氷見市の廃車買取業者おすすめランキングBEST5

氷見市で廃車を検討している場合、どの廃車買取業者に依頼するのが良いのか?と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
こちらでは、氷見市で廃車できるおすすめの廃車買取業者をご紹介します。

もくじ

氷見市の廃車買取業者ランキング

こちらでご紹介している氷見市の廃車買取業者は、氷見市で廃車が出来て、廃車の費用をかけずに依頼ができたり、車両本体の引取を任せることが出来るなど廃車に対する不安を解消できる業者ばかりとなっています。これから氷見市で廃車を検討されている方は、ランキング形式にご紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

第1位 氷見市の廃車買取カーネクスト

氷見市の廃車買取カーネクストは、氷見市内を対応している廃車買取専門の業者です。

廃車買取カーネクスト

お客様は、廃車手続きに必要な「車検証」などの書類を揃えるだけです。廃車にかかる「レッカー費用」や「廃車手続き代行費用」はカーネクストが負担してくれます。
古い車でも状態が良ければ、高価買取も期待できます。特にトヨタ車は値段が付きやすいケースが多いです。電話受付時間は、朝8時から夜10時までオペレーター直接確認することができます。他社に比べて朝早くから遅くまで問合せや見積査定依頼の対応をしてくれるのでおすすめです。電話受付時間帯に問合せができない方でもフォーム入力から簡単に問合せることができるので安心です。

◇廃車買取カーネクストの特徴

  1. 氷見市を含む全国の約13,000社と提携する最大手の廃車買取サービス!
  2. どんな車でも0円以上の買取保証付き!
  3. 不動車でもレッカー引取料など無料!
  4. 廃車手続きなどの面倒な手続きも代行!

フォームでのお問合せは24時間対応!
電話での問い合わせは朝8時から夜10時まで年中無休で専門スタッフが対応してくれます。

氷見市で廃車に困ったら、廃車買取カーネクストに相談するとよいでしょう。

廃車買取カーネクストの口コミ

10年以上放置していた叔父の車をカーネクストで廃車にしました。タイヤの固着が酷くて動かすことができませんでしたがスムーズ引き取ってくれました。廃車費用も発生せずに、代行で廃車手続きも行ってくれたので大変助かりました。

今すぐ無料査定

その他の氷見市を対応している廃車買取業者

氷見市の廃車買取に対応している業者です。廃車の買取り価格や引き取り料金、廃車手続き費用などはお問い合わせ下さい。

第2位 廃車王 氷見店 有限会社堀川自動車商会

有限会社堀川自動車商会は、富山県氷見市にある廃車買取業者です。堀川自動車商会は日本自動車リサイクル事業協同組合に加盟している業者で、自社で使用済自動車を引取後、自動車リサイクル法に基づく適正な処理を行うことが出来る施設を保有しています。自社では破砕前処理まで行うことが出来るため、自動車を解体した際に再利用可能なパーツを取り出し、リサイクルパーツとして再生し、点検チェック後販売しています。

所在地
〒935-0053 富山県氷見市万尾840-1

対応地域
射水市、氷見市

自動車リサイクル許可
引取業者 20161000125 フロン類回収業者 20162000125 解体業 20163000125 破砕業 20164000125

第3位 SKファミリーオート

SKファミリーオートは、富山県富山市にある中古車販売店です。中古車販売や中古車買取だけでなく、廃車や事故車などの買取も行われています。車の購入を検討しているが、売却予定の車が不動車や事故車で下取りをあきらめているという方は、乗り換えの相談もしやすいお店ではないでしょうか。

所在地
〒939-8177 富山県富山市安養寺1296-1

対応地域
富山県エリア

自動車リサイクル許可
引取業者 20851000376 古物商許可証 501120007863

第4位 モーターワン(有限会社タウンネットワールド・ミュー)

モーターワンは、富山市にある車買取業者です。不要になった車、動かない車も買取対象となっています。また、車の買取と販売だけでなく、レンタカー事業や車検サービス、鈑金塗装サービスなども行われています。買取車の廃車手続きは無料となっており、ご自宅までの引取りの依頼も可能です。また、車検が切れている車も対象となっています。

