があるようです。

最も多いタイミングは約8年~10年

新車購入から8年~10年目が車を買い替える最も多いタイミングとなっているようです。年式10年以上走行距離10万キロ以上となってしまうと、車を売却する際に査定額がかなり付きにくくなってしまいます。現在は電気自動車なども増えていることや性能もさらに進化していることから、車の寿命は延びていると言われています。しかし車の売却を検討している方や少しでも買取価格が付いてほしいとお考えの方となると、最も多いタイミングは8年~10年となっているようです。

車の買い替えタイミングのポイント

車の誓約書

車の買い替えタイミングのポイントについてご紹介いたします。車を買い替えるタイミングのひとつとして参考にしてみてください。

車検のタイミングで買い替える

車の買い替えを考えるタイミングとして最も多いのがやはり車検のタイミングではないでしょうか。車検を受けるとなると車検費用がかかります。車検費用は決して安いものではありません。車検を受けてそのまま乗り続けるか車検前に新しい車に買い替えるかは大きな選択ともいえるのではないでしょうか。

モデルチェンジ前に買い替える

車の買い替え時期、売却時期としてポイントとなるのがモデルチェンジ前に買い替えるということです。モデルチェンジ前とモデルチェンジ後では査定額が大きく異なる可能性が考えられるからです。モデルチェンジが実施されると、人気車種でない限りは旧型モデルのリセールバリューが急落することが多い傾向があります。モデルチェンジ前とモデルチェンジ後では、たった数ヶ月であっても査定額が大きく減少する可能性が予想されるでしょう。

3月と9月の決算期

一年のうちで車を買い替えるタイミングとして最も良いのは、3月もしくは9月の決算期と言われています。3月と9月の決算期は、一年でもっとも新車を安く購入することが出来る時期でもあるといわれています。3月と9月は自動車メーカーの決算期でもあり、どのメーカーも少しでも良い業績を残したいと考えます。つまり、3月と9月は車の売買数が増える傾向があるようです。

車が故障をしたら修理をする?買い替える?

天秤

車に不具合が出たり故障した場合には、修理をして乗り続けるのと手放して新しい車に買い替えるのではどちらが良いのでしょうか?車の状態によっても大きく異なってしまうので、不具合・故障カ所別に見ていきたいと思います。

エンジン系統やミッション系統の不具合や故障

車の不具合や故障といっても箇所や状態はさまざまです。不具合・故障カ所がエンジン系統やミッション系統となると修理や交換費用は数十万~数百万円もの高額な修理費用がかかってしまいます。その車をまだまだ乗り続けたいと考えていたならば、乗り続けるために修理を行うでしょう。しかしそろそろ買い替えを考えていた場合や、長く乗る予定はないなどといった場合は手放して新しい車に買い替えるのも一つの方法です。修理費用が高くついてしまうというのは、手放して新しい車に買い替えるのを検討する大きなきっかけとなるのではないでしょうか。

消耗品の不具合や故障

車の不具合・故障カ所がパワーウィンドウやワイパー、タイヤ、各種オイルやブレーキパッドなどの消耗品の不具合や故障となると、部品の交換のみで済む場合がほとんどでしょう。消耗品の交換となると、かかる費用はおおよそ数千円から数万円に抑えられることがほとんどです。消耗品の不具合や故障であれば、交換・修理をしてそのまま乗り続ける方が経済的に考えると良いかもしれません。

車の買い替え時は買取業者へ売却を

車のお金

今まで乗っていた車から新しい車へ買い替える際、今まで乗っていた車はどのように処分していますか?処分方法は、下取りや売却、廃車などがあるでしょう。では、今まで乗っていた車のお得な手放し方法とは?新しい車へ買い替える際のおすすめの方法についてご紹介いたします。

下取りよりも買取業者への売却がおすすめ

車を買い替える際に、今まで乗っていた車はディーラーなどで下取りに出すという方も多いのではないでしょうか?しかし、実際にはディーラーや販売店などに下取りに出すよりも車買取業者へ売却をする方がかなりお得なのです。なぜならば、ディーラーや販売店などはあくまで車を売ることを専門としており、車買取業者というのは車を買い取ることを専門としているという大きな違いがあるからです。ですので、車を売るのであれば車を買い取ることを専門としている車買取業者への売却をおすすめいたします。

廃車買取業者の利用がお得

上記では車買取業者への売却がおすすめとご紹介いたしました。車買取業者といっても幅広く、車買取業者には中古車買取業者や事故車買取業者、廃車買取業者などと分類されており、それぞれ得意としていることや専門としていることは大きく異なってきます。車買取業者へ売却をするときは、車買取業者選びがとても重要となってきます。車買取業者の中でもおすすめなのが、廃車買取業者です。廃車買取業者では、中古車としての価値は難しいような年式の古い車や走行距離の多い車などであっても対応をしてくれます。また、廃車買取業者は名前の通り廃車を専門としていますので、車の引取りから解体、陸運局での廃車に関する手続きの代行まですべてを行ってくれるのです。

廃車買取業者の選び方

廃車買取業者を選ぶ時のポイントとしては、かかる費用や買取査定額、サービス内容や対応などから自身が1番良いと思う廃車買取業者を選ぶのが良いでしょう。廃車買取業者を利用することで、基本的には費用をかけずに車の処分を行うことが可能となっています。しかし、業者によってはレッカー代などの引取り費用や廃車手続き代行費用がかかるところもありますので、必ず事前に確認をするようにしましょう。

高く車を買い取ってくれる廃車買取業者を探す

全国47都道府県の廃車買取おすすめ業者をまとめました。
◇北海道・東北エリア
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

◇関東・甲信越エリア
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 山梨県 長野県

◇中部エリア
富山県 石川県 福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県

◇近畿エリア
滋賀県 京都府 兵庫県 大阪府 奈良県 和歌山県

◇中国・四国エリア
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県

◇九州・沖縄エリア
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

 

くるまのニュース一覧へ戻る