能代市の廃車買取業者おすすめランキングBEST5

能代市で廃車を検討している方は、どの廃車買取業者に依頼するのが良いのか?と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
車の購入機会や乗り換えのタイミングは一般的には何度もあることではありません。廃車は初めてという方も多いでしょう。こちらでは、初めて能代市で廃車をするという方にもおすすめの、能代市で廃車できる廃車買取業者をご紹介します。

もくじ

能代市の廃車買取業者ランキング

こちらでご紹介する能代市の廃車買取業者は、廃車でも買取を行うことが出来る業者や、廃車の解体施設を保有していて廃車費用が無料の業者などをピックアップしています。廃車に費用をかけず、お得に出来る業者ばかりとなっていますので、廃車を検討されている方はぜひ参考にご覧ください。

第1位 能代市の廃車買取カーネクスト

能代市の廃車買取カーネクストは、秋田県内を対応している廃車買取専門の業者です。

廃車買取カーネクスト

お客様は、廃車手続きに必要な「車検証」などの書類を揃えるだけです。廃車にかかる「レッカー費用」や「廃車手続き代行費用」はカーネクストが負担してくれます。
古い車でも状態が良ければ、高価買取も期待できます。特にトヨタ車は値段が付きやすいケースが多いです。電話受付時間は、朝8時から夜10時までオペレーター直接確認することができます。他社に比べて朝早くから遅くまで問合せや見積査定依頼の対応をしてくれるのでおすすめです。電話受付時間帯に問合せができない方でもフォーム入力から簡単に問合せることができるので安心です。

◇廃車買取カーネクストの特徴

  1. 能代市を含む全国の約13,000社と提携する最大手の廃車買取サービス!
  2. どんな車でも0円以上の買取保証付き!
  3. 不動車でもレッカー引取料など無料!
  4. 廃車手続きなどの面倒な手続きも代行!

フォームでのお問合せは24時間対応!
電話での問い合わせは朝8時から夜10時まで年中無休で専門スタッフが対応してくれます。

能代市で廃車に困ったら、廃車買取カーネクストに相談するとよいでしょう。

廃車買取カーネクストの口コミ

車検が切れる寸前の車で、初めて廃車をすることになりました。分からないことも多く、何度もオペレーターの方に連絡して相談させてもらいました。電話だけのやりとりのみでしたが、丁寧に教えてもらえたのでしっかり廃車完了し、買取もついて満足です。

今すぐ無料査定

その他の能代市を対応している廃車買取業者

能代市を対応している廃車買取業者です。廃車の買取り価格や引き取り料金、廃車手続き費用などはお問い合わせ下さい。

第2位 株式会社大晃商事

株式会社大晃商事は秋田県潟上市の廃車買取業者です。使用済自動車の引取りを行い、自社で適切な処理が可能なリサイクル工場を保有しているため、可能な限りの3R(Reduce、Reuse、Recycle)をされています。廃車買取された車から取り出されたリサイクル可能なパーツは、整備点検を行ってリサイクルパーツとして、劣化部分は交換修理を行いリビルトパーツとして販売されていますので、利益化することで買取価格に還元されています。

所在地
〒018-1401 秋田県潟上市昭和大久保北野蓮沼前山1-48

対応エリア
秋田県潟上市付近

自動車リサイクル許可
解体業 20053000006 粉砕業 20054000006 引取業 20051000006 フロン回収業 20052000006

第3位 株式会社ステージモービル

株式会社ステージモービルは、秋田県大館市にある中古車販売店です。国産車や輸入車の中古車の自社在庫販売だけでなく、全国で提携するオートオークション会場から要望を受けた車両を探しだす代行購入もされています。また、中古車・廃車買取も行っていて、車の乗り換えを考えている方にとって求めているサービスが揃っている地元に密着された車販売店となっています。

所在地
〒017-0015 秋田県大館市小釈迦内道下79

対応エリア
秋田県大館市周辺

古物商許可証 231020000805

第4位 リーテックス 秋田工場

リーテックスは秋田県秋田市の自動車解体業者を営業しています。使用済の普通自動車、軽自動車、重機、トラックなどの引き取り買取を行っています。
事故や水害による水没などで故障してしまった車、過走行の車なども高価買取していますので、まずはお見積りからぜひご連絡ください。特に高年式の事故車などは、フロント大破の状態であっても、再利用可能なパーツがあればパーツ毎に査定を行いますので、高額買取の可能性があります。
またリーテックスは金属リサイクル工場を保有していますので、鉄・非鉄金属の回収買取も行っています。気になる方はぜひお問い合わせください。