所在地
〒939-8222 富山県富山市蜷川129-1

対応地域
富山県富山市周辺

古物商許可証 第501120008070号

第5位 NEW ORIENT MARKET有限会社

NEW ORIENT MARKET有限会社は、富山市にある廃車買取業者です。輸出貿易を主に行っている業者で、取引先地域は、ロシアやカザフスタン、マレーシア、モンゴルなどとなっています。自社で廃車買取行った車両を、リサイクル処理が可能な施設で廃車解体し、輸出出来る状態としたあとに取引先地域へ輸出中古車や輸出中古車部品として売却しています。引取対応は自走不可車両も可能となっていますが、タイヤがない、鍵なし等の作業が発生する引取の場合引取り費用がかかり割増料金となります。

所在地
〒930-0936 富山県富山市藤木2554-11

対応エリア
富山県全域

自動車リサイクル許可
引取業者 20161000663 フロン類回収業者 20162000663

株式会社 ハーベスト富山

株式会社ハーベスト富山は、富山県高岡市にある車検、整備や中古車の販売を行っている業者です。車買取と廃車・事故車の買取も行っています。また、車に関する事業は他にも行っていて、カーリースや車両の陸送事業、除雪作業なども承っています。車買取は、書類代行費用がかからず、レッカー代も無料となっているため、動かない車も安心です。

所在地
〒933-0948  富山県高岡市上四屋814番地

対応エリア
富山県エリア

自動車リサイクル許可
古物商許可 501230007923 自動車引取業 20161000661

氷見市で廃車買取出来る3つの理由

氷見市を対応しているの廃車買取業者は、なぜ廃車でも買取りできるのでしょうか?こちらでは、氷見市の廃車買取業者が買取りできる3つの理由をピックアップしました。

国内で廃車になった車は海外で活躍

国内で廃車になった車は海外で活躍していることをご存知でしょうか?国内で再販ができない車は、海外へ輸出されます。主にアフリカや南米、東南アジアなどの国に輸出されています。日本メーカーの車は、海外メーカーに安全性が高く壊れにくいことで知られています。そのため廃車になった車でも海外では売ることができます。

廃車の車から中古パーツとして資源を再利用

廃車の車から中古パーツとして資源を再利用していることをご存知でしょうか?再販できない廃車から中古パーツとして再利用しています。解体技術や機能・品質チェックなどの技術がないと中古パーツとして再利用できません。多くの自動車解体業者は、これまで培った経験と技術をもとに解体・パーツリサイクルを行っております。国内外で中古パーツが再販されております。

鉄スクラップを国外へ輸出

鉄スクラップを国外へ輸出していることをご存知でしょうか?主に発展途上国などの国に輸出されています。鉄スクラップを鉄に作り変えたりして、新たなものに活用しています。このように鉄スクラップは、かたちを変えて資源をリサイクルしています。

氷見市で廃車買取業者を選ぶポイント

廃車依頼する業者選びを間違えるとトラブルに巻き込まれるケースがあります。こちらでは、氷見市で廃車買取業者を選ぶポイントをご紹介します。

◇廃車を依頼する際に確認すべきこと

  1. 廃車費用についての確認
  2. 廃車手続き代行の有無
  3. 廃車の買取価格

廃車を依頼する前に廃車費用を確認する

一般的に廃車をする際は、廃車の引き取り手数料や自動車解体費用がかかると言われています。
ディーラーで廃車をする際は、これらの手数料に約5万円以上かかることも。特に車検切れの車や故障車などの不動車はレッカー車で引き取ってもらいますので、自動車の引き取り費用だけで数万円になることがあります。廃車にする際には不安になる事もあると思いますが、ご安心ください。廃車買取の専門業者はレッカーや積載車などを所有していますので、不動車であっても無料で引取りをしてもらえる事があります。
廃車を依頼する前に必ず廃車にかかる費用は確認しましょう。

廃車手続き代行について確認する

自動車を廃車にする際は、自動車の車両本体を解体処理することと合わせて、運輸局で廃車手続き(抹消登録)をする必要があります。
実際に運輸局で廃車手続きの経験がある方は分かると思いますが、面倒な手続きの上、運輸局で待ち時間も長く、廃車手続きをするには時間や費用がかかってきます。当サイトでおすすめしたカーネクストなどは、廃車手続きなどの費用は一切無料のサービスです。廃車手続きとは以下の登録手続きの事を指します。

