ラクティス(トヨタ)買取、廃車や事故車でも売れる理由

ラクティス(トヨタ)はなぜ買取専門店や廃車買取専門店で高額売却ができるのでしょうか?

ラクティスは、ファンカーゴの後継車種として2005年に登場しました。排気量が少ない車ながら、トールワゴンとしての広い室内空間があり、街乗り用、高速走行などの長距離走行にも安定した走行性を持ち合わせた人気の車種となっています。5ナンバーサイズではあるものの、ゆとりのある空間のため、5人乗りファミリーカーとしても人気が高く、フルモデルチェンジを行った2010年の二代目ラクティスはさらに室内幅を40mm拡大したことで、ゆとりのある室内空間と居住性が上がりました。2009年には国内販売だけでなく海外販売もスタートし、世界戦略車として活躍しましたが2016年に販売を終了しています。
こちらでは、ラクティス買取のおすすめの業者をランキング形式でまとめたものや、ラクティスが廃車・事故車であっても高額売却が出来る理由、ラクティスの高額売却に必要なポイントをご紹介します。

 

トヨタ車 強化買取中

 

ラクティス買取のおすすめ業者ランキングBEST3

ラクティスを高額買取しているおすすめの業者をランキング形式でご紹介します。ラクティスの買取を行う業者の中で事故車や廃車予定の状態であっても高額売却が期待できる業者さんを選びました。これからラクティスの売却を検討されている方は参考にしてください。

第1位 ラクティス買取りならカーネクスト

中古車買取のカーネクストは、ラクティスの買取を強みとしており、廃車や事故車のラクティスの買取も行なっています。また、面倒な廃車手続きも全部お任せできます。

廃車買取カーネクスト
廃車買取カーネクスト

廃車買取の評価廃車引取りの評価廃車手続きの評価
 ★★★★★★★★★★ ★★★★★

中古車買取カーネクストは、海外にも販売ルートを持っているため、海外で需要があるトヨタ・アルファード、トヨタ・ハイエースバンなどの車は高価買取が期待できます。
海外で人気の高いラクティスなら故障していたり動かない車、事故車などの車でも買取ることができます。
中古車買取カーネクストは、0円以上の買取保証で車の買取を行っていて、車の引取りから廃車手続き代行にかかる費用まで全てを無料で対応しています。
見積りは無料なので安心して問合せすることができます!ラクティスを売却予定でしたら中古車買取カーネクストに見積もりの依頼をすることをオススメします

toiawase

ラクティス買取をしている他のおすすめ業者

ラクティスの車買取で高額買取が期待できる業者さんです。車の買取り価格や引き取り料金、お見積の方法などはお問い合わせ下さい。

第2位 中古車買取のビッグモーター

ビッグモーターは株式会社ビッグモーターが運営しています。
ビッグモーターは全国に307店舗のネットワークがあります。中古自動車の年間販売台数と年間買取台数は日本一位の実績があります。自社で買取、販売を一貫して行えるため買取金額に関してもお客様に還元が出来ることで高価買取が出来る仕組みになっています。
無料査定は午前8時から午後22時まで年中無休でお電話で対応しています。また、実車査定の出張査定も行っていますのでお気軽にご相談ください。

 運営会社株式会社ビッグモーター
 所在地〒106-6120 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 20F
 連絡先TEL:0120-17-0001
 対応地域全国対応

ビッグモーターのラクティスの買取実績、お客様による口コミ

ラクティスの買取実績:110,000円~ 年式H20年

車を普段使う機会がなかったため維持費もかかっていたし手放すことにした。30,000キロくらいの走行距離だったこともあり、年式は古いが買取をつけてもらえました。

第3位 中古車買取のガリバー

ガリバーは、株式会社IDOMの運営している中古車販売、買取事業です。全国に約550の実店舗ネットワークを持っており、買取を行なった車は、自社の販売店舗またはオークション、海外店舗へと展開しています。
買取で仕入れた車を販売するまでに一切の中間マージンを挟まないため高額での買取が出来ます。また、買い取った車両は在庫期間を短く決めているため在庫管理することによるコストを削減、売り切ってしまえるのは幅広い販路に自信があるからこそです。コスト削減による還元によって、さらに高額査定ができています。

 運営会社株式会社IDOM
 所在地〒100-6425 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング25階
 連絡先TEL:0120-22-1616
 対応地域全国対応

ガリバーのラクティスの買取実績、お客様による口コミ

ラクティスの買取実績:340,000円~ 年式H23年

年式が新しい現行型だったことが良かったのか下取りよりも五万くらい高い買取額でした。買い替えの資金にもなったので助かりました。

ラクティス(トヨタ)を高く売却するために

ラクティスが高額で売却できる2つの理由と、ラクティスを高額売却するために必要な3つのポイントをご紹介します。
ラクティスを売却される前に抑えておきたい大切なポイントになりますので、これからラクティスの売却を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

ラクティスが廃車・事故車でも売れる理由

なぜラクティスは廃車予定の状態や、事故車になっても高額での売却が可能なのでしょうか。
ラクティスが廃車予定の状態や事故車や故障車になっても高額売却が出来る理由をご紹介します。