所在地
〒010-1501 秋田県秋田市下浜桂根浜田92-2

対応エリア
秋田県内

自動車リサイクル許可
引取業20861000018 フロン類回収業 20862000018 解体業 20863000018 破砕業 20864000018

第5位 廃車王 鹿角店 株式会社現代

廃車王鹿角店株式会社現代は、秋田県のNGPに加盟している業者です。NGPは、リサイクル事業において厳し品質基準を保持しており、国の許可を得ている解体業者のみが加盟出来ます。廃車王鹿角店は引取回収した使用済自動車を自社保有の自動車解体工場でばらし、海外で需要の高い車などは、修理用部品としても高額で売却することが可能なため、輸出が可能な業者では事故車であっても高価買取が可能になっています。

所在地
〒017-0204 秋田県鹿角郡小坂町荒谷字手紙沢54番地63

対応エリア
秋田市、大館市、男鹿市、雄勝郡羽後町、雄勝郡東成瀬村、潟上市、鹿角郡小坂町、鹿角市、北秋田郡上小阿仁村、北秋田市、仙北郡美郷町、仙北市、大仙市、にかほ市、能代市、南秋田郡井川町、南秋田郡大潟村、南秋田郡五城目町、南秋田郡八郎潟町、山本郡八峰町、山本郡藤里町、山本郡三種町、湯沢市、由利本荘市、横手市

自動車リサイクル許可
引取業 20051000020 フロン回収業 20052000020 解体業 20053000020 破砕業 20054000020

(有)サン・アール 廃車買取センター

(有)サン・アール 廃車買取センターは秋田県由利本荘市の廃車買取業者です。車検切れで使用をやめてしまった車や、運転免許を返納することになったなどで廃車する車の引き取り買取を行なっています。自動車リサイクル法に基づいた、県知事の認可を受けたリサイクル工場を保有しており、廃車の解体時にパーツや素材を回収し、売却して利益を得ています。
また、(有)サン・アールの特徴として、取り出したリサイクルパーツの洗浄、検品、品質チェックを厳しく行っており、美化作業された部品は高価売却されていきます。
そのため、廃車であっても買取をすることが出来るのです。

所在地
〒015-0022 秋田県由利本荘市内黒瀬荒町82-8

対応エリア
秋田県由利本荘市付近

カイテン株式会社

カイテン株式会社は秋田県秋田市で廃棄物リサイクル業を営業しています。普通自動車、軽自動車などの廃車予定の車や、解体車両の引き取り買取を行なっています。カイテン株式会社は自社に保有する自動車解体工場で引き取り買取した車の解体を行います。その解体の過程で、自動車から再利用可能な部品を取り出し、リサイクルパーツとして販売するため、品質管理を行っています。廃車から得たパーツや素材で利益を得ることが出来るため、過走行の車や、放置車両などであってもユーザーの廃車を引き取る際に買取をつけることが出来ています。
廃車するしかない状態の車など下取り査定が厳しいこともあります、ぜひ一度お問い合わせしてみてください。

所在地
〒011-0901 秋田県秋田市寺内大小路207-79

対応エリア
秋田県内

自動車リサイクル許可
引取業者 20861000001 解体業者 20863000001

オートリサイクル秋田株式会社

オートリサイクル秋田株式会社は、秋田県鹿角郡で自動車解体業を営業しています。使用済自動車の引き取りを行っています。廃車予定で持ち込まれた車は自社の解体施設で解体を行い、鉄・非鉄金属・プラスチックなどに選別します。この車の中に含まれる上質な金属素材はリサイクル対応炉で溶かしたりすることで再資源化され再び利用されていきます。

