シエンタ(トヨタ)買取、廃車や事故車でも売れる理由

シエンタ(トヨタ)はなぜ買取専門店や廃車買取専門店で高額売却ができるのでしょうか?

シエンタは、2003年にコンパクトミニバンとして登場。小型なボディサイズながら、7人乗り3列シート仕様も可能になっています。ファミリー向けのコンパクトミニバンで、駐車スペースが狭かったり住宅街などの狭い道でも小回りが利くコンパクトなボディと、低床化したためお子様でも乗り降りがしやすいなどデザインのこだわりが詰まっています。また、福祉車両としても進化しており、助手席回転チルトシートや、座面を傾けてより乗降しやすいサポート機能などもウェルキャブ車のみの新設定も増えています。現行型は2015年に二代目が登場し、ハイブリッドモデルも人気となっています。
こちらでは、シエンタ買取のおすすめの業者をランキング形式でまとめたものや、シエンタが廃車・事故車であっても高額売却が出来る理由、シエンタの高額売却に必要なポイントをご紹介します。

シエンタ買取のおすすめ業者ランキングBEST3

シエンタを高額買取しているおすすめの業者をランキング形式でご紹介します。シエンタの買取を行う業者の中で事故車や廃車予定の状態であっても高額売却が期待できる業者さんを選びました。これからシエンタの売却を検討されている方は参考にしてください。

第1位 シエンタ買取りならカーネクスト

中古車買取のカーネクストは、シエンタの買取を強みとしており、廃車や事故車のシエンタの買取も行なっています。また、面倒な廃車手続きも全部お任せできます。

PC 事故車買取カーネクスト
SP 廃車買取カーネクスト

廃車買取の評価 廃車引取りの評価 廃車手続きの評価
 ★★★★★ ★★★★★  ★★★★★

中古車買取カーネクストは、海外にも販売ルートを持っているため、海外で需要があるトヨタ・アルファード、トヨタ・ハイエースバンなどの車は高価買取が期待できます。
海外で人気の高いシエンタなら故障していたり動かない車、事故車などの車でも買取ることができます。
中古車買取カーネクストは、0円以上の買取保証で車の買取を行っていて、車の引取りから廃車手続き代行にかかる費用まで全てを無料で対応しています。
見積りは無料なので安心して問合せすることができます!シエンタを売却予定でしたら中古車買取カーネクストに見積もりの依頼をすることをオススメします

toiawase

シエンタ買取をしている他のおすすめ業者

シエンタの車買取で高額買取が期待できる業者さんです。車の買取り価格や引き取り料金、お見積の方法などはお問い合わせ下さい。

第2位 中古車買取のビッグモーター

ビッグモーターは株式会社ビッグモーターが運営しています。
ビッグモーターは全国に307店舗のネットワークがあります。中古自動車の年間販売台数と年間買取台数は日本一位の実績があります。自社で買取、販売を一貫して行えるため買取金額に関してもお客様に還元が出来ることで高価買取が出来る仕組みになっています。
無料査定は午前8時から午後22時まで年中無休でお電話で対応しています。また、実車査定の出張査定も行っていますのでお気軽にご相談ください。

 運営会社 株式会社ビッグモーター
 所在地 〒106-6120 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 20F
 連絡先 TEL:0120-17-0001
 対応地域 全国対応

ビッグモーターのシエンタの買取実績、お客様による口コミ

シエンタの買取実績:1,550,000円~ 年式H29年

車検前に乗り換えることにしたので25,000キロくらい走行している状態ではあったが、下取りに比べても買取をつけてもらえたので、見積もりを依頼してよかった。

第3位 中古車買取のカーチス

カーチスは、 株式会社カーチスの運営しており中古車の買取、販売事業を全国に展開して行っています。また、自動車保険を中心とした各種損害保険商品もあわせて販売しています。カーチスは24時間買取の受付を行っており、どこでも出張査定を行っていますので、ユーザーが店舗まで持ち込みをしなくても査定を受けることが可能です。また車買取比較.comや、ズバット車買取比較におけるお客様満足度調査で2006年4月~2014年3月の期間、カーチスは8年連続で顧客満足度No.1を獲得しています。