◇普通自動車の場合

一時抹消:登録識別情報等通知書
永久抹消:登録事項等証明書

◇軽自動車の場合

一時抹消:自動車検査返納証明書
永久抹消:検査記録事項等証明書

廃車手続きを代行してもらえるか、その費用はかかるのかについて必ず確認しましょう。

廃車買取の価格を確認する

新車から10年が経過した車や、10万km以上走行している車は廃車と呼ばれ、日本国内では価値が無いと言われています。
しかし、世界では日本車は大人気で廃車同然の車でも高値で取引されている車種もあります。あなたが乗っている車も、もしかすると買取り価格がつく可能性もあります。
廃車買取の価格は廃車の依頼する前に必ず確認しましょう。

廃車手続きについて

廃車を初めて行うという方は、廃車手続きとはどのようなことを行うのか、廃車手続きを申請するのはどこなのか等知らないことが多いと思います。廃車手続きを行うところは、普通自動車なら管轄の運輸支局、軽自動車なら管轄の軽自動車検査協会です。運輸支局と聞くと難しい手続きを行う場所と思われるかもしれませんが、陸上や海上の交通や運輸の手続きを行っている行政機関で都道府県ごとにあり、個人で手続きの申請を行うことも可能です。手続きの費用や必要な書類をご紹介します。

◇自分で廃車手続きをする場合の書類の準備にかかる費用

  1. 印鑑登録証明書:1通300円
  2. 戸籍謄本:1通450円
  3. 一時抹消登録手数料:1件350円

◇廃車買取業者に依頼した場合の費用

「印鑑登録証明書」や「戸籍謄本」の750円程度が必要になります。
その他「一時抹消登録手数料」や運輸支局までの交通費や時間と労力がかかりません。

廃車手続き代行に必要な書類

廃車買取業者が代行で廃車手続きをするために必要な一般的書類はこちらです。「普通自動車」と「軽自動車」で必要書類が異なるので注意してください。
所有者住所と印鑑証明書に登録している住所が不一致等の場合、「住民票」や「戸籍の附票」などの書類が必要になります。分からない場合は、廃車買取業者の担当スタッフが教えてくれます。車の廃車手続きは、管轄の運輸支局で行います。
運輸支局は、国土交通省の地方支分部局の中で地方運輸局は10機関に分かれており、北海道運輸局、東北運輸局、関東運輸局、北陸信越運輸局、中部運輸局、近畿運輸局、神戸運輸監理部、中国運輸局、四国運輸局、九州運輸局と各地方毎に管轄区域内における交通計画や自動車交通、海事に関する施設の整備・事業・安全確保に関する業務を行っています。管轄区域は地方運輸局内の一般業務管轄区域の詳細から確認していただけます。
運輸支局で行うことが出来る廃車手続きには二通りあります。一時抹消登録手続きは、自動車の解体がまだ行われていなかったり、車を再使用する可能性がある場合、自動車の一時使用中止を登録する手続きのことです。永久抹消登録手続きは自動車の解体業者より解体報告を受けた車の廃車手続きのことをいいます。運輸支局で廃車手続きを行うには、廃車する予定の車の所有者による書類の準備が必要となります。所有者については、自動車検査証を確認しましょう。

◇普通自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 所有者の印鑑証明書
  5. 印鑑証明書に登録している実印
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

◇軽自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 申請依頼書
  5. 所有者の認印

廃車手続き代行の注意点
廃車買取業者が廃車手続きに必要な書類とナンバープレート前後2枚をもって、管轄の運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車協会)にて廃車手続きを行います。
書類に不備があると廃車手続きが完了しません。買取金額がついている場合、振込までに時間がかかる可能性があるので不備がないように注意する必要があります。
特に遺産案件などは、必要書類が複雑になるので1回の廃車手続きで完了することが難しいので、分からないことや不明点があれば担当スタッフに都度確認行いましょう。

