渋川市の廃車買取業者おすすめランキング!

渋川市の廃車買取はどこの業者に依頼するのが良いのか?

特に初めて廃車にする方は、どこの廃車買取業者に依頼したらいいか分かりません。

廃車費用をかけずに、手間なく簡単に廃車にしたい方が多いと思います。

こちらでは、渋川市を対応している廃車買取業者ランキングと、渋川市を管轄している運輸支局情報をご紹介します

◇こんな方におすすめ

  1. 面倒なので業者に全てお任せしたい
  2. 廃車費用をかけずに廃車にしたい
  3. 不動車のトヨタ車を買取って欲しい
  4. 自分で廃車手続きをしたくない
  5. 走行距離20万km以上の車を買取って欲しい
  6. 信頼と実績がある業者に依頼したい
  7. ディーラーに断られた事故車を買取って欲しい
  8. 廃車手続きが面倒くさいので代行したい

 

目次

渋川市の廃車買取業者ランキング

渋川市の廃車買取業者ランキングは、渋川市を対応している廃車買取業者の中でもユーザーの口コミ評判が良い業者さんを選びました。

「レッカー費用」や「廃車手続き代行費用」など、費用をかけずに廃車は出来ます。

これから、渋川市で廃車買取を検討されている方は参考にしてください。

少しでも廃車買取業者を探す時間を省くために、沖縄市の廃車買取おすすめ業者をランキング形式でご紹介します。

第1位 渋川市の廃車買取カーネクスト

渋川市の廃車買取のカーネクストは、群馬県全域で廃車買取、事故車買取りを行なっています。面倒な廃車手続きも全部お任せできます。どんな車でも0円以上の買取保証付き!

  1. 不動車でもレッカー引取料など無料
  2. 廃車手続きなどの面倒な手続きも代行
  3. 他社で「0円」と言われた車でも買い取ってもらえる可能性あり!
  4. 国内外に独自販売ルートを保有している

渋川市で廃車買取を依頼する際は、一度カーネクストに相談されるとよいでしょう。

◇本社所在地

〒531-6131 大阪府大阪市北区大淀中1丁目1番30号 梅田スカイビルタワーウエスト31階

◇対応エリア

※沖縄県エリア

◇受付時間

8:00~22:00 (年中無休)

◇電話番号

0120-997-864

 

廃車買取カーネクストの口コミと評判

走行距離が多い車でしたが、アルファードは海外でも人気車種とのことで高価買取をしてもらえました。

カーネクストさんは廃車費用がすべて無料なこともとても魅力的だと思いました。

 

廃車買取カーネクスト
廃車買取カーネクスト

 

toiawase

 

第2位 株式会社 群馬カーリサイクルセンター

カースチール株式会社は、群馬県前橋市のタイヤショップです。

法人の方向けにはなりますが、不要になってしまった車や事故車、不動車などの引き取り買取も行っています。

事故車は状態によって買取額は変わってはきますが、全損状態であっても無料でのお引取りは可能です。水没車も同じく、冠水の度合いによって買取もしくは無料でのお引取りをさせていただいていますので、処分に困った!という時にぜひご相談ください。

引き取り後のお車は、パーツと素材、シュレッダーダストに選別しリサイクルします。また、使用できるパーツは中古車部品として販売し利益を得ることができています。

 

◇所在地

〒379-1204 群馬県利根郡昭和村大字森下437

◇対応エリア

※群馬県エリア

◇受付時間

9:00~18:00  (日曜日・祝日・第2土曜日休み)

◇電話番号

0278-30-2460

 

株式会社 群馬カーリサイクルセンター の口コミ

申し込みをしてから1週間ほどで引き取りに来てくれて、その後抹消完了の連絡がきたのもとても早かったです。

お世話になりました。また機会があれば利用したいです。

第3位 カースチール株式会社

カースチール株式会社は、群馬県前橋市にある廃車買取業者です。

使用済み自動車処理にともなう鉄・非鉄金属の回収販売、リサイクル部品販売 ( 国内向け及び輸出向け)、新品・中古タイヤ及びホイールの販売 ( 国内向け及び海外向け)などを行っています。

カースチール株式会社は、事故車や不動車、水没車や過走行車であっても引取手数料は無料での対応となっています。

引き取りをしたクルマは、解体、使用出来る部品は再生して中古部品として販売し、廃棄すべきものは責任をもって適切に廃棄処分してくれます。

 

