日野自動車のリコール情報 | 令和2年9月24日 リコール届出

令和2年9月17日に、平成29年6月23日~令和2年7月21日に製作された日野自動車計1,638台についてリコール届出が国土交通省に提出されました。

こちらの記事では、今回リコール届け出がされた日野自動車の詳しい情報についてご紹介いたします。また、リコール対象車の調べ方リコール対象車となったときの対応方法のほかリコール対象車をお得に廃車する方法についてもご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

日野自動車令和2年9月24日リコール情報

日野プロティア

令和2年9月24日にリコール届出がされた日野自動車対象車および不具合状況と改善内容についてご説明いたします。車検証に記載されてある通称名、型式、車台番号を照らし合わせてご確認ください。

日野自動車令和2年9月24日リコール届出の対象車

通称名:日野プロフィア
型式:2PG-FN1AGA、2PG-FN1AGG、2RG-FN1AGG、2PG-FN1AJG、2PG-FR1AHG、2PG-FR1AHJ、2RG-FR1AHG、2RG-FR1AHJ、2KG-FR1EHG、2KG-FR1EHJ、2PG-FR1EHG、2PG-FR1EHJ、2PG-FR1AJA、2PG-FR1AJG、2PG-FR1AJX、2PG-FR1AGA、2PG-FQ1AJG、2PG-FQ1AJJ、2PG-FS1AHG、2RG-FS1AHG、2DG-FS1EHP、2KG-FS1EHG、2PG-FS1EHG、2PG-FW1AHG、2PG-FW1AHJ、2RG-FW1AHG、2RG-FW1AHJ、2PG-FW1AJG、2DG-FW1EHV、2PG-FH1AGG
車台番号:FN1AG-100016~FN1AG-101614、FN1AJ-100022~FN1AJ-101628、FR1AH-100058~FR1AH-101562、FR1EH-100041~FR1EH-101428、FR1AJ-100017~FR1AJ-100937、FR1AG-100067~FR1AG-100106、FQ1AJ-100018~FQ1AJ-101091、FS1AH-100176~FS1AH-100885、FS1EH-100349~FS1EH-100688、FW1AH-100177~FW1AH-113824、FW1AJ-100135~FW1AJ-100208、FW1EH-101494~FW1EH-102029、FH1AG-100384~FH1AG-100386
リコール対象車台数:計1,638台

日野自動車の不具合状況と改善内容

今回リコール届出がされた日野自動車の不具合状況は、大型トラックの横吊り式スペアタイヤキャリヤのブラケットにおいて強度設計が不適切なため、ブラケットの強度が不足しており走行振動等によりブラケットに亀裂が生じるものがあるとのことです。そのため、そのまま使用を続けると亀裂が進行し、最悪の場合スペアタイヤが脱落するおそれがあります。改善内容としては、全車両スペアタイヤキャリヤのブラケットを対策品に交換を行います。

リコール対象車の調べ方

車とパソコン

所有している車がリコール対象車となって場合には、自動車メーカーやディーラーからリコール対象車となったことを知らせるリコール通知が届きます。しかし例外として、住所変更手続きや名義変更手続きを行っていなかった場合にはリコール通知が届きません。では、そのような場合にはリコール対象車かどうかをどのように知ればよいのでしょうか?リコール対象車の調べ方について詳しくご説明いたします。

リコール情報検索アプリ

リコール対象車の調べ方において、国土交通省のアプリである「リコール情報検索アプリ」を使用して調べる方法があります。リコール情報検索アプリは、自動車のメーカー名や型式を入力するだけで簡単に検索を行えます。型式は車検証にてご確認いただけます。リコール情報検索アプリでは、車台番号の幅で示されていますので、併せて車台番号もご確認ください。生産工場やグレードの違いなどによっては対象とならない車輌が含まれている場合もありますので、個別の車輌の確認に関しては各自動車メーカーまでお問い合わせください。

