【廃車買取】ヴァンガードは廃車でも買取価格が付く!

廃車となってしまったヴァンガードの処分に困っている方、そのヴァンガードを一度買取に出してみませんか?
ヴァンガードは、廃車となってしまっても買取価格が付く可能性が高い車なので、そのまま眠らせておくにはもったいない車なんです。

古くなった車を中古車として買取に出した経験のある人は多いと思いますが、廃車を買取に出した経験のある人は少ないのではないでしょうか。
多くの人が知らないようですが、買取価格が付くのは”運転可能な車”だけではありません。実はヴァンガードに限らず、廃車になっても買取価格が付く可能性のある車は多々存在します。

廃車にも買取価格が付くなんて信じられないかもしれませんが、理由は簡単。
車の価値は、走行させることだけではないからです。
車は、ボディに使用されている鉄やアルミ素材、タイヤのゴムなど、車そのものに大きな価値がある乗り物なのです。

さらに廃車の状態によってはパーツごとに細かく分解し、エンジン内部やホイール、ネジやバネなどを再度利用することも可能。
そのため廃車にも価値があり、故障や事故で全く動かなくなった車でも高値で買取られる場合が多いのです。

廃車に買取価格が付くという事実には不明点も多く、「廃車を買取に出したいけど少し不安」という声をよく耳にします。

そこで今回は【ヴァンガードの廃車としての市場価値】を徹底的に調査。
この記事では、廃車のヴァンガードの買取実例から高値で買取られる理由、そして記事の終盤には実際に廃車のヴァンガードを買取に出した人の体験談までを掲載しています。

 

トヨタ車 強化買取中

 

廃車のヴァンガードの買取金額例

実際に、廃車となったヴァンガードが高値で買取られた実例は多々あります。

数多くある実例の中から一部を抜粋して表にまとめたので、ぜひ買取に出す際の参考にしてみてください。

※注意※
下記掲載の【廃車のヴァンガードの買取例一覧表】はあくまでも一例であり、買取価格を保証するものではありません。
廃車の買取は「ボディの破損状態」や「エンジンの状態」など多くの状態を考慮して決定されるため、同じ車種・年式・走行距離であっても買取金額は大きく変動します。

廃車のヴァンガードの買取例一覧表

[ 車種 / 年式/ 走行距離 / 買取金額 ]

ヴァンガード DBA-GSA33W / 2010年式 / 1.3万km / 130.0万円

ヴァンガード DBA-GSA33W / 2010年式 / 3.0万km / 90.0万円

ヴァンガード DBA-GSA33W / 2010年式 / 9.0万km / 55.7万円

ヴァンガード DBA-ACA38W / 2010年式 / 3.1万km / 80.0万円

ヴァンガード DBA-ACA33W / 2009年式 / 16.0万km / 5.0万円

ヴァンガード DBA-ACA33W / 2009年式 / 16.0万km / 5.5万円

ヴァンガード DBA-ACA33W / 2008年式 / 29.0万km / 30.2万円

ヴァンガード DBA-ACA33W / 2008年式 / 30.5万km / 17.8万円

ヴァンガード DBA-ACA33W / 2008年式 / 29.0万km / 30.0万円

ヴァンガード 240SG / 2008年式 / 7.5万km / 28.0万円

ヴァンガード 240SG / 2008年式 / 7.5万km / 28.9万円

ヴァンガード / 2008年式 / 10.5万km / 1.4万円

ヴァンガード DBA-GSA33W / 2007年式 / 23.2万km / 22.0万円

ヴァンガード DBA-GSA33W / 2007年式 / 23.0万km / 25.5万円

ヴァンガード DBA-GSA33W / 2007年式 / 15.0万km / 30.0万円

ヴァンガード DBA-GSA33W / 2007年式 / 20.0万km / 16.5万円

ヴァンガード DBA-GSA33W / 2007年式 / 17.0万km / 20.5万円

ヴァンガード DBA-GSA33W / 2007年式 / 23.0万km / 20.8万円

ヴァンガード ACA33W / 2007年式 / 17.0万km / 14.0万円

ヴァンガード DBA-ACA33W / 2007年式 / 4.7万km / 5.0万円

ヴァンガードの廃車買取業者

ヴァンガード買取No.1 廃車買取のカーネクスト

廃車買取カーネクスト
廃車買取カーネクスト

年式の古いヴァンガードで、廃車にするような車でも買取してくれる、業界では最大手の会社がカーネクストです。年間買取・引取台数ともに業界トップクラスのカーネクストは、通常ディーラーで処理してもらうのにはレッカー代や廃車代など費用を取られるパターンが殆どですが、ここでは廃車であろうが、事故車・故障車のヴァンガードであってもその費用が一切かからないことで有名です。陸運局での登録抹消手続きまで代行してもらえて、更には買取までしてもらえることもあるとの強者ぶりを発揮しています。ただしやはり低年式・多走行での事故車ならさすがに買取金額がつかないような場合でも、レッカー費用も手続き費用も掛からない、0円以上を売りにしていますので、安心して任せることでしょう。特にトヨタ車で、SUVタイプの車両は買取を強化している業者です。