◇所在地

〒371-0852 群馬県前橋市総社町総社2913

◇対応エリア

※群馬県エリア

◇受付時間

9:00~18:00 (水曜・木曜休み)

◇電話番号

027-251-6365

 

カースチール株式会社 の口コミ

廃車のことはまったくわからなかったですが、1から10まで丁寧に説明してもらえたので、安心して廃車を依頼できました。

第4位 宝泉自動車解体株式会社

宝泉自動車解体株式会社は、群馬県太田市の廃車買取業者です。

個人で使用しなくなった廃車予定の車や、事故車、不動車などの引き取り買取を行っています。

レッカー費用、廃車手続きの代行費用を買取額に含めて査定しています。

廃車希望や解体依頼のお車は、自社所有のリサイクル工場で一貫して解体処理を行っていますので、社内で適正な処理を終えたら、永久抹消が出来るように状態になります。

 

◇所在地

〒373-0036 群馬県太田市由良町786

◇対応エリア

※群馬県エリア

◇受付時間

8:00~17:00 

◇電話番号

0276-31-1010

 

宝泉自動車解体株式会社の口コミ

すべてにおいて対応がとても早く大変感謝しています!

第5位 有限会社 岡田商会

有限会社岡田商会は、群馬県安中市にある廃車買取業者です。

群馬県西毛地域を中心に自動車解体,廃車処分、中古トラック買い取り、中古オートパーツの販売、レッカー作業などを対応しています。

有限会社岡田商会は、自動車リサイクル法に基づいて、不動車や不要車のなど廃車の買取引取、自動車解体、リサイクルを行っていますので、安心して廃車依頼をしても良いのではないでしょうか。

事故車、故障車、不動車、車検切れなど不要な車の相談に応じてくれますので、まずはお問い合わせを。

 

◇所在地

〒379-0114 群馬県安中市野殿3846

◇対応エリア

※群馬県エリア

◇受付時間

8:30~18:00 (日曜休み) 

◇電話番号

027-352-8110

 

有限会社 岡田商会の口コミ

廃車費用を一切かけずに廃車できたのでよかったです!

第6位 有限会社石井自動車解体

有限会社石井自動車解体は、群馬県館林市の車体整備店です。

廃車予定の車、事故車、故障車などの引き取り買取も行っています。

事故車で大きな損傷を負っているなどの解体車輌であっても、車種によってはパーツに人気があると買取額が高くなることもあります。解体処分を依頼してしまう前に一度お問い合わせ下さい。

車検切れの場合や不動の場合の引き取りのレッカー費用は無料です。

 

◇所在地

〒374-0055 群馬県館林市成島町273−2

◇対応エリア

※群馬県エリア

◇受付時間

9:00~18:00 

◇電話番号

0270-76-3683

 

有限会社石井自動車解体拓殖商会の口コミ

他社で断られた故障車の処分に困っていましたが、引き取り先が見つかり安心しました。ありがとうございました。

渋川市で廃車が売れるのはなぜ?

渋川市を対応しているの廃車買取業者は、なぜ廃車でも買取りできるのでしょうか?

こちらでは、渋川市の廃車買取業者が買取りできる3つの理由をピックアップしました。

廃車予定の国産車が海外で人気が高い

廃車予定の国産車が海外で人気が高まっていることをご存知でしょうか?日本国内で廃車予定となった車の需要は解体前提のためスクラップ素材としての価値になります。しかし、海外では日本国内の廃車が飛ぶように売れています。国産車は他の海外メーカーに比べ非常に信頼されている車です。特に耐久性や安全性が非常に高く優れているからです。耐久性・安全性が高い日本車が安価で購入できるとなるとたくさんの方が購入します。そのため世界180ヵ国以上の国で日本車が乗られています。日本国内で廃車予定となった過走行車や低年式の車が、海外では非常に価値が高く取引されているのです。

リサイクルパーツを海外へ輸出

リサイクルパーツは海外へ輸出されていることをご存知でしょうか?海外で日本車の需要が非常に高いためリサイクルパーツも売れている状況です。日本車が耐久性に優れているとはいえ、長い間車を使用していれば経年劣化などで壊れたら修理を行う必要があります。国産車は修理をするとまだまだ乗れると人気なため、リサイクルパーツが活躍しています。世界中でたくさんの人が日本車に乗っているためリサイクルパーツの需要も上がり、輸出されることで高額の売却が見込めます。