 運営会社 株式会社カーチス
 所在地 〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4番1号 新紀尾井町ビル2F
 連絡先 TEL:0120-55-0010
 対応地域 全国対応

カーチスのシエンタの買取実績、お客様による口コミ

シエンタの買取実績:200,000円~ 年式H21年

年式10年落ちではあったが、まだまだ走行可能な状態ということで査定してくれた。下取りにプラス10万くらいつけてもらえました。

シエンタ(トヨタ)を高く売却するために

シエンタが高額で売却できる2つの理由と、シエンタを高額売却するために必要な3つのポイントをご紹介します。
シエンタを売却される前に抑えておきたい大切なポイントになりますので、これからシエンタの売却を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

シエンタが廃車・事故車でも売れる理由

なぜシエンタは廃車予定の状態や、事故車になっても高額での売却が可能なのでしょうか。
シエンタが廃車予定の状態や事故車や故障車になっても高額売却が出来る理由をご紹介します。

コンパクトなのに広いラゲッジスペース

シエンタは、トヨタ車の中でもコンパクトサイズのミニバンとなっています。
特に2代目シエンタの3列目シートはアレンジの自由さが高く、折りたたんで荷室として使用する場合は2列目シートの下にダイブイン格納することが出来るためラゲッジスペースを最大まで広げることができます。また、2列目シートも折りたたむことが出来る上に、休憩したい時はリクライニング機構も使えるため、長距離運転の休憩時にも好評です。さらに2018年のマイナーチェンジの際に登場した2列シート5人乗り仕様のファンベースは、ラゲッジスペースの広さを最初から確保できていて、2列目シートのゆったりさが魅力となっています。コンパクトミニバンといえば6~7人乗り3列シートが定番だったところに、ゆったり5人乗り仕様が増えたことでさらなる需要の広がりが予想されます。

低燃費なシエンタハイブリッド

2015年に登場した2代目シエンタは、ハイブリッドモデルになると28.8km/Lの低燃費走行が可能になっています。ガソリン対応車も22.8km/Lになっており、どちらも低排出ガス車としての認定されていることから、環境保全にも役立つ車となっています。
ただし海外ではまだハイブリッドモデルの対応が出来るところは限られており、シンプルで修理もしやすいガソリン車対応モデルに人気が集まっています。
そのため、低燃費でガソリン車のモデルの現行型は、海外輸出車両としてもラゲッジスペースが広く7人乗りなどミニバンの特性を活かすことができるので人気が高くなっています。

現行型シエンタは、ターゲット層が拡大

シエンタは2003年に初代が登場して12年間モデルチェンジが行われませんでした。曲線の柔らかいエクステリアや室内デザインのイメージから女性ドライバーのユーザーが多い車でしたが、2015年のフルモデルチェンジでスタイリッシュさが増したことで、一気にターゲット層が拡大し販売台数が増加しました。人気が高くなったことから現行型に関してはリセールバリューも下がりづらくなっています。またマイナーチェンジによって、3列シート7人乗りの際でも、3列目シートの乗員が足を延ばすことが出来るようになっており、床高にならないため膝がもち上がる圧迫感もなく座り心地が改良されています。

シエンタを買取専門業者に売却する時の3つのポイント

シエンタを買取専門業者に高額売却するために必要な3つのポイントをご紹介します。
シエンタを売却予定の方や、売却のために見積もりに出す予定がある方はぜひ参考にしてみてください。

動かない車、故障車の買取なら専門の業者がおすすめ

事故や故障などの損傷により動かなくなってしまった車は、中古車買取店よりも、廃車買取の専門業者への見積もりをおすすめします。中古車買取店は、動く車をユーザーから買取、再販することで利益を得ています。ところが、動かない車になってしまうと再販できる状態にするために修理が必要になったり、修理費用が高額になってしまうため利益が出なかったり、再販のめどが立たない可能性が出てしまうのです。そのため、故障車や事故車は見積もりを断られてしまうこともあります。
このような動かない車でも、廃車買取専門業者なら部品ごとの査定が可能となり、リサイクルできるパーツや鉄などの金属素材、レアメタルなどの希少金属などを買い取って整備、点検後再販して利益を出せるため、状態が悪くても買取がつく可能性が高いのです。また、引取回収に関しても不動車の引き取りに利用が可能なトラックを保有している業者が多いため、引取費用の心配をせずに依頼がしやすくなっています。

