福島県

白河市の廃車買取業者おすすめランキングBEST5

福島県の廃車買取業者

白河市で廃車の処分を検討している場合、どこの廃車買取業者に依頼すればよいのかと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
廃車処分となると費用がかかりそう、廃車手続きが面倒そうと不安に思われる方へ、こちらでは白河市で廃車が出来るおすすめの廃車買取業者をご紹介します。

白河市の廃車買取業者ランキング

こちらでご紹介する白河市の廃車買取業者は、白河市を対応している廃車買取業者の中でも廃車費用をかけずに依頼することが出来る業者をピックアップしています。これから、白河市で廃車を検討されている方は、おすすめの廃車買取業者をランキング形式でご紹介しますので、ぜひ参考にご覧ください。

第1位 白河市の廃車買取カーネクスト

白河市の廃車買取カーネクストは、福島県全域で廃車・事故車の買取を行なっています。

お客様は、廃車手続きに必要な「車検証」などの書類を揃えるだけです。廃車にかかる「レッカー費用」や「廃車手続き代行費用」はカーネクストが負担してくれます。
古い車でも状態が良ければ、高価買取も期待できます。特にトヨタ車は値段が付きやすいケースが多いです。電話受付時間は、朝8時から夜10時までオペレーター直接確認することができます。他社に比べて朝早くから遅くまで問合せや見積査定依頼の対応をしてくれるのでおすすめです。電話受付時間帯に問合せができない方でもフォーム入力から簡単に問合せることができるので安心です。

廃車買取カーネクストの特徴

  1. 白河市を含む全国の約13,000社と提携する最大手の廃車買取サービス!
  2. どんな車でも0円以上の買取保証付き!
  3. 不動車でもレッカー引取料など無料!
  4. 廃車手続きなどの面倒な手続きも代行!

フォームでのお問合せは24時間対応!電話での問い合わせは朝8時から夜10時まで年中無休で専門スタッフが対応してくれます。
白河市で廃車に困ったら、廃車買取カーネクストに相談するとよいでしょう。

廃車買取カーネクストの口コミ

10年以上放置していた叔父の車をカーネクストで廃車にしました。タイヤの固着が酷くて動かすことができませんでしたがスムーズ引き取ってくれました。廃車費用も発生せずに、代行で廃車手続きも行ってくれたので大変助かりました。

第2位 廃車王 白河店 有限会社安澤商店

廃車王 白河店 有限会社安澤商店は、福島県白河郡の自動車解体業者です。福島県の廃車王 白河店はNGPに加盟している国の許可を得ている解体業者ですので、安心して廃車に関わる手続きを任せることができます。

所在地
〒969-0104 福島県西白河郡泉崎村大字太田川字上礼堂55-1

対応エリア
石川郡浅川町、石川郡石川町、白河市、西白河郡泉崎村、西白河郡中島村、西白河郡西郷村、西白河郡矢吹町、東白川郡棚倉町、東白川郡塙町、東白川郡矢祭町

自動車リサイクル許可
解体業 20073000005 フロン類回収業 20072000005 引取業 20071000005

第3位 株式会社ナプロアース

株式会社ナプロアースは、福島県伊達市の廃車買取業者です。使用済自動車の廃車買取を行っており、事故車や故障車、過走行、低年式であっても買取を行ないます。
廃車買取専門店のため、廃車から利益を得る方法があり、不動車などの走行状態を回復することが難しい車でも本体に価値をつけることが出来ます。特にナプロアースでは、廃車を解体する際に再利用可能なパーツを取り出し、中古車パーツとしてリユースしています。その販売先が国内外にあるため、人気の車種などは高額査定の可能性もあります。

所在地
〒960-0719 福島県伊達市梁川町やながわ工業団地63-1

対応エリア
福島県内全域

自動車リサイクル許可
引取業者 20071000001 フロン類回収業者 20072000001 解体業 20073000001 破砕業 20074000001

第4位 有限会社サトウサービス

有限会社サトウサービスは、福島県郡山市の自動車解体業者です。不要になってしまった車、事故車などの廃車買取を行っています。ディーラーの下取りや、中古車買取店では価格がつきづらい状態になってしまった車も自動車解体の施設を自社に保有するサトウサービスなら、査定をつけられる可能性があります。
それは自動車のパーツや素材を解体時に取り出して、再利用できるためです。再利用できる資源をリユースして利益を出せるため、不動車であっても買い取りをつけることが出来ます。

所在地
〒963-0000 福島県郡山市喜久田町割田2丁目34-2

対応エリア
出張査定は福島県中通りエリア(福島市、二本松市、本宮市、伊達市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村、郡山市、須賀川市、田村市、三春町、小野町、鏡石町、石川町、浅川町、古殿町、天栄村、玉川村、平田村、白河市、矢祭町、棚倉町、矢吹町、塙町、西郷村、泉崎村、中島村、鮫川村)

自動車リサイクル許可
引取業 20871000014 フロン類回収業 20872000014 解体業 20873000014 古物商(自動車商)251080002985

第5位 有限会社 菅野自動車商会

有限会社菅野自動車商会は、福島県福島市にある廃車買取業者です。事故車や不動車、過走行車など、中古車としては買取が難しい廃車同然の車を買取しています。菅野自動車商会は、自社でリサイクルパーツの生産設備を解体施設と合わせて保有しているため、取り出したリサイクルパーツを修理や整備をして販売することで、廃車買取後の利益化が可能です。また販売している中古車部品ではほしい部品が見つからない場合も、全国にネットワークを持っているため、探しだし販売することが出来ます。

所在地
〒960-8074 福島県福島市西中央4丁目101番地の1

対応エリア
福島県福島市周辺

自動車リサイクル許可
引取業者 20071000002 フロン類回収業者20072000002 解体業 20073000002

白河市で廃車買取できる3つの理由

白河市を対応している廃車買取業者は、なぜ廃車同然の車でも買取できるのでしょうか?こちらでは、白河市の廃車買取業者が買取りできる3つの理由をピックアップしました。

世界各国で日本の中古車が人気

世界各国で日本の中古車が人気なのをご存知でしょうか?
海外のテレビや映画、実際に海外旅行へ行かれた方は分かると思いますが海外でたくさんの日本車が走っています。トヨタや日産、ホンダなどの車を特によくみかけます。日本国内で買取された車で再販できる車は、海外へ輸出を行い中古車として販売しています。日本車は安全性が高く壊れにくい車だと認知されているので日本車を購入する方が非常に多いです。海外の他メーカーの車を購入するよりも、中古の日本車を購入する人がいるくらいです。日本人は、海外の人に比べて車を大事に乗る傾向があります。日本には車検制度があり道路は海外と違い舗装がされているので車にかかる負担も少ないです。そのため、中古車を海外へ輸出してもでも売ることができます。

中古パーツ(リサイクルパーツやリビルトパーツ)の利用が増えている

中古パーツの利用が増えているのをご存知でしょうか?
日本車は世界各国で利用されています。そのため、修理に必要な中古パーツの需要も高くなります。日本国内であれば、純正パーツで修理をする場合、修理金額が高くなります。中古パーツを利用すれば修理費用が半額以下ぐらいまで安くなるので中古パーツを利用して修理する人が年々増えています。海外であれば、高年式の車が走っていることが多く修理パーツの生産が終了しているケースが非常に高いです。この場合も中古パーツを日本から取り寄せたりして修理をしています。日本国内で再販できない車のパーツは海外で中古パーツとして再利用されています。再販が難しい車でもパーツとして再利用することができるので値段をつけて買取りを行うことができます。

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されている

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されていることをご存知でしょうか?
中古パーツとして利用できない鉄くずは、鉄スクラップにしています。鉄スクラップは、鉄の原料として再利用することができます。アフリカや東南アジアなどの発展途上国の国では、鉄の需要が非常に伸びています。そのため、日本国内の鉄スクラップのほとんどが海外へ輸出され鉄として再利用されていることがほとんどです。このようにお客様から買取した車は無駄なく再利用することができています。

白河市で廃車買取業者を選ぶポイント

廃車依頼する業者選びを間違えるとトラブルに巻き込まれるケースがあります。
こちらでは、白河市で廃車買取業者を選ぶポイントをご紹介します。

◇廃車を依頼する際に確認すべきこと

  1. 廃車費用についての確認
  2. 廃車手続き代行の有無
  3. 廃車の買取価格

廃車を依頼する前に廃車費用を確認する

一般的に廃車をする際は、廃車の引き取り手数料や自動車解体費用がかかると言われています。
ディーラーで廃車をする際は、これらの手数料に約5万円以上かかることも。特に車検切れの車や故障車などの不動車はレッカー車で引き取ってもらいますので、自動車の引き取り費用だけで数万円になることがあります。廃車にする際には不安になる事もあると思いますが、ご安心ください。廃車買取の専門業者はレッカーや積載車などを所有していますので、不動車であっても無料で引取りをしてもらえる事があります。
廃車を依頼する前に必ず廃車にかかる費用は確認しましょう。

廃車手続き代行について確認する

自動車を廃車にする際は、自動車の車両本体を解体処理することと合わせて、運輸局で廃車手続き(抹消登録)をする必要があります。
実際に運輸局で廃車手続きの経験がある方は分かると思いますが、面倒な手続きの上、運輸局で待ち時間も長く、廃車手続きをするには時間や費用がかかってきます。当サイトでおすすめしたカーネクストなどは、廃車手続きなどの費用は一切無料のサービスです。廃車手続きとは以下の登録手続きの事を指します。

◇普通自動車の場合

一時抹消:登録識別情報等通知書
永久抹消:登録事項等証明書

◇軽自動車の場合

一時抹消:自動車検査返納証明書
永久抹消:検査記録事項等証明書

廃車手続きを代行してもらえるか、その費用はかかるのかについて必ず確認しましょう。

廃車買取の価格を確認する

新車から10年が経過した車や、10万km以上走行している車は廃車と呼ばれ、日本国内では価値が無いと言われています。
しかし、世界では日本車は大人気で廃車同然の車でも高値で取引されている車種もあります。あなたが乗っている車も、もしかすると買取り価格がつく可能性もあります。
廃車買取の価格は廃車の依頼する前に必ず確認しましょう。

廃車手続きについて

こちらでは廃車手続きに必要な書類や費用についてご説明いたします。

◇自分で廃車手続きをする場合の費用

  1. 印鑑登録証明書:1通300円
  2. 戸籍謄本:1通450円
  3. 一時抹消登録手数料:1件350円

◇廃車買取業者に依頼した場合の費用

「印鑑登録証明書」や「戸籍謄本」の750円程度が必要になります。
その他「一時抹消登録手数料」や運輸支局までの交通費や時間と労力がかかりません。

廃車手続き代行に必要な書類

廃車買取業者が代行で廃車手続きをするために必要な一般的書類はこちらです。
「普通自動車」と「軽自動車」で必要書類が異なるので注意してください。
所有者住所と印鑑証明書に登録している住所が不一致等の場合、「住民票」や「戸籍の附票」などの書類が必要になります。
分からない場合は、廃車買取業者の担当スタッフが教えてくれます。

◇普通自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 所有者の印鑑証明書
  5. 印鑑証明書に登録している実印
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

◇軽自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 申請依頼書
  5. 所有者の認印

廃車手続き代行の注意点

廃車買取業者が廃車手続きに必要な書類とナンバープレート前後2枚をもって、管轄の運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車協会)にて廃車手続きを行います。
書類に不備があると廃車手続きが完了しません。買取金額がついている場合、振込までに時間がかかる可能性があるので不備がないように注意する必要があります。
特に遺産案件などは、必要書類が複雑になるので1回の廃車手続きで完了することが難しいので、分からないことや不明点があれば担当スタッフに都度確認行いましょう。

白河市の廃車買取相場とは?

福島県は太平洋に面した沿岸地域と山間部どちらも含めた広い面積を持つ県地方です。地域によっては、海外輸出販路があり買取が付きやすい傾向にあります。廃車買取相場はいくらくらいなのでしょうか。

トヨタ・アルファードの廃車買取相場【白河市】

トヨタ・アルファードは、海外で需要がありますが不動車・事故車の場合、買取金額がつきにくい傾向にあります。しかし、可動車であれば買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:3~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:0~7万円

トヨタ・ランドクルーザープラドの廃車買取相場【白河市】

トヨタ・ランドクルーザープラドは、海外で需要があるので不動車・事故車でも買取金額がつきやすいです。車の状態が良ければ高値で買取してもらうことができます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~30万円
可動車:20~70万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・ハリアーの廃車買取相場【白河市】

トヨタ・ハリアーは、SUV車のため国内外で人気があります。そのため、可動車の場合、買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:5~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:3~60万円

トヨタ・ヴェルファイアの廃車買取相場【白河市】

トヨタ・ヴェルファイアは、大変人気がある高級ミニバンです。そのため、不動車や事故車でも買取金額がつきやすいです。可動車の場合、高価買取に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・プリウスの廃車買取相場【白河市】

トヨタ・プリウスは、年式が古く、多走行の場合だと買取金額がつきにくいです。値段がつかない場合は、解体やパーツや部品のリサイクルも行っている廃車買取業者に依頼すると良いでしょう。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:2~10万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・ノアの廃車買取相場【白河市】

トヨタ・ノアは、海外で人気があるので輸出されることが多いです。年式が古くても、過走行でも買取金額は付きやすいです。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~30万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・トヨエースの廃車買取相場【白河市】

トヨタ・トヨエースは、海外で需要があるトラックです。低年式、多走行でも買取金額は付きやすいです。高年式のトラックになると高価買取も期待できます。

◇走行距離15万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~17万円

◇走行距離30万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~3万円
可動車:0~7万円

◇走行距離15万キロ・年式H10式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~10万円

福島県の廃車買取業者情報

福島県内のおすすめの廃車買取業者情報をエリアごとにご紹介しています。

郡山市須賀川市相馬市喜多方市会津若松市伊達市田村市南相馬市二本松市いわき市白河市福島市本宮市

南相馬市の廃車買取業者おすすめランキングBEST5

福島県の廃車買取業者

南相馬市で廃車の処分を検討している場合、どこの廃車買取業者に依頼すればよいのかと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
廃車処分となると費用がかかりそう、廃車手続きが面倒そうと不安に思われる方へ、こちらでは南相馬市で廃車が出来るおすすめの廃車買取業者をご紹介します。

南相馬市の廃車買取業者ランキング

こちらでご紹介する南相馬市の廃車買取業者は、南相馬市を対応している廃車買取業者の中でも廃車費用をかけずに依頼することが出来る業者をピックアップしています。これから、南相馬市で廃車を検討されている方は、おすすめの廃車買取業者をランキング形式でご紹介しますので、ぜひ参考にご覧ください。

第1位 南相馬市の廃車買取カーネクスト

南相馬市の廃車買取カーネクストは、福島県全域で廃車・事故車の買取を行なっています。

お客様は、廃車手続きに必要な「車検証」などの書類を揃えるだけです。廃車にかかる「レッカー費用」や「廃車手続き代行費用」はカーネクストが負担してくれます。
古い車でも状態が良ければ、高価買取も期待できます。特にトヨタ車は値段が付きやすいケースが多いです。電話受付時間は、朝8時から夜10時までオペレーター直接確認することができます。他社に比べて朝早くから遅くまで問合せや見積査定依頼の対応をしてくれるのでおすすめです。電話受付時間帯に問合せができない方でもフォーム入力から簡単に問合せることができるので安心です。

廃車買取カーネクストの特徴

  1. 南相馬市を含む全国の約13,000社と提携する最大手の廃車買取サービス!
  2. どんな車でも0円以上の買取保証付き!
  3. 不動車でもレッカー引取料など無料!
  4. 廃車手続きなどの面倒な手続きも代行!

フォームでのお問合せは24時間対応!電話での問い合わせは朝8時から夜10時まで年中無休で専門スタッフが対応してくれます。
南相馬市で廃車に困ったら、廃車買取カーネクストに相談するとよいでしょう。

廃車買取カーネクストの口コミ

10年以上放置していた叔父の車をカーネクストで廃車にしました。タイヤの固着が酷くて動かすことができませんでしたがスムーズ引き取ってくれました。廃車費用も発生せずに、代行で廃車手続きも行ってくれたので大変助かりました。

第2位 株式会社シマ商会

株式会社シマ商会は、福島県南相馬市にある廃車買取業者です。自動車だけでなく、トラックや建機の買取にも力を入れています。トラックだけの買取実績は年間8,000台を超えているそうです。また、シマ商会は海外輸出販路を自社で確保しているため、海外需要の高い建機なども買取が可能です。業者次第では建機の買取自体を断られることもあるため、廃車先にお悩みの方は、ご相談されてみてはいかがでしょうか。

所在地
〒975-0042 福島県南相馬市原町区雫字権現下73-2

対応エリア
福島市、伊達市、伊達郡、二本松市、本宮市、大玉村、郡山市、須賀川市、田村市、三春町、相馬市、南相馬市、相馬郡、※双葉郡、いわき市、喜多方市、北塩原市、耶麻郡、会津若松市、会津坂下町、湯川村

自動車リサイクル許可
解体業 20073000070 引取業 20071000070 フロン類回収業 20072000070 破砕業 20076000070

第3位 株式会社ナプロアース

株式会社ナプロアースは、福島県伊達市の廃車買取業者です。使用済自動車の廃車買取を行っており、事故車や故障車、過走行、低年式であっても買取を行ないます。
廃車買取専門店のため、廃車から利益を得る方法があり、不動車などの走行状態を回復することが難しい車でも本体に価値をつけることが出来ます。特にナプロアースでは、廃車を解体する際に再利用可能なパーツを取り出し、中古車パーツとしてリユースしています。その販売先が国内外にあるため、人気の車種などは高額査定の可能性もあります。

所在地
〒960-0719 福島県伊達市梁川町やながわ工業団地63-1

対応エリア
福島県内全域

自動車リサイクル許可
引取業者 20071000001 フロン類回収業者 20072000001 解体業 20073000001 破砕業 20074000001

第4位 有限会社佐藤商会

有限会社佐藤商会は、福島県福島市で自動車の解体、整備店を行っています。廃車予定の車や、乗らなくなってしまった不要車などの引き取り買取を行ないます。
査定額アップのポイントは、RV車やミニバンなどの車体の大きい車は人気があり買取額もUPしています。また、ガソリン車よりもディーゼル車のほうがプラス査定になることも。それは、佐藤商会には中古自動車の輸出ルートがあり、海外ではディーゼル車の方が人気があるからです。修理のしやすさや丈夫さで国産車の人気が高くなっていることから、買取額もアップ傾向にあります。