発展途上国で鉄スクラップの人気が上昇

発展途上国で鉄スクラップの人気が上昇していることはご存知でしょうか?鉄スクラップは、溶かすと鉄として利用することができます。鉄は建物や商品などに使われています。発展途上国では、マンションやビルなどの建物の建設が頻繁に行われているため鉄の需要が非常に多いです。また、自然から取れる上質な鉄の資源は少ないため、再資源化された鉄スクラップは、発展途上国へ輸出されて販売されています。

運輸支局での廃車手続きについて

廃車手続きを行うには管轄の運輸支局での申請手続きが必要となることをご存知でしょうか。こちらでは、運輸支局での廃車手続きの流れや、廃車手続きにかかる費用、注意点などをご紹介します。特に、廃車手続きを自分でする予定ということは参考にしてみてください。

運輸支局での廃車手続きの流れ

運輸支局で廃車手続きを行う時、基本的な業務の流れについてご紹介します。まず、運輸支局へは廃車する予定の車について手続きに必要な書類とナンバープレートを持参します。

  1. 申請用紙の配布を受け取り記入
  2. 申請に必要な登録手数料分の印紙を購入し貼付
  3. ナンバープレートを運輸支局へ返納
  4. 運輸支局へ必要書類一式を提出
  5. 書類が不備なく受理されると完了し、廃車手続き完了の通知を受け取る

運輸支局では車ごとに必要な申請用紙があります。普通自動車の場合は手数料納付書と一時抹消登録申請書が配布されていますので、運輸支局で記入しましょう。また、申請には手数料の支払いが必要なため、登録手数料分の印紙を購入し手数料納付書へ貼り付けます。
筆記用具や糊などは運輸支局でも準備されているところがほとんどですが、持参すると安心です。ボールペン、鉛筆、糊、印鑑のための朱肉など準備しておきましょう。

運輸支局で廃車手続きにかかる費用

運輸支局で廃車手続きの申請を行う際、登録手数料が必要となります。手数料を支払うために、運輸支局で印紙を購入します。
普通自動車の場合、車の使用を中止する一時抹消登録の廃車手続きを行う場合の登録手数料は一車両ごと350円かかります。
軽自動車の場合、車の使用を中止する自動車検査証返納証明書交付申請をするため申請手数料が一車両ごと350円かかります。

運輸支局で廃車手続き申請をする際の注意点

運輸支局で廃車手続きを自分で申請するという方に注意していただきたいポイントは、管轄の運輸支局で手続きを行うこと、そして運輸支局の申請受付時間です。
管轄の運輸支局をお調べいただく際は、車検証を手元にご用意いただき運輸支局の管轄ナンバーと参照してご確認ください。
また、運輸支局の申請受付時間は平日の8時45分から16時まで(受付休止時間帯は11時45分から13時まで)となっています。平日の限られた時間となるため、平日にお仕事をされている方は、代理や代行を依頼されたり、お仕事をお休みする必要があったりと調整が必要な場合もありますので、廃車手続きを終えたい期限が決まっている方などは注意が必要です。

渋川市で廃車買取業者を選ぶポイント

廃車依頼する業者選びを間違えるとトラブルに巻き込まれるケースがあります。

渋川市でどこの廃車買取業者に依頼したらよいか分かりません。

廃車にするなら優良の廃車買取業者に依頼したいです。

渋川市で信頼と実績がある廃車買取業者を選ぶポイントをご紹介します。

ホームページを構築しているか?

定期的に更新されているホームページを構築しているか確認しましょう。

廃車買取業者の中には、ホームページを構築していなかったり、定期的にホームページを更新していない業者がいます。

このような業者は、廃車買取サービスを行っているかさえ分からないのでおすすめできません。

優良業者は、ホームページをしっかりと運用し、お客様に分かるように廃車買取サービス情報を提供しています。

企業情報掲載されているか?

ホームページに廃車買取サービスを行っている企業情報をしっかりと掲載されているか確認しましょう。

優良業者は、企業情報を掲載して廃車買取サービを運営しています。

買取金額に変更はないか?

査定スタッフに廃車にする車の詳細情報を正確に伝えていなかった場合を除きますが

車を引き取った後に、買取金額を減額するケースがあります。

必ず買取金額に変更がないか確認を行うことをおすすめします。

追加費用が発生しないか?

