ブルーバード(日産)買取、廃車や事故車でも売れる理由

ブルーバード(日産)はなぜ買取専門店や廃車買取専門店で高額売却ができるのでしょうか?

ブルーバード(日産)は、1959年~1963年の初代310型系、1963年~1967年の2代目410型系、1967年~1973年の3代目510型系、1971年~1976年の4代目610型系、1976年~1979年の5代目810型系、1979年~1983年の6代目910型系、1983年~1990年の7代目U11型系、1987年~1991年の8代目U12型系、1991年~1996年の9代目U13型系、1996年~2001年の10代目U14型系となっています。ブルーバードの車名の由来は、メーテルリンクの童話[青い鳥]にちなんでいます。最大の競合車種はトヨペット/トヨタ・コロナとなっており、1960年代から1970年代にかけ、コロナとブルーバードが繰り広げた熾烈な販売競争は[BC戦争]といわれていました。ブルーバードという名は、初代ダットサンブルーバードから、ブルーバードの名前を冠した最後の車となったブルーバードシルフィまで、53年もの歴史があるのです。

こちらでは、ブルーバード買取のおすすめの業者をランキング形式でまとめたものや、ブルーバードが廃車・事故車であっても高額売却が出来る理由、ブルーバードの高額売却に必要なポイントをご紹介いたします。

 

日産 買取強化

 

ブルーバード買取のおすすめ業者ランキングBEST3

ブルーバードを高額買取しているおすすめの車買取り業者をランキング形式でご紹介いたします。ブルーバードの買取を行う業者の中で事故車や廃車予定の状態であっても高額売却が期待できる車買取業者さんを選びました。これからブルーバードの売却を検討されている方はぜひ参考にしていただければと思います。

第1位 ブルーバードの買取りならカーネクスト

中古車買取のカーネクストは、ブルーバードの買取を強みとしており、廃車や事故車のブルーバードの買取も行なっています。また、面倒な廃車手続きも全部お任せできます。

廃車買取カーネクスト
廃車買取カーネクスト

廃車買取の評価廃車引取りの評価廃車手続きの評価
 ★★★★★★★★★★ ★★★★★

中古車買取カーネクストは、海外にも販売ルートを持っているため、海外で需要がある日産・キャラバン、日産・スカイラインGT-Rなどの車はとくに高価買取が期待できます。
海外で人気の高いブルーバードなら故障していたり動かない車、事故車などの状態の車であっても買取ることが可能となっています。
中古車買取カーネクストは、0円以上の買取保証で車の買取を行っていて、車の引取りから廃車手続き代行にかかる費用まで全てを無料で対応しています。
お見積りももちろん無料なので安心して問合せをすることができます!ブルーバードを売却予定でしたら中古車買取カーネクストにお見積もりの依頼をすることをオススメいたします

toiawase

第2位 中古車買取のカーチス

カーチスは、 株式会社カーチスの運営しており中古車の買取、販売事業を全国に展開して行っています。また、自動車保険を中心とした各種損害保険商品もあわせて販売しています。カーチスは24時間買取の受付を行っており、どこでも出張査定を行っていますので、ユーザーが店舗まで持ち込みをしなくても査定を受けることが可能です。また車買取比較.comや、ズバット車買取比較におけるお客様満足度調査で2006年4月~2014年3月の期間、カーチスは8年連続で顧客満足度No.1を獲得しています。

 運営会社株式会社カーチス
 所在地〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4番1号 新紀尾井町ビル2F
 連絡先TEL:0120-55-0010
 対応地域全国対応

カーチスのブルーバードの買取実績、お客様による口コミ

ブルーバードの買取実績:24,500円~ 年式H10年

10年以上も前のクルマなので買取価格は期待できるものではなかったけれど、手続き等が簡単で良かったと思う。
欲を言えばもう少し価格を付けてほしかった。

第3位 中古車買取のビッグモーター

ビッグモーターは株式会社ビッグモーターが運営しています。
ビッグモーターは全国に307店舗のネットワークがあります。中古自動車の年間販売台数と年間買取台数は日本一位の実績があります。自社で買取、販売を一貫して行えるため買取金額に関してもお客様に還元が出来ることで高価買取が出来る仕組みになっています。
無料査定は午前8時から午後22時まで年中無休でお電話で対応しています。また、実車査定の出張査定も行っていますのでお気軽にご相談ください。

 運営会社株式会社ビッグモーター
 所在地〒106-6120 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 20F
 連絡先TEL:0120-17-0001
 対応地域全国対応

ビッグモーターのブルーバードの買取実績、お客様による口コミ

ブルーバードの買取実績:50,000円~ 年式H18年

強引に買取交渉を進めたりすることなく、終始こちらの立場を考えた親切な対応をしてくれた。
平成18年式なので買い取り金額はあまり期待出来ないと思ったが、5万ついたのは良かった。

ブルーバード(日産)を高く売却するために

ブルーバードが高額で売却できる2つの理由と、ブルーバードを高額売却するために必要な3つのポイントをご紹介します。
ブルーバードを売却される前に抑えておきたい大切なポイントになりますので、これからブルーバードの売却を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