所在地
〒960-8057 福島県福島市笹木野上石田6-1

対応エリア
福島県北エリア

自動車リサイクル許可
解体業 20073001423 引取業 20071001395 フロン類回収 20072001395 古物商許可 251010001679

第5位 有限会社 菅野自動車商会

有限会社菅野自動車商会は、福島県福島市にある廃車買取業者です。事故車や不動車、過走行車など、中古車としては買取が難しい廃車同然の車を買取しています。菅野自動車商会は、自社でリサイクルパーツの生産設備を解体施設と合わせて保有しているため、取り出したリサイクルパーツを修理や整備をして販売することで、廃車買取後の利益化が可能です。また販売している中古車部品ではほしい部品が見つからない場合も、全国にネットワークを持っているため、探しだし販売することが出来ます。

所在地
〒960-8074 福島県福島市西中央4丁目101番地の1

対応エリア
福島県福島市周辺

自動車リサイクル許可
引取業者 20071000002 フロン類回収業者20072000002 解体業 20073000002

南相馬市で廃車買取できる3つの理由

南相馬市を対応している廃車買取業者は、なぜ廃車同然の車でも買取できるのでしょうか?こちらでは、南相馬市の廃車買取業者が買取りできる3つの理由をピックアップしました。

世界各国で日本の中古車が人気

世界各国で日本の中古車が人気なのをご存知でしょうか?
海外のテレビや映画、実際に海外旅行へ行かれた方は分かると思いますが海外でたくさんの日本車が走っています。トヨタや日産、ホンダなどの車を特によくみかけます。日本国内で買取された車で再販できる車は、海外へ輸出を行い中古車として販売しています。日本車は安全性が高く壊れにくい車だと認知されているので日本車を購入する方が非常に多いです。海外の他メーカーの車を購入するよりも、中古の日本車を購入する人がいるくらいです。日本人は、海外の人に比べて車を大事に乗る傾向があります。日本には車検制度があり道路は海外と違い舗装がされているので車にかかる負担も少ないです。そのため、中古車を海外へ輸出してもでも売ることができます。

中古パーツ(リサイクルパーツやリビルトパーツ)の利用が増えている

中古パーツの利用が増えているのをご存知でしょうか?
日本車は世界各国で利用されています。そのため、修理に必要な中古パーツの需要も高くなります。日本国内であれば、純正パーツで修理をする場合、修理金額が高くなります。中古パーツを利用すれば修理費用が半額以下ぐらいまで安くなるので中古パーツを利用して修理する人が年々増えています。海外であれば、高年式の車が走っていることが多く修理パーツの生産が終了しているケースが非常に高いです。この場合も中古パーツを日本から取り寄せたりして修理をしています。日本国内で再販できない車のパーツは海外で中古パーツとして再利用されています。再販が難しい車でもパーツとして再利用することができるので値段をつけて買取りを行うことができます。

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されている

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されていることをご存知でしょうか?
中古パーツとして利用できない鉄くずは、鉄スクラップにしています。鉄スクラップは、鉄の原料として再利用することができます。アフリカや東南アジアなどの発展途上国の国では、鉄の需要が非常に伸びています。そのため、日本国内の鉄スクラップのほとんどが海外へ輸出され鉄として再利用されていることがほとんどです。このようにお客様から買取した車は無駄なく再利用することができています。

南相馬市で廃車買取業者を選ぶポイント

廃車依頼する業者選びを間違えるとトラブルに巻き込まれるケースがあります。
こちらでは、南相馬市で廃車買取業者を選ぶポイントをご紹介します。

◇廃車を依頼する際に確認すべきこと

  1. 廃車費用についての確認
  2. 廃車手続き代行の有無
  3. 廃車の買取価格

廃車を依頼する前に廃車費用を確認する

一般的に廃車をする際は、廃車の引き取り手数料や自動車解体費用がかかると言われています。
ディーラーで廃車をする際は、これらの手数料に約5万円以上かかることも。特に車検切れの車や故障車などの不動車はレッカー車で引き取ってもらいますので、自動車の引き取り費用だけで数万円になることがあります。廃車にする際には不安になる事もあると思いますが、ご安心ください。廃車買取の専門業者はレッカーや積載車などを所有していますので、不動車であっても無料で引取りをしてもらえる事があります。
廃車を依頼する前に必ず廃車にかかる費用は確認しましょう。

廃車手続き代行について確認する

自動車を廃車にする際は、自動車の車両本体を解体処理することと合わせて、運輸局で廃車手続き(抹消登録)をする必要があります。
実際に運輸局で廃車手続きの経験がある方は分かると思いますが、面倒な手続きの上、運輸局で待ち時間も長く、廃車手続きをするには時間や費用がかかってきます。当サイトでおすすめしたカーネクストなどは、廃車手続きなどの費用は一切無料のサービスです。廃車手続きとは以下の登録手続きの事を指します。

◇普通自動車の場合

一時抹消:登録識別情報等通知書
永久抹消:登録事項等証明書

◇軽自動車の場合

一時抹消:自動車検査返納証明書
永久抹消:検査記録事項等証明書

廃車手続きを代行してもらえるか、その費用はかかるのかについて必ず確認しましょう。

廃車買取の価格を確認する

新車から10年が経過した車や、10万km以上走行している車は廃車と呼ばれ、日本国内では価値が無いと言われています。
しかし、世界では日本車は大人気で廃車同然の車でも高値で取引されている車種もあります。あなたが乗っている車も、もしかすると買取り価格がつく可能性もあります。
廃車買取の価格は廃車の依頼する前に必ず確認しましょう。

廃車手続きについて

こちらでは廃車手続きに必要な書類や費用についてご説明いたします。

◇自分で廃車手続きをする場合の費用

  1. 印鑑登録証明書:1通300円
  2. 戸籍謄本:1通450円
  3. 一時抹消登録手数料:1件350円

◇廃車買取業者に依頼した場合の費用

「印鑑登録証明書」や「戸籍謄本」の750円程度が必要になります。
その他「一時抹消登録手数料」や運輸支局までの交通費や時間と労力がかかりません。

廃車手続き代行に必要な書類

廃車買取業者が代行で廃車手続きをするために必要な一般的書類はこちらです。
「普通自動車」と「軽自動車」で必要書類が異なるので注意してください。
所有者住所と印鑑証明書に登録している住所が不一致等の場合、「住民票」や「戸籍の附票」などの書類が必要になります。
分からない場合は、廃車買取業者の担当スタッフが教えてくれます。

◇普通自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 所有者の印鑑証明書
  5. 印鑑証明書に登録している実印
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

◇軽自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 申請依頼書
  5. 所有者の認印

廃車手続き代行の注意点

廃車買取業者が廃車手続きに必要な書類とナンバープレート前後2枚をもって、管轄の運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車協会)にて廃車手続きを行います。
書類に不備があると廃車手続きが完了しません。買取金額がついている場合、振込までに時間がかかる可能性があるので不備がないように注意する必要があります。
特に遺産案件などは、必要書類が複雑になるので1回の廃車手続きで完了することが難しいので、分からないことや不明点があれば担当スタッフに都度確認行いましょう。

南相馬市の廃車買取相場とは?

福島県は太平洋に面した沿岸地域と山間部どちらも含めた広い面積を持つ県地方です。地域によっては、海外輸出販路があり買取が付きやすい傾向にあります。廃車買取相場はいくらくらいなのでしょうか。

トヨタ・アルファードの廃車買取相場【南相馬市】

トヨタ・アルファードは、海外で需要がありますが不動車・事故車の場合、買取金額がつきにくい傾向にあります。しかし、可動車であれば買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:3~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:0~7万円

トヨタ・ランドクルーザープラドの廃車買取相場【南相馬市】

トヨタ・ランドクルーザープラドは、海外で需要があるので不動車・事故車でも買取金額がつきやすいです。車の状態が良ければ高値で買取してもらうことができます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~30万円
可動車:20~70万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・ハリアーの廃車買取相場【南相馬市】

トヨタ・ハリアーは、SUV車のため国内外で人気があります。そのため、可動車の場合、買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:5~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:3~60万円

トヨタ・ヴェルファイアの廃車買取相場【南相馬市】

トヨタ・ヴェルファイアは、大変人気がある高級ミニバンです。そのため、不動車や事故車でも買取金額がつきやすいです。可動車の場合、高価買取に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・プリウスの廃車買取相場【南相馬市】

トヨタ・プリウスは、年式が古く、多走行の場合だと買取金額がつきにくいです。値段がつかない場合は、解体やパーツや部品のリサイクルも行っている廃車買取業者に依頼すると良いでしょう。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:2~10万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・ノアの廃車買取相場【南相馬市】

トヨタ・ノアは、海外で人気があるので輸出されることが多いです。年式が古くても、過走行でも買取金額は付きやすいです。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~30万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・トヨエースの廃車買取相場【南相馬市】

トヨタ・トヨエースは、海外で需要があるトラックです。低年式、多走行でも買取金額は付きやすいです。高年式のトラックになると高価買取も期待できます。

◇走行距離15万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~17万円

◇走行距離30万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~3万円
可動車:0~7万円

◇走行距離15万キロ・年式H10式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~10万円

南相馬市の廃車買取業者まとめ

南相馬市でおすすめの廃車買取業者についてご紹介しました。廃車で困ったら、南相馬市の廃車買取カーネクストがオススメです。

事故車や動かない車、車検切れ、故障車などの車でも「0円以上の買取保証」なので安心です。また、「廃車費用無料」や「廃車手続き代行OK」なので手間なく簡単に廃車にすることができます。もし、買取価格に納得がいかない方は、複数の廃車買取業者に見積を取って決めるといいでしょう。ご自身に合った廃車買取業者を探してみてください。

福島県の廃車買取業者情報

福島県内のおすすめの廃車買取業者情報をエリアごとにご紹介しています。

郡山市須賀川市相馬市喜多方市会津若松市伊達市田村市南相馬市二本松市いわき市白河市福島市本宮市

相馬市の廃車買取業者おすすめランキングBEST5

福島県の廃車買取業者

相馬市で廃車の処分を検討している場合、どこの廃車買取業者に依頼すればよいのかと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
廃車処分となると費用がかかりそう、廃車手続きが面倒そうと不安に思われる方へ、こちらでは相馬市で廃車が出来るおすすめの廃車買取業者をご紹介します。

相馬市の廃車買取業者ランキング

こちらでご紹介する相馬市の廃車買取業者は、相馬市を対応している廃車買取業者の中でも廃車費用をかけずに依頼することが出来る業者をピックアップしています。これから、相馬市で廃車を検討されている方は、おすすめの廃車買取業者をランキング形式でご紹介しますので、ぜひ参考にご覧ください。

第1位 相馬市の廃車買取カーネクスト

相馬市の廃車買取カーネクストは、福島県全域で廃車・事故車の買取を行なっています。

お客様は、廃車手続きに必要な「車検証」などの書類を揃えるだけです。廃車にかかる「レッカー費用」や「廃車手続き代行費用」はカーネクストが負担してくれます。
古い車でも状態が良ければ、高価買取も期待できます。特にトヨタ車は値段が付きやすいケースが多いです。電話受付時間は、朝8時から夜10時までオペレーター直接確認することができます。他社に比べて朝早くから遅くまで問合せや見積査定依頼の対応をしてくれるのでおすすめです。電話受付時間帯に問合せができない方でもフォーム入力から簡単に問合せることができるので安心です。

廃車買取カーネクストの特徴

  1. 相馬市を含む全国の約13,000社と提携する最大手の廃車買取サービス!
  2. どんな車でも0円以上の買取保証付き!
  3. 不動車でもレッカー引取料など無料!
  4. 廃車手続きなどの面倒な手続きも代行!

フォームでのお問合せは24時間対応!電話での問い合わせは朝8時から夜10時まで年中無休で専門スタッフが対応してくれます。
相馬市で廃車に困ったら、廃車買取カーネクストに相談するとよいでしょう。

廃車買取カーネクストの口コミ

10年以上放置していた叔父の車をカーネクストで廃車にしました。タイヤの固着が酷くて動かすことができませんでしたがスムーズ引き取ってくれました。廃車費用も発生せずに、代行で廃車手続きも行ってくれたので大変助かりました。

第2位 株式会社ナプロアース

株式会社ナプロアースは、福島県伊達市の廃車買取業者です。使用済自動車の廃車買取を行っており、事故車や故障車、過走行、低年式であっても買取を行ないます。
廃車買取専門店のため、廃車から利益を得る方法があり、不動車などの走行状態を回復することが難しい車でも本体に価値をつけることが出来ます。特にナプロアースでは、廃車を解体する際に再利用可能なパーツを取り出し、中古車パーツとしてリユースしています。その販売先が国内外にあるため、人気の車種などは高額査定の可能性もあります。

所在地
〒960-0719 福島県伊達市梁川町やながわ工業団地63-1

対応エリア
福島県内全域

自動車リサイクル許可
引取業者 20071000001 フロン類回収業者 20072000001 解体業 20073000001 破砕業 20074000001

第3位 有限会社佐藤商会

有限会社佐藤商会は、福島県福島市で自動車の解体、整備店を行っています。廃車予定の車や、乗らなくなってしまった不要車などの引き取り買取を行ないます。
査定額アップのポイントは、RV車やミニバンなどの車体の大きい車は人気があり買取額もUPしています。また、ガソリン車よりもディーゼル車のほうがプラス査定になることも。それは、佐藤商会には中古自動車の輸出ルートがあり、海外ではディーゼル車の方が人気があるからです。修理のしやすさや丈夫さで国産車の人気が高くなっていることから、買取額もアップ傾向にあります。

所在地
〒960-8057 福島県福島市笹木野上石田6-1

対応エリア
福島県北エリア

自動車リサイクル許可
解体業 20073001423 引取業 20071001395 フロン類回収 20072001395 古物商許可 251010001679

第4位 株式会社シマ商会

株式会社シマ商会は、福島県南相馬市にある廃車買取業者です。自動車だけでなく、トラックや建機の買取にも力を入れています。トラックだけの買取実績は年間8,000台を超えているそうです。また、シマ商会は海外輸出販路を自社で確保しているため、海外需要の高い建機なども買取が可能です。業者次第では建機の買取自体を断られることもあるため、廃車先にお悩みの方は、ご相談されてみてはいかがでしょうか。

所在地
〒975-0042 福島県南相馬市原町区雫字権現下73-2

対応エリア
福島市、伊達市、伊達郡、二本松市、本宮市、大玉村、郡山市、須賀川市、田村市、三春町、相馬市、南相馬市、相馬郡、※双葉郡、いわき市、喜多方市、北塩原市、耶麻郡、会津若松市、会津坂下町、湯川村

自動車リサイクル許可
解体業 20073000070 引取業 20071000070 フロン類回収業 20072000070 破砕業 20076000070

第5位 有限会社 菅野自動車商会

有限会社菅野自動車商会は、福島県福島市にある廃車買取業者です。事故車や不動車、過走行車など、中古車としては買取が難しい廃車同然の車を買取しています。菅野自動車商会は、自社でリサイクルパーツの生産設備を解体施設と合わせて保有しているため、取り出したリサイクルパーツを修理や整備をして販売することで、廃車買取後の利益化が可能です。また販売している中古車部品ではほしい部品が見つからない場合も、全国にネットワークを持っているため、探しだし販売することが出来ます。

所在地
〒960-8074 福島県福島市西中央4丁目101番地の1

対応エリア
福島県福島市周辺

自動車リサイクル許可
引取業者 20071000002 フロン類回収業者20072000002 解体業 20073000002

相馬市で廃車買取できる3つの理由

相馬市を対応している廃車買取業者は、なぜ廃車同然の車でも買取できるのでしょうか?こちらでは、相馬市の廃車買取業者が買取りできる3つの理由をピックアップしました。

世界各国で日本の中古車が人気

世界各国で日本の中古車が人気なのをご存知でしょうか?
海外のテレビや映画、実際に海外旅行へ行かれた方は分かると思いますが海外でたくさんの日本車が走っています。トヨタや日産、ホンダなどの車を特によくみかけます。日本国内で買取された車で再販できる車は、海外へ輸出を行い中古車として販売しています。日本車は安全性が高く壊れにくい車だと認知されているので日本車を購入する方が非常に多いです。海外の他メーカーの車を購入するよりも、中古の日本車を購入する人がいるくらいです。日本人は、海外の人に比べて車を大事に乗る傾向があります。日本には車検制度があり道路は海外と違い舗装がされているので車にかかる負担も少ないです。そのため、中古車を海外へ輸出してもでも売ることができます。

中古パーツ(リサイクルパーツやリビルトパーツ)の利用が増えている

中古パーツの利用が増えているのをご存知でしょうか?
日本車は世界各国で利用されています。そのため、修理に必要な中古パーツの需要も高くなります。日本国内であれば、純正パーツで修理をする場合、修理金額が高くなります。中古パーツを利用すれば修理費用が半額以下ぐらいまで安くなるので中古パーツを利用して修理する人が年々増えています。海外であれば、高年式の車が走っていることが多く修理パーツの生産が終了しているケースが非常に高いです。この場合も中古パーツを日本から取り寄せたりして修理をしています。日本国内で再販できない車のパーツは海外で中古パーツとして再利用されています。再販が難しい車でもパーツとして再利用することができるので値段をつけて買取りを行うことができます。

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されている

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されていることをご存知でしょうか?
中古パーツとして利用できない鉄くずは、鉄スクラップにしています。鉄スクラップは、鉄の原料として再利用することができます。アフリカや東南アジアなどの発展途上国の国では、鉄の需要が非常に伸びています。そのため、日本国内の鉄スクラップのほとんどが海外へ輸出され鉄として再利用されていることがほとんどです。このようにお客様から買取した車は無駄なく再利用することができています。

相馬市で廃車買取業者を選ぶポイント

廃車依頼する業者選びを間違えるとトラブルに巻き込まれるケースがあります。
こちらでは、相馬市で廃車買取業者を選ぶポイントをご紹介します。

◇廃車を依頼する際に確認すべきこと

  1. 廃車費用についての確認
  2. 廃車手続き代行の有無
  3. 廃車の買取価格

廃車を依頼する前に廃車費用を確認する

一般的に廃車をする際は、廃車の引き取り手数料や自動車解体費用がかかると言われています。
ディーラーで廃車をする際は、これらの手数料に約5万円以上かかることも。特に車検切れの車や故障車などの不動車はレッカー車で引き取ってもらいますので、自動車の引き取り費用だけで数万円になることがあります。廃車にする際には不安になる事もあると思いますが、ご安心ください。廃車買取の専門業者はレッカーや積載車などを所有していますので、不動車であっても無料で引取りをしてもらえる事があります。
廃車を依頼する前に必ず廃車にかかる費用は確認しましょう。

廃車手続き代行について確認する

自動車を廃車にする際は、自動車の車両本体を解体処理することと合わせて、運輸局で廃車手続き(抹消登録)をする必要があります。
実際に運輸局で廃車手続きの経験がある方は分かると思いますが、面倒な手続きの上、運輸局で待ち時間も長く、廃車手続きをするには時間や費用がかかってきます。当サイトでおすすめしたカーネクストなどは、廃車手続きなどの費用は一切無料のサービスです。廃車手続きとは以下の登録手続きの事を指します。

◇普通自動車の場合

一時抹消:登録識別情報等通知書
永久抹消:登録事項等証明書

◇軽自動車の場合

一時抹消:自動車検査返納証明書
永久抹消:検査記録事項等証明書

廃車手続きを代行してもらえるか、その費用はかかるのかについて必ず確認しましょう。

廃車買取の価格を確認する

新車から10年が経過した車や、10万km以上走行している車は廃車と呼ばれ、日本国内では価値が無いと言われています。
しかし、世界では日本車は大人気で廃車同然の車でも高値で取引されている車種もあります。あなたが乗っている車も、もしかすると買取り価格がつく可能性もあります。
廃車買取の価格は廃車の依頼する前に必ず確認しましょう。

廃車手続きについて

こちらでは廃車手続きに必要な書類や費用についてご説明いたします。

◇自分で廃車手続きをする場合の費用

  1. 印鑑登録証明書:1通300円
  2. 戸籍謄本:1通450円
  3. 一時抹消登録手数料:1件350円

◇廃車買取業者に依頼した場合の費用

「印鑑登録証明書」や「戸籍謄本」の750円程度が必要になります。
その他「一時抹消登録手数料」や運輸支局までの交通費や時間と労力がかかりません。

廃車手続き代行に必要な書類

廃車買取業者が代行で廃車手続きをするために必要な一般的書類はこちらです。
「普通自動車」と「軽自動車」で必要書類が異なるので注意してください。
所有者住所と印鑑証明書に登録している住所が不一致等の場合、「住民票」や「戸籍の附票」などの書類が必要になります。
分からない場合は、廃車買取業者の担当スタッフが教えてくれます。

◇普通自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 所有者の印鑑証明書
  5. 印鑑証明書に登録している実印
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

◇軽自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 申請依頼書
  5. 所有者の認印

廃車手続き代行の注意点

廃車買取業者が廃車手続きに必要な書類とナンバープレート前後2枚をもって、管轄の運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車協会)にて廃車手続きを行います。
書類に不備があると廃車手続きが完了しません。買取金額がついている場合、振込までに時間がかかる可能性があるので不備がないように注意する必要があります。
特に遺産案件などは、必要書類が複雑になるので1回の廃車手続きで完了することが難しいので、分からないことや不明点があれば担当スタッフに都度確認行いましょう。

相馬市の廃車買取相場とは?

