廃車買取 酒田市のオススメ買取業者と手続きの流れ

山形県酒田市で廃車買取を検討されている方は必見です。

酒田市の廃車買取業者は、山形県の東側を中心に営業を行っており、主に自動車解体業者や輸出業者が行っています。また、他の都道府県と比べて自動車の保有台数が少ない為、自動車販売業者も低価格車の買取も強化している傾向にあり、年式が古い車でも走行距離が少なかったり、走行距離が多くても年式が新しい車などは高価買取が期待できるかもしれません。

酒田市の廃車買取 オススメ業者と必要情報

廃車って頻繁にするものではない為、オススメの廃車買取業者や、運輸支局での廃車手続き方法、その必要書類などを詳しい方も少ないと思います。

廃車買取をしてくれる業者はどこ?廃車手続きの必要書類は?廃車って費用かかるって聞いたけど、いくらくらいの費用がかかるの?…等々、分からないことだらけで不安なことも多いと思います。自動車の乗りかえ自体が、人生でも数回程度だと思います。廃車となればさらに少なくなりますよね。廃車のことは何も分からない、という方のために、酒田市で廃車をするときのオススメ情報や必要情報をお伝えいたします。

廃車買取 酒田市、一番オススメの業者さんをご紹介

酒田市の廃車買取を行っているカーネクストは、廃車同然の車や大きな事故車などでも買取している業界トップの廃車買取業者です

  1. どんな車でも0円以上の買取保証付き!
  2. 不動車でもレッカー引取料など無料!
  3. 廃車手続きなどの面倒な手続きも代行!
  4. 他社で「0円」と言われた車でも買い取ってもらえる可能性あり!

酒田市で廃車買取を依頼する際は、一度カーネクストに相談されるとよいでしょう。

廃車買取カーネクスト
廃車買取カーネクスト

カンタン20秒で入力完了!
無料見積はコチラ

酒田市で廃車手続きを行う運輸支局情報

酒田市で廃車手続きを行う自動車は、庄内ナンバーの付いている自動車が対象となりますが、県外からお引越しなどで山形県酒田市に転居した方において、住民票の住所地が酒田市の場合は手続きを行うことが出来ます。必要書類などを確認の上、準備をして運輸支局で手続きを行いましょう。

もし、運輸支局での手続きに不安な点がありましたら、運輸支局に電話をして詳細を確認するか、廃車手続きの専門業者に依頼しましょう。

酒田市の普通車の廃車手続きを行う庄内自動車検査登録事務所

所在地〒997-1321山形県東田川郡三川町大字押切新田字歌枕3
管轄エリア鶴岡市、酒田市、東田川郡、飽海郡(庄内ナンバー)
電話番号050-5540-2014
営業時間午前の部 8:45~11:45 午後の部 13:00~16:00
備考庄内自動車検査登録事務所では廃車手続きの他、ユーザー車検なども対応しています。国道交通省の自動車検査インターネット予約システムにて車検予約をすることができます。

酒田市の軽自動車の廃車手続きを行う山形事務所 庄内支所

所在地〒997-1321 山形県東田川郡三川町大字押切新田字歌枕109番地3
管轄エリア鶴岡市・酒田市・東田川郡・飽海郡(庄内ナンバー)
電話番号050-3818-8613
営業時間午前の部 8:45~11:45 午後の部 13:00~16:00
備考山形事務所 庄内支所では廃車手続きの他、ユーザー車検なども対応しています。

廃車手続きの必要書類

酒田市を管轄する運輸支局で廃車手続きを行う際に必要となる書類をご案内いたします。廃車手続きの必要書類は名義変更の必要書類と大きな違いはありませんが、廃車の場合、廃車買取業者によって、不要な車を買い取ってもらって、廃車手続きまで無料で行ってくれる業者も多いので、廃車買取業者に依頼した際の必要書類をご案内いたします。

必要書類の詳細に関しては、廃車手続きを依頼する専門業者に確認することをおすすめします。

普通車を廃車手続きをするときの必要書類

酒田市で普通車の廃車手続きを行うときは山形運輸支局または庄内自動車検査登録事務所にて手続きを行います。廃車手続きに必要な書類は軽自動車と異なりますので事前に確認しましょう。必要書類は下記の通りです。

  1. 自動車検査証(車検証、原本が必要です)
  2. 印鑑証明書(市役所で発行してもらってから3ヶ月以内のもの)
  3. 譲渡証明書(所有者の実印の署名と押印が必要)
  4. 委任状(所有者の実印の署名と押印が必要)