ファンカーゴからさらに進化したラゲッジスペース

もともと人気の高い車種だったファンカーゴの後継車として登場したラクティスは、ファンカーゴよりもさらに広いラゲッジスペースを確保しており、シートアレンジの自由性が高くなっています。後部シートを倒すとフラットの広いラゲッジスペースが出来るため自転車の積み込みも可能になります。また2列目シートを保有したままでも後ろに大きなトランクケースなどの積み込みも可能。コンパクトサイズながらファミリーカーとして実用的になっています。

走行の安定性、燃費、落ちないリセールバリュー

ラクティスは、5ナンバーサイズを守り小排気量ながら沢山の荷物を積み込み、街乗も長距離走行も合わせて利用しやすいことから、ちょうどよいコンパクトカーとして人気が高く、中古車市場でもなかなか値落ちしない車として知られています。特にファンカーゴからの積載量よりも多く載せることができる上に燃費はそのまま、運転席シートは上級クラスのプリウスと同種を載せているため乗り心地も改良されたことで、ファミリーカー以外にも商用車利用などにも使いやすく、商用車人気の高い車はリセールバリューが下がりにくいこともあり、中古車市場でも人気の車種になっています。

ウェルキャブ仕様ならラクティスの中古車もおすすめ

ラクティスは、車いす仕様車(ウェルキャブ車)としての性能の良さもポイントになっています。福祉車両としてのウェルキャブ車としてのラクティスは、高齢の方でも車いすを車内にスムーズに積み込みしやすい仕様になっており負担が少なくなっています。また2009年に一部改良がおこなわれ、ウェルキャリー付車両を販売しました。ルーフの上に車いすをリモコン操作によって電動格納できるウェルキャリーは、車いすを利用しているドライバーからも好評で、また新車販売価格としてもラクティスのウェルキャブ車は抑えることが出来ていたため流通量もあり、中古車市場としてのリセールバリューも良くなっていました。特に2010年以降に販売された2代目P 120型はまだ中古車買取店での買取も良い査定がつくことがあります。

ラクティスを買取専門業者に売却する時の3つのポイント

ラクティスを買取専門業者に高額売却するために必要な3つのポイントをご紹介します。
ラクティスを売却予定の方や、売却のために見積もりに出す予定がある方はぜひ参考にしてみてください。

不動車や事故車であっても買取は可能

故障などで動かなくなってしまった車や、事故によりフレーム構造などに損傷を負ってしまった車はエンジンがかかっても前に進まなかったりと修理が高額になったり、修理不可と判断されてしまうことがあります。そのような場合でも車の価値をつけて買取が可能な業者がいます。それは車の部品ごとに査定をすることが出来る廃車買取業者です。廃車買取業者は、自社に自動車の解体を行いリサイクルをすることが出来る施設を保有しています。その施設で自動車を解体する際に、車から中古車のパーツを取り出し、リサイクルパーツを生産販売することで利益を得ているため、車の状態が不動や事故車であっても買取が可能なのです。
またリサイクルパーツの生産設備に最新のものを持つ業者なら、リビルトパーツといって劣化した部品を取り換えて再利用できる状態にしたパーツも販売することが出来るため、様々な状態の車を再利用して利益を出すことが出来ます。もしも不動車なので査定0円と下取り時に言われてしまった車があれば、一度検討いただくことをおすすめします。

トヨタブランドは海外輸出車両の人気が高い

トヨタ自動車が世界戦略車として生産したラクティスは、積載量、走行性、燃費などトヨタの良いところが詰まった世界戦略車としても販売されていました。そのため、2016年に販売は終了してしまってはいるものの、買取額がそこまで落ちていないのです。特に海外輸出を行う業者なら、トヨタというメーカーの認知度と信頼性の高さから高い金額での売却が出来る可能性もあるため、買取額に期待することが出来ます。
ラクティスはトールワゴンのため積載量も大きく背の高い荷物を載せることも出来、乗員定員は5人ですがゆとりのあるボディサイズであるため、海外で人気がでやすい車になります。特に海外は貨物や、送迎用車として頑丈な車に人気がでやすいこともあるのでラクティスは買取がつきやすくなっているのです。

複数の業者で見積もりをとることがポイント

複数の業者が買取を行っていますが、どの業者がラクティスに高額査定をつけてくれるのか、初めて車を売却する方など難しい判断を迫られますよね。出来るだけ良い金額で買取をしてもらうためにおすすめの方法が、複数の業者へ相見積もりをとってみることです。
大手中古車買取店だけでなく、廃車買取業者や、トヨタ車だけを専門に買い取っている業者、海外輸出を主に行うため湾岸沿いにヤードをもっている業者など、いろいろな業者がいる中で、そのラクティスを最も高く買い取ってくれるところがどこなのか、一度見積もりをとってみて金額をだしてもらい、業者間に競合を促したり、交渉をしてみて買取額UPをしてもらうなど、相見積もりを出してもらうことで良い査定になる可能性がぐっとあがります。時間に余裕がないとなかなか出来ないことではありますので、車検が切れるタイミングなどぎりぎりになって売却を悩む前に前もっての見積もりをおすすめしています。

ラクティス(トヨタ)買取りのまとめ

ラクティス(トヨタ)は、人気の高い車種になりますが、廃車予定の状態や事故車になってしまうと高額買取が出来ないのでは、処分費用がかかるのではと思われるかもしれませんが、廃車や中古車買取の実績がある買取業者を選んでいただくことで、人気の高い車をお得に売却することが出来ます。

>>トヨタ車一覧に戻る

>>おすすめ廃車買取業者【全国版】へ戻る

>>廃車買取業者おすすめランキングへ戻る