セリカ(トヨタ)買取、廃車や事故車でも売れる理由

セリカ(トヨタ)はなぜ買取専門店や廃車買取専門店で高額売却ができるのでしょうか?

セリカは、トヨタ自動車の日本初のスペシャリティカーとして1970年に登場しました。通称ダルマセリカと呼ばれ、ダルマのようにふくよかなボディがめずらしく初代モデルは大ヒットしました。トヨタのGTであるセリカと日産のスカイラインGT-Rが競いあっていたことでお互いにファンの多い車種となっています。特に4代目セリカGT-FOURは映画での劇用車としても登場、冬のゲレンデがロケ地だったため四輪駆動車は雪に強いということを印象付けました。スペシャリティカーの不振もあり2006年に販売を終了しています。
こちらでは、セリカ買取のおすすめの業者をランキング形式でまとめたものや、セリカが廃車・事故車であっても高額売却が出来る理由、セリカの高額売却に必要なポイントをご紹介します。

 

トヨタ車 強化買取中

 

セリカ買取のおすすめ業者ランキングBEST3

セリカを高額買取しているおすすめの業者をランキング形式でご紹介します。セリカの買取を行う業者の中で事故車や廃車予定の状態であっても高額売却が期待できる業者さんを選びました。これからセリカの売却を検討されている方は参考にしてください。

第1位 セリカ買取りならカーネクスト

中古車買取のカーネクストは、セリカの買取を強みとしており、廃車や事故車のセリカの買取も行なっています。また、面倒な廃車手続きも全部お任せできます。

廃車買取カーネクスト
廃車買取カーネクスト

廃車買取の評価廃車引取りの評価廃車手続きの評価
 ★★★★★★★★★★ ★★★★★

中古車買取カーネクストは、海外にも販売ルートを持っているため、海外で需要があるトヨタ・アルファード、トヨタ・ハイエースバンなどの車は高価買取が期待できます。
海外で人気の高いセリカなら故障していたり動かない車、事故車などの車でも買取ることができます。
中古車買取カーネクストは、0円以上の買取保証で車の買取を行っていて、車の引取りから廃車手続き代行にかかる費用まで全てを無料で対応しています。
見積りは無料なので安心して問合せすることができます!セリカを売却予定でしたら中古車買取カーネクストに見積もりの依頼をすることをオススメします

toiawase

セリカ買取をしている他のおすすめ業者

セリカの車買取で高額買取が期待できる業者さんです。車の買取り価格や引き取り料金、お見積の方法などはお問い合わせ下さい。

 第2位 中古車買取のビッグモーター

ビッグモーターは株式会社ビッグモーターが運営しています。
ビッグモーターは全国に307店舗のネットワークがあります。中古自動車の年間販売台数と年間買取台数は日本一位の実績があります。自社で買取、販売を一貫して行えるため買取金額に関してもお客様に還元が出来ることで高価買取が出来る仕組みになっています。
無料査定は午前8時から午後22時まで年中無休でお電話で対応しています。また、実車査定の出張査定も行っていますのでお気軽にご相談ください。

 運営会社株式会社ビッグモーター
 所在地〒106-6120 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 20F
 連絡先TEL:0120-17-0001
 対応地域全国対応

ビッグモーターのセリカの買取実績、お客様による口コミ

セリカの買取実績:200,000円~ 年式H9年

15万キロくらい走っている車でしたが、愛用していたので手放すのが少し寂しく感じました。もう乗ることもなくなってしまったので、買取がついて良かったです。

第3位 中古車買取のカーチス

カーチスは、 株式会社カーチスの運営しており中古車の買取、販売事業を全国に展開して行っています。また、自動車保険を中心とした各種損害保険商品もあわせて販売しています。カーチスは24時間買取の受付を行っており、どこでも出張査定を行っていますので、ユーザーが店舗まで持ち込みをしなくても査定を受けることが可能です。また車買取比較.comや、ズバット車買取比較におけるお客様満足度調査で2006年4月~2014年3月の期間、カーチスは8年連続で顧客満足度No.1を獲得しています。

 運営会社株式会社カーチス
 所在地〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4番1号 新紀尾井町ビル2F
 連絡先TEL:0120-55-0010
 対応地域全国対応

カーチスのセリカの買取実績、お客様による口コミ

セリカの買取実績:60,000円~ 年式H9年

自宅まで出張査定に来てくれたので、持ち込みも出来ずに困っていた分助かりました。古い車のせいか下取りは一万もつかなかったが買取がついて結果としても満足です。

セリカ(トヨタ)を高く売却するために

セリカが高額で売却できる2つの理由と、セリカを高額売却するために必要な3つのポイントをご紹介します。
セリカを売却される前に抑えておきたい大切なポイントになりますので、これからセリカの売却を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

セリカが廃車・事故車でも売れる理由

なぜセリカは廃車予定の状態や、事故車になっても高額での売却が可能なのでしょうか。
セリカが廃車予定の状態や事故車や故障車になっても高額売却が出来る理由をご紹介します。