福島県は太平洋に面した沿岸地域と山間部どちらも含めた広い面積を持つ県地方です。地域によっては、海外輸出販路があり買取が付きやすい傾向にあります。廃車買取相場はいくらくらいなのでしょうか。

トヨタ・アルファードの廃車買取相場【相馬市】

トヨタ・アルファードは、海外で需要がありますが不動車・事故車の場合、買取金額がつきにくい傾向にあります。しかし、可動車であれば買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:3~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:0~7万円

トヨタ・ランドクルーザープラドの廃車買取相場【相馬市】

トヨタ・ランドクルーザープラドは、海外で需要があるので不動車・事故車でも買取金額がつきやすいです。車の状態が良ければ高値で買取してもらうことができます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~30万円
可動車:20~70万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・ハリアーの廃車買取相場【相馬市】

トヨタ・ハリアーは、SUV車のため国内外で人気があります。そのため、可動車の場合、買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:5~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:3~60万円

トヨタ・ヴェルファイアの廃車買取相場【相馬市】

トヨタ・ヴェルファイアは、大変人気がある高級ミニバンです。そのため、不動車や事故車でも買取金額がつきやすいです。可動車の場合、高価買取に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・プリウスの廃車買取相場【相馬市】

トヨタ・プリウスは、年式が古く、多走行の場合だと買取金額がつきにくいです。値段がつかない場合は、解体やパーツや部品のリサイクルも行っている廃車買取業者に依頼すると良いでしょう。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:2~10万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・ノアの廃車買取相場【相馬市】

トヨタ・ノアは、海外で人気があるので輸出されることが多いです。年式が古くても、過走行でも買取金額は付きやすいです。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~30万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・トヨエースの廃車買取相場【相馬市】

トヨタ・トヨエースは、海外で需要があるトラックです。低年式、多走行でも買取金額は付きやすいです。高年式のトラックになると高価買取も期待できます。

◇走行距離15万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~17万円

◇走行距離30万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~3万円
可動車:0~7万円

◇走行距離15万キロ・年式H10式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~10万円

福島県の廃車買取業者情報

福島県内のおすすめの廃車買取業者情報をエリアごとにご紹介しています。

郡山市須賀川市相馬市喜多方市会津若松市伊達市田村市南相馬市二本松市いわき市白河市福島市本宮市

田村市の廃車買取業者おすすめランキングBEST5

福島県の廃車買取業者

田村市で廃車の処分を検討している場合、どこの廃車買取業者に依頼すればよいのかと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
廃車処分となると費用がかかりそう、廃車手続きが面倒そうと不安に思われる方へ、こちらでは田村市で廃車が出来るおすすめの廃車買取業者をご紹介します。

田村市の廃車買取業者ランキング

こちらでご紹介する田村市の廃車買取業者は、田村市を対応している廃車買取業者の中でも廃車費用をかけずに依頼することが出来る業者をピックアップしています。これから、田村市で廃車を検討されている方は、おすすめの廃車買取業者をランキング形式でご紹介しますので、ぜひ参考にご覧ください。

第1位 田村市の廃車買取カーネクスト

田村市の廃車買取カーネクストは、福島県全域で廃車・事故車の買取を行なっています。

お客様は、廃車手続きに必要な「車検証」などの書類を揃えるだけです。廃車にかかる「レッカー費用」や「廃車手続き代行費用」はカーネクストが負担してくれます。
古い車でも状態が良ければ、高価買取も期待できます。特にトヨタ車は値段が付きやすいケースが多いです。電話受付時間は、朝8時から夜10時までオペレーター直接確認することができます。他社に比べて朝早くから遅くまで問合せや見積査定依頼の対応をしてくれるのでおすすめです。電話受付時間帯に問合せができない方でもフォーム入力から簡単に問合せることができるので安心です。

廃車買取カーネクストの特徴

  1. 田村市を含む全国の約13,000社と提携する最大手の廃車買取サービス!
  2. どんな車でも0円以上の買取保証付き!
  3. 不動車でもレッカー引取料など無料!
  4. 廃車手続きなどの面倒な手続きも代行!

フォームでのお問合せは24時間対応!電話での問い合わせは朝8時から夜10時まで年中無休で専門スタッフが対応してくれます。
田村市で廃車に困ったら、廃車買取カーネクストに相談するとよいでしょう。

廃車買取カーネクストの口コミ

10年以上放置していた叔父の車をカーネクストで廃車にしました。タイヤの固着が酷くて動かすことができませんでしたがスムーズ引き取ってくれました。廃車費用も発生せずに、代行で廃車手続きも行ってくれたので大変助かりました。

第2位 有限会社富山商会金屋工場

有限会社富山商会金屋工場は、福島県郡山市で廃車の買取とリサイクルパーツの生産・販売を行っている業者です。廃車から取り出した再利用可能なパーツは、自社で修理、整備、点検をして品質チェック管理を通過したもののみ販売されています。中古車部品倉庫は2万点が保管可能な倉庫となっていて、全国のネットワークを活かして中古車部品販売もされています。

所在地
〒963-0725 福島県郡山市田村町金屋字マセロ48

対応エリア
安達郡大玉村、石川郡玉川村、岩瀬郡鏡石町、岩瀬郡天栄村、郡山市、須賀川市、田村郡小野町、田村郡三春町、田村市、二本松市、本宮市、耶麻郡猪苗代町、耶麻郡磐梯町

自動車リサイクル許可
引取業 20871000001 フロン類回収業 20872000001 解体業 20873000001

第3位 株式会社ナプロアース

株式会社ナプロアースは、福島県伊達市の廃車買取業者です。使用済自動車の廃車買取を行っており、事故車や故障車、過走行、低年式であっても買取を行ないます。
廃車買取専門店のため、廃車から利益を得る方法があり、不動車などの走行状態を回復することが難しい車でも本体に価値をつけることが出来ます。特にナプロアースでは、廃車を解体する際に再利用可能なパーツを取り出し、中古車パーツとしてリユースしています。その販売先が国内外にあるため、人気の車種などは高額査定の可能性もあります。

所在地
〒960-0719 福島県伊達市梁川町やながわ工業団地63-1

対応エリア
福島県内全域

自動車リサイクル許可
引取業者 20071000001 フロン類回収業者 20072000001 解体業 20073000001 破砕業 20074000001

第4位 有限会社サトウサービス

有限会社サトウサービスは、福島県郡山市の自動車解体業者です。不要になってしまった車、事故車などの廃車買取を行っています。ディーラーの下取りや、中古車買取店では価格がつきづらい状態になってしまった車も自動車解体の施設を自社に保有するサトウサービスなら、査定をつけられる可能性があります。
それは自動車のパーツや素材を解体時に取り出して、再利用できるためです。再利用できる資源をリユースして利益を出せるため、不動車であっても買い取りをつけることが出来ます。

所在地
〒963-0000 福島県郡山市喜久田町割田2丁目34-2

対応エリア
出張査定は福島県中通りエリア(福島市、二本松市、本宮市、伊達市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村、郡山市、須賀川市、田村市、三春町、小野町、鏡石町、石川町、浅川町、古殿町、天栄村、玉川村、平田村、白河市、矢祭町、棚倉町、矢吹町、塙町、西郷村、泉崎村、中島村、鮫川村)

自動車リサイクル許可
引取業 20871000014 フロン類回収業 20872000014 解体業 20873000014 古物商(自動車商)251080002985

第5位 株式会社シマ商会

株式会社シマ商会は、福島県南相馬市にある廃車買取業者です。自動車だけでなく、トラックや建機の買取にも力を入れています。トラックだけの買取実績は年間8,000台を超えているそうです。また、シマ商会は海外輸出販路を自社で確保しているため、海外需要の高い建機なども買取が可能です。業者次第では建機の買取自体を断られることもあるため、廃車先にお悩みの方は、ご相談されてみてはいかがでしょうか。

所在地
〒975-0042 福島県南相馬市原町区雫字権現下73-2

対応エリア
福島市、伊達市、伊達郡、二本松市、本宮市、大玉村、郡山市、須賀川市、田村市、三春町、相馬市、南相馬市、相馬郡、※双葉郡、いわき市、喜多方市、北塩原市、耶麻郡、会津若松市、会津坂下町、湯川村

自動車リサイクル許可
解体業 20073000070 引取業 20071000070 フロン類回収業 20072000070 破砕業 20076000070

有限会社 菅野自動車商会

有限会社菅野自動車商会は、福島県福島市にある廃車買取業者です。事故車や不動車、過走行車など、中古車としては買取が難しい廃車同然の車を買取しています。菅野自動車商会は、自社でリサイクルパーツの生産設備を解体施設と合わせて保有しているため、取り出したリサイクルパーツを修理や整備をして販売することで、廃車買取後の利益化が可能です。また販売している中古車部品ではほしい部品が見つからない場合も、全国にネットワークを持っているため、探しだし販売することが出来ます。

所在地
〒960-8074 福島県福島市西中央4丁目101番地の1

対応エリア
福島県福島市周辺

自動車リサイクル許可
引取業者 20071000002 フロン類回収業者20072000002 解体業 20073000002

田村市で廃車買取できる3つの理由

田村市を対応している廃車買取業者は、なぜ廃車同然の車でも買取できるのでしょうか?こちらでは、田村市の廃車買取業者が買取りできる3つの理由をピックアップしました。

世界各国で日本の中古車が人気

世界各国で日本の中古車が人気なのをご存知でしょうか?
海外のテレビや映画、実際に海外旅行へ行かれた方は分かると思いますが海外でたくさんの日本車が走っています。トヨタや日産、ホンダなどの車を特によくみかけます。日本国内で買取された車で再販できる車は、海外へ輸出を行い中古車として販売しています。日本車は安全性が高く壊れにくい車だと認知されているので日本車を購入する方が非常に多いです。海外の他メーカーの車を購入するよりも、中古の日本車を購入する人がいるくらいです。日本人は、海外の人に比べて車を大事に乗る傾向があります。日本には車検制度があり道路は海外と違い舗装がされているので車にかかる負担も少ないです。そのため、中古車を海外へ輸出してもでも売ることができます。

中古パーツ(リサイクルパーツやリビルトパーツ)の利用が増えている

中古パーツの利用が増えているのをご存知でしょうか?
日本車は世界各国で利用されています。そのため、修理に必要な中古パーツの需要も高くなります。日本国内であれば、純正パーツで修理をする場合、修理金額が高くなります。中古パーツを利用すれば修理費用が半額以下ぐらいまで安くなるので中古パーツを利用して修理する人が年々増えています。海外であれば、高年式の車が走っていることが多く修理パーツの生産が終了しているケースが非常に高いです。この場合も中古パーツを日本から取り寄せたりして修理をしています。日本国内で再販できない車のパーツは海外で中古パーツとして再利用されています。再販が難しい車でもパーツとして再利用することができるので値段をつけて買取りを行うことができます。

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されている

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されていることをご存知でしょうか?
中古パーツとして利用できない鉄くずは、鉄スクラップにしています。鉄スクラップは、鉄の原料として再利用することができます。アフリカや東南アジアなどの発展途上国の国では、鉄の需要が非常に伸びています。そのため、日本国内の鉄スクラップのほとんどが海外へ輸出され鉄として再利用されていることがほとんどです。このようにお客様から買取した車は無駄なく再利用することができています。

田村市で廃車買取業者を選ぶポイント

廃車依頼する業者選びを間違えるとトラブルに巻き込まれるケースがあります。
こちらでは、田村市で廃車買取業者を選ぶポイントをご紹介します。

◇廃車を依頼する際に確認すべきこと

  1. 廃車費用についての確認
  2. 廃車手続き代行の有無
  3. 廃車の買取価格

廃車を依頼する前に廃車費用を確認する

一般的に廃車をする際は、廃車の引き取り手数料や自動車解体費用がかかると言われています。
ディーラーで廃車をする際は、これらの手数料に約5万円以上かかることも。特に車検切れの車や故障車などの不動車はレッカー車で引き取ってもらいますので、自動車の引き取り費用だけで数万円になることがあります。廃車にする際には不安になる事もあると思いますが、ご安心ください。廃車買取の専門業者はレッカーや積載車などを所有していますので、不動車であっても無料で引取りをしてもらえる事があります。
廃車を依頼する前に必ず廃車にかかる費用は確認しましょう。

廃車手続き代行について確認する

自動車を廃車にする際は、自動車の車両本体を解体処理することと合わせて、運輸局で廃車手続き(抹消登録)をする必要があります。
実際に運輸局で廃車手続きの経験がある方は分かると思いますが、面倒な手続きの上、運輸局で待ち時間も長く、廃車手続きをするには時間や費用がかかってきます。当サイトでおすすめしたカーネクストなどは、廃車手続きなどの費用は一切無料のサービスです。廃車手続きとは以下の登録手続きの事を指します。

◇普通自動車の場合

一時抹消:登録識別情報等通知書
永久抹消:登録事項等証明書

◇軽自動車の場合

一時抹消:自動車検査返納証明書
永久抹消:検査記録事項等証明書

廃車手続きを代行してもらえるか、その費用はかかるのかについて必ず確認しましょう。

廃車買取の価格を確認する

新車から10年が経過した車や、10万km以上走行している車は廃車と呼ばれ、日本国内では価値が無いと言われています。
しかし、世界では日本車は大人気で廃車同然の車でも高値で取引されている車種もあります。あなたが乗っている車も、もしかすると買取り価格がつく可能性もあります。
廃車買取の価格は廃車の依頼する前に必ず確認しましょう。

廃車手続きについて

こちらでは廃車手続きに必要な書類や費用についてご説明いたします。

◇自分で廃車手続きをする場合の費用

  1. 印鑑登録証明書:1通300円
  2. 戸籍謄本:1通450円
  3. 一時抹消登録手数料:1件350円

◇廃車買取業者に依頼した場合の費用

「印鑑登録証明書」や「戸籍謄本」の750円程度が必要になります。
その他「一時抹消登録手数料」や運輸支局までの交通費や時間と労力がかかりません。

廃車手続き代行に必要な書類

廃車買取業者が代行で廃車手続きをするために必要な一般的書類はこちらです。
「普通自動車」と「軽自動車」で必要書類が異なるので注意してください。
所有者住所と印鑑証明書に登録している住所が不一致等の場合、「住民票」や「戸籍の附票」などの書類が必要になります。
分からない場合は、廃車買取業者の担当スタッフが教えてくれます。

◇普通自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 所有者の印鑑証明書
  5. 印鑑証明書に登録している実印
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

◇軽自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 申請依頼書
  5. 所有者の認印

廃車手続き代行の注意点

廃車買取業者が廃車手続きに必要な書類とナンバープレート前後2枚をもって、管轄の運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車協会)にて廃車手続きを行います。
書類に不備があると廃車手続きが完了しません。買取金額がついている場合、振込までに時間がかかる可能性があるので不備がないように注意する必要があります。
特に遺産案件などは、必要書類が複雑になるので1回の廃車手続きで完了することが難しいので、分からないことや不明点があれば担当スタッフに都度確認行いましょう。

田村市の廃車買取相場とは?