追加費用が発生しないか確認しましょう。

契約後に、「車引取りレッカー費用」や「廃車手続き代行費用」が請求されたケースもあるようです。

不明な点があれば、契約時にしっかりと追加費用が発生しないか確認しておきましょう。

優良業者の場合、「車引取りレッカー費用」や「廃車手続き代行費用」は無料で対応してくれます。

還付金の説明があるか?

廃車買取業者によっては、還付金の説明がないケースがあります。

◇還付金

  • 自動車重量税
  • 自動車税
  • 自賠責保険料

そのため、車両の買取金額のみで還付金が含まれていないことがあります。

還付金について説明がない場合は、しっかりと確認しましょう。

本当に廃車されているか?

本当に廃車にされているか確認を行いましょう。

契約後に車を引き取ってもらったが、廃車手続きが行われていないので「自動車税納税通知書」届いて発覚したケースがあります。

必ず、廃車されているか「廃車証明書」のコピーをもらいましょう。

◇普通自動車の場合

一時抹消:登録識別情報等通知書
永久抹消:登録事項等証明書

◇軽自動車の場合

一時抹消:自動車検査返納証明書
永久抹消:検査記録事項等証明書

廃車買取業者に廃車手続き代行するのがおすすめ

廃車手続きは、廃車買取業者に代行依頼することをおすすめします。

運輸支局の受付時間は、平日の8時45分から16時までとなっており、お昼の11時45分から13時までは申請受付を行っていません。

平日仕事をしている方は、基本的に仕事を休む必要があります。

必要書類を揃えるだけで、あとは廃車買取業者が廃車手続きを代行してくれるので楽です。

廃車手続きを自分で行った場合、手間と廃車費用がかります。

  1. 時間と労力
  2. レッカー費用
  3. 解体費用
  4. 廃車手続きにかかる費用

廃車手続きを代行するだけで時間と費用の節約になります。

自分で廃車にした場合の費用

普通自動車の場合は、書類の取得費用や運輸支局の手数料を合わせて1,000円前後の費用がかかります。

更に、運輸支局までの交通手段に自家用車や公共交通機関を利用するとプラスで交通費や時間もかかります。

◇書類の取得手数料の内訳

  1. 印鑑登録証明書:1通300円
  2. 戸籍謄本:1通450円
  3. 一時抹消登録手数料:1件350円

◇廃車買取業者に依頼した場合の費用

「印鑑登録証明書」や「戸籍謄本」の750円程度が必要になります。

その他「一時抹消登録手数料」や運輸支局までの交通費や時間と労力がかかりません。

廃車手続き代行に必要な書類

廃車買取業者が代行で廃車手続きをするために必要な一般的書類はこちらです。

「普通自動車」と「軽自動車」で必要書類が異なるので注意してください。

所有者住所と印鑑証明書に登録している住所が不一致等の場合、「住民票」や「戸籍の附票」などの書類が必要になります。

分からない場合は、廃車買取業者の担当スタッフが教えてくれます。

◇普通自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 所有者の印鑑証明書
  5. 印鑑証明書に登録している実印
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

◇軽自動車の場合の必要書類

  1. 自動車検査証(車検証)の原本
  2. 自賠責保険証(※車検切れ不要)
  3. リサイクル券
  4. 申請依頼書
  5. 所有者の認印

廃車手続き代行の注意点

廃車買取業者が廃車手続きに必要な書類とナンバープレート前後2枚をもって、管轄の運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車協会)にて廃車手続きを行います。

書類に不備があると廃車手続きが完了しません。

買取金額がついている場合、振込までに時間がかかる可能性があるので不備がないように注意する必要があります。

特に遺産案件などは、必要書類が複雑になるので1回の廃車手続きで完了することが難しいので

分からないことや不明点があれば担当スタッフに都度確認行いましょう。

渋川市の廃車買取相場とは?

