冠水・浸水被害の車は修理?それとも廃車?【水没車を売る方法】

近年、台風のほか異常気象によるゲリラ豪雨などで車の冠水・浸水被害がかなり増えてしまっています。水没車をニュースなどで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
ではもし、自分の車が冠水・浸水被害に遭ってしまったら、水没車となってしまったらどのような対応をしたら良いのでしょうか?

こちらの記事では、冠水・浸水被害で水没車となってしまったときの対応方法のほか、水没車をお得に売る方法などについてもご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

 

どんな車も0円以上買取保証

 

冠水・浸水被害で水没車になってしまったら

冠水

台風やゲリラ豪雨での冠水・浸水被害というのは突然と起こります。もし自分の車が水没車となってしまったらどのような対応をしたら良いのか?万が一のときに知識があるのとないのとでは大きく異なります。まず初めに水没車の対応方法についてご紹介いたします。万が一のときに備えてぜひ参考にしてください。

冠水・浸水被害で水没車となってしまったときの対応方法

出先などで車が冠水・浸水被害で水没車となってしまった場合は、無理に自分で動かそうとせずまずはレッカー会社もしくは加入している車の保険会社に連絡をしましょう。車の状態によっては、エンジンをかけたり自分で動かそうとすることはとても危険です。また、時間が経過して水深が下がっていたとしても一度浸かってしまったらエンジンはかからないでしょう。自身で判断するのは避けレッカー会社や保険会社の指示に従うようにしてください。

水没車は修理する?それとも廃車する?

疑問

冠水・浸水被害で水没車となってしまった場合、水没車は修理をするのが良いのでしょうか?それとも水没車は廃車にした方が良いのでしょうか?そもそも水没車であっても修理は可能なのでしょうか?
水没車といってもその車によって状態はさまざまです。水没車の修理をするのか、それとも廃車にするのかは、車の状態に合った方法修理を行う場合にかかる費用を参考に判断することが望ましいでしょう。水没車の修理を行うケースと廃車にするケースについてご説明いたします。

水没車の修理を行う

水没車といっても冠水・浸水状況によって、修理が可能なケース修理は不可能なケースにわかれます。たとえば、電気系統に不具合が出てしまっている場合やエンジン不動の場合、シート上部まで水に浸かってしまった場合などは、修理は不可能もしくは修理が出来たとしても修理費用がかなりの高額となってしまうことが予想されます。また、車両保険に入っているのであれば保険対応となるケースもありますので、加入している保険会社の対応範囲も再確認しておきましょう。しかし注意して頂きたいのが、水没車だからといってどのような場合でも車両保険で全額補償されるというわけではありませんので、修理の見積もりをした際にどこまでを保険で補償してもらえるのか、自己負担はいくらかかるのかも併せて確認するようにしておきましょう。

水没車を廃車にする

水没車は基本的に水深30㎝以上浸かってしまったら危険であると言われています。なぜ水深30㎝以上は危険なのかというと、マフラーの出口が地面からだいたい30㎝のあたりにあるからです。マフラーの出口から水が入ってしまうとエンストを起こします。そうなると修理費は高額になるでしょう。修理が不可能な水没車や修理費の自己負担額が大きくなってしまう水没車の場合は、廃車にするしかありません。しかし単純に水没車を廃車にするといっても、場合によっては廃車費用が掛かってしまう可能性が十分にあります。水没車を廃車にするとなった場合でも、廃車費用を出来るだけ抑えることが可能な業者を選びましょう。業者選びひとつで費用をかけずに廃車を行うことも可能となってくるのです。

水没車をお得に売る方法

車とお金

水没車を廃車にする方法はいくつかあります。では、水没車を売るにはどうしたら良いのか?どのような方法があるのか?つぎに、水没車となってしまった車を売却する方法について詳しくご説明いたします。水没車の廃車もしくは売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

水没車だと買取価格が付かない可能性も

水没車の場合、中古車買取業者では買取自体を断られてしまう可能性や廃車費用がかかってしまう可能性があります。中古車買取業者とは、あくまで中古車としての価値があるかどうかを基準に買取り査定額を提示しているので、中古車としての利用は難しい水没車の買取は難しいという事です。そこで水没車の売却先としておすすめなのが、廃車買取業者です、廃車買取業者とは廃車を専門としている業者ですので、水没車であっても問題なく買取対応をしてもらえます。また、廃車買取業者では、廃車の引取りから解体、陸運局での廃車に関する手続きまで全て行ってもらえます。つまり、余計な手間をかけずに水没車の廃車手続きが行えるということです。水没車の処分にお困りの方は、まずは廃車買取業者へ問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

水没車を廃車するのにかかる費用を抑えるには

水没車をお得に売るには、廃車買取業者選びがとても重要となってきます。現在、廃車買取業者は日本全国各地にいくつもあります。ですが、廃車買取業者によって持っている販路や得意としていることはさまざまですので、かかる費用や査定額は大きく異なってくるでしょう。廃車買取業者を選ぶポイントの1つが、余計な費用がかからない廃車買取業者を選ぶということです。廃車買取業者は基本的に車の引取りから解体、陸運局での廃車手続きなど廃車に関するすべてを無料で行っているところが多いですが、業者や車の状況、引き取り場所によってはそれらに費用がかかってしまうケースもあります。場合によっては数万円の費用がかかってしまうでしょう。水没車を少しでもお得に売るには、廃車の引取り費用や解体費用、廃車手続き代行費用などの費用が一切かからない廃車買取業者を選ぶことが望ましいのではないでしょうか。

複数の業者で相見積もり

水没車に限らずですが車の売却をお考えの場合は、1社ではなく2.3社など複数の買取業者で相見積もりを取ることをおすすめいたします。たとえ同じ状態の水没車であっても、業者によって見積額に大きく差が出ることは珍しくありません。数万円もの差がでることも考えられます。同じタイミングで相見積もりを取り競合させることで、それぞれの業者が提示できる最高額の査定額を知ることが出来るでしょう。また各業者によって対応やサービスも異なりますので、ご自身が納得をして売却をすることが出来る買取業者を選んでください。

まとめ

今回は、冠水・浸水被害に遭い水没車となってしまった場合の対応方法や水没車の修理・廃車についてご説明させていただきました。1度水没車となってしまったら、自己判断だけでそのまま乗り続けることは危険です。その後、水が引いたとしても必ずレッカー会社や保険会社に連絡をして点検・整備を行ってもらうようにしてください。水没車を修理をするか廃車にするかの判断は、車の冠水・浸水状況や修理費用などによって判断しましょう。
また、冠水している道路には入らないようにしましょう。冠水している道路は見ただけでは深さなどがわからず、坂になっている場合や深くなっている場合も考えられます。そうなると一度入ったら抜け出せなくなってしまう可能性も十分に考えられるのです。

 

くるまのニュース一覧へ戻る