ブルーバードが廃車・事故車でも売れる2つの理由

なぜブルーバードは廃車予定の状態や、事故車になっても高額での売却が可能なのでしょうか。
ブルーバードが廃車予定の状態や事故車や故障車になっても高額売却が出来る理由をご紹介いたします。

小型タクシー市場

1959年に販売が開始されたブルーバードは、日産だけではなく日本を代表するファミリーカーと言われていますが、ファミリーカーとしてだけではなく発売当初から小型タクシー市場においても大幅なシェアを獲得していました。テールランプの形から柿の種の愛称がついたブルーバード初代310型系は、日本初のエステートワゴンや女性専用仕様車も存在し、瞬く間に人気のお車となりました。第18回東アフリカサファリラリーで総合優勝し、北米ではプアマンズBMWとして日本車としての地位を確立したブルーバードは、世界中にブルーバードの名を広げ、世界中に知られるお車となりました。ブルーバードは日本国内だけに留まらず、海外でも注目を集めているお車となっています。

3代目ブルーバード510型系

初代から10代目までと長きにわたって国内販売されていたブルーバードですが、なかでも爆発的なヒットをしたのが1967年から1972年にて販売された3代目ブルーバード510型系となっています。 3代目ブルーバード510型系は後に名機と言われる1.3リットルL13型のエンジンを積んでおり、上級モデルとして1.6リットルL16型を積んだスーパースポーツセダンであるSSS仕様の2グレード構成が用意されていました。3代目ブルーバード510型系は、欧州車並みに高性能であることが評価され、海外ではプアマンズBMWとも呼ばれていました。3代目ブルーバード510型系は、より高価買取が期待できるのではないでしょうか。

ブルーバードを買取専門業者に売却する時の3つのポイント

ブルーバードを買取専門業者に高額売却するために必要な3つのポイントをご紹介します。
ブルーバードを売却予定の方や、売却のために見積もりに出す予定がある方はぜひ参考にしてみてください。

パーツ査定を行っている買取業者

ブルーバードには、後に名機と言われるL型系列のエンジンが搭載されているなど、お車本体としてはもちろん各パーツごとでみても価値があり、高い評価を得ています。各車買取り業者によって得意としていることや行っている事業はさまざまです。車買取り業者には、中古車買取り業者や事故車買取り業者、廃車買取り業者などがあります。たとえば中古車専門の買取業者であれば、買い取ったお車を自社で整備や修理などを行い、中古車として再販できることを基準に査定をしています。ですので、事故車や故障車などとなってくると買取査定価格が付かない、もしくはお車の買取り自体を断られる可能性も珍しくありません。しかし、事故車買取り業者や廃車買取り業者であれば、リサイクルに力を入れていることが多く、各パーツとしての査定などもしてくれますので、お車が走行不可な状態であっても基本的には引取り・買取り対応をしてくれます。事故車や故障カ所がある状態のブルーバードの売却をお考えの場合は、事故車買取り業者もしくは廃車買取り業者でレッカー代などを含める引き取り費用が無料の買取り業者に、査定依頼をされてみてはいかがでしょうか。

海外ルートを持っている車買取り業者

ブルーバードを含め日本車は新車はもちろん中古車であっても、知名度や信頼性、耐久性などの実用性などから海外でとても高い人気と需要を誇っています。また、年式の古いお車や走行距離の多いお車となると、日本の中古車市場では取引が難しくなってきますが、海外の中古車市場ではそんなこともありません。たとえ年式の古いお車や走行距離の多いお車であっても、海外の中古車市場では需要があるのです。もちろんメーカや車種によりますが、ブルーバードのような人気車種であれば低年式や多走行車であっても買取り価格が付く可能性は期待できます。ブルーバードの売却となると年式が古い場合も多いと思いますので、そのようなときは海外輸出も行っている車買取業者に売却の依頼をされることをおすすめいたします。日本国内の販売ルートのみの車買取業者では、低い買取査定額や価格が付かない場合であっても、海外輸出も行っている車買取業者であれば価格を付けての引き取り・買取りをしてくれる可能性が期待できます。

相見積り

ブルーバードに限らずですが、お車の売却をする際は1社ではなく2,3社など複数の車買取業者で相見積もりをとることが望ましいでしょう。各車買取業者によって特徴や強みはさまざまです。依頼をする車買取業者によって、たとえ同じブルーバードであっても買取り査定額に数万円~数十万円の差額がでる可能性がゼロではありません。複数の車買取業者に査定依頼をするとなると少し手間に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、せっかく大事なお車を手放すならばご自身のためにも、売却を考えているブルーバードの状態に合ったいくつかの車買取業者にお見積りを依頼して比較をし、その中からもっとも高い金額での買取りをしてくれる車買取業者を見極めることをおすすめいたします。一括査定依頼サイトなどを利用してみるのも、ひとつの手段なのではないでしょうか。

ブルーバード(日産)買取りのまとめ

ブルーバード(日産)は、人気の高い車種になりますが、廃車予定の状態や事故車になってしまうと高額買取が出来ないのでは、処分費用がかかるのではと思われるかもしれませんが、廃車や中古車買取の実績がある買取業者を選んでいただくことで、人気の高い車をお得に売却することが出来ます。

>>日産車一覧に戻る

>>おすすめ廃車買取業者【全国版】へ戻る

>>廃車買取業者おすすめランキングへ戻る