所在地
〒017-0202 秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山杉沢96

対応エリア
秋田県内

自動車リサイクル許可
解体業者 20051001012

どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

能代市で廃車買取出来る3つの理由

能代市の廃車買取業者は、なぜ廃車同然の車でも買取りできるのでしょうか?こちらでは、能代市の廃車買取業者が買取りできる3つの理由をピックアップしました。

廃車が海外のバイヤーへ販売できる

今や日本車は10年前以上の車でも、10万キロ以上走行している車でも海外で高く取引されています。日本で製造された車(Made in Japan)は海外で非常に人気が高く中国車や韓国車の新車を購入するよりも廃車同然でも日本の中古車を購入するくらい信用度が高いのです。
特に、能代市は立地的に商業車が多くトラックやディーゼル車、商業バンなどがたくさんあります。日本で商売に使われていた廃車同然の車は海外でも商売に使われ、金を生む車として高く売買されます。しかも、商業車はディーゼル車は自家用車よりも故障しにくく20万キロ以上走行している車でも高価買取が期待できます。

パーツや部品に需要がある

自動車はたくさんのパーツや部品が組み合わさっていることはご存知だと思いますが、日本でも海外でも故障したときの修理の為にパーツや部品が必要になります。事故車や不動車でもパーツ一つ一つを販売できる場合は、そのパーツの価格で査定して買い取り額を決めます。したがって、故障車も事故車も不動車も買取りしてもらえるわけです。
特に、海外で人気のあるトヨタ車や商業車、トラック等は不動車や事故車でも高価買取が期待できます。

鉄やスクラップとして資源の再利用ができる

海外へ輸出ができないような車や、日本国内で再販売できないような車は自動車解体業者によってプレスされ鉄やスクラップで再利用されます。自動車は1t以上の重量がありますので鉄やスクラップで販売することができます。ですから、能代市の自動車解体業者は重量が小さい軽自動車よりも重量が大きいワゴン車などの方が廃車買取価格が高く設定されています。

廃車手続きの期間は短縮できるのか

廃車手続きをこの期間迄に必ず完了したいという目標がある方は多くいらっしゃいます。特に車検が残っている車で、車の利用機会が無くなり廃車をされることにした場合は、廃車手続きを行うことで使用されなかった自賠責保険料や重量税が返戻金として戻りますので、期間が残っているほど戻る金額も多い分急いで廃車手続きを完了したいと思われるのではないでしょうか。こちらでは、廃車手続きにかかる期間を短縮する方法、早めに廃車手続きを完了するためのポイントをご紹介します。

廃車手続きにかかる期間はどのくらい

では、廃車手続きにかかる期間は通常どの程度かかるのかご存知でしょうか。
廃車手続きの運輸支局での申請自体は実は、一日あれば完了します。運輸支局の申請窓口に申請し受理されれば、当日抹消が完了した通知を受け取ることが可能なのです。
ただし、この運輸支局での廃車手続きの申請のためには廃車に必要な書類を揃える必要があります。その必要書類を揃えるために時間がかかってしまうため、廃車手続きを一日で終わらせるということは難しいのです。
まず普通自動車の廃車手続きに必要な書類は揃えるために余裕をみて一週間かかると考えましょう。自動車検査証を手元に準備し、車検証の所有者登録内容を確認します。この時、所有者が車を廃車しようとしている使用者当人で、記載の登録内容が現在の住まいであり、名称、住所ともに相違なければ、印鑑登録証明書を取得して実印を手元に準備すると書類は完備となります。
ただし、車を所有している間に車検証登録内容から、住所を移転していたり、結婚などにより姓名の変更があった場合、印鑑登録証明書とさらに追加の書類が必要となるのです。最も時間がかかってしまう書類が、移転回数が多く、車検証登録から15年以上経過している場合の書類です。これまでに何度か法令の改正が行われており、平成26年3月31日以前に除票となり廃棄された戸籍の除票の附票および改正原附票は保存期間の経過に伴い廃棄されています。そのため、移転の履歴が公的な書類では揃わないことがあるため、本籍地で取得可能な戸籍附票の取得を行い、廃棄証明を取得し、申立書を記入して書類を準備しなくてはいけないのです。このように追加書類が増えると、書類の準備期間が必要となるため、一日で廃車手続きが可能は難しくなっています。