GooglePlay(Android)からリコール情報検索アプリをダウンロード

Apple Storeからリコール情報検索アプリをダウンロード

自動車メーカーの公式サイト

リコール対象車の調べ方において、「自動車メーカーの公式サイト」を使用して調べる方法があります。各自動車メーカーの公式サイトより車台番号を入力するだけで、リコール内容を確認することが可能です。不明点などがある場合には、車検証を手元に準備したうえでメーカーに直接問い合わせましょう。

実施状況を確認する方法

中古車で車を購入をした場合に、リコール対策が実施されているかどうかを確認する方法があります。きちんとしたルートで購入しているのであれば、リコール対策が実施されていることがほとんとですが、念のために確認しておくと良いでしょう。リコール対策が実施されているかどうかを確認する方法は、整備記録簿がある場合は、リコールが届けられた時期の記録を確認してください。また、自動車メーカーの公式サイトにて車台番号を入力することで実施状況を確認することも可能となっています。

リコール対象車となったときの対応

自動車点検

リコール届けは年間400件以上提出されており、決して珍しいことではありません。車を所有している方にはだれしもに起こりうることです。しかし、リコール制度というのはあくまで未然に故障や事故を防ぐための制度であり、しっかりと対応をする必要があります。所有している車がリコール対象車となったときの対応について詳しくご説明いたします。

点検・修理依頼を行う

リコール制度により、自動車メーカーによるリコール対象箇所の点検・修理は無料となっています。修理費等の費用の心配はいりません。しかし、リコール対象箇所の点検・修理は自動車メーカーによるもので、指定されたディーラーのみとなっていますので指定された工場に依頼するようにしましょう。リコール制度に有効期限はありませんが、所有している車がリコール対象車となった場合には、はやめに点検・修理をしてもらいましょう。

リコールを放置していたら

リコール内容はその時々によってさまざまで、走行にはあまり影響のないケースもあります。しかし、内容によっては所有している車がリコール対象車となっているにも関わらず、それを知りながらも放置していた場合、事故に繋がってしまう可能性が考えられます。また、リコール対象箇所が保安基準に関わる場合には、車検に通らない可能性も考えられるのです。リコール対象車となった場合には、自身のためにもきちんと対応を行いましょう。

リコール対象車は売却可能?

車のお金

リコール対象車となったことで車の処分を検討する方や、処分を考えている車にリコール対象歴があるという方は、リコール対象車でも買取りをしてもらえるのかどうかが気になるのではないでしょうか。結論からいうと、リコール対象歴がある車であっても問題なく買取対応をしてもらうことが出来ます。つぎに、買取査定を出す際のリコール対象の影響リコール対象車を処分するのにおすすめの方法についてもご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

リコール対象歴は査定に影響なし

リコール対象歴は買取査定に影響ありません。車の買取査定は基本的に、年式や走行距離、事故歴・修復歴の有無から算出されます。リコール対象歴があったとしても点検・修理の対応をきちんとしていれば、影響はないと考えて良いでしょう。注意して頂きたいのは、リコール対象箇所以外の故障や不具合、修復歴は査定額に大きく影響があるという事です。

廃車買取業者の利用がおすすめ

リコール対象車の売却先としておすすめなのが、廃車買取業者への依頼です。廃車買取業者とは廃車を専門としている車買取業者で、車の引取りから解体、廃車に関する陸運局での代行手続きなどをすべて無料で行ってくれます。自身ですることは車検証などの必要書類を揃えるだけで良いのです。それだけではなく、車の年式や走行距離、状態によっては価格を付けて買い取ってもらえる可能性もあります。リコール対象車の売却先をお探しの場合は、廃車買取業者への見積もり依頼をおすすめいたします。

廃車を買い取ってくれる廃車買取業者を探す

全国47都道府県の廃車買取おすすめ業者をまとめました。

廃車買取業者を探す

◇北海道・東北エリア
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

◇関東・甲信越エリア
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 山梨県 長野県

◇中部エリア
富山県 石川県 福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県

◇近畿エリア
滋賀県 京都府 兵庫県 大阪府 奈良県 和歌山県

◇中国・四国エリア
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県

◇九州・沖縄エリア
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

 

リコール情報一覧へ戻る