福島県は太平洋に面した沿岸地域と山間部どちらも含めた広い面積を持つ県地方です。地域によっては、海外輸出販路があり買取が付きやすい傾向にあります。廃車買取相場はいくらくらいなのでしょうか。

トヨタ・アルファードの廃車買取相場【田村市】

トヨタ・アルファードは、海外で需要がありますが不動車・事故車の場合、買取金額がつきにくい傾向にあります。しかし、可動車であれば買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:3~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:0~7万円

トヨタ・ランドクルーザープラドの廃車買取相場【田村市】

トヨタ・ランドクルーザープラドは、海外で需要があるので不動車・事故車でも買取金額がつきやすいです。車の状態が良ければ高値で買取してもらうことができます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~30万円
可動車:20~70万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・ハリアーの廃車買取相場【田村市】

トヨタ・ハリアーは、SUV車のため国内外で人気があります。そのため、可動車の場合、買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:5~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:3~60万円

トヨタ・ヴェルファイアの廃車買取相場【田村市】

トヨタ・ヴェルファイアは、大変人気がある高級ミニバンです。そのため、不動車や事故車でも買取金額がつきやすいです。可動車の場合、高価買取に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・プリウスの廃車買取相場【田村市】

トヨタ・プリウスは、年式が古く、多走行の場合だと買取金額がつきにくいです。値段がつかない場合は、解体やパーツや部品のリサイクルも行っている廃車買取業者に依頼すると良いでしょう。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:2~10万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・ノアの廃車買取相場【田村市】

トヨタ・ノアは、海外で人気があるので輸出されることが多いです。年式が古くても、過走行でも買取金額は付きやすいです。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~30万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・トヨエースの廃車買取相場【田村市】

トヨタ・トヨエースは、海外で需要があるトラックです。低年式、多走行でも買取金額は付きやすいです。高年式のトラックになると高価買取も期待できます。

◇走行距離15万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~17万円

◇走行距離30万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~3万円
可動車:0~7万円

◇走行距離15万キロ・年式H10式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~10万円

福島県の廃車買取業者情報

福島県内のおすすめの廃車買取業者情報をエリアごとにご紹介しています。

郡山市須賀川市相馬市喜多方市会津若松市伊達市田村市南相馬市二本松市いわき市白河市福島市本宮市

二本松市の廃車買取業者おすすめランキングBEST5

福島県の廃車買取業者

二本松市で廃車の処分を検討している場合、どこの廃車買取業者に依頼すればよいのかと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
廃車処分となると費用がかかりそう、廃車手続きが面倒そうと不安に思われる方へ、こちらでは二本松市で廃車が出来るおすすめの廃車買取業者をご紹介します。

第1位 二本松市の廃車買取カーネクスト

二本松市の廃車買取カーネクストは、福島県全域で廃車・事故車の買取を行なっています。

お客様は、廃車手続きに必要な「車検証」などの書類を揃えるだけです。廃車にかかる「レッカー費用」や「廃車手続き代行費用」はカーネクストが負担してくれます。
古い車でも状態が良ければ、高価買取も期待できます。特にトヨタ車は値段が付きやすいケースが多いです。電話受付時間は、朝8時から夜10時までオペレーター直接確認することができます。他社に比べて朝早くから遅くまで問合せや見積査定依頼の対応をしてくれるのでおすすめです。電話受付時間帯に問合せができない方でもフォーム入力から簡単に問合せることができるので安心です。

廃車買取カーネクストの特徴

  1. 二本松市を含む全国の約13,000社と提携する最大手の廃車買取サービス!
  2. どんな車でも0円以上の買取保証付き!
  3. 不動車でもレッカー引取料など無料!
  4. 廃車手続きなどの面倒な手続きも代行!

フォームでのお問合せは24時間対応!電話での問い合わせは朝8時から夜10時まで年中無休で専門スタッフが対応してくれます。
二本松市で廃車に困ったら、廃車買取カーネクストに相談するとよいでしょう。

廃車買取カーネクストの口コミ

10年以上放置していた叔父の車をカーネクストで廃車にしました。タイヤの固着が酷くて動かすことができませんでしたがスムーズ引き取ってくれました。廃車費用も発生せずに、代行で廃車手続きも行ってくれたので大変助かりました。

第2位 株式会社ナプロアース

株式会社ナプロアースは、福島県伊達市の廃車買取業者です。使用済自動車の廃車買取を行っており、事故車や故障車、過走行、低年式であっても買取を行ないます。
廃車買取専門店のため、廃車から利益を得る方法があり、不動車などの走行状態を回復することが難しい車でも本体に価値をつけることが出来ます。特にナプロアースでは、廃車を解体する際に再利用可能なパーツを取り出し、中古車パーツとしてリユースしています。その販売先が国内外にあるため、人気の車種などは高額査定の可能性もあります。

所在地
〒960-0719 福島県伊達市梁川町やながわ工業団地63-1

対応エリア
福島県内全域

自動車リサイクル許可
引取業者 20071000001 フロン類回収業者 20072000001 解体業 20073000001 破砕業 20074000001

第3位 有限会社サトウサービス

有限会社サトウサービスは、福島県郡山市の自動車解体業者です。不要になってしまった車、事故車などの廃車買取を行っています。ディーラーの下取りや、中古車買取店では価格がつきづらい状態になってしまった車も自動車解体の施設を自社に保有するサトウサービスなら、査定をつけられる可能性があります。
それは自動車のパーツや素材を解体時に取り出して、再利用できるためです。再利用できる資源をリユースして利益を出せるため、不動車であっても買い取りをつけることが出来ます。

所在地
〒963-0000 福島県郡山市喜久田町割田2丁目34-2

対応エリア
出張査定は福島県中通りエリア(福島市、二本松市、本宮市、伊達市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村、郡山市、須賀川市、田村市、三春町、小野町、鏡石町、石川町、浅川町、古殿町、天栄村、玉川村、平田村、白河市、矢祭町、棚倉町、矢吹町、塙町、西郷村、泉崎村、中島村、鮫川村)

自動車リサイクル許可
引取業 20871000014 フロン類回収業 20872000014 解体業 20873000014 古物商(自動車商)251080002985

第4位 有限会社 榎並商会

有限会社榎並商会は、福島県郡山市にある廃車買取業者です。不要になった車の廃車解体、廃車から取り出したパーツのリサイクル部品生産と販売をメインに行っています。車検が切れたクルマや、乗り換え時に下取り査定は0円だった車も買取対象となっていて、毎年の廃車実績は3,000台以上を超えています。

所在地
〒963-0724 福島県郡山市田村町上行合字北古川47-1

対応エリア
安達郡大玉村、石川郡玉川村、岩瀬郡鏡石町、岩瀬郡天栄村、郡山市、須賀川市、田村郡小野町、田村郡三春町、田村市、二本松市、本宮市、耶麻郡猪苗代町、耶麻郡磐梯町

自動車リサイクル許可
引取業者 2087100001 フロン類回収業 20872000015 解体業 20873000015

第5位 有限会社佐藤商会

有限会社佐藤商会は、福島県福島市で自動車の解体、整備店を行っています。廃車予定の車や、乗らなくなってしまった不要車などの引き取り買取を行ないます。
査定額アップのポイントは、RV車やミニバンなどの車体の大きい車は人気があり買取額もUPしています。また、ガソリン車よりもディーゼル車のほうがプラス査定になることも。それは、佐藤商会には中古自動車の輸出ルートがあり、海外ではディーゼル車の方が人気があるからです。修理のしやすさや丈夫さで国産車の人気が高くなっていることから、買取額もアップ傾向にあります。

所在地
〒960-8057 福島県福島市笹木野上石田6-1

対応エリア
福島県北エリア

自動車リサイクル許可
解体業 20073001423 引取業 20071001395 フロン類回収 20072001395 古物商許可 251010001679

有限会社 星自動車商会

有限会社星自動車商会は、福島県福島市の廃車買取業者です。不要になった普通自動車や軽自動車だけでなく、トラックなどの大型車両の廃車買取も行っています。事故車や故障車など不動車の引き取りも可能で、乗る人がいないまま長期間放置したままの車輌なども買取対象となっています。自社で引き取りから解体まで一貫して行うため費用をかけずに廃車が可能な業者となっています。

所在地
〒960-8166 福島県福島市仁井田字前林川原20-14

対応エリア
福島市全域、伊達市、伊達郡、二本松市

自動車リサイクル許可
古物商 251010002141 引取業者 20071001003 フロン類回収業者 20072001003 解体業 20073001003

株式会社シマ商会

株式会社シマ商会は、福島県南相馬市にある廃車買取業者です。自動車だけでなく、トラックや建機の買取にも力を入れています。トラックだけの買取実績は年間8,000台を超えているそうです。また、シマ商会は海外輸出販路を自社で確保しているため、海外需要の高い建機なども買取が可能です。業者次第では建機の買取自体を断られることもあるため、廃車先にお悩みの方は、ご相談されてみてはいかがでしょうか。

所在地
〒975-0042 福島県南相馬市原町区雫字権現下73-2

対応エリア
福島市、伊達市、伊達郡、二本松市、本宮市、大玉村、郡山市、須賀川市、田村市、三春町、相馬市、南相馬市、相馬郡、※双葉郡、いわき市、喜多方市、北塩原市、耶麻郡、会津若松市、会津坂下町、湯川村

自動車リサイクル許可
解体業 20073000070 引取業 20071000070 フロン類回収業 20072000070 破砕業 20076000070

有限会社 菅野自動車商会

有限会社菅野自動車商会は、福島県福島市にある廃車買取業者です。事故車や不動車、過走行車など、中古車としては買取が難しい廃車同然の車を買取しています。菅野自動車商会は、自社でリサイクルパーツの生産設備を解体施設と合わせて保有しているため、取り出したリサイクルパーツを修理や整備をして販売することで、廃車買取後の利益化が可能です。また販売している中古車部品ではほしい部品が見つからない場合も、全国にネットワークを持っているため、探しだし販売することが出来ます。

所在地
〒960-8074 福島県福島市西中央4丁目101番地の1

対応エリア
福島県福島市周辺

自動車リサイクル許可
引取業者 20071000002 フロン類回収業者20072000002 解体業 20073000002

二本松市で廃車買取できる3つの理由

二本松市を対応している廃車買取業者は、なぜ廃車同然の車でも買取できるのでしょうか?こちらでは、二本松市の廃車買取業者が買取りできる3つの理由をピックアップしました。

世界各国で日本の中古車が人気

世界各国で日本の中古車が人気なのをご存知でしょうか?
海外のテレビや映画、実際に海外旅行へ行かれた方は分かると思いますが海外でたくさんの日本車が走っています。トヨタや日産、ホンダなどの車を特によくみかけます。日本国内で買取された車で再販できる車は、海外へ輸出を行い中古車として販売しています。日本車は安全性が高く壊れにくい車だと認知されているので日本車を購入する方が非常に多いです。海外の他メーカーの車を購入するよりも、中古の日本車を購入する人がいるくらいです。日本人は、海外の人に比べて車を大事に乗る傾向があります。日本には車検制度があり道路は海外と違い舗装がされているので車にかかる負担も少ないです。そのため、中古車を海外へ輸出してもでも売ることができます。

中古パーツ(リサイクルパーツやリビルトパーツ)の利用が増えている

中古パーツの利用が増えているのをご存知でしょうか?
日本車は世界各国で利用されています。そのため、修理に必要な中古パーツの需要も高くなります。日本国内であれば、純正パーツで修理をする場合、修理金額が高くなります。中古パーツを利用すれば修理費用が半額以下ぐらいまで安くなるので中古パーツを利用して修理する人が年々増えています。海外であれば、高年式の車が走っていることが多く修理パーツの生産が終了しているケースが非常に高いです。この場合も中古パーツを日本から取り寄せたりして修理をしています。日本国内で再販できない車のパーツは海外で中古パーツとして再利用されています。再販が難しい車でもパーツとして再利用することができるので値段をつけて買取りを行うことができます。

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されている

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されていることをご存知でしょうか?
中古パーツとして利用できない鉄くずは、鉄スクラップにしています。鉄スクラップは、鉄の原料として再利用することができます。アフリカや東南アジアなどの発展途上国の国では、鉄の需要が非常に伸びています。そのため、日本国内の鉄スクラップのほとんどが海外へ輸出され鉄として再利用されていることがほとんどです。このようにお客様から買取した車は無駄なく再利用することができています。

二本松市で廃車買取業者を選ぶポイント

廃車依頼する業者選びを間違えるとトラブルに巻き込まれるケースがあります。
こちらでは、二本松市で廃車買取業者を選ぶポイントをご紹介します。

◇廃車を依頼する際に確認すべきこと

  1. 廃車費用についての確認
  2. 廃車手続き代行の有無
  3. 廃車の買取価格

廃車を依頼する前に廃車費用を確認する

一般的に廃車をする際は、廃車の引き取り手数料や自動車解体費用がかかると言われています。
ディーラーで廃車をする際は、これらの手数料に約5万円以上かかることも。特に車検切れの車や故障車などの不動車はレッカー車で引き取ってもらいますので、自動車の引き取り費用だけで数万円になることがあります。廃車にする際には不安になる事もあると思いますが、ご安心ください。廃車買取の専門業者はレッカーや積載車などを所有していますので、不動車であっても無料で引取りをしてもらえる事があります。
廃車を依頼する前に必ず廃車にかかる費用は確認しましょう。

廃車手続き代行について確認する

自動車を廃車にする際は、自動車の車両本体を解体処理することと合わせて、運輸局で廃車手続き(抹消登録)をする必要があります。
実際に運輸局で廃車手続きの経験がある方は分かると思いますが、面倒な手続きの上、運輸局で待ち時間も長く、廃車手続きをするには時間や費用がかかってきます。当サイトでおすすめしたカーネクストなどは、廃車手続きなどの費用は一切無料のサービスです。廃車手続きとは以下の登録手続きの事を指します。

◇普通自動車の場合

一時抹消:登録識別情報等通知書
永久抹消:登録事項等証明書

◇軽自動車の場合

一時抹消:自動車検査返納証明書
永久抹消:検査記録事項等証明書

廃車手続きを代行してもらえるか、その費用はかかるのかについて必ず確認しましょう。

廃車買取の価格を確認する

新車から10年が経過した車や、10万km以上走行している車は廃車と呼ばれ、日本国内では価値が無いと言われています。
しかし、世界では日本車は大人気で廃車同然の車でも高値で取引されている車種もあります。あなたが乗っている車も、もしかすると買取り価格がつく可能性もあります。
廃車買取の価格は廃車の依頼する前に必ず確認しましょう。

廃車手続きについて

こちらでは廃車手続きに必要な書類や費用についてご説明いたします。

◇自分で廃車手続きをする場合の費用

  1. 印鑑登録証明書:1通300円
  2. 戸籍謄本:1通450円
  3. 一時抹消登録手数料:1件350円

◇廃車買取業者に依頼した場合の費用

「印鑑登録証明書」や「戸籍謄本」の750円程度が必要になります。
その他「一時抹消登録手数料」や運輸支局までの交通費や時間と労力がかかりません。

廃車手続き代行に必要な書類

廃車買取業者が代行で廃車手続きをするために必要な一般的書類はこちらです。
「普通自動車」と「軽自動車」で必要書類が異なるので注意してください。
所有者住所と印鑑証明書に登録している住所が不一致等の場合、「住民票」や「戸籍の附票」などの書類が必要になります。
分からない場合は、廃車買取業者の担当スタッフが教えてくれます。

◇普通自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 所有者の印鑑証明書
  5. 印鑑証明書に登録している実印
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

◇軽自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 申請依頼書
  5. 所有者の認印

廃車手続き代行の注意点

廃車買取業者が廃車手続きに必要な書類とナンバープレート前後2枚をもって、管轄の運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車協会)にて廃車手続きを行います。
書類に不備があると廃車手続きが完了しません。買取金額がついている場合、振込までに時間がかかる可能性があるので不備がないように注意する必要があります。
特に遺産案件などは、必要書類が複雑になるので1回の廃車手続きで完了することが難しいので、分からないことや不明点があれば担当スタッフに都度確認行いましょう。

二本松市の廃車買取相場とは?

福島県は太平洋に面した沿岸地域と山間部どちらも含めた広い面積を持つ県地方です。地域によっては、海外輸出販路があり買取が付きやすい傾向にあります。二本松市の廃車買取相場はいくらくらいなのでしょうか。

トヨタ・アルファードの廃車買取相場【二本松市】

トヨタ・アルファードは、海外で需要がありますが不動車・事故車の場合、買取金額がつきにくい傾向にあります。しかし、可動車であれば買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:3~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:0~7万円

トヨタ・ランドクルーザープラドの廃車買取相場【二本松市】

トヨタ・ランドクルーザープラドは、海外で需要があるので不動車・事故車でも買取金額がつきやすいです。車の状態が良ければ高値で買取してもらうことができます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~30万円
可動車:20~70万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・ハリアーの廃車買取相場【二本松市】

トヨタ・ハリアーは、SUV車のため国内外で人気があります。そのため、可動車の場合、買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:5~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:3~60万円

トヨタ・ヴェルファイアの廃車買取相場【二本松市】

トヨタ・ヴェルファイアは、大変人気がある高級ミニバンです。そのため、不動車や事故車でも買取金額がつきやすいです。可動車の場合、高価買取に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・プリウスの廃車買取相場【二本松市】

トヨタ・プリウスは、年式が古く、多走行の場合だと買取金額がつきにくいです。値段がつかない場合は、解体やパーツや部品のリサイクルも行っている廃車買取業者に依頼すると良いでしょう。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:2~10万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・ノアの廃車買取相場【二本松市】

トヨタ・ノアは、海外で人気があるので輸出されることが多いです。年式が古くても、過走行でも買取金額は付きやすいです。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~30万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・トヨエースの廃車買取相場【二本松市】

トヨタ・トヨエースは、海外で需要があるトラックです。低年式、多走行でも買取金額は付きやすいです。高年式のトラックになると高価買取も期待できます。

◇走行距離15万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~17万円

◇走行距離30万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~3万円
可動車:0~7万円

◇走行距離15万キロ・年式H10式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~10万円

二本松市の廃車買取業者まとめ

二本松市でおすすめの廃車買取業者についてご紹介しました。廃車で困ったら、二本松市の廃車買取カーネクストがオススメです。

福島県の廃車買取業者情報

福島県内のおすすめの廃車買取業者情報をエリアごとにご紹介しています。

郡山市須賀川市相馬市喜多方市会津若松市伊達市田村市南相馬市二本松市いわき市白河市福島市本宮市

伊達市の廃車買取業者おすすめランキングBEST5

福島県の廃車買取業者

伊達市で廃車の処分を検討している場合、どこの廃車買取業者に依頼すればよいのかと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
廃車処分となると費用がかかりそう、廃車手続きが面倒そうと不安に思われる方へ、こちらでは伊達市で廃車が出来るおすすめの廃車買取業者をご紹介します。

伊達市の廃車買取業者ランキング

こちらでご紹介する伊達市の廃車買取業者は、伊達市を対応している廃車買取業者の中でも廃車費用をかけずに依頼することが出来る業者をピックアップしています。これから、伊達市で廃車を検討されている方は、おすすめの廃車買取業者をランキング形式でご紹介しますので、ぜひ参考にご覧ください。

第1位 伊達市の廃車買取カーネクスト

伊達市の廃車買取カーネクストは、福島県全域で廃車・事故車の買取を行なっています。

お客様は、廃車手続きに必要な「車検証」などの書類を揃えるだけです。廃車にかかる「レッカー費用」や「廃車手続き代行費用」はカーネクストが負担してくれます。
古い車でも状態が良ければ、高価買取も期待できます。特にトヨタ車は値段が付きやすいケースが多いです。電話受付時間は、朝8時から夜10時までオペレーター直接確認することができます。他社に比べて朝早くから遅くまで問合せや見積査定依頼の対応をしてくれるのでおすすめです。電話受付時間帯に問合せができない方でもフォーム入力から簡単に問合せることができるので安心です。

廃車買取カーネクストの特徴

  1. 伊達市を含む全国の約13,000社と提携する最大手の廃車買取サービス!
  2. どんな車でも0円以上の買取保証付き!
  3. 不動車でもレッカー引取料など無料!
  4. 廃車手続きなどの面倒な手続きも代行!