廃車手続き時短方法のおすすめ

廃車手続きの書類の準備期間に余裕が必要なため、廃車手続きにかかる期間の短縮が難しいことを前項に記述しました。では、廃車手続きにかかる期間というのを時短することは出来ないのでしょうか。廃車手続きをいざしようとして、車検証を確認し書類を準備しようとすると移転履歴を遡ったり、戸籍謄本を取り寄せたりと時間がかかってはしまいますが、前もって車検証の登録内容を最新のものに更新しておけば、実は廃車手続きの準備に多くの時間を要する必要はありません。
運輸支局では、車検証に登録されている住所の変更が可能です。その際に準備するものは、自動車検査証の原本と、住民票、車庫証明書、所有者本人の認印を持参します。この時住民票のみでは車検証登録住所と現住所がつながらない場合は、別途住所を現在の住所とつなげる書類が必要になります。運輸支局での変更手数料は350円かかります。もしも運輸支局へ所有者当人がいくことが難しい場合は、委任状に所有者の認印を押印してもらい合わせて持参することで代理人による登録変更も可能です。廃車手続きとは違い、印鑑登録証明書と実印の準備は不要ですので、前もって登録内容を変更しておくと、その後の廃車手続きを行う時に時短することが出来るのです。

能代市で廃車買取業者を選ぶポイント

廃車依頼する業者選びを間違えるとトラブルに巻き込まれるケースがあります。こちらでは、能代市で廃車買取業者を選ぶポイントをご紹介します。

◇廃車を依頼する際に確認すべきこと

  1. 廃車費用についての確認
  2. 廃車手続き代行の有無
  3. 廃車の買取価格

廃車を依頼する前に廃車費用を確認する

一般的に廃車をする際は、廃車の引き取り手数料や自動車解体費用がかかると言われています。
ディーラーで廃車をする際は、これらの手数料に約5万円以上かかることも。特に車検切れの車や故障車などの不動車はレッカー車で引き取ってもらいますので、自動車の引き取り費用だけで数万円になることがあります。廃車にする際には不安になる事もあると思いますが、ご安心ください。廃車買取の専門業者はレッカーや積載車などを所有していますので、不動車であっても無料で引取りをしてもらえる事があります。
廃車を依頼する前に必ず廃車にかかる費用は確認しましょう。

廃車手続き代行について確認する

自動車を廃車にする際は、自動車の車両本体を解体処理することと合わせて、運輸局で廃車手続き(抹消登録)をする必要があります。
実際に運輸局で廃車手続きの経験がある方は分かると思いますが、面倒な手続きの上、運輸局で待ち時間も長く、廃車手続きをするには時間や費用がかかってきます。当サイトでおすすめしたカーネクストなどは、廃車手続きなどの費用は一切無料のサービスです。廃車手続きとは以下の登録手続きの事を指します。

◇普通自動車の場合

一時抹消:登録識別情報等通知書
永久抹消:登録事項等証明書

◇軽自動車の場合

一時抹消:自動車検査返納証明書
永久抹消:検査記録事項等証明書

廃車手続きを代行してもらえるか、その費用はかかるのかについて必ず確認しましょう。

廃車買取の価格を確認する

新車から10年が経過した車や、10万km以上走行している車は廃車と呼ばれ、日本国内では価値が無いと言われています。
しかし、世界では日本車は大人気で廃車同然の車でも高値で取引されている車種もあります。あなたが乗っている車も、もしかすると買取り価格がつく可能性もあります。
廃車買取の価格は廃車の依頼する前に必ず確認しましょう。

どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

廃車手続きについて

こちらでは廃車手続きに必要な書類や費用についてご説明いたします。

◇自分で廃車手続きをする場合の費用

  1. 印鑑登録証明書:1通300円
  2. 戸籍謄本:1通450円
  3. 一時抹消登録手数料:1件350円

◇廃車買取業者に依頼した場合の費用

「印鑑登録証明書」や「戸籍謄本」の750円程度が必要になります。
その他「一時抹消登録手数料」や運輸支局までの交通費や時間と労力がかかりません。

廃車手続き代行に必要な書類

廃車買取業者が代行で廃車手続きをするために必要な一般的書類はこちらです。
「普通自動車」と「軽自動車」で必要書類が異なるので注意してください。
所有者住所と印鑑証明書に登録している住所が不一致等の場合、「住民票」や「戸籍の附票」などの書類が必要になります。
分からない場合は、廃車買取業者の担当スタッフが教えてくれます。