セリカXXの人気、パワフルなエンジン

インテリア、エクステリアをラグジュアリーに進化させたセリカXXは、直列6気筒エンジンを搭載しており5速MT車は走行性能も高く備えた人気の車両となっています。
所有しているユーザーもセリカXXに関しては、保存用や観賞用など走行性能を確かめに走るようなユーザーよりも大切に保管している人が多いため、中古車市場に出回る際も走行距離が少ないものや、状態をよく保っているものなど、1978年に販売されていたとは思えない状態のものが売却されていることもあります。
セリカXXの事故車や、故障車であれば部品どりだけでもかなり高い価値があるため、リサイクルパーツ専門の業者などでも高額査定がでる可能性もあります。
また、海外ではセリカXXはスープラとして販売されており、スープラのファンは国内外にいるため海外輸出業者からも要望の多い車種であり型式となっています。

セリカGT-FOUR搭載の3Sエンジン

冬のゲレンデをバックにアイスバーンの上を走行するセリカGT-FOURが映画で登場し、4WDは雪路に強いと印象付けました。当時バブル全盛期に人気があったST165型は、走行性能の高いエンジンを積んでいます。3S エンジンは、1998ccの直列4気筒ターボエンジンで、フルパワーをだすと185馬力が出ます。レース用エンジンとして、WRCにも出場した車のエンジンのため、耐久性も強く、加速性もよいところから名機といわれています。
もともとラリー用や、競技向けにも搭載していたエンジンは耐久性や性能の高さから人気があり、その人気は国内外まで広がっています。
バブル時代にセリカを手に入れて眠らせている人も、エンジンや足回り、部品も人気がありますので、見積もりをとってみると驚くかもしれません。

海外で人気のネオクラシックカー

海外輸出を行う業者では知られている、国ごとに異なる輸出車両の特別ルールをご存知でしょうか。北米には25年ルールというものが存在しており、製造から25年が経過している車両はクラシックカーとして判断されるため、排ガス規制や、右ハンドル車などアメリカの安全基準を通すことが出来ない車でも輸入が可能になります。そのため、海外で今ネオクラシックと呼ばれているバブル期より以前の車が輸出車両として人気があるのです。
セリカでいうと1993年以前に製造されていた車となり、5代目セリカまでが対象となります。海外の若いターゲット層にツインカムターボなど加速性も兼ねたセリカが人気となっており、海外輸出や、国内で解体され、部品どり車両として輸出を行われています。

セリカを買取専門業者に売却する時の3つのポイント

セリカを買取専門業者に高額売却するために必要な3つのポイントをご紹介します。
セリカを売却予定の方や、売却のために見積もりに出す予定がある方はぜひ参考にしてみてください。

動かなくなったセリカを売却するなら

車検が切れてから置いたまま放置してしまったり、事故などにより動かなくなったセリカを保有している場合、どこの業者に買取を依頼すると良い査定が出る可能性が高いのでしょうか。CMなどで良く目にする大手中古車買取店などでは、動かない車の買取金額はつけることが難しかったり、引取や処分に費用がかかってしまうことがあります。
それは中古車買取店では不動車の処分を十分に行う設備がないことと、動く車としての再販で利益を出すことが基本のため、動かない車を動くようにするために必要な修理代金が高額になってしまう場合、買取が出来ないことがあるのです。走行が難しい車や、状態の回復が難しい動かない車の場合は、廃車買取を専門に行う業者への見積もりを依頼されることをおすすめしています。
動かない車であっても車の部品ごとに査定を行うことができ、部品の再利用と再販をすることで利益を出すことが出来るため、放置車両や、事故車両など損傷が大きい車でも利益を得られる可能性があるため、買取ができ、自社で部品どり、再販のすべてを行っている業者は、中間マージンが出ないことで買取額もつきやすいのです。

ネオクラシックなセリカなら海外輸出業者もオススメ

年式が古い車や、10年落ち以上の車なら、国内の中古車買取店よりも実は海外輸出を行う業者の方が高い買取額をつけることができる可能性があります。
海外輸出に輸送費が高くかかりそうだから買取も難しいと思う方もいるかもしれませんが、その輸送費を引いてもかなり高額に売却がされているのが日本の中古自動車なのです。特にネオクラシックカーという年式が海外輸出ルールに則った車は海外での人気も高く、その低年式でありながら走行距離も20万キロを超えていない日本の中古車は状態が良いと喜ばれます。
バイヤーはオートオークション会場などに買い付けに来ていますが、直接輸出する販路をもつ業者であればオートオークションの手数料もかからないため、利益を買取時に還元が出来、買取額も高くなるかもしれないのです。

買取業者は一社ではなく、複数の業者へ見積もりを

一社だけに限って見積もりを依頼してしまうと、その車の価値を安く見られてしまったり買いたたかれてしまうことがあります。
買取業者は、大手中古車買取店や海外輸出業者、廃車買取専門、部品どりを専門に行う業者などいろいろな販路を用意して、車の仕入れのために買取に力を入れています。トヨタ・セリカならクラシックカーとしての人気もあれば、高馬力のエンジンを搭載する車としての人気もあるため、欲しいと思っている業者が沢山います。
複数の業者へ、同時に見積もりを依頼することで最も高い買取額を算出することが出来るように、相見積をとってみることがおすすめです。

セリカ(トヨタ)買取りのまとめ

セリカ(トヨタ)は、人気の高い車種になりますが、廃車予定の状態や事故車になってしまうと高額買取が出来ないのでは、処分費用がかかるのではと思われるかもしれませんが、廃車や中古車買取の実績がある買取業者を選んでいただくことで、人気の高い車をお得に売却することが出来ます。

>>トヨタ車一覧に戻る

>>おすすめ廃車買取業者【全国版】へ戻る

>>廃車買取業者おすすめランキングへ戻る