フォームでのお問合せは24時間対応!電話での問い合わせは朝8時から夜10時まで年中無休で専門スタッフが対応してくれます。
伊達市で廃車に困ったら、廃車買取カーネクストに相談するとよいでしょう。

廃車買取カーネクストの口コミ

10年以上放置していた叔父の車をカーネクストで廃車にしました。タイヤの固着が酷くて動かすことができませんでしたがスムーズ引き取ってくれました。廃車費用も発生せずに、代行で廃車手続きも行ってくれたので大変助かりました。

第2位 株式会社ナプロアース

株式会社ナプロアースは、福島県伊達市の廃車買取業者です。使用済自動車の廃車買取を行っており、事故車や故障車、過走行、低年式であっても買取を行ないます。
廃車買取専門店のため、廃車から利益を得る方法があり、不動車などの走行状態を回復することが難しい車でも本体に価値をつけることが出来ます。特にナプロアースでは、廃車を解体する際に再利用可能なパーツを取り出し、中古車パーツとしてリユースしています。その販売先が国内外にあるため、人気の車種などは高額査定の可能性もあります。

所在地
〒960-0719 福島県伊達市梁川町やながわ工業団地63-1

対応エリア
福島県内全域

自動車リサイクル許可
引取業者 20071000001 フロン類回収業者 20072000001 解体業 20073000001 破砕業 20074000001

第3位 有限会社サトウサービス

有限会社サトウサービスは、福島県郡山市の自動車解体業者です。不要になってしまった車、事故車などの廃車買取を行っています。ディーラーの下取りや、中古車買取店では価格がつきづらい状態になってしまった車も自動車解体の施設を自社に保有するサトウサービスなら、査定をつけられる可能性があります。
それは自動車のパーツや素材を解体時に取り出して、再利用できるためです。再利用できる資源をリユースして利益を出せるため、不動車であっても買い取りをつけることが出来ます。

所在地
〒963-0000 福島県郡山市喜久田町割田2丁目34-2

対応エリア
出張査定は福島県中通りエリア(福島市、二本松市、本宮市、伊達市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村、郡山市、須賀川市、田村市、三春町、小野町、鏡石町、石川町、浅川町、古殿町、天栄村、玉川村、平田村、白河市、矢祭町、棚倉町、矢吹町、塙町、西郷村、泉崎村、中島村、鮫川村)

自動車リサイクル許可
引取業 20871000014 フロン類回収業 20872000014 解体業 20873000014 古物商(自動車商)251080002985

第4位 有限会社佐藤商会

有限会社佐藤商会は、福島県福島市で自動車の解体、整備店を行っています。廃車予定の車や、乗らなくなってしまった不要車などの引き取り買取を行ないます。
査定額アップのポイントは、RV車やミニバンなどの車体の大きい車は人気があり買取額もUPしています。また、ガソリン車よりもディーゼル車のほうがプラス査定になることも。それは、佐藤商会には中古自動車の輸出ルートがあり、海外ではディーゼル車の方が人気があるからです。修理のしやすさや丈夫さで国産車の人気が高くなっていることから、買取額もアップ傾向にあります。

所在地
〒960-8057 福島県福島市笹木野上石田6-1

対応エリア
福島県北エリア

自動車リサイクル許可
解体業 20073001423 引取業 20071001395 フロン類回収 20072001395 古物商許可 251010001679

第5位 有限会社 星自動車商会

有限会社星自動車商会は、福島県福島市の廃車買取業者です。不要になった普通自動車や軽自動車だけでなく、トラックなどの大型車両の廃車買取も行っています。事故車や故障車など不動車の引き取りも可能で、乗る人がいないまま長期間放置したままの車輌なども買取対象となっています。自社で引き取りから解体まで一貫して行うため費用をかけずに廃車が可能な業者となっています。

所在地
〒960-8166 福島県福島市仁井田字前林川原20-14

対応エリア
福島市全域、伊達市、伊達郡、二本松市

自動車リサイクル許可
古物商 251010002141 引取業者 20071001003 フロン類回収業者 20072001003 解体業 20073001003

株式会社シマ商会

株式会社シマ商会は、福島県南相馬市にある廃車買取業者です。自動車だけでなく、トラックや建機の買取にも力を入れています。トラックだけの買取実績は年間8,000台を超えているそうです。また、シマ商会は海外輸出販路を自社で確保しているため、海外需要の高い建機なども買取が可能です。業者次第では建機の買取自体を断られることもあるため、廃車先にお悩みの方は、ご相談されてみてはいかがでしょうか。

所在地
〒975-0042 福島県南相馬市原町区雫字権現下73-2

対応エリア
福島市、伊達市、伊達郡、二本松市、本宮市、大玉村、郡山市、須賀川市、田村市、三春町、相馬市、南相馬市、相馬郡、※双葉郡、いわき市、喜多方市、北塩原市、耶麻郡、会津若松市、会津坂下町、湯川村

自動車リサイクル許可
解体業 20073000070 引取業 20071000070 フロン類回収業 20072000070 破砕業 20076000070

有限会社 菅野自動車商会

有限会社菅野自動車商会は、福島県福島市にある廃車買取業者です。事故車や不動車、過走行車など、中古車としては買取が難しい廃車同然の車を買取しています。菅野自動車商会は、自社でリサイクルパーツの生産設備を解体施設と合わせて保有しているため、取り出したリサイクルパーツを修理や整備をして販売することで、廃車買取後の利益化が可能です。また販売している中古車部品ではほしい部品が見つからない場合も、全国にネットワークを持っているため、探しだし販売することが出来ます。

所在地
〒960-8074 福島県福島市西中央4丁目101番地の1

対応エリア
福島県福島市周辺

自動車リサイクル許可
引取業者 20071000002 フロン類回収業者20072000002 解体業 20073000002

伊達市で廃車買取できる3つの理由

伊達市を対応している廃車買取業者は、なぜ廃車同然の車でも買取できるのでしょうか?こちらでは、伊達市の廃車買取業者が買取りできる3つの理由をピックアップしました。

世界各国で日本の中古車が人気

世界各国で日本の中古車が人気なのをご存知でしょうか?
海外のテレビや映画、実際に海外旅行へ行かれた方は分かると思いますが海外でたくさんの日本車が走っています。トヨタや日産、ホンダなどの車を特によくみかけます。日本国内で買取された車で再販できる車は、海外へ輸出を行い中古車として販売しています。日本車は安全性が高く壊れにくい車だと認知されているので日本車を購入する方が非常に多いです。海外の他メーカーの車を購入するよりも、中古の日本車を購入する人がいるくらいです。日本人は、海外の人に比べて車を大事に乗る傾向があります。日本には車検制度があり道路は海外と違い舗装がされているので車にかかる負担も少ないです。そのため、中古車を海外へ輸出してもでも売ることができます。

中古パーツ(リサイクルパーツやリビルトパーツ)の利用が増えている

中古パーツの利用が増えているのをご存知でしょうか?
日本車は世界各国で利用されています。そのため、修理に必要な中古パーツの需要も高くなります。日本国内であれば、純正パーツで修理をする場合、修理金額が高くなります。中古パーツを利用すれば修理費用が半額以下ぐらいまで安くなるので中古パーツを利用して修理する人が年々増えています。海外であれば、高年式の車が走っていることが多く修理パーツの生産が終了しているケースが非常に高いです。この場合も中古パーツを日本から取り寄せたりして修理をしています。日本国内で再販できない車のパーツは海外で中古パーツとして再利用されています。再販が難しい車でもパーツとして再利用することができるので値段をつけて買取りを行うことができます。

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されている

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されていることをご存知でしょうか?
中古パーツとして利用できない鉄くずは、鉄スクラップにしています。鉄スクラップは、鉄の原料として再利用することができます。アフリカや東南アジアなどの発展途上国の国では、鉄の需要が非常に伸びています。そのため、日本国内の鉄スクラップのほとんどが海外へ輸出され鉄として再利用されていることがほとんどです。このようにお客様から買取した車は無駄なく再利用することができています。

伊達市で廃車買取業者を選ぶポイント

廃車依頼する業者選びを間違えるとトラブルに巻き込まれるケースがあります。
こちらでは、伊達市で廃車買取業者を選ぶポイントをご紹介します。

◇廃車を依頼する際に確認すべきこと

  1. 廃車費用についての確認
  2. 廃車手続き代行の有無
  3. 廃車の買取価格

廃車を依頼する前に廃車費用を確認する

一般的に廃車をする際は、廃車の引き取り手数料や自動車解体費用がかかると言われています。
ディーラーで廃車をする際は、これらの手数料に約5万円以上かかることも。特に車検切れの車や故障車などの不動車はレッカー車で引き取ってもらいますので、自動車の引き取り費用だけで数万円になることがあります。廃車にする際には不安になる事もあると思いますが、ご安心ください。廃車買取の専門業者はレッカーや積載車などを所有していますので、不動車であっても無料で引取りをしてもらえる事があります。
廃車を依頼する前に必ず廃車にかかる費用は確認しましょう。

廃車手続き代行について確認する

自動車を廃車にする際は、自動車の車両本体を解体処理することと合わせて、運輸局で廃車手続き(抹消登録)をする必要があります。
実際に運輸局で廃車手続きの経験がある方は分かると思いますが、面倒な手続きの上、運輸局で待ち時間も長く、廃車手続きをするには時間や費用がかかってきます。当サイトでおすすめしたカーネクストなどは、廃車手続きなどの費用は一切無料のサービスです。廃車手続きとは以下の登録手続きの事を指します。

◇普通自動車の場合

一時抹消:登録識別情報等通知書
永久抹消:登録事項等証明書

◇軽自動車の場合

一時抹消:自動車検査返納証明書
永久抹消:検査記録事項等証明書

廃車手続きを代行してもらえるか、その費用はかかるのかについて必ず確認しましょう。

廃車買取の価格を確認する

新車から10年が経過した車や、10万km以上走行している車は廃車と呼ばれ、日本国内では価値が無いと言われています。
しかし、世界では日本車は大人気で廃車同然の車でも高値で取引されている車種もあります。あなたが乗っている車も、もしかすると買取り価格がつく可能性もあります。
廃車買取の価格は廃車の依頼する前に必ず確認しましょう。

廃車手続きについて

こちらでは廃車手続きに必要な書類や費用についてご説明いたします。

◇自分で廃車手続きをする場合の費用

  1. 印鑑登録証明書:1通300円
  2. 戸籍謄本:1通450円
  3. 一時抹消登録手数料:1件350円

◇廃車買取業者に依頼した場合の費用

「印鑑登録証明書」や「戸籍謄本」の750円程度が必要になります。
その他「一時抹消登録手数料」や運輸支局までの交通費や時間と労力がかかりません。

廃車手続き代行に必要な書類

廃車買取業者が代行で廃車手続きをするために必要な一般的書類はこちらです。
「普通自動車」と「軽自動車」で必要書類が異なるので注意してください。
所有者住所と印鑑証明書に登録している住所が不一致等の場合、「住民票」や「戸籍の附票」などの書類が必要になります。
分からない場合は、廃車買取業者の担当スタッフが教えてくれます。

◇普通自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 所有者の印鑑証明書
  5. 印鑑証明書に登録している実印
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

◇軽自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 申請依頼書
  5. 所有者の認印

廃車手続き代行の注意点

廃車買取業者が廃車手続きに必要な書類とナンバープレート前後2枚をもって、管轄の運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車協会)にて廃車手続きを行います。
書類に不備があると廃車手続きが完了しません。買取金額がついている場合、振込までに時間がかかる可能性があるので不備がないように注意する必要があります。
特に遺産案件などは、必要書類が複雑になるので1回の廃車手続きで完了することが難しいので、分からないことや不明点があれば担当スタッフに都度確認行いましょう。

伊達市の廃車買取相場とは?

福島県は太平洋に面した沿岸地域と山間部どちらも含めた広い面積を持つ県地方です。地域によっては、海外輸出販路があり買取が付きやすい傾向にあります。廃車買取相場はいくらくらいなのでしょうか。

トヨタ・アルファードの廃車買取相場【伊達市】

トヨタ・アルファードは、海外で需要がありますが不動車・事故車の場合、買取金額がつきにくい傾向にあります。しかし、可動車であれば買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:3~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:0~7万円

トヨタ・ランドクルーザープラドの廃車買取相場【伊達市】

トヨタ・ランドクルーザープラドは、海外で需要があるので不動車・事故車でも買取金額がつきやすいです。車の状態が良ければ高値で買取してもらうことができます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~30万円
可動車:20~70万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・ハリアーの廃車買取相場【伊達市】

トヨタ・ハリアーは、SUV車のため国内外で人気があります。そのため、可動車の場合、買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:5~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:3~60万円

トヨタ・ヴェルファイアの廃車買取相場【伊達市】

トヨタ・ヴェルファイアは、大変人気がある高級ミニバンです。そのため、不動車や事故車でも買取金額がつきやすいです。可動車の場合、高価買取に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・プリウスの廃車買取相場【伊達市】

トヨタ・プリウスは、年式が古く、多走行の場合だと買取金額がつきにくいです。値段がつかない場合は、解体やパーツや部品のリサイクルも行っている廃車買取業者に依頼すると良いでしょう。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:2~10万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・ノアの廃車買取相場【伊達市】

トヨタ・ノアは、海外で人気があるので輸出されることが多いです。年式が古くても、過走行でも買取金額は付きやすいです。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~30万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・トヨエースの廃車買取相場【伊達市】

トヨタ・トヨエースは、海外で需要があるトラックです。低年式、多走行でも買取金額は付きやすいです。高年式のトラックになると高価買取も期待できます。

◇走行距離15万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~17万円

◇走行距離30万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~3万円
可動車:0~7万円

◇走行距離15万キロ・年式H10式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~10万円

伊達市の廃車買取業者まとめ

伊達市でおすすめの廃車買取業者についてご紹介しました。廃車で困ったら、伊達市の廃車買取カーネクストがオススメです。

福島県の廃車買取業者情報

福島県内のおすすめの廃車買取業者情報をエリアごとにご紹介しています。

郡山市須賀川市相馬市喜多方市会津若松市伊達市田村市南相馬市二本松市いわき市白河市福島市本宮市

福島市の廃車買取業者おすすめランキングBEST5

福島県の廃車買取業者

福島市で廃車の処分を検討している場合、どこの廃車買取業者に依頼すればよいのかと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
廃車処分となると費用がかかりそう、廃車手続きが面倒そうと不安に思われる方へ、こちらでは福島市で廃車が出来るおすすめの廃車買取業者をご紹介します。

福島市の廃車買取業者ランキング

こちらでご紹介する福島市の廃車買取業者は、福島市を対応している廃車買取業者の中でも廃車費用をかけずに依頼することが出来る業者をピックアップしています。これから、福島市で廃車を検討されている方は、おすすめの廃車買取業者をランキング形式でご紹介しますので、ぜひ参考にご覧ください。

第1位 福島市の廃車買取カーネクスト

福島市の廃車買取カーネクストは、福島県全域で廃車・事故車の買取を行なっています。

お客様は、廃車手続きに必要な「車検証」などの書類を揃えるだけです。廃車にかかる「レッカー費用」や「廃車手続き代行費用」はカーネクストが負担してくれます。
古い車でも状態が良ければ、高価買取も期待できます。特にトヨタ車は値段が付きやすいケースが多いです。電話受付時間は、朝8時から夜10時までオペレーター直接確認することができます。他社に比べて朝早くから遅くまで問合せや見積査定依頼の対応をしてくれるのでおすすめです。電話受付時間帯に問合せができない方でもフォーム入力から簡単に問合せることができるので安心です。

廃車買取カーネクストの特徴

  1. 福島市を含む全国の約13,000社と提携する最大手の廃車買取サービス!
  2. どんな車でも0円以上の買取保証付き!
  3. 不動車でもレッカー引取料など無料!
  4. 廃車手続きなどの面倒な手続きも代行!