軽自動車を廃車手続きをするときの必要書類

軽自動車の廃車手続きは普通車と比較すると準備する書類が少ないため、比較的短期間で準備できる書類となります。必要書類は下記の通りです。

  1. 自動車検査証(車検証、原本が必要です)
  2. 申請依頼書(所有者の認印の押印と署名が必要)

廃車手続き代行依頼は得か損か

廃車手続きには、自分で書類を揃えて運輸支局で申請登録し行う方法と、業者へ登録手続きの代行を依頼し行う方法があります。車の手続きなどが苦手という方や、手続きのためになかなか時間を作ることが出来ないという方は、廃車手続きの登録代行サービスについて知りたいという方も多いと思います。こちらでは、廃車手続きの登録代行を依頼することはお得なのか、損をしてしまうのかについて詳しくご紹介します。

廃車手続きの代行依頼は得?メリットとは

廃車手続きの登録代行を依頼することはお得なのか、こちらではそのメリットについてご紹介します。廃車手続きの登録代行を依頼すると、まず廃車手続きに必要な書類の準備に関して、登録代行をしてくれる業者によるアドバイスや、必要書類の案内を受けることが出来ます。まず、廃車手続きを初めて行うという方はどのような書類が必要かということも分からないため、スタートから不安を感じる方も多いと思います。業者へ代行を依頼することで、どんな書類を役所や法務局で取得する必要があるのか、書類を揃える時の注意点などを聞くことが出来るため安心して手続きに取り掛かることが出来るのです。
また、廃車手続きを行うなら必ず管轄の運輸支局(軽自動車なら管轄の軽自動車検査協会)へ申請を行います。この申請を受け付けている時間は平日の夕方までとなっており、平日にお仕事を行っている方や、運輸支局が遠方のため移動に時間がかかってしまうという方や、申請自体が手間と時間がかかってしまうのです。業者への代行を依頼すると、郵送でのやりとりで移動をする必要がなかったり、平日に手続きを代わりに行ってもらえることで依頼者側の負担を軽減することが可能になっています。

廃車手続きの代行依頼は損?デメリットとは

廃車手続きの登録代行を依頼することで損をしてしまうのか、こちらではそのデメリットについてご紹介します。廃車手続きを業者へ登録代行依頼した場合、廃車手続きなどの書類手続き代行を専門に行う業者へ依頼することになります。書類の手続き代行を専門に行う行政書士事務所で廃車手続きの代行を依頼すると、依頼手数料の相場はいくらくらいかご存知でしょうか。地方や、管轄のエリアごとに行政書士事務所の相場も異なりますが、平均で5,000円から10,000円程度かかってしまうのです。本来、自分で書類を揃えて廃車手続きを行った場合、書類を準備する役所での取得の手数料は500円~1,000円、運輸支局での申請手数料は一車両350円となっており、個人ですべてを完了することが出来れば2,000円前後で実は手続きを行うことが出来るのです。
廃車手続きを行うためにかかる時間や手間を考えると費用がかかっても、代行を依頼したほうが負担がなく助かるという方が多いとは思いますが、出来るだけ費用を抑えたいですよね。このように廃車手続きの代行費用が高額になってしまうことを避けるためにおすすめの代行を依頼できる業者があります。それは、廃車買取を専門に行っている業者です。廃車の買取費用のなかに廃車解体費用や廃車手続きの費用を含めている業者も多く、別途の手数料がかからないという業者もあります。その場合、廃車は買い取ってもらえて、廃車に必要な費用はかからずかなりお得に廃車が出来るのです。廃車手続き代行を依頼する業者を選ぶ時はぜひ代行費用に注目してみることをおすすめします。

廃車手続きをする際の注意点

廃車手続きをする際に注意すべき点をまとめます。廃車をした後にお金がかかることや、通常の必要書類だけでは廃車手続きができない場合などをご説明します。事前にチェックして、専門業者に依頼する際は、該当事項があれば伝えましょう。

リサイクル料金が未預託の場合は支払いが必要

廃車をする際は、基本的に全国どこの業者でもリサイクル料金が未預託の場合は支払いしなければなりません。業者によって異なると思いますが、廃車の引取前に見預託が分かっていれば事前にその料金を支払ってから廃車の引取りを引き受ける場合や、引取後にリサイクル料金の請求がくる場合など、業者によって異なると思いますので確認しましょう。

尚、リサイクル券がなくても支払い済みの場合は費用がかかることはありません。

車検証の所有者情報と印鑑証明書の情報が異なる場合

普通車を廃車手続きする場合、車検情報が印鑑証明書情報と一致していなければなりません。例えば、引越しなどによって住所地を変更している場合は、住民票または戸籍附票が必要です。