運輸支局での廃車手続きの流れ

では、運輸支局で廃車手続きを行うにはどのような流れで行うことが出来るのでしょうか。こちらでは、廃車手続き(一時抹消登録手続き)の流れについてご説明します。

  1. 廃車手続きに必要な書類と廃車予定の車のナンバープレート前後2枚を準備します
  2. 管轄の運輸支局を調べ、運輸支局へ書類とナンバープレートを持ち込みます
  3. 運輸支局内にて一時抹消登録申請に必要な収入印紙を購入し、納付書に貼付ます
  4. 運輸支局へナンバープレートを返納し、書類を提出して廃車手続き登録の申請を行います
  5. 廃車手続きの登録が受理されると、登録識別情報等通知書が交付されます

廃車手続き(一時抹消登録手続き)を完了することで、車の一時使用中止を登録されることになり、自動車税の課税義務が停止されますので、普通自動車の場合は年度内の二月までに登録が出来た場合自動車税の月割りの還付金を受け取ることが可能になります。

氷見市の廃車買取相場とは?

氷見市は、富山湾に面した地域と、比較的積雪量のある山間部があるなど土地によって車の需要に差があります。山間部や積雪量の多い地域では、4WD車のように足周りが強いクルマが人気です。また勾配を走行することもあるため、4WDなどにターボ付きいった馬力のある車の買取相場が高い傾向にあります。

トヨタ・アルファードの廃車買取相場【氷見市】

トヨタ・アルファードは、海外で需要がありますが不動車・事故車の場合、買取金額がつきにくい傾向にあります。しかし、可動車であれば買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:3~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:0~7万円

トヨタ・ランドクルーザープラドの廃車買取相場【氷見市】

トヨタ・ランドクルーザープラドは、海外で需要があるので不動車・事故車でも買取金額がつきやすいです。車の状態が良ければ高値で買取してもらうことができます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~30万円
可動車:20~70万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・ハリアーの廃車買取相場【氷見市】

トヨタ・ハリアーは、SUV車のため国内外で人気があります。そのため、可動車の場合、買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:5~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:3~60万円

トヨタ・ヴェルファイアの廃車買取相場【氷見市】

トヨタ・ヴェルファイアは、大変人気がある高級ミニバンです。そのため、不動車や事故車でも買取金額がつきやすいです。可動車の場合、高価買取に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・プリウスの廃車買取相場【氷見市】

トヨタ・プリウスは、年式が古く、多走行の場合だと買取金額がつきにくいです。値段がつかない場合は、解体やパーツや部品のリサイクルも行っている廃車買取業者に依頼すると良いでしょう。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:2~10万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・ノアの廃車買取相場【氷見市】

トヨタ・ノアは、海外で人気があるので輸出されることが多いです。年式が古くても、過走行でも買取金額は付きやすいです。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~30万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・トヨエースの廃車買取相場【氷見市】

トヨタ・トヨエースは、海外で需要があるトラックです。低年式、多走行でも買取金額は付きやすいです。高年式のトラックになると高価買取も期待できます。

◇走行距離15万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~17万円

◇走行距離30万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~3万円
可動車:0~7万円

◇走行距離15万キロ・年式H10式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~10万円

氷見市の廃車買取業者まとめ

氷見市でおすすめの廃車買取業者についてご紹介しました。廃車で困ったら、氷見市の廃車買取カーネクストがオススメです。

廃車買取カーネクスト

事故車や動かない車、車検切れ、故障車などの車でも「0円以上の買取保証」なので安心です。また、「廃車費用無料」や「廃車手続き代行OK」なので手間なく簡単に廃車にすることができます。もし、買取価格に納得がいかない方は、複数の廃車買取業者に見積を取って決めるといいでしょう。ご自身に合った廃車買取業者を探してみてください。

今すぐ無料査定

氷見市以外の市区町村で廃車買取業者を探す

富山市高岡市魚津市氷見市滑川市黒部市砺波市小矢部市南砺市射水市

富山県以外のエリアで廃車買取業者を探す

◇北海道・東北エリア
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

◇関東・甲信越エリア
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 山梨県 長野県

◇中部エリア
富山県 石川県 福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県

◇近畿エリア
滋賀県 京都府 兵庫県 大阪府 奈良県 和歌山県

◇中国・四国エリア
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県

◇九州・沖縄エリア
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県