フォームでのお問合せは24時間対応!電話での問い合わせは朝8時から夜10時まで年中無休で専門スタッフが対応してくれます。
福島市で廃車に困ったら、廃車買取カーネクストに相談するとよいでしょう。

廃車買取カーネクストの口コミ

10年以上放置していた叔父の車をカーネクストで廃車にしました。タイヤの固着が酷くて動かすことができませんでしたがスムーズ引き取ってくれました。廃車費用も発生せずに、代行で廃車手続きも行ってくれたので大変助かりました。

第2位 株式会社ナプロアース

株式会社ナプロアースは、福島県伊達市の廃車買取業者です。使用済自動車の廃車買取を行っており、事故車や故障車、過走行、低年式であっても買取を行ないます。
廃車買取専門店のため、廃車から利益を得る方法があり、不動車などの走行状態を回復することが難しい車でも本体に価値をつけることが出来ます。特にナプロアースでは、廃車を解体する際に再利用可能なパーツを取り出し、中古車パーツとしてリユースしています。その販売先が国内外にあるため、人気の車種などは高額査定の可能性もあります。

所在地
〒960-0719 福島県伊達市梁川町やながわ工業団地63-1

対応エリア
福島県内全域

自動車リサイクル許可
引取業者 20071000001 フロン類回収業者 20072000001 解体業 20073000001 破砕業 20074000001

第3位 有限会社サトウサービス

有限会社サトウサービスは、福島県郡山市の自動車解体業者です。不要になってしまった車、事故車などの廃車買取を行っています。ディーラーの下取りや、中古車買取店では価格がつきづらい状態になってしまった車も自動車解体の施設を自社に保有するサトウサービスなら、査定をつけられる可能性があります。
それは自動車のパーツや素材を解体時に取り出して、再利用できるためです。再利用できる資源をリユースして利益を出せるため、不動車であっても買い取りをつけることが出来ます。

所在地
〒963-0000 福島県郡山市喜久田町割田2丁目34-2

対応エリア
出張査定は福島県中通りエリア(福島市、二本松市、本宮市、伊達市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村、郡山市、須賀川市、田村市、三春町、小野町、鏡石町、石川町、浅川町、古殿町、天栄村、玉川村、平田村、白河市、矢祭町、棚倉町、矢吹町、塙町、西郷村、泉崎村、中島村、鮫川村)

自動車リサイクル許可
引取業 20871000014 フロン類回収業 20872000014 解体業 20873000014 古物商(自動車商)251080002985

第4位 株式会社オートセンターナオ(NAO) 

株式会社オートセンターNAOは、福島県西部の廃車買取業者です。普通自動車、軽自動車など廃車予定の車や、事故車の買取を行っています。引き取り回収した車を自社の保有する解体施設でリサイクルしており、その際取り出した再利用可能なパーツや、再資源化できる鉄・非鉄金属をリユースして利益を得ています。
再利用可能なパーツは、リサイクルパーツとして整備店など探している人へ渡り、また新たな車の一部として活用されていきます。

所在地
〒969-6207 福島県大沼郡会津美里町宮里80

対応エリア
会津若松市、大沼郡会津美里町、大沼郡金山町、大沼郡昭和村、大沼郡三島町、河沼郡会津坂下町、河沼郡柳津町、河沼郡湯川村、喜多方市、南会津郡下郷町、南会津郡只見町、南会津郡檜枝岐村、南会津郡南会津町、耶麻郡北塩原村、耶麻郡西会津町

自動車リサイクル許可
引取業 20071000011 フロン類回収業 20072000011 解体業 20073000011

第5位 有限会社佐藤商会

有限会社佐藤商会は、福島県福島市で自動車の解体、整備店を行っています。廃車予定の車や、乗らなくなってしまった不要車などの引き取り買取を行ないます。
査定額アップのポイントは、RV車やミニバンなどの車体の大きい車は人気があり買取額もUPしています。また、ガソリン車よりもディーゼル車のほうがプラス査定になることも。それは、佐藤商会には中古自動車の輸出ルートがあり、海外ではディーゼル車の方が人気があるからです。修理のしやすさや丈夫さで国産車の人気が高くなっていることから、買取額もアップ傾向にあります。

所在地
〒960-8057 福島県福島市笹木野上石田6-1

対応エリア
福島県北エリア

自動車リサイクル許可
解体業 20073001423 引取業 20071001395 フロン類回収 20072001395 古物商許可 251010001679

株式会社キャレック

株式会社キャレックは、福島県いわき市の自動車解体業者です。普通自動車、軽自動車だけでなく、バイク、トラックや重機、フォークリフトなどの特殊車両も引き取り買取しています。
車検が切れてしまっていたり、事故車で公道を走れない状態であっても引き取りにうかがいますので問題ありません。出張査定も行っていますので、一度お問い合わせください。

所在地
〒970-1144 福島県いわき市好間工業団地1-5

対応エリア
いわき市

自動車リサイクル許可
引取業者 20941000007 フロン類回収業 20942000007 解体業 20943000007 破砕業 20944000007

有限会社 星自動車商会

有限会社星自動車商会は、福島県福島市の廃車買取業者です。不要になった普通自動車や軽自動車だけでなく、トラックなどの大型車両の廃車買取も行っています。事故車や故障車など不動車の引き取りも可能で、乗る人がいないまま長期間放置したままの車輌なども買取対象となっています。自社で引き取りから解体まで一貫して行うため費用をかけずに廃車が可能な業者となっています。

所在地
〒960-8166 福島県福島市仁井田字前林川原20-14

対応エリア
福島市全域、伊達市、伊達郡、二本松市

自動車リサイクル許可
古物商 251010002141 引取業者 20071001003 フロン類回収業者 20072001003 解体業 20073001003

株式会社シマ商会

株式会社シマ商会は、福島県南相馬市にある廃車買取業者です。自動車だけでなく、トラックや建機の買取にも力を入れています。トラックだけの買取実績は年間8,000台を超えているそうです。また、シマ商会は海外輸出販路を自社で確保しているため、海外需要の高い建機なども買取が可能です。業者次第では建機の買取自体を断られることもあるため、廃車先にお悩みの方は、ご相談されてみてはいかがでしょうか。

所在地
〒975-0042 福島県南相馬市原町区雫字権現下73-2

対応エリア
福島市、伊達市、伊達郡、二本松市、本宮市、大玉村、郡山市、須賀川市、田村市、三春町、相馬市、南相馬市、相馬郡、※双葉郡、いわき市、喜多方市、北塩原市、耶麻郡、会津若松市、会津坂下町、湯川村

自動車リサイクル許可
解体業 20073000070 引取業 20071000070 フロン類回収業 20072000070 破砕業 20076000070

有限会社 菅野自動車商会

有限会社菅野自動車商会は、福島県福島市にある廃車買取業者です。事故車や不動車、過走行車など、中古車としては買取が難しい廃車同然の車を買取しています。菅野自動車商会は、自社でリサイクルパーツの生産設備を解体施設と合わせて保有しているため、取り出したリサイクルパーツを修理や整備をして販売することで、廃車買取後の利益化が可能です。また販売している中古車部品ではほしい部品が見つからない場合も、全国にネットワークを持っているため、探しだし販売することが出来ます。

所在地
〒960-8074 福島県福島市西中央4丁目101番地の1

対応エリア
福島県福島市周辺

自動車リサイクル許可
引取業者 20071000002 フロン類回収業者20072000002 解体業 20073000002

福島市で廃車買取できる3つの理由

福島市を対応している廃車買取業者は、なぜ廃車同然の車でも買取できるのでしょうか?こちらでは、福島市の廃車買取業者が買取りできる3つの理由をピックアップしました。

世界各国で日本の中古車が人気

世界各国で日本の中古車が人気なのをご存知でしょうか?
海外のテレビや映画、実際に海外旅行へ行かれた方は分かると思いますが海外でたくさんの日本車が走っています。トヨタや日産、ホンダなどの車を特によくみかけます。日本国内で買取された車で再販できる車は、海外へ輸出を行い中古車として販売しています。日本車は安全性が高く壊れにくい車だと認知されているので日本車を購入する方が非常に多いです。海外の他メーカーの車を購入するよりも、中古の日本車を購入する人がいるくらいです。日本人は、海外の人に比べて車を大事に乗る傾向があります。日本には車検制度があり道路は海外と違い舗装がされているので車にかかる負担も少ないです。そのため、中古車を海外へ輸出してもでも売ることができます。

中古パーツ(リサイクルパーツやリビルトパーツ)の利用が増えている

中古パーツの利用が増えているのをご存知でしょうか?
日本車は世界各国で利用されています。そのため、修理に必要な中古パーツの需要も高くなります。日本国内であれば、純正パーツで修理をする場合、修理金額が高くなります。中古パーツを利用すれば修理費用が半額以下ぐらいまで安くなるので中古パーツを利用して修理する人が年々増えています。海外であれば、高年式の車が走っていることが多く修理パーツの生産が終了しているケースが非常に高いです。この場合も中古パーツを日本から取り寄せたりして修理をしています。日本国内で再販できない車のパーツは海外で中古パーツとして再利用されています。再販が難しい車でもパーツとして再利用することができるので値段をつけて買取りを行うことができます。

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されている

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されていることをご存知でしょうか?
中古パーツとして利用できない鉄くずは、鉄スクラップにしています。鉄スクラップは、鉄の原料として再利用することができます。アフリカや東南アジアなどの発展途上国の国では、鉄の需要が非常に伸びています。そのため、日本国内の鉄スクラップのほとんどが海外へ輸出され鉄として再利用されていることがほとんどです。このようにお客様から買取した車は無駄なく再利用することができています。

福島市で廃車買取業者を選ぶポイント

廃車依頼する業者選びを間違えるとトラブルに巻き込まれるケースがあります。
こちらでは、福島市で廃車買取業者を選ぶポイントをご紹介します。

◇廃車を依頼する際に確認すべきこと

  1. 廃車費用についての確認
  2. 廃車手続き代行の有無
  3. 廃車の買取価格

廃車を依頼する前に廃車費用を確認する

一般的に廃車をする際は、廃車の引き取り手数料や自動車解体費用がかかると言われています。
ディーラーで廃車をする際は、これらの手数料に約5万円以上かかることも。特に車検切れの車や故障車などの不動車はレッカー車で引き取ってもらいますので、自動車の引き取り費用だけで数万円になることがあります。廃車にする際には不安になる事もあると思いますが、ご安心ください。廃車買取の専門業者はレッカーや積載車などを所有していますので、不動車であっても無料で引取りをしてもらえる事があります。
廃車を依頼する前に必ず廃車にかかる費用は確認しましょう。

廃車手続き代行について確認する

自動車を廃車にする際は、自動車の車両本体を解体処理することと合わせて、運輸局で廃車手続き(抹消登録)をする必要があります。
実際に運輸局で廃車手続きの経験がある方は分かると思いますが、面倒な手続きの上、運輸局で待ち時間も長く、廃車手続きをするには時間や費用がかかってきます。当サイトでおすすめしたカーネクストなどは、廃車手続きなどの費用は一切無料のサービスです。廃車手続きとは以下の登録手続きの事を指します。

◇普通自動車の場合

一時抹消:登録識別情報等通知書
永久抹消:登録事項等証明書

◇軽自動車の場合

一時抹消:自動車検査返納証明書
永久抹消:検査記録事項等証明書

廃車手続きを代行してもらえるか、その費用はかかるのかについて必ず確認しましょう。

廃車買取の価格を確認する

新車から10年が経過した車や、10万km以上走行している車は廃車と呼ばれ、日本国内では価値が無いと言われています。
しかし、世界では日本車は大人気で廃車同然の車でも高値で取引されている車種もあります。あなたが乗っている車も、もしかすると買取り価格がつく可能性もあります。
廃車買取の価格は廃車の依頼する前に必ず確認しましょう。

廃車手続きについて

こちらでは廃車手続きに必要な書類や費用についてご説明いたします。

◇自分で廃車手続きをする場合の費用

  1. 印鑑登録証明書:1通300円
  2. 戸籍謄本:1通450円
  3. 一時抹消登録手数料:1件350円

◇廃車買取業者に依頼した場合の費用

「印鑑登録証明書」や「戸籍謄本」の750円程度が必要になります。
その他「一時抹消登録手数料」や運輸支局までの交通費や時間と労力がかかりません。

廃車手続き代行に必要な書類

廃車買取業者が代行で廃車手続きをするために必要な一般的書類はこちらです。
「普通自動車」と「軽自動車」で必要書類が異なるので注意してください。
所有者住所と印鑑証明書に登録している住所が不一致等の場合、「住民票」や「戸籍の附票」などの書類が必要になります。
分からない場合は、廃車買取業者の担当スタッフが教えてくれます。

◇普通自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 所有者の印鑑証明書
  5. 印鑑証明書に登録している実印
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

◇軽自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 申請依頼書
  5. 所有者の認印

廃車手続き代行の注意点

廃車買取業者が廃車手続きに必要な書類とナンバープレート前後2枚をもって、管轄の運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車協会)にて廃車手続きを行います。
書類に不備があると廃車手続きが完了しません。買取金額がついている場合、振込までに時間がかかる可能性があるので不備がないように注意する必要があります。
特に遺産案件などは、必要書類が複雑になるので1回の廃車手続きで完了することが難しいので、分からないことや不明点があれば担当スタッフに都度確認行いましょう。

福島市の廃車買取相場とは?

福島県は太平洋に面した沿岸地域と山間部どちらも含めた広い面積を持つ県地方です。地域によっては、海外輸出販路があり買取が付きやすい傾向にあります。廃車買取相場はいくらくらいなのでしょうか。

トヨタ・アルファードの廃車買取相場【福島市】

トヨタ・アルファードは、海外で需要がありますが不動車・事故車の場合、買取金額がつきにくい傾向にあります。しかし、可動車であれば買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:3~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:0~7万円

トヨタ・ランドクルーザープラドの廃車買取相場【福島市】

トヨタ・ランドクルーザープラドは、海外で需要があるので不動車・事故車でも買取金額がつきやすいです。車の状態が良ければ高値で買取してもらうことができます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~30万円
可動車:20~70万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・ハリアーの廃車買取相場【福島市】

トヨタ・ハリアーは、SUV車のため国内外で人気があります。そのため、可動車の場合、買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:5~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:3~60万円

トヨタ・ヴェルファイアの廃車買取相場【福島市】

トヨタ・ヴェルファイアは、大変人気がある高級ミニバンです。そのため、不動車や事故車でも買取金額がつきやすいです。可動車の場合、高価買取に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・プリウスの廃車買取相場【福島市】

トヨタ・プリウスは、年式が古く、多走行の場合だと買取金額がつきにくいです。値段がつかない場合は、解体やパーツや部品のリサイクルも行っている廃車買取業者に依頼すると良いでしょう。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:2~10万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・ノアの廃車買取相場【福島市】

トヨタ・ノアは、海外で人気があるので輸出されることが多いです。年式が古くても、過走行でも買取金額は付きやすいです。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~30万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・トヨエースの廃車買取相場【福島市】

トヨタ・トヨエースは、海外で需要があるトラックです。低年式、多走行でも買取金額は付きやすいです。高年式のトラックになると高価買取も期待できます。

◇走行距離15万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~17万円

◇走行距離30万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~3万円
可動車:0~7万円

◇走行距離15万キロ・年式H10式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~10万円

福島県の廃車買取業者情報

福島県内のおすすめの廃車買取業者情報をエリアごとにご紹介しています。

郡山市須賀川市相馬市喜多方市会津若松市伊達市田村市南相馬市二本松市いわき市白河市福島市本宮市

須賀川市の廃車買取業者おすすめランキングBEST5

福島県の廃車買取業者

須賀川市で廃車の処分を検討している場合、どこの廃車買取業者に依頼すればよいのかと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
廃車処分となると費用がかかりそう、廃車手続きが面倒そうと不安に思われる方へ、こちらでは須賀川市で廃車が出来るおすすめの廃車買取業者をご紹介します。

須賀川市の廃車買取業者ランキング

こちらでご紹介する須賀川市の廃車買取業者は、須賀川市を対応している廃車買取業者の中でも廃車費用をかけずに依頼することが出来る業者をピックアップしています。これから、須賀川市で廃車を検討されている方は、おすすめの廃車買取業者をランキング形式でご紹介しますので、ぜひ参考にご覧ください。

第1位 須賀川市の廃車買取カーネクスト

須賀川市の廃車買取カーネクストは、福島県全域で廃車・事故車の買取を行なっています。

お客様は、廃車手続きに必要な「車検証」などの書類を揃えるだけです。廃車にかかる「レッカー費用」や「廃車手続き代行費用」はカーネクストが負担してくれます。
古い車でも状態が良ければ、高価買取も期待できます。特にトヨタ車は値段が付きやすいケースが多いです。電話受付時間は、朝8時から夜10時までオペレーター直接確認することができます。他社に比べて朝早くから遅くまで問合せや見積査定依頼の対応をしてくれるのでおすすめです。電話受付時間帯に問合せができない方でもフォーム入力から簡単に問合せることができるので安心です。

廃車買取カーネクストの特徴

  1. 須賀川市を含む全国の約13,000社と提携する最大手の廃車買取サービス!
  2. どんな車でも0円以上の買取保証付き!
  3. 不動車でもレッカー引取料など無料!
  4. 廃車手続きなどの面倒な手続きも代行!

フォームでのお問合せは24時間対応!電話での問い合わせは朝8時から夜10時まで年中無休で専門スタッフが対応してくれます。
須賀川市で廃車に困ったら、廃車買取カーネクストに相談するとよいでしょう。

廃車買取カーネクストの口コミ

10年以上放置していた叔父の車をカーネクストで廃車にしました。タイヤの固着が酷くて動かすことができませんでしたがスムーズ引き取ってくれました。廃車費用も発生せずに、代行で廃車手続きも行ってくれたので大変助かりました。

第2位 株式会社ナプロアース

株式会社ナプロアースは、福島県伊達市の廃車買取業者です。使用済自動車の廃車買取を行っており、事故車や故障車、過走行、低年式であっても買取を行ないます。
廃車買取専門店のため、廃車から利益を得る方法があり、不動車などの走行状態を回復することが難しい車でも本体に価値をつけることが出来ます。特にナプロアースでは、廃車を解体する際に再利用可能なパーツを取り出し、中古車パーツとしてリユースしています。その販売先が国内外にあるため、人気の車種などは高額査定の可能性もあります。

所在地
〒960-0719 福島県伊達市梁川町やながわ工業団地63-1

対応エリア
福島県内全域

自動車リサイクル許可
引取業者 20071000001 フロン類回収業者 20072000001 解体業 20073000001 破砕業 20074000001

第3位 有限会社サトウサービス

有限会社サトウサービスは、福島県郡山市の自動車解体業者です。不要になってしまった車、事故車などの廃車買取を行っています。ディーラーの下取りや、中古車買取店では価格がつきづらい状態になってしまった車も自動車解体の施設を自社に保有するサトウサービスなら、査定をつけられる可能性があります。
それは自動車のパーツや素材を解体時に取り出して、再利用できるためです。再利用できる資源をリユースして利益を出せるため、不動車であっても買い取りをつけることが出来ます。

所在地
〒963-0000 福島県郡山市喜久田町割田2丁目34-2

対応エリア
出張査定は福島県中通りエリア(福島市、二本松市、本宮市、伊達市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村、郡山市、須賀川市、田村市、三春町、小野町、鏡石町、石川町、浅川町、古殿町、天栄村、玉川村、平田村、白河市、矢祭町、棚倉町、矢吹町、塙町、西郷村、泉崎村、中島村、鮫川村)

自動車リサイクル許可
引取業 20871000014 フロン類回収業 20872000014 解体業 20873000014 古物商(自動車商)251080002985

第4位 株式会社シマ商会

株式会社シマ商会は、福島県南相馬市にある廃車買取業者です。自動車だけでなく、トラックや建機の買取にも力を入れています。トラックだけの買取実績は年間8,000台を超えているそうです。また、シマ商会は海外輸出販路を自社で確保しているため、海外需要の高い建機なども買取が可能です。業者次第では建機の買取自体を断られることもあるため、廃車先にお悩みの方は、ご相談されてみてはいかがでしょうか。

所在地
〒975-0042 福島県南相馬市原町区雫字権現下73-2

対応エリア
福島市、伊達市、伊達郡、二本松市、本宮市、大玉村、郡山市、須賀川市、田村市、三春町、相馬市、南相馬市、相馬郡、※双葉郡、いわき市、喜多方市、北塩原市、耶麻郡、会津若松市、会津坂下町、湯川村

自動車リサイクル許可
解体業 20073000070 引取業 20071000070 フロン類回収業 20072000070 破砕業 20076000070

第5位 有限会社 榎並商会

有限会社榎並商会は、福島県郡山市にある廃車買取業者です。不要になった車の廃車解体、廃車から取り出したパーツのリサイクル部品生産と販売をメインに行っています。車検が切れたクルマや、乗り換え時に下取り査定は0円だった車も買取対象となっていて、毎年の廃車実績は3,000台以上を超えています。

所在地
〒963-0724 福島県郡山市田村町上行合字北古川47-1

対応エリア
安達郡大玉村、石川郡玉川村、岩瀬郡鏡石町、岩瀬郡天栄村、郡山市、須賀川市、田村郡小野町、田村郡三春町、田村市、二本松市、本宮市、耶麻郡猪苗代町、耶麻郡磐梯町

