ナンバー付きの放置車両が増加?!放置車両を撤去するには

店舗の駐車場などに長期間にわたって放置されている車や空き地などに放置されたままのボロボロの車を見かけたことはありますか?どう見てもボロボロで動かないような放置車両にしか見えなくても、撤去などがされずにずっと置いたままの車もまれにあります。では、そのような車はなぜ撤去されないのでしょうか?それは、被害者(放置車両が停めてある土地の所有者の方)の負担が大きい問題があげられます。

こちらの記事では放置車両の撤去について詳しくご説明したいと思います。放置車両の撤去となるとかなりの手間や負担がかかりますが、所有者さえわかっており所有者の承認さえあれば放置車両の撤去はそれほど手間がかかるものではありません。放置車両でお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

放置車両の撤去には所有者の許可が必要

放置車

私有地の放置車両の撤去には所有者の許可が必要ということが法律上で決められています。つまり、私有地の放置車両を撤去しようとすると所有者がわかっていない場合はとくにかなりの手間がかかってしまうのです。私有地の放置車両の撤去はトラブルに繋がりやすく、慎重な対応が必要となります。また、警察には民事不介入という原則があるため、警察であっても私有地にある放置車両を撤去することは出来ないという決まりがあります。警察に介入してもらえないとなると自分でどうにかするしかないので、かなり厄介です。放置車両を撤去するための段取りについてご説明いたします。

勝手に撤去を行ってはいけない

たとえば放置車両が停まっている場所が私有地であっても放置車両を勝手に撤去してしまうと、のちに損害賠償を請求されてしまう可能性が考えられます。公道の路上に放置されていた車であれば警察に通報するだけでレッカー移動してもらえますが、私有地の場合、警察は『民事不介入』の原則で動いてはくれないだけではなく、所有者の許可がない以上は勝手にレッカーを依頼することも不可となっており、所有者が分からないとなると対応してもらえないでしょう。

まずは警察に相談をしましょう

放置車両でお困りなのであれば、まずは警察に相談をするのが良いでしょう。しかし、警察が対応できるのは道路などの公道に停めてある放置車両に限られます。警察には民事不介入という原則があるため、警察が私有地にある放置車両を撤去することは出来ないのです。公道の路上に放置されていた放置車両であれば、警察に通報するだけでレッカー移動してもらえるが、私有地の場合、警察に持って行ってもらうことは基本的に難しいです。しかしその放置車両が盗難車などの事件性がある車の場合は、保管のために移動をしてくれるなど警察が動いてくれる可能性が考えられます。放置車両でお困りの場合、まずは警察へ相談をされてはいかがでしょうか。

所有者の許可を得たうえで代理で業者へ依頼

放置車両の所有者に許可を得ているのであれば、代理で廃車依頼を行うことが可能となっています。そこで良い方法が業者へ依頼をするという事です。所有者と直接の意思確認を取ることが出来れば業者は対応してくれますので、代理で依頼をすることが可能となります。業者に依頼を出来るのはあくまで所有者の同意を得ている場合であり、手続きに必要な書類を揃えることができるケースに限られますので注意してください。

放置車両の所有者へ連絡と通知

困っている女性

放置車両の対応には、持ち主の確認が大前提となります。所有者がわかっている放置車両であれば、手続きや対応はまだスムーズな方法もあります、しかし、厄介なのが所有者がわからない場合の放置車両です。では、所有者がわからない放置車両の場合に所有者情報を調べる方法とは?放置車両の所有者情報を確認する方法についてご説明いたします。放置車両でお困りの方は、参考にしてみてください。

所有者情報は個人情報にあたる

放置車両の中にはナンバープレート付きの放置車両も少なくはないのが実態です。ナンバープレート付きの放置車両となると所有者がすぐにわかるのでは?と疑問に感じるかもしれませんが、所有者情報はあくまで個人情報であるため、たとえ放置車両であっても簡単に所有者情報を開示してもらえるわけではないのです。所有者情報を調べるには正式な手続きが必要となります。

現在登録事項や検査記録事項の開示請求

現在登録事項や検査記録事項の開示をしてもらうことが出来れば、所有者の氏名・住所を確認することが可能となります。しかし、現在登録事項や検査記録事項の開示請求には申請手続きが必要となるのです。申請手続きを行う場所は、放置車両が普通自動車の場合は運輸支局、放置車両が軽自動車の場合は軽自動車検査協会となっています。

申請手続きに必要なもの

現在登録事項や検査記録事項の開示請求の申請手続きに必要なものは、以下の5点になります。

  1. 交付申請を行う人の身分証明書
  2. 放置車両のナンバー
  3. 放置車両の車台番号
  4. 放置車両の写真
  5. 放置現場の見取り図
  6. 放置されている期間の記録

放置車両にかかる処分費用とは

車のお金

車の処分となると費用がかかるというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?それが放置車両や不動車となるとレッカーなどでの運送が必要となるため、高額な費用が掛かるというイメージを持っている方も多いようです。では、放置車両の処分にはいくらの費用が掛かるのでしょうか?放置車両に限らず車の処分にかかる費用について詳しくご説明いたします。

車の処分にかかる費用とは

放置車両となると不動の車の可能性が高くなるでしょう。不動の車や鍵がない車の撤去を依頼するにはレッカー会社への依頼が必要となります。レッカー代はおおよそ1万円~3万円となっており、決して安い費用ではありません。しかし処分にかかる費用はそれだけではなく、レッカーを依頼した後は解体業者まで運んでもらい、解体業者に車の解体をしてもらう必要があります。車の解体費用とは、おおよそ1万円~2万円となっています。

処分費用を抑えるには

車の処分費用を抑える方法としては、廃車買取業者へ依頼をするという方法があります。廃車買取業者とは廃車を専門としている業者であり、車の引取りから解体、陸運局での廃車に関する手続きの代行など廃車に関するすべてを行っています。それだけではなく廃車買取業者によっては、レッカー代などの引取り費用や陸運局での廃車に関する手続きの代行費用などすべて無料で対応してくれますので、余計な費用をかけずに放置車両を処分することが可能なのです。しかし、廃車買取業者への依頼は所有者の必要書類や所有者の確認が必要となりますのでご注意ください。

廃車業者への依頼に必要な書類

軽自動車か普通自動車によって、必要な書類は異なります。廃車業者へ放置車両の処分依頼をする際に必要な書類は以下の通りです。

軽自動車の場合に必要な書類

  1. 車検証
  2. 自賠責保険証
  3. リサイクル券
  4. 所有者の認印

普通自動車の場合に必要な書類

  1. 車検証
  2. 自賠責保険証
  3. リサイクル券
  4. 所有者の印鑑登録証明書
  5. 譲渡証明書
  6. 委任状
  7. 所有者の実印

まとめ

今回は放置車両の撤去方法についてご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?放置車両に関しては増加傾向にあることから問題となっています。放置車両というのは、なかなか厄介なものです。こちらが被害者であるにもかかわらず損害をおってしまう可能性もあります。放置車両でお困りの方は、まずは警察に相談をするようにしてください。

放置車両を買い取ってくれる廃車買取業者を探す

全国47都道府県の廃車買取おすすめ業者をまとめました。
◇北海道・東北エリア
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

◇関東・甲信越エリア
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 山梨県 長野県

◇中部エリア
富山県 石川県 福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県

◇近畿エリア
滋賀県 京都府 兵庫県 大阪府 奈良県 和歌山県

◇中国・四国エリア
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県

◇九州・沖縄エリア
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

 

くるまのニュース一覧へ戻る