三菱パジェロが生産終了!?廃車買取相場はどうなる?調査してみた

三菱自動車は、2021年上期にパジェロが生産終了することを発表しました。
これは、三菱自動車の子会社である岐阜県坂祝町にある「パジェロ製造の工場」が閉鎖されることによるものです。今回、海外向け(東南アジア諸国、オーストラリア、中国など向け)に出荷しているレジャー用多目的車(RV)パジェロの生産終了の発表がありましたが、国内向けのパジェロはすでに2019年に生産終了しています。

こちらの記事では、パジェロの生産終了による影響パジェロの買取相場についてご紹介いたします。また、パジェロをお得に廃車するおすすめの方法についても詳しくご説明いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

パジェロを売るなら複数の廃車買取業者へ見積を!

どんな車も0円以上買取保証

 

パジェロの生産終了による影響とは?

パジェロ

1982年に初代モデルが発売され90年代には「RVブーム」の先駆けとなるなど、パジェロはかつて三菱自動車の看板車種ともいわれていました。そんなパジェロの2019年の国内向け生産終了につづき、2021年の海外向け生産終了のニュースには、衝撃を受けたユーザーも多いのではないでしょうか。

ではパジェロが生産終了することによる影響とは、どのようなことがあるのかを見ていきたいと思います。

純正の修理パーツがなくなってしまう

パジェロが生産終了するということは、もちろんパジェロに使用されている純正パーツ等も順次製造廃止になっていくということです。基本的に純正パーツ等は、その車体の生産終了後すぐに製造廃止となるわけではないので、しばらくはどの純正パーツも入手できます。しかしパジェロを愛用している方がなにかしらの原因でクルマの修理をだしたときなどに、いずれ純正の修理パーツが入手しにくくなってしまうということになるでしょう。人気の車種であればあるほど純正パーツも求められますので、リサイクルパーツやリビルトパーツとして再利用できるのであれば、中古車としては難しくても部品としての価値が付きます。

人気車両以外の買取金額は低下予想

パジェロに限らずですが、生産終了している車種もしくは生産終了予定の車種の場合、人気車両以外は買取金額がつきにくくなってしまう傾向があります。中古車市場の買取相場とは、買取専門店や中古車販売店に売却する時点の価格です。車種や状況によっては1カ月もしくはたった1週間でも買取価格が変動することは珍しくありません。つまり中古車としての人気のある車種は買取相場も高くなりますし、人気があまりない車種だと買取相場も下がってしまいます。

パジェロの買取相場

買取価格

型式別走行距離別走行状態別パジェロの買取相場についてご紹介したいと思います。
ご自身の所有しているパジェロの型式や状態と照らし合わせて、参考にしてみてください。
買取相場が下がりやすいエリアはコチラです。
北海道・東北エリア
北海道や東北エリアは、車の下回りが錆びになっていることが多いので相場よりも10%ほど低くなりやすいです。

新潟県
新潟県は、車の下回りの錆とオークション会場の規模が小さいため相場よりも20%ほど減少する場合があります。

四国エリア
四国エリアは、オートオークション会場の規模が小さいため相場よりも10%ほど低くなる場合があります。

沖縄県
沖縄県は、本州に比べて普通自動車の需要が少ないので相場よりも30%ほど低くなるケースがあります。

三菱・パジェロ(型式:V23W)の買取相場

1993年(平成5年)に発売された型式v23wのパジェロは、20万キロ以上走行していても車の状態が良ければ10万円の買取金額になっています。
事故車や故障車、不動車になると買取相場は低くなります。

走行距離10万キロ走行距離20万キロ
可動車3~15万円0~10万円
不動車0~5万円0~5万円

三菱・パジェロ(型式:V44W)の買取相場

1993年(平成5年)に発売された型式v44wのパジェロは、走行距離が10万キロだと20万円の買取相場になっています。
発売されて20年以上経っていますが、可動車であれば買取金額に期待できます。

走行距離10万キロ走行距離20万キロ
可動車5~20万円3~15万円
不動車0~7万円0~5万円

三菱・パジェロ(型式:V73W)の買取相場

2003年(平成15年)に発売された型式v73wのパジェロは、走行距離が20万キロぐらいでも15万円の買取金額がつく相場になっています。
買取業者によっては、もう少し高く買い取ってくれるかもしれません。

走行距離10万キロ走行距離20万キロ
可動車5~20万円3~15万円
不動車0~7万円0~5万円

三菱・パジェロ(型式:V75W)の買取相場

2003年(平成15年)に発売された型式v75wのパジェロは、走行距離が10万キロでも車の状態が良ければ25万円の買取相場になっています。
型式v93wよりも高く買い取ってもらえる場合があります。

走行距離10万キロ走行距離20万キロ
可動車7~25万円5~15万円
不動車0~10万円0~7万円

三菱・パジェロ(型式:V93W)の買取相場

2008年(平成20年)に発売された型式v93wのパジェロは、走行距離が20万キロでも車の状態が良ければ20万円の買取相場になっています。
不動車でも値段が付きやすいので期待できます。

走行距離10万キロ走行距離20万キロ
可動車15~20万円5~20万円
不動車0~15万円0~10万円

パジェロをお得に廃車するおすすめの方法

お得

では、実際にパジェロを売却したい場合はどうしたらよいのか?
パジェロをできるだけお得に手間もかけずに廃車するおすすめ方法をご紹介いたします。パジェロを廃車予定の方はぜひ参考にしてみてください。

廃車買取業者への依頼

廃車買取業者をご存じでしょうか?廃車買取業者とは廃車を専門としている業者で、車の引取りから解体、廃車に関する手続きまですべてを行ってくれます。また、それらをすべて無料で行ってくれる業者がほとんどなのです。さらには、メーカーや車種、年式や走行距離などのクルマの状態によっては買取価格を付けてもらえる可能性も期待できます。車の状態によっては、中古車としての価値は付かなかったりクルマの引き取り費用や廃車費用がかかってしまうところも少なくはありません。パジェロをお得に廃車するには、廃車買取業者への依頼をおすすめいたします。

売却を決めたらはやめの引き渡しを

クルマは乗っていればもちろん、あまり乗っていないとしてもどんどん劣化をしていきます。つまり日が経てば経つほど中古車の価値は下がっていってしまうということです。しかしせっかく売却をすると決めているのであれば、少しでもお得に少しでも高い価格で売却をしたいですよね。パジェロの手放し、売却を決めているのであればはやめの依頼はやめの引き渡しをされることをおすすめいたします。パジェロをお得に賢く廃車しましょう。

複数社での比較

パジェロをお得に廃車する方法として、廃車買取業者へ依頼をするのがおすすめとご紹介いたしましたが、廃車買取業者といっても全国にいくつも存在します。廃車買取業者にお見積り依頼をする際は、1社ではなかう2、3社などの複数社に見積もり依頼をして比較をすることが望ましいです。引き取り費用や廃車費用などの費用面はもちろん、不動車でも引き取りが可能かどうか、希望する引き取り日に来てもらえるかどうかなど、比較した方が良いポイントはたくさんあります。パジェロの廃車をご検討中の方は、複数の廃車買取業者で相見積もりを取ることをおすすめいたします。

まとめ

今回、パジェロの生産終了による影響やパジェロの買取相場、パジェロをお得に廃車するおすすめの方法についてご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?パジェロは長年にわたり、たくさんの方に愛され続けてきたクルマです。パジェロを含めるSUVは、日本国内での人気はもちろん世界的な人気を誇っています。今回発表された生産終了のニュースは世界中のたくさんの人に衝撃を与えたのではないでしょうか。

 

くるまのニュース一覧へ戻る