自動車リサイクル許可
引取業者 2087100001 フロン類回収業 20872000015 解体業 20873000015

須賀川市で廃車買取できる3つの理由

須賀川市を対応している廃車買取業者は、なぜ廃車同然の車でも買取できるのでしょうか?こちらでは、須賀川市の廃車買取業者が買取りできる3つの理由をピックアップしました。

世界各国で日本の中古車が人気

世界各国で日本の中古車が人気なのをご存知でしょうか?
海外のテレビや映画、実際に海外旅行へ行かれた方は分かると思いますが海外でたくさんの日本車が走っています。トヨタや日産、ホンダなどの車を特によくみかけます。日本国内で買取された車で再販できる車は、海外へ輸出を行い中古車として販売しています。日本車は安全性が高く壊れにくい車だと認知されているので日本車を購入する方が非常に多いです。海外の他メーカーの車を購入するよりも、中古の日本車を購入する人がいるくらいです。日本人は、海外の人に比べて車を大事に乗る傾向があります。日本には車検制度があり道路は海外と違い舗装がされているので車にかかる負担も少ないです。そのため、中古車を海外へ輸出してもでも売ることができます。

中古パーツ(リサイクルパーツやリビルトパーツ)の利用が増えている

中古パーツの利用が増えているのをご存知でしょうか?
日本車は世界各国で利用されています。そのため、修理に必要な中古パーツの需要も高くなります。日本国内であれば、純正パーツで修理をする場合、修理金額が高くなります。中古パーツを利用すれば修理費用が半額以下ぐらいまで安くなるので中古パーツを利用して修理する人が年々増えています。海外であれば、高年式の車が走っていることが多く修理パーツの生産が終了しているケースが非常に高いです。この場合も中古パーツを日本から取り寄せたりして修理をしています。日本国内で再販できない車のパーツは海外で中古パーツとして再利用されています。再販が難しい車でもパーツとして再利用することができるので値段をつけて買取りを行うことができます。

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されている

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されていることをご存知でしょうか?
中古パーツとして利用できない鉄くずは、鉄スクラップにしています。鉄スクラップは、鉄の原料として再利用することができます。アフリカや東南アジアなどの発展途上国の国では、鉄の需要が非常に伸びています。そのため、日本国内の鉄スクラップのほとんどが海外へ輸出され鉄として再利用されていることがほとんどです。このようにお客様から買取した車は無駄なく再利用することができています。

須賀川市で廃車買取業者を選ぶポイント

廃車依頼する業者選びを間違えるとトラブルに巻き込まれるケースがあります。
こちらでは、須賀川市で廃車買取業者を選ぶポイントをご紹介します。

◇廃車を依頼する際に確認すべきこと

  1. 廃車費用についての確認
  2. 廃車手続き代行の有無
  3. 廃車の買取価格

廃車を依頼する前に廃車費用を確認する

一般的に廃車をする際は、廃車の引き取り手数料や自動車解体費用がかかると言われています。
ディーラーで廃車をする際は、これらの手数料に約5万円以上かかることも。特に車検切れの車や故障車などの不動車はレッカー車で引き取ってもらいますので、自動車の引き取り費用だけで数万円になることがあります。廃車にする際には不安になる事もあると思いますが、ご安心ください。廃車買取の専門業者はレッカーや積載車などを所有していますので、不動車であっても無料で引取りをしてもらえる事があります。
廃車を依頼する前に必ず廃車にかかる費用は確認しましょう。

廃車手続き代行について確認する

自動車を廃車にする際は、自動車の車両本体を解体処理することと合わせて、運輸局で廃車手続き(抹消登録)をする必要があります。
実際に運輸局で廃車手続きの経験がある方は分かると思いますが、面倒な手続きの上、運輸局で待ち時間も長く、廃車手続きをするには時間や費用がかかってきます。当サイトでおすすめしたカーネクストなどは、廃車手続きなどの費用は一切無料のサービスです。廃車手続きとは以下の登録手続きの事を指します。

◇普通自動車の場合

一時抹消:登録識別情報等通知書
永久抹消:登録事項等証明書

◇軽自動車の場合

一時抹消:自動車検査返納証明書
永久抹消:検査記録事項等証明書

廃車手続きを代行してもらえるか、その費用はかかるのかについて必ず確認しましょう。

廃車買取の価格を確認する

新車から10年が経過した車や、10万km以上走行している車は廃車と呼ばれ、日本国内では価値が無いと言われています。
しかし、世界では日本車は大人気で廃車同然の車でも高値で取引されている車種もあります。あなたが乗っている車も、もしかすると買取り価格がつく可能性もあります。
廃車買取の価格は廃車の依頼する前に必ず確認しましょう。

廃車手続きについて

こちらでは廃車手続きに必要な書類や費用についてご説明いたします。

◇自分で廃車手続きをする場合の費用

  1. 印鑑登録証明書:1通300円
  2. 戸籍謄本:1通450円
  3. 一時抹消登録手数料:1件350円

◇廃車買取業者に依頼した場合の費用

「印鑑登録証明書」や「戸籍謄本」の750円程度が必要になります。
その他「一時抹消登録手数料」や運輸支局までの交通費や時間と労力がかかりません。

廃車手続き代行に必要な書類

廃車買取業者が代行で廃車手続きをするために必要な一般的書類はこちらです。
「普通自動車」と「軽自動車」で必要書類が異なるので注意してください。
所有者住所と印鑑証明書に登録している住所が不一致等の場合、「住民票」や「戸籍の附票」などの書類が必要になります。
分からない場合は、廃車買取業者の担当スタッフが教えてくれます。

◇普通自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 所有者の印鑑証明書
  5. 印鑑証明書に登録している実印
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

◇軽自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 申請依頼書
  5. 所有者の認印

廃車手続き代行の注意点

廃車買取業者が廃車手続きに必要な書類とナンバープレート前後2枚をもって、管轄の運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車協会)にて廃車手続きを行います。
書類に不備があると廃車手続きが完了しません。買取金額がついている場合、振込までに時間がかかる可能性があるので不備がないように注意する必要があります。
特に遺産案件などは、必要書類が複雑になるので1回の廃車手続きで完了することが難しいので、分からないことや不明点があれば担当スタッフに都度確認行いましょう。

須賀川市の廃車買取相場とは?

福島県は太平洋に面した沿岸地域と山間部どちらも含めた広い面積を持つ県地方です。地域によっては、海外輸出販路があり買取が付きやすい傾向にあります。廃車買取相場はいくらくらいなのでしょうか。

トヨタ・アルファードの廃車買取相場【須賀川市】

トヨタ・アルファードは、海外で需要がありますが不動車・事故車の場合、買取金額がつきにくい傾向にあります。しかし、可動車であれば買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:3~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:0~7万円

トヨタ・ランドクルーザープラドの廃車買取相場【須賀川市】

トヨタ・ランドクルーザープラドは、海外で需要があるので不動車・事故車でも買取金額がつきやすいです。車の状態が良ければ高値で買取してもらうことができます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~30万円
可動車:20~70万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・ハリアーの廃車買取相場【須賀川市】

トヨタ・ハリアーは、SUV車のため国内外で人気があります。そのため、可動車の場合、買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:5~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:3~60万円

トヨタ・ヴェルファイアの廃車買取相場【須賀川市】

トヨタ・ヴェルファイアは、大変人気がある高級ミニバンです。そのため、不動車や事故車でも買取金額がつきやすいです。可動車の場合、高価買取に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・プリウスの廃車買取相場【須賀川市】

トヨタ・プリウスは、年式が古く、多走行の場合だと買取金額がつきにくいです。値段がつかない場合は、解体やパーツや部品のリサイクルも行っている廃車買取業者に依頼すると良いでしょう。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:2~10万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・ノアの廃車買取相場【須賀川市】

トヨタ・ノアは、海外で人気があるので輸出されることが多いです。年式が古くても、過走行でも買取金額は付きやすいです。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~30万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・トヨエースの廃車買取相場【須賀川市】

トヨタ・トヨエースは、海外で需要があるトラックです。低年式、多走行でも買取金額は付きやすいです。高年式のトラックになると高価買取も期待できます。

◇走行距離15万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~17万円

◇走行距離30万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~3万円
可動車:0~7万円

◇走行距離15万キロ・年式H10式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~10万円

福島県の廃車買取業者情報

福島県内のおすすめの廃車買取業者情報をエリアごとにご紹介しています。

郡山市須賀川市相馬市喜多方市会津若松市伊達市田村市南相馬市二本松市いわき市白河市福島市本宮市

本宮市の廃車買取業者おすすめランキングBEST5

福島県の廃車買取業者

本宮市で廃車の処分を検討している場合、どこの廃車買取業者に依頼すればよいのかと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
廃車処分となると費用がかかりそう、廃車手続きが面倒そうと不安に思われる方へ、こちらでは本宮市で廃車が出来るおすすめの廃車買取業者をご紹介します。

本宮市の廃車買取業者ランキング

こちらでご紹介する本宮市の廃車買取業者は、本宮市を対応している廃車買取業者の中でも廃車費用をかけずに依頼することが出来る業者をピックアップしています。これから、本宮市で廃車を検討されている方は、おすすめの廃車買取業者をランキング形式でご紹介しますので、ぜひ参考にご覧ください。

第1位 本宮市の廃車買取カーネクスト

本宮市の廃車買取カーネクストは、福島県全域で廃車・事故車の買取を行なっています。

お客様は、廃車手続きに必要な「車検証」などの書類を揃えるだけです。廃車にかかる「レッカー費用」や「廃車手続き代行費用」はカーネクストが負担してくれます。
古い車でも状態が良ければ、高価買取も期待できます。特にトヨタ車は値段が付きやすいケースが多いです。電話受付時間は、朝8時から夜10時までオペレーター直接確認することができます。他社に比べて朝早くから遅くまで問合せや見積査定依頼の対応をしてくれるのでおすすめです。電話受付時間帯に問合せができない方でもフォーム入力から簡単に問合せることができるので安心です。

廃車買取カーネクストの特徴

  1. 本宮市を含む全国の約13,000社と提携する最大手の廃車買取サービス!
  2. どんな車でも0円以上の買取保証付き!
  3. 不動車でもレッカー引取料など無料!
  4. 廃車手続きなどの面倒な手続きも代行!

フォームでのお問合せは24時間対応!電話での問い合わせは朝8時から夜10時まで年中無休で専門スタッフが対応してくれます。
本宮市で廃車に困ったら、廃車買取カーネクストに相談するとよいでしょう。

廃車買取カーネクストの口コミ

10年以上放置していた叔父の車をカーネクストで廃車にしました。タイヤの固着が酷くて動かすことができませんでしたがスムーズ引き取ってくれました。廃車費用も発生せずに、代行で廃車手続きも行ってくれたので大変助かりました。

第2位 株式会社ナプロアース

株式会社ナプロアースは、福島県伊達市の廃車買取業者です。使用済自動車の廃車買取を行っており、事故車や故障車、過走行、低年式であっても買取を行ないます。
廃車買取専門店のため、廃車から利益を得る方法があり、不動車などの走行状態を回復することが難しい車でも本体に価値をつけることが出来ます。特にナプロアースでは、廃車を解体する際に再利用可能なパーツを取り出し、中古車パーツとしてリユースしています。その販売先が国内外にあるため、人気の車種などは高額査定の可能性もあります。

所在地
〒960-0719 福島県伊達市梁川町やながわ工業団地63-1

対応エリア
福島県内全域

自動車リサイクル許可
引取業者 20071000001 フロン類回収業者 20072000001 解体業 20073000001 破砕業 20074000001

第3位 有限会社サトウサービス

有限会社サトウサービスは、福島県郡山市の自動車解体業者です。不要になってしまった車、事故車などの廃車買取を行っています。ディーラーの下取りや、中古車買取店では価格がつきづらい状態になってしまった車も自動車解体の施設を自社に保有するサトウサービスなら、査定をつけられる可能性があります。
それは自動車のパーツや素材を解体時に取り出して、再利用できるためです。再利用できる資源をリユースして利益を出せるため、不動車であっても買い取りをつけることが出来ます。

所在地
〒963-0000 福島県郡山市喜久田町割田2丁目34-2

対応エリア
出張査定は福島県中通りエリア(福島市、二本松市、本宮市、伊達市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村、郡山市、須賀川市、田村市、三春町、小野町、鏡石町、石川町、浅川町、古殿町、天栄村、玉川村、平田村、白河市、矢祭町、棚倉町、矢吹町、塙町、西郷村、泉崎村、中島村、鮫川村)

自動車リサイクル許可
引取業 20871000014 フロン類回収業 20872000014 解体業 20873000014 古物商(自動車商)251080002985

第4位 有限会社 榎並商会

有限会社榎並商会は、福島県郡山市にある廃車買取業者です。不要になった車の廃車解体、廃車から取り出したパーツのリサイクル部品生産と販売をメインに行っています。車検が切れたクルマや、乗り換え時に下取り査定は0円だった車も買取対象となっていて、毎年の廃車実績は3,000台以上を超えています。

所在地
〒963-0724 福島県郡山市田村町上行合字北古川47-1

対応エリア
安達郡大玉村、石川郡玉川村、岩瀬郡鏡石町、岩瀬郡天栄村、郡山市、須賀川市、田村郡小野町、田村郡三春町、田村市、二本松市、本宮市、耶麻郡猪苗代町、耶麻郡磐梯町

自動車リサイクル許可
引取業者 2087100001 フロン類回収業 20872000015 解体業 20873000015

第5位 有限会社佐藤商会

有限会社佐藤商会は、福島県福島市で自動車の解体、整備店を行っています。廃車予定の車や、乗らなくなってしまった不要車などの引き取り買取を行ないます。
査定額アップのポイントは、RV車やミニバンなどの車体の大きい車は人気があり買取額もUPしています。また、ガソリン車よりもディーゼル車のほうがプラス査定になることも。それは、佐藤商会には中古自動車の輸出ルートがあり、海外ではディーゼル車の方が人気があるからです。修理のしやすさや丈夫さで国産車の人気が高くなっていることから、買取額もアップ傾向にあります。

所在地
〒960-8057 福島県福島市笹木野上石田6-1

対応エリア
福島県北エリア

自動車リサイクル許可
解体業 20073001423 引取業 20071001395 フロン類回収 20072001395 古物商許可 251010001679

株式会社シマ商会

株式会社シマ商会は、福島県南相馬市にある廃車買取業者です。自動車だけでなく、トラックや建機の買取にも力を入れています。トラックだけの買取実績は年間8,000台を超えているそうです。また、シマ商会は海外輸出販路を自社で確保しているため、海外需要の高い建機なども買取が可能です。業者次第では建機の買取自体を断られることもあるため、廃車先にお悩みの方は、ご相談されてみてはいかがでしょうか。

所在地
〒975-0042 福島県南相馬市原町区雫字権現下73-2

対応エリア
福島市、伊達市、伊達郡、二本松市、本宮市、大玉村、郡山市、須賀川市、田村市、三春町、相馬市、南相馬市、相馬郡、※双葉郡、いわき市、喜多方市、北塩原市、耶麻郡、会津若松市、会津坂下町、湯川村

自動車リサイクル許可
解体業 20073000070 引取業 20071000070 フロン類回収業 20072000070 破砕業 20076000070

本宮市で廃車買取できる3つの理由

本宮市を対応している廃車買取業者は、なぜ廃車同然の車でも買取できるのでしょうか?こちらでは、本宮市の廃車買取業者が買取りできる3つの理由をピックアップしました。

世界各国で日本の中古車が人気

世界各国で日本の中古車が人気なのをご存知でしょうか?
海外のテレビや映画、実際に海外旅行へ行かれた方は分かると思いますが海外でたくさんの日本車が走っています。トヨタや日産、ホンダなどの車を特によくみかけます。日本国内で買取された車で再販できる車は、海外へ輸出を行い中古車として販売しています。日本車は安全性が高く壊れにくい車だと認知されているので日本車を購入する方が非常に多いです。海外の他メーカーの車を購入するよりも、中古の日本車を購入する人がいるくらいです。日本人は、海外の人に比べて車を大事に乗る傾向があります。日本には車検制度があり道路は海外と違い舗装がされているので車にかかる負担も少ないです。そのため、中古車を海外へ輸出してもでも売ることができます。

中古パーツ(リサイクルパーツやリビルトパーツ)の利用が増えている

中古パーツの利用が増えているのをご存知でしょうか?
日本車は世界各国で利用されています。そのため、修理に必要な中古パーツの需要も高くなります。日本国内であれば、純正パーツで修理をする場合、修理金額が高くなります。中古パーツを利用すれば修理費用が半額以下ぐらいまで安くなるので中古パーツを利用して修理する人が年々増えています。海外であれば、高年式の車が走っていることが多く修理パーツの生産が終了しているケースが非常に高いです。この場合も中古パーツを日本から取り寄せたりして修理をしています。日本国内で再販できない車のパーツは海外で中古パーツとして再利用されています。再販が難しい車でもパーツとして再利用することができるので値段をつけて買取りを行うことができます。

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されている

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されていることをご存知でしょうか?
中古パーツとして利用できない鉄くずは、鉄スクラップにしています。鉄スクラップは、鉄の原料として再利用することができます。アフリカや東南アジアなどの発展途上国の国では、鉄の需要が非常に伸びています。そのため、日本国内の鉄スクラップのほとんどが海外へ輸出され鉄として再利用されていることがほとんどです。このようにお客様から買取した車は無駄なく再利用することができています。

本宮市で廃車買取業者を選ぶポイント

廃車依頼する業者選びを間違えるとトラブルに巻き込まれるケースがあります。
こちらでは、本宮市で廃車買取業者を選ぶポイントをご紹介します。

◇廃車を依頼する際に確認すべきこと

  1. 廃車費用についての確認
  2. 廃車手続き代行の有無
  3. 廃車の買取価格

廃車を依頼する前に廃車費用を確認する

一般的に廃車をする際は、廃車の引き取り手数料や自動車解体費用がかかると言われています。
ディーラーで廃車をする際は、これらの手数料に約5万円以上かかることも。特に車検切れの車や故障車などの不動車はレッカー車で引き取ってもらいますので、自動車の引き取り費用だけで数万円になることがあります。廃車にする際には不安になる事もあると思いますが、ご安心ください。廃車買取の専門業者はレッカーや積載車などを所有していますので、不動車であっても無料で引取りをしてもらえる事があります。
廃車を依頼する前に必ず廃車にかかる費用は確認しましょう。

廃車手続き代行について確認する

自動車を廃車にする際は、自動車の車両本体を解体処理することと合わせて、運輸局で廃車手続き(抹消登録)をする必要があります。
実際に運輸局で廃車手続きの経験がある方は分かると思いますが、面倒な手続きの上、運輸局で待ち時間も長く、廃車手続きをするには時間や費用がかかってきます。当サイトでおすすめしたカーネクストなどは、廃車手続きなどの費用は一切無料のサービスです。廃車手続きとは以下の登録手続きの事を指します。

◇普通自動車の場合

一時抹消:登録識別情報等通知書
永久抹消:登録事項等証明書

◇軽自動車の場合

一時抹消:自動車検査返納証明書
永久抹消:検査記録事項等証明書

廃車手続きを代行してもらえるか、その費用はかかるのかについて必ず確認しましょう。

廃車買取の価格を確認する

新車から10年が経過した車や、10万km以上走行している車は廃車と呼ばれ、日本国内では価値が無いと言われています。
しかし、世界では日本車は大人気で廃車同然の車でも高値で取引されている車種もあります。あなたが乗っている車も、もしかすると買取り価格がつく可能性もあります。
廃車買取の価格は廃車の依頼する前に必ず確認しましょう。

廃車手続きについて

こちらでは廃車手続きに必要な書類や費用についてご説明いたします。

◇自分で廃車手続きをする場合の費用

  1. 印鑑登録証明書:1通300円
  2. 戸籍謄本:1通450円
  3. 一時抹消登録手数料:1件350円

◇廃車買取業者に依頼した場合の費用

「印鑑登録証明書」や「戸籍謄本」の750円程度が必要になります。
その他「一時抹消登録手数料」や運輸支局までの交通費や時間と労力がかかりません。

廃車手続き代行に必要な書類

廃車買取業者が代行で廃車手続きをするために必要な一般的書類はこちらです。
「普通自動車」と「軽自動車」で必要書類が異なるので注意してください。
所有者住所と印鑑証明書に登録している住所が不一致等の場合、「住民票」や「戸籍の附票」などの書類が必要になります。
分からない場合は、廃車買取業者の担当スタッフが教えてくれます。

◇普通自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 所有者の印鑑証明書
  5. 印鑑証明書に登録している実印
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

◇軽自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 申請依頼書
  5. 所有者の認印

廃車手続き代行の注意点

廃車買取業者が廃車手続きに必要な書類とナンバープレート前後2枚をもって、管轄の運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車協会)にて廃車手続きを行います。
書類に不備があると廃車手続きが完了しません。買取金額がついている場合、振込までに時間がかかる可能性があるので不備がないように注意する必要があります。
特に遺産案件などは、必要書類が複雑になるので1回の廃車手続きで完了することが難しいので、分からないことや不明点があれば担当スタッフに都度確認行いましょう。

本宮市の廃車買取相場とは?