◇普通自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 所有者の印鑑証明書
  5. 印鑑証明書に登録している実印
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

◇軽自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 申請依頼書
  5. 所有者の認印

廃車手続き代行の注意点

廃車買取業者が廃車手続きに必要な書類とナンバープレート前後2枚をもって、管轄の運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車協会)にて廃車手続きを行います。
書類に不備があると廃車手続きが完了しません。買取金額がついている場合、振込までに時間がかかる可能性があるので不備がないように注意する必要があります。
特に遺産案件などは、必要書類が複雑になるので1回の廃車手続きで完了することが難しいので、分からないことや不明点があれば担当スタッフに都度確認行いましょう。

能代市の廃車買取相場とは?

秋田県は日本海に面した地域のため、海外への貿易拠点となる港があります。海外輸出販路をもつ廃車買取業者では、部品や中古車の輸出をおこなうことで、国内のみの販路をもつ業者と比べると高い買取査定がつきやすく、廃車買取相場の平均価格もあがりやすいようです。

トヨタ・アルファードの廃車買取相場【能代市】

トヨタ・アルファードは、海外で需要がありますが不動車・事故車の場合、買取金額がつきにくい傾向にあります。しかし、可動車であれば買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:3~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:0~7万円

トヨタ・ランドクルーザープラドの廃車買取相場【能代市】

トヨタ・ランドクルーザープラドは、海外で需要があるので不動車・事故車でも買取金額がつきやすいです。車の状態が良ければ高値で買取してもらうことができます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~30万円
可動車:20~70万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・ハリアーの廃車買取相場【能代市】

トヨタ・ハリアーは、SUV車のため国内外で人気があります。そのため、可動車の場合、買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~10万円
可動車:5~40万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:3~60万円

トヨタ・ヴェルファイアの廃車買取相場【能代市】

トヨタ・ヴェルファイアは、大変人気がある高級ミニバンです。そのため、不動車や事故車でも買取金額がつきやすいです。可動車の場合、高価買取に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

トヨタ・プリウスの廃車買取相場【能代市】

トヨタ・プリウスは、年式が古く、多走行の場合だと買取金額がつきにくいです。値段がつかない場合は、解体やパーツや部品のリサイクルも行っている廃車買取業者に依頼すると良いでしょう。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:2~10万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・ノアの廃車買取相場【能代市】

トヨタ・ノアは、海外で人気があるので輸出されることが多いです。年式が古くても、過走行でも買取金額は付きやすいです。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~30万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

トヨタ・トヨエースの廃車買取相場【能代市】

トヨタ・トヨエースは、海外で需要があるトラックです。低年式、多走行でも買取金額は付きやすいです。高年式のトラックになると高価買取も期待できます。

◇走行距離15万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~17万円

◇走行距離30万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~3万円
可動車:0~7万円

◇走行距離15万キロ・年式H10式
不動車・事故車:0~5万円
可動車:3~10万円

能代市の廃車買取業者まとめ

能代市でおすすめの廃車買取業者についてご紹介しました。廃車で困ったら、能代市の廃車買取カーネクストがオススメです。

廃車買取カーネクスト

事故車や動かない車、車検切れ、故障車などの車でも「0円以上の買取保証」なので安心です。また、「廃車費用無料」や「廃車手続き代行OK」なので手間なく簡単に廃車にすることができます。もし、買取価格に納得がいかない方は、複数の廃車買取業者に見積を取って決めるといいでしょう。ご自身に合った廃車買取業者を探してみてください。

今すぐ無料査定

能代市以外の市町村で廃車買取業者を探す

秋田市能代市横手市大館市男鹿市湯沢市鹿角市由利本荘市潟上市大仙市北秋田市にかほ市仙北市

秋田県以外のエリアで廃車買取業者を探す

◇北海道・東北エリア
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

◇関東・甲信越エリア
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 山梨県 長野県

◇中部エリア
富山県 石川県 福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県

◇近畿エリア
滋賀県 京都府 兵庫県 大阪府 奈良県 和歌山県

◇中国・四国エリア
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県

◇九州・沖縄エリア
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県