ライトエースノア(トヨタ)買取、廃車や事故車でも売れる理由

ライトエースノア(トヨタ)はなぜ買取専門店や廃車買取専門店で高額売却ができるのでしょうか?

ライトエースノアは、1996年にトヨタ・ライトエースがモデルチェンジしたワゴンタイプのミニバンとして登場しました。4WDで後輪駆動車となっており、前身のライトエースはキャブオーバでフロント席の下にエンジンを搭載していましたが、衝突安全基準の見直しが行われたためエンジン搭載位置を変更、キャビンの前端部分も大きく見直したことでセミキャブオーバーの形状となりました。衝突安全ボディーGOAが採用されていたため、フロント衝突のダメージが軽減されています。ライトエースノアは2001年に後継車であるヴォクシーが登場し、生産を終了しています。
こちらでは、ライトエースノア買取のおすすめの業者をランキング形式でまとめたものや、ライトエースノアが廃車・事故車であっても高額売却が出来る理由、ライトエースノアの高額売却に必要なポイントをご紹介します。

 

トヨタ車 強化買取中

 

ライトエースノア買取のおすすめ業者ランキングBEST3

ライトエースノアを高額買取しているおすすめの業者をランキング形式でご紹介します。ライトエースノアの買取を行う業者の中で事故車や廃車予定の状態であっても高額売却が期待できる業者さんを選びました。これからライトエースノアの売却を検討されている方は参考にしてください。

第1位 ライトエースノア買取りならカーネクスト

中古車買取のカーネクストは、ライトエースノアの買取を強みとしており、廃車や事故車のライトエースノアの買取も行なっています。また、面倒な廃車手続きも全部お任せできます。

廃車買取カーネクスト
廃車買取カーネクスト

廃車買取の評価廃車引取りの評価廃車手続きの評価
 ★★★★★★★★★★ ★★★★★

中古車買取カーネクストは、海外にも販売ルートを持っているため、海外で需要があるトヨタ・アルファード、トヨタ・ランドクルーザープラドなどの車は高価買取が期待できます。
海外で人気の高いライトエースノアなら故障していたり動かない車、事故車などの車でも買取ることができます。
中古車買取カーネクストは、0円以上の買取保証で車の買取を行っていて、車の引取りから廃車手続き代行にかかる費用まで全てを無料で対応しています。
見積りは無料なので安心して問合せすることができます!ライトエースノアを売却予定でしたら中古車買取カーネクストに見積もりの依頼をすることをオススメします

toiawase

ライトエースノア買取をしている他のおすすめ業者

ライトエースノアの車買取で高額買取が期待できる業者さんです。車の買取り価格や引き取り料金、お見積の方法などはお問い合わせ下さい。

第2位 中古車買取のビッグモーター

ビッグモーターは株式会社ビッグモーターが運営しています。
ビッグモーターは全国に307店舗のネットワークがあります。中古自動車の年間販売台数と年間買取台数は日本一位の実績があります。自社で買取、販売を一貫して行えるため買取金額に関してもお客様に還元が出来ることで高価買取が出来る仕組みになっています。
無料査定は午前8時から午後22時まで年中無休でお電話で対応しています。また、実車査定の出張査定も行っていますのでお気軽にご相談ください。

 運営会社株式会社ビッグモーター
 所在地〒106-6120 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 20F
 連絡先TEL:0120-17-0001
 対応地域全国対応

ビッグモーターのライトエースノアの買取実績、お客様による口コミ

ライトエースノアの買取実績:80,000円~ 年式H12年

買取時期は数年前だが、すでにかなり古い車だったのでほぼ買取はあきらめていたが、商用車としてライトエースに人気があったため、買取をつけてもらえたようです。

第3位 中古車買取のガリバー

ガリバーは、株式会社IDOMの運営している中古車販売、買取事業です。全国に約550の実店舗ネットワークを持っており、買取を行なった車は、自社の販売店舗またはオークション、海外店舗へと展開しています。
買取で仕入れた車を販売するまでに一切の中間マージンを挟まないため高額での買取が出来ます。また、買い取った車両は在庫期間を短く決めているため在庫管理することによるコストを削減、売り切ってしまえるのは幅広い販路に自信があるからこそです。コスト削減による還元によって、さらに高額査定ができています。

 運営会社株式会社IDOM
 所在地〒100-6425 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング25階
 連絡先TEL:0120-22-1616
 対応地域全国対応

ガリバーのライトエースノアの買取実績、お客様による口コミ

ライトエースノアの買取実績:51,000円~ 年式H12年

15年以上前の車でしたがまだまだ走れそうなくらいでした。ただ大きな車の必要性がなくなってしまったため手放すことになりガリバーさんにお願いしました。

ライトエースノア(トヨタ)を高く売却するために

ライトエースノアが高額で売却できる3つの理由と、ライトエースノアを高額売却するために必要な3つのポイントをご紹介します。
ライトエースノアを売却される前に抑えておきたい大切なポイントになりますので、これからライトエースノアの売却を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

ライトエースノアが廃車・事故車でも売れる理由

なぜライトエースノアは廃車予定の状態や、事故車になっても高額での売却が可能なのでしょうか。
ライトエースノアが廃車予定の状態や事故車や故障車になっても高額売却が出来る理由をご紹介します。

搭載ディーゼルエンジンの耐久性が高い

ライトエースノアは、 ガソリン登録車は3Sエンジンを、ディーゼル車は3Cエンジンを搭載しています。この二つのエンジンは耐久性が高いことで知られており、走行距離が10万キロを過ぎても故障などのトラブルが起きづらくなっています。海外では耐久性が高い車の人気が高く、ライトエースノアは多走行や低年式であっても価値があまり下がらないのです。そのため、2001年に販売を終了し、約20年前に生産されたライトエースノアでも海外輸出業者では高価買取を行なっているところも多くなっています。特に中東やアフリカなど発展途上国ではトヨタの中古車の人気が高く、旅行に行かれた方などはタクシーや送迎車などでも見かけたことがあるのではないでしょうか。トヨタの壊れにくいエンジンは、3S、3Cと東アフリカでは認知度が高くなっています。

ヴォクシーよりもライトエースノアに買取がつくかも?