福島県は太平洋に面した沿岸地域と山間部どちらも含めた広い面積を持つ県地方です。地域によっては、海外輸出販路があり買取が付きやすい傾向にあります。廃車買取相場はいくらくらいなのでしょうか。

トヨタ・アルファードの廃車買取相場【本宮市】

トヨタ・アルファードは、海外で需要がありますが不動車・事故車の場合、買取金額がつきにくい傾向にあります。しかし、可動車であれば買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:3~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:0~7万円

トヨタ・ランドクルーザープラドの廃車買取相場【本宮市】

トヨタ・ランドクルーザープラドは、海外で需要があるので不動車・事故車でも買取金額がつきやすいです。車の状態が良ければ高値で買取してもらうことができます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~30万円
可動車:20~70万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・ハリアーの廃車買取相場【本宮市】

トヨタ・ハリアーは、SUV車のため国内外で人気があります。そのため、可動車の場合、買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:5~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:3~60万円

トヨタ・ヴェルファイアの廃車買取相場【本宮市】

トヨタ・ヴェルファイアは、大変人気がある高級ミニバンです。そのため、不動車や事故車でも買取金額がつきやすいです。可動車の場合、高価買取に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・プリウスの廃車買取相場【本宮市】

トヨタ・プリウスは、年式が古く、多走行の場合だと買取金額がつきにくいです。値段がつかない場合は、解体やパーツや部品のリサイクルも行っている廃車買取業者に依頼すると良いでしょう。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:2~10万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・ノアの廃車買取相場【本宮市】

トヨタ・ノアは、海外で人気があるので輸出されることが多いです。年式が古くても、過走行でも買取金額は付きやすいです。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~30万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・トヨエースの廃車買取相場【本宮市】

トヨタ・トヨエースは、海外で需要があるトラックです。低年式、多走行でも買取金額は付きやすいです。高年式のトラックになると高価買取も期待できます。

◇走行距離15万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~17万円

◇走行距離30万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~3万円
可動車:0~7万円

◇走行距離15万キロ・年式H10式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~10万円

福島県の廃車買取業者情報

福島県内のおすすめの廃車買取業者情報をエリアごとにご紹介しています。

郡山市須賀川市相馬市喜多方市会津若松市伊達市田村市南相馬市二本松市いわき市白河市福島市本宮市

会津若松市の廃車買取業者おすすめランキングBEST5

福島県の廃車買取業者

会津若松市で廃車の処分を検討している場合、どこの廃車買取業者に依頼すればよいのかと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
廃車処分となると費用がかかりそう、廃車手続きが面倒そうと不安に思われる方へ、こちらでは会津若松市で廃車が出来るおすすめの廃車買取業者をご紹介します。

会津若松市の廃車買取業者ランキング

こちらでご紹介する会津若松市の廃車買取業者は、会津若松市を対応している廃車買取業者の中でも廃車費用をかけずに依頼することが出来る業者をピックアップしています。これから、会津若松市で廃車を検討されている方は、おすすめの廃車買取業者をランキング形式でご紹介しますので、ぜひ参考にご覧ください。

第1位 会津若松市の廃車買取カーネクスト

会津若松市の廃車買取カーネクストは、福島県全域で廃車・事故車の買取を行なっています。

お客様は、廃車手続きに必要な「車検証」などの書類を揃えるだけです。廃車にかかる「レッカー費用」や「廃車手続き代行費用」はカーネクストが負担してくれます。
古い車でも状態が良ければ、高価買取も期待できます。特にトヨタ車は値段が付きやすいケースが多いです。電話受付時間は、朝8時から夜10時までオペレーター直接確認することができます。他社に比べて朝早くから遅くまで問合せや見積査定依頼の対応をしてくれるのでおすすめです。電話受付時間帯に問合せができない方でもフォーム入力から簡単に問合せることができるので安心です。

廃車買取カーネクストの特徴

  1. 会津若松市を含む全国の約13,000社と提携する最大手の廃車買取サービス!
  2. どんな車でも0円以上の買取保証付き!
  3. 不動車でもレッカー引取料など無料!
  4. 廃車手続きなどの面倒な手続きも代行!

フォームでのお問合せは24時間対応!電話での問い合わせは朝8時から夜10時まで年中無休で専門スタッフが対応してくれます。
会津若松市で廃車に困ったら、廃車買取カーネクストに相談するとよいでしょう。

廃車買取カーネクストの口コミ

10年以上放置していた叔父の車をカーネクストで廃車にしました。タイヤの固着が酷くて動かすことができませんでしたがスムーズ引き取ってくれました。廃車費用も発生せずに、代行で廃車手続きも行ってくれたので大変助かりました。

第2位 株式会社オートセンターナオ(NAO) 

株式会社オートセンターNAOは、福島県西部の廃車買取業者です。普通自動車、軽自動車など廃車予定の車や、事故車の買取を行っています。引き取り回収した車を自社の保有する解体施設でリサイクルしており、その際取り出した再利用可能なパーツや、再資源化できる鉄・非鉄金属をリユースして利益を得ています。
再利用可能なパーツは、リサイクルパーツとして整備店など探している人へ渡り、また新たな車の一部として活用されていきます。

所在地
〒969-6207 福島県大沼郡会津美里町宮里80

対応エリア
会津若松市、大沼郡会津美里町、大沼郡金山町、大沼郡昭和村、大沼郡三島町、河沼郡会津坂下町、河沼郡柳津町、河沼郡湯川村、喜多方市、南会津郡下郷町、南会津郡只見町、南会津郡檜枝岐村、南会津郡南会津町、耶麻郡北塩原村、耶麻郡西会津町

第3位 株式会社ナプロアース

株式会社ナプロアースは、福島県伊達市の廃車買取業者です。使用済自動車の廃車買取を行っており、事故車や故障車、過走行、低年式であっても買取を行ないます。
廃車買取専門店のため、廃車から利益を得る方法があり、不動車などの走行状態を回復することが難しい車でも本体に価値をつけることが出来ます。特にナプロアースでは、廃車を解体する際に再利用可能なパーツを取り出し、中古車パーツとしてリユースしています。その販売先が国内外にあるため、人気の車種などは高額査定の可能性もあります。

所在地
〒960-0719 福島県伊達市梁川町やながわ工業団地63-1

対応エリア
福島県内全域

自動車リサイクル許可
引取業者 20071000001 フロン類回収業者 20072000001 解体業 20073000001 破砕業 20074000001

第4位 株式会社シマ商会

株式会社シマ商会は、福島県南相馬市にある廃車買取業者です。自動車だけでなく、トラックや建機の買取にも力を入れています。トラックだけの買取実績は年間8,000台を超えているそうです。また、シマ商会は海外輸出販路を自社で確保しているため、海外需要の高い建機なども買取が可能です。業者次第では建機の買取自体を断られることもあるため、廃車先にお悩みの方は、ご相談されてみてはいかがでしょうか。

所在地
〒975-0042 福島県南相馬市原町区雫字権現下73-2

対応エリア
福島市、伊達市、伊達郡、二本松市、本宮市、大玉村、郡山市、須賀川市、田村市、三春町、相馬市、南相馬市、相馬郡、※双葉郡、いわき市、喜多方市、北塩原市、耶麻郡、会津若松市、会津坂下町、湯川村

自動車リサイクル許可
解体業 20073000070 引取業 20071000070 フロン類回収業 20072000070 破砕業 20076000070

第5位 有限会社 菅野自動車商会

有限会社菅野自動車商会は、福島県福島市にある廃車買取業者です。事故車や不動車、過走行車など、中古車としては買取が難しい廃車同然の車を買取しています。菅野自動車商会は、自社でリサイクルパーツの生産設備を解体施設と合わせて保有しているため、取り出したリサイクルパーツを修理や整備をして販売することで、廃車買取後の利益化が可能です。また販売している中古車部品ではほしい部品が見つからない場合も、全国にネットワークを持っているため、探しだし販売することが出来ます。

所在地
〒960-8074 福島県福島市西中央4丁目101番地の1

対応エリア
福島県福島市周辺

自動車リサイクル許可
引取業者 20071000002 フロン類回収業者20072000002 解体業 20073000002

会津若松市で廃車買取できる3つの理由

会津若松市を対応している廃車買取業者は、なぜ廃車同然の車でも買取できるのでしょうか?こちらでは、会津若松市の廃車買取業者が買取りできる3つの理由をピックアップしました。

世界各国で日本の中古車が人気

世界各国で日本の中古車が人気なのをご存知でしょうか?
海外のテレビや映画、実際に海外旅行へ行かれた方は分かると思いますが海外でたくさんの日本車が走っています。トヨタや日産、ホンダなどの車を特によくみかけます。日本国内で買取された車で再販できる車は、海外へ輸出を行い中古車として販売しています。日本車は安全性が高く壊れにくい車だと認知されているので日本車を購入する方が非常に多いです。海外の他メーカーの車を購入するよりも、中古の日本車を購入する人がいるくらいです。日本人は、海外の人に比べて車を大事に乗る傾向があります。日本には車検制度があり道路は海外と違い舗装がされているので車にかかる負担も少ないです。そのため、中古車を海外へ輸出してもでも売ることができます。

中古パーツ(リサイクルパーツやリビルトパーツ)の利用が増えている

中古パーツの利用が増えているのをご存知でしょうか?
日本車は世界各国で利用されています。そのため、修理に必要な中古パーツの需要も高くなります。日本国内であれば、純正パーツで修理をする場合、修理金額が高くなります。中古パーツを利用すれば修理費用が半額以下ぐらいまで安くなるので中古パーツを利用して修理する人が年々増えています。海外であれば、高年式の車が走っていることが多く修理パーツの生産が終了しているケースが非常に高いです。この場合も中古パーツを日本から取り寄せたりして修理をしています。日本国内で再販できない車のパーツは海外で中古パーツとして再利用されています。再販が難しい車でもパーツとして再利用することができるので値段をつけて買取りを行うことができます。

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されている

鉄スクラップが鉄の原料として再利用されていることをご存知でしょうか?
中古パーツとして利用できない鉄くずは、鉄スクラップにしています。鉄スクラップは、鉄の原料として再利用することができます。アフリカや東南アジアなどの発展途上国の国では、鉄の需要が非常に伸びています。そのため、日本国内の鉄スクラップのほとんどが海外へ輸出され鉄として再利用されていることがほとんどです。このようにお客様から買取した車は無駄なく再利用することができています。

会津若松市で廃車買取業者を選ぶポイント

廃車依頼する業者選びを間違えるとトラブルに巻き込まれるケースがあります。
こちらでは、会津若松市で廃車買取業者を選ぶポイントをご紹介します。

◇廃車を依頼する際に確認すべきこと

  1. 廃車費用についての確認
  2. 廃車手続き代行の有無
  3. 廃車の買取価格

廃車を依頼する前に廃車費用を確認する

一般的に廃車をする際は、廃車の引き取り手数料や自動車解体費用がかかると言われています。
ディーラーで廃車をする際は、これらの手数料に約5万円以上かかることも。特に車検切れの車や故障車などの不動車はレッカー車で引き取ってもらいますので、自動車の引き取り費用だけで数万円になることがあります。廃車にする際には不安になる事もあると思いますが、ご安心ください。廃車買取の専門業者はレッカーや積載車などを所有していますので、不動車であっても無料で引取りをしてもらえる事があります。
廃車を依頼する前に必ず廃車にかかる費用は確認しましょう。

廃車手続き代行について確認する

自動車を廃車にする際は、自動車の車両本体を解体処理することと合わせて、運輸局で廃車手続き(抹消登録)をする必要があります。
実際に運輸局で廃車手続きの経験がある方は分かると思いますが、面倒な手続きの上、運輸局で待ち時間も長く、廃車手続きをするには時間や費用がかかってきます。当サイトでおすすめしたカーネクストなどは、廃車手続きなどの費用は一切無料のサービスです。廃車手続きとは以下の登録手続きの事を指します。

◇普通自動車の場合

一時抹消:登録識別情報等通知書
永久抹消:登録事項等証明書

◇軽自動車の場合

一時抹消:自動車検査返納証明書
永久抹消:検査記録事項等証明書

廃車手続きを代行してもらえるか、その費用はかかるのかについて必ず確認しましょう。

廃車買取の価格を確認する

新車から10年が経過した車や、10万km以上走行している車は廃車と呼ばれ、日本国内では価値が無いと言われています。
しかし、世界では日本車は大人気で廃車同然の車でも高値で取引されている車種もあります。あなたが乗っている車も、もしかすると買取り価格がつく可能性もあります。
廃車買取の価格は廃車の依頼する前に必ず確認しましょう。

廃車手続きについて

こちらでは廃車手続きに必要な書類や費用についてご説明いたします。

◇自分で廃車手続きをする場合の費用

  1. 印鑑登録証明書:1通300円
  2. 戸籍謄本:1通450円
  3. 一時抹消登録手数料:1件350円

◇廃車買取業者に依頼した場合の費用

「印鑑登録証明書」や「戸籍謄本」の750円程度が必要になります。
その他「一時抹消登録手数料」や運輸支局までの交通費や時間と労力がかかりません。

廃車手続き代行に必要な書類

廃車買取業者が代行で廃車手続きをするために必要な一般的書類はこちらです。
「普通自動車」と「軽自動車」で必要書類が異なるので注意してください。
所有者住所と印鑑証明書に登録している住所が不一致等の場合、「住民票」や「戸籍の附票」などの書類が必要になります。
分からない場合は、廃車買取業者の担当スタッフが教えてくれます。

◇普通自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 所有者の印鑑証明書
  5. 印鑑証明書に登録している実印
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

◇軽自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 申請依頼書
  5. 所有者の認印

廃車手続き代行の注意点

廃車買取業者が廃車手続きに必要な書類とナンバープレート前後2枚をもって、管轄の運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車協会)にて廃車手続きを行います。
書類に不備があると廃車手続きが完了しません。買取金額がついている場合、振込までに時間がかかる可能性があるので不備がないように注意する必要があります。
特に遺産案件などは、必要書類が複雑になるので1回の廃車手続きで完了することが難しいので、分からないことや不明点があれば担当スタッフに都度確認行いましょう。

会津若松市の廃車買取相場とは?

福島県は太平洋に面した沿岸地域と山間部どちらも含めた広い面積を持つ県地方です。地域によっては、海外輸出販路があり買取が付きやすい傾向にあります。廃車買取相場はいくらくらいなのでしょうか。

トヨタ・アルファードの廃車買取相場【会津若松市】

トヨタ・アルファードは、海外で需要がありますが不動車・事故車の場合、買取金額がつきにくい傾向にあります。しかし、可動車であれば買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:3~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:0~7万円

トヨタ・ランドクルーザープラドの廃車買取相場【会津若松市】

トヨタ・ランドクルーザープラドは、海外で需要があるので不動車・事故車でも買取金額がつきやすいです。車の状態が良ければ高値で買取してもらうことができます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~30万円
可動車:20~70万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・ハリアーの廃車買取相場【会津若松市】

トヨタ・ハリアーは、SUV車のため国内外で人気があります。そのため、可動車の場合、買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:5~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:3~60万円

トヨタ・ヴェルファイアの廃車買取相場【会津若松市】

トヨタ・ヴェルファイアは、大変人気がある高級ミニバンです。そのため、不動車や事故車でも買取金額がつきやすいです。可動車の場合、高価買取に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・プリウスの廃車買取相場【会津若松市】

トヨタ・プリウスは、年式が古く、多走行の場合だと買取金額がつきにくいです。値段がつかない場合は、解体やパーツや部品のリサイクルも行っている廃車買取業者に依頼すると良いでしょう。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:2~10万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・ノアの廃車買取相場【会津若松市】

トヨタ・ノアは、海外で人気があるので輸出されることが多いです。年式が古くても、過走行でも買取金額は付きやすいです。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~30万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・トヨエースの廃車買取相場【会津若松市】

トヨタ・トヨエースは、海外で需要があるトラックです。低年式、多走行でも買取金額は付きやすいです。高年式のトラックになると高価買取も期待できます。

◇走行距離15万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~17万円

◇走行距離30万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~3万円
可動車:0~7万円

◇走行距離15万キロ・年式H10式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~10万円

福島県の廃車買取業者情報

福島県内のおすすめの廃車買取業者情報をエリアごとにご紹介しています。

郡山市須賀川市相馬市喜多方市会津若松市伊達市田村市南相馬市二本松市いわき市白河市福島市本宮市