古くなったハイエースを廃車にする時のおすすめ買取業者

トヨタ・ハイエースは日本国内でも人気がありますが、海外でも非常に人気が高い車です。特に、ハイエースバン(商業車)に関しては海外でもすごく高く売れています。

ハイエースを高く買い取りできる業者や業種を確認していきましょう。

廃車同然のハイエースを高く買える業者

廃車買取カーネクスト
廃車買取カーネクスト

廃車同然のハイエース買取に強い!廃車買取ならカーネクスト(全国対応)

おすすめ業者は、業界トップの廃車買取専門業者のカーネクストです。

ハイエースの買取を強化しているカーネクストは全国対応をしており、特にディーゼル車、MT車は高価買取が期待できます。

 

どんな車も0円以上買取保証

 

廃車買取業者が高く買うトヨタ車の車種ランキング

年式が古くなったハイエースや、多走行のハイエースでも高く買取をしてもらえる業者・業種について確認していきましょう。

古くなったハイエースでも輸出業者なら高価買取ができる

輸出業者は、海外諸国の海外バイヤーと直接やりとりを行っています。

あなたの持っているハイエースを輸出業者に査定に出したときに、輸出業者は海外のバイヤーへ、メールやSkypeを用いて連絡をし、あなたのハイエースをいくらで買いたいのか?の金額の見積もりを出します。

海外のバイヤーからは、当日か翌日に購入希望価格の返答が来ますので、その価格をもとに一般ユーザーへ査定額を伝えます。

一般の方であれば海外のバイヤーと直接つながっているという事は少ないと思います。

しかし、あなたが輸出業者に、ハイエースの買取査定を依頼すると、輸出業者が海外のバイヤーと直接交渉をするため、言い換えればあなたが海外のバイヤーに、あなたのハイエースを売り込んでいる!といっても過言では無いでしょう。

直接販売をする方が一番高く売れるわけですから、古くなったハイエースでも輸出業者に売るのが一番高く売れる方法といえます。

不動車や事故車などのコンディションが悪い車でも解体業者なら高価買取ができる

解体業者も輸出業者と同じく海外のバイヤーと直接やりとりを行っています。

輸出業者と大きく違うところは、解体業者には保有している店舗やヤードへ海外のバイヤーが直接買い付けに行きます。

大きなヤードを保有し、そこに海外のバイヤーたちが毎日買いにくるわけです。解体業者の場合は、主に部品を販売していますので、ハイエースの車体本体で売却するわけではありません。

したがって、動かない車など、事故車などを解体業者に査定してもらう方が良いでしょう。

不動車の場合、輸出業者の査定を取った場合は、輸出業者はハイエースの修理の代金を減額をして査定額を算出します。

それに比べて、解体業者の場合は、修理代金を特に見積もることなく、そのハイエースの部品がいくらで売ることができるのか、というところが査定の基準になります。

そもそも査定基準が解体業者や車買取専門店や輸出業者とは大きく異なるため、動かない車など、事故車のようにコンディションが悪い車であっても、減額の対象とならず、高額な買取額で査定をしてもらえる可能性があります。

商業車の買取業者は既にお客様を持っているかも!?

忘れてはいけないのは商業車の買取専門店です。

商業者の買取専門店は、日本国内の建設業者や不動産業者など、ハイエースを乗っている業者との取引もあり、海外の商業車などを専門的に取り扱うバイヤーとのパイプも保有しています。

輸出業者と違うところは、輸出業者は車のバイヤー(主に海外の中古車販売店など)と取引をしていますが、商業車専門店は、海外のバイヤーの中でも商業車を専門とするバイヤーと取引をしています。

したがって、ハイエースを一番売る力を持っているのは、商業車の買取専門店といっても過言ではないでしょう。

また、日本国内でもハイエースは人気が高い為、商業車の専門店には常にオーダーが入っています。あなたが売ろうとしているハイエースが、日本中の誰かが既に必要としているかもしれません。

廃車買取業者が廃車のハイエースを高く買えるわけ

それでは、なぜ廃車買取業者はハイエースを高く買取できるのでしょうか?

ハイエースは海外の市場で人気!