ライトエースノアの後継車としてヴォクシーが登場した際に、搭載されているエンジンなどもモデルチェンジとともに変更されました。そのため、人気のあるエンジンは、ライトエースからの後継であるライトエースノアと、タウンエースノアにしか積まれていないのです。中古車市場や、業者のみが参加しているオートオークション会場などには、車のパーツ取りを主に行う業者や、海外への輸出業者など様々な車を求める業者がきています。低年式で15年以上前に生産された車は中古車買取店の再販用としては高い金額がつきづらいため、後継車であるヴォクシーは高年式ならもちろん買取がつくのですが、低年式であり初代ヴォクシーなどはなかなかつきづらくなっています。ただし、その前身であるライトエースノアは海外やパーツ取りで大きく利益が出る業者もいるため買取がつくのです。

後部シートアレンジ自在、大きな荷物の積み込みできる

商用車としてハイエースに続いて人気の高かったライトエースからのミニバンのため、後部シートのアレンジ次第ではかなりの量の荷物の積み込みも可能になります。
また、8人乗りオプションもあったため、海外で送迎者やマイクロバスとして利用されていることもうなづけるデザインです。
2列目シートはウォークスルーにすることも出来るため、3列目シートへの移動もしやすくなっています。また屋根の高さもあり、ラゲッジは跳ね上げ式で開けることが出来るため背の高い荷物などの積み込みや、3列目シートをラゲッジスペースに変更する方もいるようです。
中古車で購入後、商用車として利用されている方もいるため、中古車市場でも人気の車になっています。

ライトエースノアを買取専門業者に売却する時の3つのポイント

ライトエースノアを買取専門業者に高額売却するために必要な3つのポイントをご紹介します。
ライトエースノアを売却予定の方や、売却のために見積もりに出す予定がある方はぜひ参考にしてみてください。

事故や故障による不動なら、パーツの査定を

元々発売されていた期間は短いものの、人気の高い車種になりますので、長く乗りたい人からすれば車の部品としての価値も高くなります。
事故や故障によって動かなくなってしまった車は、中古車としての再販が難しいため、中古車買取店での買取は難しいと断られてしまうことも多くなります。
ですが、人気車種であるライトエースノアの場合、不動車であっても中古車部品どり車としての価値がまだまだあるのです。
車の解体を行いリサイクルパーツの生産・販売を行っている廃車買取専門の業者なら、車のパーツ毎に査定を行うことが出来ます。エンジンはもちろんですが、ライトやシート、スライドドアなどの外装パーツももちろん買取がつくのです。
もし中古車買取店で0円査定が出てしまったあとでも、買取が付くかもしれませんので廃車買取専門業者へも見積もりを依頼してみてください。

東アフリカなど海外輸出を行う業者へ見積もり依頼

国内の中古車買取店では、年式が10年落ちてしまうと価値がガクッと下がってしまいます。たとえ車自体はまだまだ元気に走っていても、再販をする際年式を気にする次のユーザーが多いため、買取が高くはつかないのです。
ですが、海外などでは20年前のトヨタ車は沢山走っています。カローラや、ハイエースなどはエンジンの耐久性や、修理がしやすい特性を知っている人が多いため、日本国内で程度が良い状態で流通している中古車を買取ったり、オートオークション会場で落札をして仕入れて、持ち帰った国で再販売をしたいと思っている業者が多くなっています。ユーザーから直接やり取りをしている海外からのバイアヤーは多くありません。海外輸出業者を見つけて早めに見積もりを依頼されることをおススメします。

業者同士による競合で買取額UPが出来るかも

前述したように、業者のみが行っているオートオークション会場は全国にありますが、一般ユーザーは参加することが出来ません。そのため、買取金額を競り上げるには、業者へ相見積をとることで見積金額を何社かに出してもらい、業者同士で競合してもらうことがポイントなのです。特にライトエースノアは年式が古い車しか現在していません(販売終了からおよそ20年のため)、中古車買取や廃車買取で見積もりを出している業者からすればそれを理由に低い金額から提示してくる可能性が高くなります。ですが、実は古い車であっても人気たあるのです。足元を見られて価値より低い金額で売却することにならないよう、相見積もりは忘れずお願いします。

ライトエースノア(トヨタ)買取りのまとめ

ライトエースノア(トヨタ)は、人気の高い車種になりますが、廃車予定の状態や事故車になってしまうと高額買取が出来ないのでは、処分費用がかかるのではと思われるかもしれませんが、廃車や中古車買取の実績がある買取業者を選んでいただくことで、人気の高い車をお得に売却することが出来ます。

>>トヨタ車一覧に戻る

>>おすすめ廃車買取業者【全国版】へ戻る

>>廃車買取業者おすすめランキングへ戻る