シエンタなどトヨタ車の海外人気が高い

国内での中古車買取市場に大きな影響を与えているのが、海外輸出です。全国に中古車のオートオークション会場があり、ユーザーから買い取った車をディーラーや中古車買取店が買取、出品をしているのですが、その中でもトヨタ車は出品車両を買い付けに来ている海外輸出業者やバイヤーに高い人気があります。
海外輸出を行う業者と国内の中古車販売店での違いとしては、年式、走行距離、事故修復歴への評価価値の差が大きくなっています。国内でのユーザーに向けた販売車両としては事故修復歴は厳しいマイナス要因となりやすいのですが、海外では輸出の際に工業部品として輸送するため前もって解体していることも多く、現地に到着後組みなおされることも多いため、マイナスになりづらいのです。海外輸出を行う業者に直接売却することで、中間マージンが出ないため買取額があがったり、中古車買取店のマイナス査定部分があっても買取がつきやすいため、おすすめです。

沢山の買取業者の中から相性の良い業者を見つけるために

インターネットで中古車買取や、廃車買取業者を探すと沢山の業者が出てきます。ですが、どこに依頼するとお得なのかの判断は難しく、誤って買取金額がつきづらい業者に依頼してしまう場合もあるのです。そのように買取金額で損をしないために相性の良い業者さんを探すにはどのようにすればよいのでしょうか。
おすすめの方法が、複数の業者への同時の見積もり依頼です。買取業者は車を仕入れるために無料で見積もりを出してくれるところが多くなっています。まずは何件かの業者へ見積もりをとってもらい売却予定の車の価値を知ることと、その車はどの業者が欲しい車なのかを見極めることも出来ます。
また、見積もりをとることで交渉の手段に他社の金額を利用することも出来るため、見積もりは複数の業者に出してもらうと良い査定につながりやすいのです。

シエンタ(トヨタ)買取りのまとめ

シエンタ(トヨタ)は、人気の高い車種になりますが、廃車予定の状態や事故車になってしまうと高額買取が出来ないのでは、処分費用がかかるのではと思われるかもしれませんが、廃車や中古車買取の実績がある買取業者を選んでいただくことで、人気の高い車をお得に売却することが出来ます。

シエンタ以外の高価買取り車種一覧

シエンタ以外にも高価買取が可能なトヨタ車をご紹介しています。トヨタ車はどうして高価買取ができるかの理由や高額売却のポイントなどをご紹介していますので、参考にしてみてください。

コンパクト
bBアクア、、アレックスイストヴィッツヴォルツカローラスパシオカローラランクスカローラルミオンパッソファンカーゴプラッツブレイドポルテラウムラクティス
セダン
アリオンアリストアルテッツァウィンダムカローラカローラアクシオクラウンクラウンアスリートクラウンマジェスタセルシオチェイサープリウスプレミオプログレマークⅡマークX
スポーティ
MR-SMR2カローラレビンスープラスプリンターセリカソアラ
ワゴン
カルディナカローラフィールダーマークIIブリットハイエースワゴンプロボックス
ミニバン
アイシスアルファードイプサムウィッシュヴェルファイアヴォクシーエスティマガイアシエンタタウンエースノアノアグランビアライトエースノアレジアスエース
SUV
RAV4ヴァンガードクルーガーハイラックスサーフハリアーランドクルーザープラド
商用車
ダイナトラックタウンエーストラックタウンエースバンハイエースバンハイエースレジアス

エリア別の車買取り情報一覧

全国の車買取りについてご紹介しています。おすすめの買取業者の情報や口コミ、車の手続きに関することをご紹介していますので、参考にしてみてください。

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 兵庫県 大阪府 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県