ハイエースは日本国内のみならず海外でも凄く人気の高い車となっています。

しかも、マニュアル車やディーゼル車といった商業用のハイエースバンは、年式がすごく古くても、走行距離がすごく多くても、海外では高く取引をされています。

もっとも、潰れにくいということもありますが、他の車と比較して大きく違うところは、ハイエースは商業目的で利用することができるからです。

廃車同然のハイエースを輸入している国としては、東アフリカの国があります。東アフリカの国は、経済発展がしておらず低所得者が多い地域になりますので、1,000,000円や2,000,000円の高額のハイエースはなかなか買いにくいのが現状です。

したがって、安価のハイエースバンや、ハイエースワゴンを日本から輸入するわけですが、アフリカの諸国ではハイエースバンを輸入した後に、自家用車で使うことなくバスなどの商業に目的を当ててその車で利益を生んでいきます。利益を埋めるような商業車に関しては、日本から高く買い付けてもアフリカで生計を立てることができるため、銀行ローンがおりやすいといった事情もあって、海外のバイヤーから高く買ってもらえるのです。

廃車同然のハイエース買取に強い!廃車買取ならカーネクスト

廃車同然のハイエースでも高く買取してもらえる条件

それでは、どんなハイエースでも高く売れるのでしょうか?何らかの条件が一致していないと高く売れないのでしょうか?

海外で商業車として活躍できるハイエースは高く売れる

廃車同然のハイエースでも高く売れる条件ですが、もちろん動く車やコンディションが良い車に関しては、高額買取ができる事は言うまでもありません。

それは、他の車と同じといっても問題ないと思います。

でも、それ以上に何が必要なのかっていう事ですが、ハイエースバンとハイエースワゴンの価格を比較すると一目瞭然ですが、ハイエースバンの方がハイエースワゴンより高く買い取りができます。

その理由は、輸出国で商業目的としてハイエースで金を稼ぐことができるからです。ハイエースを高く売る条件とは、ハイエースバンであること、マニュアル車であること、ディーゼル車であること、この3つの条件が一致した場合は、あなたが思っているより高い金額で査定をしてもらうことができるでしょう。

ハイエース買取りの関連ページ

廃車引取りにかかる時間は10分だけ!その引取り方法とは

廃車にする時に大切な5つの心得!廃車買取ガイド

なぜトヨタ車は廃車でも高く買取できるのか?

古くなったハイエースを廃車にする時のおすすめ買取業者

廃車手続きの必要書類でトラブル続出!?

廃車買取業者がハイエースを売る国はどこ?

日本国内で廃車同然となった車を廃車買取業者はどこの国に輸出するのでしょうか?

最近ではアフリカのマーケットへの輸出が盛んに行われている

海外マーケットへの輸出先は主に後進国への輸出が盛んです。

例えば、アフリカであればタンザニアやウガンダ、ザンビアといったような国になります。

アフリカといえば、ニュースで戦争(内紛)が頻繁に行われ、治安が非常に悪い国であるというふうに日本人は思っているかもしれませんが、高層ビルも経済発展もそれなりにしています。

世界的に見ると、後進国と言われていますが、ハイエースを買うお金(能力)は十分にあります。

また、その他の国でも、ハイエースが主に輸入されています。昔にハイエースを輸入していた国に関しては、日常で乗っていると、エンジンの故障や事故による外装などの損害・損傷がつきものです。

したがって、その修理をするためにはどうしても部品が必要になります。部品は、海外諸国で製造するわけではなく、日本から輸入します。日本でも、ベンツやアルファロメオ等の外車が故障すると高くつきますよね。その理由として、海外から部品を輸入しなければならない、と言う時代もありました。

今の海外諸国はそれと似た状況になっています。

したがって、今ハイエースが人気の国に関しては、車体本体で輸出をするため高く売ることができ、昔ハイエースを輸入していた国に関しては、部品の需要があるため部品として販売する、いずれの場合においても、日本国内で良い金額でハイエースが取引されるということになります。

高く売れないハイエースもある

逆に高く売れないハイエースはあるのでしょうか?ハイエースであればどの車も高く売れるのでしょうか?