カーネクストの特徴

業界トップクラスの取り扱い台数
■どんな車でも0円以上の買取保証
■事故車で動かなくてもレッカー費用無料
■陸運局での登録抹消手続きも無料代行※印紙代も不要
電話口でそのまま買取金額を知ることができる
■ディーゼル車・商用車・トラックなら高額買取実績多数
専用コールセンターを設置しているので対応力が高い
365日・全国対応可能

カーネクストの評価

買取金額対応力取り扱い台数
★★★★★★★★★★★★★★★

 

ヴァンガードが廃車でも買取られるのはなぜ?

廃車でも買取価格が付く一般的な理由は先に述べましたが、車種ごとに違いはあるのでしょうか?
ヴァンガードが廃車でも買取られる、その理由を詳しく解説していきます。

ヴァンガードが廃車でも買取られる理由

ヴァンガードは、2007年からトヨタより販売開始されたクロスオーバーSUVです。
従来のクロスオーバーSUVよりもデザインや機能、装備などに高級感を求め、『高級クロスオーバーSUV』として販売されました。

しかし残念ながらヴァンガードは、2013年に製造・販売を終了させています。
約6年間の販売期間の中でフルモデルチェンジは一度も行われず、最終モデルは「初代・A33W型ヴァンガード」です。

ヴァンガードの魅力は何と言ってもその【走破性能の高さ】にあります。
クロスオーバーSUVなので本格派オフロード車とは言えませんが、その走破性能はかなり高いです。
駆動方式は「2WD」と「4WD」の2種類で、4WDであれば走破性能は本格派オフロード車と同等となります。

また、ヴァンガードの特徴として【大きめのタイヤ】が挙げられますが、これもヴァンガードが廃車となっても高値で買取られる理由の一つ。
グレードによって異なりますが、「350S」グレードではワイドタイヤを装着しています。
タイヤは単体でも十分に価値の高いパーツなので、故障などで車が動かなくなってもタイヤが無事であれば査定評価は上がるのです。

最後に、ヴァンガードが【トヨタ製】ということも魅力の一つになります。
世界各国から絶大な信頼を得ているトヨタは、トヨタ製ということだけで価値が高まります。

このことから、ヴァンガードは廃車となっても高値で買取られる傾向にあるようです。

実際にヴァンガードを買取に出した人の口コミ

・中古車で購入したヴァンガードが故障してしまい、廃車となってしまいました。
まだ購入してから5年しか経っていなかったので残念でしたが、廃車の買取を行っている会社に連絡したら高く買取ってもらえたのでラッキーでした。
僕の乗っていたヴァンガードは中古車で購入した時から結構カスタムされてて、そのまま乗っていたのですが、そのカスタムのおかげで高く買取ってもらえたみたいです。
エンジン系統の故障だったらしいので、車内の機能とかは全然使えるみたいで、それも買取額に反映されているとのこと。想像していたよりも高く買取ってもらえたので満足しています。
ただ、ヴァンガードは今人気のSUVだから、本当は廃車よりも中古車として買取に出したほうがお金にはなるみたいです。

・10年乗ったヴァンガードで正面衝突の事故に遭い、ボンネットやフロントガラスが大破してしまったので廃車にしました。
どう見ても大破してしまっていて買取ってもらえるのか不安でしたが、とくに何の問題もないようで、1時間みっちり査定してもらって19万円で買取られることに。
元々、そろそろ買取に出そうと思っていて中古車店に査定をしてもらったりしていたのですが、その時よりも高い買取価格で買取ってもらえました。
上級グレードだったので装備が良いらしく、その分買取価格が上がったんだとか。事故で大変な目に遭いましたが、せめて高い買取価格で買取ってもらえてよかったです。
ちなみにヴァンガードはすでに新車販売を終えていますが、そういうのは買取価格に関係ないようです。

>>トヨタ車一覧に戻る

>>おすすめ廃車買取業者【全国版】へ戻る

>>廃車買取業者おすすめランキングへ戻る