ベントレーのリコール情報 | 令和2年8月19日 リコール届出

令和2年8月19日に、平成30年11月9日~令和元年11月2日輸入されたベントレー計113台についてリコール届出が国土交通省に提出されました。

こちらの記事では、今回リコール届け出がされたベントレーの詳しい情報についてご紹介いたします。また、リコール対象車の調べ方リコール対象車だった場合の対応方法についてもご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

>>リコール対象車は売れる?高く売るためのコツ

>>自分の車がリコール対象車になっているか調べてみた

リコール車 無料査定

無料見積はコチラ

ベントレー令和2年8月19日リコール情報

ベントレー

令和2年8月19日にリコール届出がされたベントレー対象車および不具合状況と改善内容についてご説明いたします。ご自身が所有する車がリコール対象車かどうかご心配の方は、車検証をお手元にご準備のうえ照らし合わせてご確認ください。

令和2年8月19日リコール届出のベントレー対象車

令和2年8月19日リコール届出がされたベントレー対象車は以下になります。車検証に記載されてある通称名型式車台番号を照らし合わせてご確認ください。

通称名:コンチネンタルGT、コンチネンタルGTコンバーチブル
型式:ABA-BCDDB、7BA-BDDDB
車台番号:SCBCA13S7KC070598~SCBCA13S5LC075781、SCBDA33S5KC073933~SCBDA33S4LC075397
リコール対象車台数:計113台

不具合状況と改善内容

今回リコール届出がされたベントレーの不具合状況は、昼間走行灯、車幅灯及び駐車灯の副灯において、前方灯火装置を制御するコンピューターのプログラムが不適切なため、方向指示器を使用した時に消灯する当該灯火が再点灯しないおそれがあるとのことです。改善内容としては、全車両、前方灯火装置を制御するコンピューターのプログラムを対策プログラムに書き換えを行います。

リコール対象車かを調べるには

携帯

リコール対象車の場合、基本的には自動車メーカーからリコール通知が届きます。しかし、住所変更や名義変更の登録を行っていない場合などはリコール通知が届かないケースもあるでしょう。では、そのような場合はどうすれば良いのでしょうか?所有している車がリコール対象車かどうかを調べる方法についてご紹介いたします。

アプリを使ってリコール検索

リコール対象車かどうかをスマートフォンで簡単に調べることができる「リコール情報検索」という便利なアプリがあります。このリコール情報検索アプリは、国産四駆自動車(乗用車・トラック・バス)、国産二輪車(原付第一種・原付第二種・軽二輪車・小型二輪車)が検索対象車両となっています。車台番号を直接入力または車検証に記載されているQRコードの読み取りを行うだけで、簡単に車のリコール検索が行えます。以下のリンク先からアプリをダウンロードすることが可能ですので、気になる方はぜひ試してみてください。

GooglePlay(Android)からリコール情報検索アプリをダウンロード

Apple Storeからリコール情報検索アプリをダウンロード

リコール・不具合情報検索システムを使ってリコール検索

リコール・不具合情報検索システムとは、リコール対象車かどうかをパソコンなどから簡単に調べることができる国土交通省のシステムです。リコール・不具合情報検索システムは、自動車のほかチャイルドシートやタイヤのリコール検索も行えます。また、国土交通省には自動車の不具合情報ホットラインという、自動車やチャイルドシート、タイヤの不具合情報を収集しているホットラインが存在します。自動車やチャイルドシート、タイヤに異常を感じたときや不具合が発生したときは、自動車の不具合情報ホットラインに問い合わせをしましょう。

自動車メーカーのホームページからリコール検索

各自動車メーカーのホームページからもリコール対象車の検索を行うことが可能となっています。四輪車と二輪車ともに検索可能でリコール・改善対策・サービスキャンペーンの検索に対応しています。検索方法は、車検証に記載されている車台番号を入力するだけですので簡単です。検索してみたけれどどこを見るのかよくわからないといった方などは、所有している自動車メーカーに直接お電話で問い合わせをしてみても良いでしょう。

リコール対象車になったら

車メンテナンス

自分が所有している車がもしリコール対象車となったらどうしたら良いのでしょうか?リコール対象車になった場合の対応方法についてご紹介いたします。

ディーラーや自動車販売店に連絡を

所有している車がリコール対象車となったら、まずはディーラーや自動車販売店に連絡をしましょう。リコール対象車はメーカーより無料で点検・修理をしてもらえます。費用も心配などはいらないですし、出来るだけ早めに点検・修理をしてもらいましょう。リコール対象車と知っておきながら点検や修理を行わずに乗り続けることは、重大な事故にも繋がりかねません。リコール対象車とわかったらはやめの対処をおすすめいたします。また、リコール対象の無償の点検・修理に期限はありません。

リコール対象車でも車検に通る?

リコール対象車であっても車検に通るのか?そのように疑問を持つ方もなかにはいらっしゃるのではないでしょうか。リコール対象車が車検に通るかどうかはリコール対象箇所により異なります。車検というのは、「車検検査該当項目」に基づいて検査が行われます。その車検検査該当項目がリコール対象箇所となっている場合は、車検に通らない可能性が考えられます。逆にリコール対象箇所が車検検査該当項目でない場合は、リコール対象に関係なく車検は通ります。

点検・修理は車検前に済ませておく

リコール対象車の点検・修理は車検を受ける前に済ませておくのが望ましいです。なぜならば、リコール対応はその自動車メーカーのディーラーが行うものであり、どの整備工場でもリコール対応を行うことが出来るわけではないからです。基本的には、リコール対応と車検を同時に行うことは出来ません。リコール対応と車検を一緒には考えず、リコール対応はリコール対応、車検は車検でそれぞれの対応をしましょう。

リコール対象車を廃車にするには

車と車検証

リコール対象車の廃車をご検討されている方に、少しでもお得に廃車にする方法についてご紹介いたします。リコール対象車もしくはリコール対応歴がある車の廃車手続きをご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

リコール対象車を廃車にするには

リコール対象車もしくはリコール対象歴がある車であっても、通常の廃車手続きと変わりなく廃車を行えます。車検証や車の所有者の印鑑登録証明書等の必要書類を揃えて陸運局で廃車手続きを行いましょう。

リコール対象車を少しでもお得に廃車する

リコール対象車を少しでもお得に廃車にする方法としておすすめしたいのが、廃車買取業者に依頼をするという事です。廃車買取業者とは廃車を専門としている業者で、車検証などの必要書類を揃えるだけで廃車の引取りから解体、陸運局での廃車手続きの廃車に関するすべてを行ってくれます。本来、自分で廃車手続き(永久抹消)を行うとなると約10日ほどかかるといわれています。しかし、廃車買取業者に依頼するとなると自分で行うことは必要書類を揃えるだけで良いので余計な手間や費用をかけずに廃車にすることが出来るのです。リコール対象車の処分をお考えの方は、廃車買取業者にお問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

高く車を買い取ってくれる廃車買取業者を探す

全国47都道府県の廃車買取おすすめ業者をまとめました。
◇北海道・東北エリア
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

◇関東・甲信越エリア
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 山梨県 長野県

◇中部エリア
富山県 石川県 福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県

◇近畿エリア
滋賀県 京都府 兵庫県 大阪府 奈良県 和歌山県

◇中国・四国エリア
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県

◇九州・沖縄エリア
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

 

リコール情報一覧へ戻る