ハイエースであればそれなりの価格で買い取りをしてもらえる

まず結論からいうと、どのハイエースもそれなりの価格で買い取ってもらうことができます。

ハイエースの中でも一番高いのはハイエースバンであると伝えてきましたが、ハイエースワゴンも他の一般的な車に比較するとそれなりに高い金額では売れます。

ただし、ハイエースバンのように高額査定には及びません。

廃車同然のハイエースバンVSハイエースワゴンの買取額

ハイエースバンとハイエースワゴンはどのくらいの査定額が違うのでしょうか?

価格差は20万円~30万円になることも!?

ハイエースバンとハイエースワゴンの価格を比較をしてみましょう。

同じ年式と、同じ走行距離で比較した場合で例えば、

  1. 平成10年式の100,000キロのハイエースバン
  2. 平成10年式の100,000キロのハイエースワゴン

の価格差は、約200,000円から300,000円程度と考えればよいでしょう。しかも、ハイエースバンにはマニュアル車もありますので、マニュアル車+ディーゼル車と言う条件が揃ったときには、300,000円から400,000円程度の価格が開くこともあります。

これは、海外でハイエースバンが商業利用できるというメリットがあるからです。

したがって、海外バイヤーがハイエースバンを買うときは、銀行ローンを組みやすいということもあり、ハイエースワゴンより高く買ってくれると言うことになります。

ハイエースワゴンの需要がないわけではありませんが、ハイエースバンの方が高く買取をしてもらえると言うことになります。

廃車引取り

ハイエースを売却するならコチラ

廃車買取カーネクスト公式ページへ

廃車同然のハイエース、ガソリンVSハイエースディーゼルの買取額

それでは、ガソリン車とディーゼル車を比較すると、どのくらいの査定額が違うのでしょうか?

燃料タイプでは大きな価格差はない

ハイエースでガソリン車とディーゼル車の両方のタイプがありますが、強いて言うならばディーゼル車の方が高い価格で取引をされています。

しかし、それよりもハイエースバンかハイエースワゴンかというところが大きな価格差になります。

ハイエースに関しては、ガソリン車でもディーゼル車でも、さほど大きな金額差がないと考えてよいでしょう。

したがって、あなたが乗っているハイエースが、ガソリン車であったとしても輸出業者の販売または解体業者の部品販売によって高額査定が見込めると言うことをしっかりと覚えておきましょう。

廃車同然のハイエース、オートマVSハイエースマニュアルの買取額

オートマ車とディーゼル車ではどちらが高く売れるのでしょうか?

マニュアル車のほうが高く売れる

ハイエースにはオートマ車とマニュアル車の両方のタイプがあります。

強いて言うならば、マニュアル車のほうが高く売れます。日本ではオートマ車の方が使い勝手が良く、マニュアル車よりも販売台数も多く、中古車では高い金額がついているでしょう。

しかし、海外ではマニュアル車の方が人気があります。その理由の一つとして故障しにくいことがあります。マニュアル車といえば、ミッションが滑ると聞いたことがある方もおられるかもしれませんが、オートマ車もミッションが滑るんです。ハイエースは、200,000キロ~300,000キロと走行距離がすごく多くなる車も多いので、ミッションは強いほうがいい、強いミッションを持っているのはマニュアル車であるということから、オートマ車とマニュアル車は、全く同じ車の状態という条件が一致すれば、約200,000円程度の差があると考えればよいでしょう。

おすすめの廃車買取・事故車買取業者まとめ

全国47都道府県の廃車買取・事故車買取おすすめ業者をまとめました。

◇北海道・東北エリア

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

 

◇関東・甲信越エリア

茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 山梨県 長野県

 

◇中部エリア

富山県 石川県 福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県

 

◇近畿エリア

滋賀県 京都府 兵庫県 大阪府 奈良県 和歌山県

 

◇中国・四国エリア

鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県

 

◇九州・沖縄エリア

福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

廃車買取業者のハイエース情報のまとめ

新しい年式のハイエースは日本国内で販売され、古い車は海外へ輸出されています。

しかも、故障や事故をして動かなくなったハイエースでも、輸出業者や解体業者に高く買取をしてもらえる可能性があることをお伝えしました。

あなたが、これからハイエースを売ろうとしているならば高く売れるチャンスです。