  1. 引越しが一度の場合は住民票
  2. 引越しが二回以上の場合は戸籍附票

ようするに、車検証の住所から印鑑証明書の住所へ変更なったことが分かる書類が必要となります。

車検証の所有者がローン会社になっている場合

新車や中古車を購入するときにローンを組んで購入している場合は、所有者がローン会社になっているケースがあります。この場合は下記の書類が必要となります。

  1. ローン会社の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
  2. ローン会社の譲渡証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
  3. ローン会社の委任状(発行日から3ヶ月以内のもの)

所有者がお亡くなりの場合の廃車手続き

所有者がお亡くなりの場合は、相続手続きになりますので通常の廃車手続きとは異なり複雑になります。その場合の必要書類についてご説明いたします。尚、遺言状がある場合は下記の内容とは異なりますので詳細はそれぞれの専門業者にお問合せください。下記は、遺言状がない場合の必要書類をご案内いたします。

相続の廃車手続き必要書類

相続人がいる場合の必要書類は下記の通りとなります。

  1. 遺産分割協議書(相続人全員の署名と捺印が必要、代表相続人に限り実印の押印が必要)
  2. 印鑑証明書(代表相続人のみ必要、市役所発行から3ヶ月以内のもの)
  3. 戸籍謄本(相続人の全員が記載されているもの)
  4. 除籍謄本(所有者の出生から死亡が記載されているもの)

遺産分割協議書はインターネットなどからダウンロードすることも出来ますが、戸籍謄本や除籍謄本は本籍地で発行してもらわなければなりません。申請方法は窓口に直接行って申請する場合と、郵送で申請する方法があります。

相続人にあたる人

自動車の手続きにおける相続人とは、所有者の配偶者、子供の全員をいいます。例えば、子供のうち結婚などによって除籍されている方がいる場合は、その方が除籍される前の情報が記載されている改正前原戸籍が必要になります。

酒田市で廃車買取や引取りを対応しているその他の業者一覧

酒田市で廃車買取や引取りを対応しているその他の業者をご紹介します。

車買取&販売 ベリーカーズ 山形店

所在地〒990-0832 山形県山形市城西町5丁目3−27
対応エリア山形県酒田市エリア含む
電話番号023-647-8288
受付時間9時00分~19時00分
備考車買取&販売 ベリーカーズ 山形店は山形県山形市に営業所を構え、自動車販売店を営業しています。複数の中古車を展示しているので、廃車のあとの乗り換えの相談などもしてみるとよいでしょう。

株式会社ナプロアース

所在地〒960-0719 福島県伊達市梁川町やながわ工業団地63−1
対応エリア山形県酒田市エリア含む
電話番号024-573-8091
受付時間9時00分~18時00分
備考株式会社ナプロアースは福島県伊達市に営業所を構えていますが、山形県の東側部分の廃車買取などに対応しています。

山形オートリサイクルセンター株式会社

所在地〒998-0104 山形県酒田市広栄町2丁目226−2
対応エリア山形県酒田市エリア含む
電話番号0234-31-2522
受付時間9時00分~17時30分
備考山形オートリサイクルセンター株式会社は、山形県酒田市に営業所を構え、山形県の西側の廃車買取に対応しています。

株式会社永田プロダクツ

所在地〒998-0075 山形県酒田市高砂官林続10−11
対応エリア山形県酒田市エリア含む
電話番号0234-43-1272
受付時間9時00分~18時00分
備考株式会社永田プロダクツは、山形県酒田市に営業所を構える自動車解体業者です。主に、山形県内の西側の引取りなどに対応しています。

酒田市の廃車買取まとめ

酒田市で廃車買取を依頼するときは、車種や年式、車輌状態を確認して専門業者に問合せをすると、トラックやディーゼル車などをはじめとして買取をしてもらえる可能性があります。

また、運輸支局での廃車手続きにおいても面倒な手続きが全て専門業者が行ってくれます。年度末など自分で廃車手続きに行く場合は、必要書類を準備の上、一度運輸支局に電話して準備した書類できちんと廃車手続きを行うことができるかどうかを確認してから手続きに行きましょう。

北海道・東北エリアの廃車買取業者

北海道・東北エリアの廃車買取おすすめ業者をまとめました。
◇北海道・東北エリア
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

 

おすすめ廃車買取業者【全国版】へ戻る  

廃車買取業者おすすめランキングへ戻る