渋川市の廃車買取相場は、大阪や愛知に比べてオークション規模が小さかったり、廃車買取業者が少ないので買取金額がつきにくいです。

他地域に比べて値段がつきにくいので、少しでも高く売りたい方は慎重に業者選びをする必要があります。

渋川市のアルファードの廃車買取相場

トヨタ・アルファードは、動かない車・事故車・故障車の場合、買取金額がつきにくいですが、可動車であれば買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~8万円
可動車:3~35万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~3万円
可動車:0~5万円

渋川市のランドクルーザープラドの廃車買取相場

トヨタ・ランドクルーザープラドは、他の車に比べても動かない車・事故車・故障車でも買取金額がつきやすいです。

車の状態が良く、低走行であれば高価買取が期待できます。。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~60万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~20万円
可動車:10~50万円

渋川市のハリアーの廃車買取相場

トヨタ・ハリアーは、非常に人気があります。

SUV車は、海外でも需要があるので買取金額に期待できます。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~7万円
可動車:5~30万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~3万円
可動車:0~20万円

渋川市のハイエースバンの廃車買取相場

トヨタ・ハイエースバンは、年式が古くても状態が良ければ高価買取が期待できます。

廃車買取業者によっても買取金額が変わってくるので慎重に業者選びをすると良いでしょう。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~7万円
可動車:10~80万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~12万円
可動車:5~45万円

◇走行距離30万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~7万円
可動車:5~40万円

渋川市のプリウスの廃車買取相場

トヨタ・プリウスは、年式が古かったり多走行の場合、買取金額がつきにくいです。

◇走行距離10万キロ・年式H20式
不動車・事故車:0~3万円
可動車:2~12万円

◇走行距離10万キロ・年式H15式
不動車・事故車:0~1万円
可動車:0~3万円

渋川市の廃車手続き管轄運輸支局

渋川市市の廃車手続きはどこに行って手続きをすればいいのか?廃車手続きを行う運輸支局は普通車と軽自動車とそれぞれ異なります。こちらでは、渋川市を管轄する運輸支局をご紹介します。

関東運輸局 群馬運輸支局

関東運輸局 群馬運輸支局は渋川市を管轄している普通車の運輸支局です。車検証に記載されている所有者が渋川市の方は関東運輸局 群馬運輸支局で廃車手続きを行います。

◇所在地

〒371-0007 群馬県前橋市上泉町399-1

◇電話番号

050-5540-2021 (0120-301456)

◇FAX番号

027-261-0032

◇受付時間

8時45分~11時45分、13時00分~16時00分
(休業日:土曜日・日曜日・祝日 12/29 ~ 1/3)

◇管轄

群馬県全域

軽自動車検査協会 群馬事務所

軽自動車検査協会・群馬事務所は渋川市を管轄している軽自動車の運輸支局です。車検証に記載されている所有者が渋川市の方は軽自動車検査協会・群馬事務所で廃車手続きを行います。

◇所在地

〒371-0132 群馬県前橋市五代町1047番地2

◇電話番号

050-3816-3109

◇FAX番号

027-288-0376

◇受付時間

8時45分~11時45分、13時00分~16時00分
(休業日:土曜日・日曜日・祝日 12/29 ~ 1/3)

◇管轄

前橋ナンバー 前橋市・北群馬郡のうち(吉岡町)
高崎ナンバー 高崎市・安中市
群馬ナンバー 渋川市・伊勢崎市・太田市・桐生市・沼田市・富岡市・みどり市・藤岡市・館林市・北群馬郡のうち(榛東村)・多野郡・甘楽郡・吾妻郡・利根郡・佐波郡玉村町・邑楽郡

渋川市の廃車買取まとめ

渋川市でおすすめの廃車買取業者についてご紹介しました。

廃車で困ったら渋川市の廃車買取カーネクストがオススメです。

  1. 0円以上の買取保証!
  2. 廃車費用無料!
  3. 廃車手続き代行OK!

顧客満足度95%以上の実績に加え、古い車や多走行車でも高価買取してもらえるのは大きな魅力でしょう。

また、事故車や動かない車、車検切れ、故障車、冠水車などの車でも「0円以上の買取保証」なので安心です。

また、「廃車費用無料」や「廃車手続き代行OK」なので手間なく簡単に廃車にすることができます。

もし、買取価格に納得がいかない方は、複数の廃車買取業者に見積を取って決めるといいでしょう。

群馬県内の付近の廃車買取業者

群馬県内エリア別の廃車買取業者ランキングをまとめました。

高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 前橋市

全国の廃車買取・事故車買取業者

全国47都道府県の廃車買取・事故車買取おすすめ業者をまとめました。

◇北海道・東北エリア

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

 

◇関東・甲信越エリア

茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 山梨県 長野県

 

◇中部エリア

富山県 石川県 福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県

 

◇近畿エリア

滋賀県 京都府 兵庫県 大阪府 奈良県 和歌山県

 

◇中国・四国エリア

鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県

 

◇九州・沖縄エリア

福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県