エンジンを載せ替えるのはどんなとき?費用や作業期間をご紹介!

エンジンを載せ替えるのはどんなとき?費用や作業期間をご紹介!

エンジンの載せ替をお願いしたことがある方は少ないと思います。

エンジンの載せ替え作業は、年式の古い車やオーバーヒートなどでエンジンが故障してしまった場合に発生する作業です。

気軽に頼めるほどエンジンの載せ替え作業は簡単ではなく、作業工賃のみを計算しても数万円はかかります。

また、古い車や大きいエンジンを載せている車であれば、100万円を超えることもあるのです。

今回はエンジンの載せ替えにかかる費用や作業期間、どんな状況で発生するのかなどをご紹介していきます。

エンジンを載せ替える状況や載せ替え以外の選択肢は?

エンジンの載せ替え作業は、エンジンが壊れてしまった場合に発生します。

壊れる原因はさまざまで、年式が古い車であれば経年劣化による故障や、走行距離が多くても各パーツが弱くなり、ノッキングが発生したりするのです。

また、冷却水であるクーラーントの漏れによってオーバーヒートしてしまうと、エンジンに大ダメージが加わります。

エンジン内部のパーツは簡単に交換することができないため、オーバーヒートしてしまったからエンジンを載せ替えてしまおうと考える方もいます。

しかし、エンジンの載せ替えには多額の費用が発生します。

移動手段として車は持っていたいけど、エンジンを載せ替える以外の選択肢はないかと思っている方のために、載せ替え以外の選択肢をご紹介します。

新車に乗り換える

エンジンの載せ替えは高額になりやすく、年式が古かったり車の価値が高い物であれば中古車を買える値段となる場合も十分にあり得ます。

そして今後も車を使用する予定であれば、さまざまなトラブルが発生するであろう車に乗り続けるよりも、高くても新車を購入し、メンテナンス代を節約するという選択肢もあります。

車の故障はエンジンだけではなく、その他のパーツが故障する可能性も十分に考えられ、年式が古かったり走行距離が多ければ、新車よりもメンテナンス代が高額になりがちです。

それならばいっそのこと新車もしくは新古車を購入し、故障に遭遇するリスクを減らすという考え方もできます。

今乗っている車の状態をしっかりと把握し、今後はどのようなトラブルが発生するか、販売店もしくは担当の整備士などと相談し決めることをオススメします。

エンジンをオーバーホールや修理する

エンジンの故障場所にもよりますが、エンジンのトラブルではオーバーホールや修理を行うという選択肢もあります。

オーバーホールとは、組み上げられているエンジンを分解、洗浄しキレイな状態に戻すという方法です。

この方法は古い年式の車で、乗せ換えるエンジンがない場合などに行われます。

つまり、載せ替えたくても載せ替えるエンジンが無ければ、故障した箇所を直すしか選択肢がないのです。

また、ノッキングなどの原因の一つに、エンジン内の汚れが挙げられます。

そのような場合は、オーバーホールしエンジンをキレイにすることで、トラブルが解消される場合もあります。

また、オーバーホールや修理を行ったタイミングで、オイルシールやガスケットなどを新しくすることで、オイル漏れなどを予防することにもつながるのです。

エンジンの調子が悪くても、エンジンを載せ替える以外の方法はあります。

オーバーホールや修理などでトラブルが解消することも十分あるため、予算や時間などを考慮し最適な選択肢を選ぶことが大切だといえます。

エンジン載せ替えに必要な費用や期間ってどれくらいなの?

エンジンの載せ替え作業は、車の修理作業の中で最も難しい部類に入ります。

最近のエンジンは昔に比べ強度が高く、故障しづらいという特徴もあることから、近年ではエンジンの載せ替え作業が少なくなりました。

なかには10年以上整備士をしていても、エンジンの載せ替えを行ったことがないという方もいるほどです。

しかし減ったとはいえ古い車が好きな方や、愛車の愛着が強く、どうしても乗り換えたくないという方も一定数います。

エンジンの載せ替えには多額の費用がかかると何度もお伝えしましたが、具体的にいくらの費用がかかるのか気になる方も多いと思います。

また、エンジンの載せ替えは簡単な作業ではないため、載せ替えるためにはある程度まとまった期間が必要です。

では、エンジン載せ替えに必要な費用や期間をご紹介していきます。

費用

エンジンを載せ替えるために必要な費用は決まっていませんが、最低でも30万円以上は必要です。

大きなエンジンであれば金額はさらに跳ね上がり、価値が高いエンジンであれば100万円以上必要になってくる場合もあります。

軽自動車であれば比較的安く済みますが、普通車や大型の車であれば当然、費用は高くなります。

エンジン載せ替えの費用は安いものと高いものとで価格差は大きくその差は、

  1. エンジンの大きさ
  2. エンジンの性能
  3. 新品なのか中古なのか
  4. 市場に出回っている数の多さ

などで決まります。

新品を選べば当然、中古エンジンよりも価格が高くなります。

車両の年式は古いが人気が高く、車両自体の値段が高い場合、当然そのエンジンの値段も高くなるのです。

また、エンジンを載せ替えるための工賃だけで見ても10万円以上する場合もあります。

作業する場合、再使用不可のパーツも多くありますし、エンジンを降ろすついでにその他のパーツも交換することが多いため、エンジン載せ替えの費用は高額になりがちなのです。

期間

エンジン載せ替えをお願いする場合、最低でも1週間はかかると考えておいた方がいいです。

平均すると1~2週間ほど預かっての作業となる場合が多くあります。

しかし、エンジン載せ替え作業自体は2、3日もあればできます。

ではなぜそれだけの期間が必要かというと、エンジン本体が整備工場へ届くために必要な日数や、載せ替えを行った後、試運転で異常が見つかる場合も考えらえれるためです。

エンジンを載せ替えるためには、先ほども述べたようにオイルシールやガスケットなど再使用不可のパーツも多くあります。

一つでも発注を忘れてしまうと作業が進まなくなります。

また、車は繊細な乗り物です。

古い車などは特に一つの装置を外しただけで、他の装置の調子が悪くなってしまう場合もあります。

エンジンを載せ替えるならば、エンジン周辺にある装置をたくさん外さなければならず、組み終わった後、エンジン以外の装置の調子が悪くなるといった状況も十分考えられます。

エンジン載せ替え後の大切な作業である「試運転」では、それらの装置が問題なく作動しているかのチェックを行います。

エンジンを載せ替えたからすぐ渡すのではなく、ある程度の距離を走行して、どこかに問題がないかを確認したり、回転数を徐々に上げていったりと確認や調整作業はたくさんあるのです。

また、小さな店舗ではその車だけ作業するわけではなく、並行しながらの作業となることもあるため、なかなか作業が進まないという状況もあります。

そのためエンジンを載せ替える場合、1週間~2週間と余裕を持って預かることが多いのです。

まとめ

エンジンを載せ替えるのは、エンジンの故障が大きな原因です。

故障原因はさまざまで、経年劣化による故障や電動ファンが故障したことによるオーバーヒート、オイル漏れによる焼け付きなど理由はたくさんあります。

エンジン載せ替えに必要は費用は最低でも30万円、高額になると100万円以上する場合もあるため、気軽にできる修理ではないことがわかります。

高額な費用を払ってエンジンを交換した場合、そのほかの重要なパーツが故障してもなかなか乗り換えづらい状況になってきます。

エンジンはそう簡単に壊れるものではありませんし、乗れればいいと考えているのであれば、わざわざエンジンを交換せず、他の車に乗り換える方法もあります。

エンジンの交換が必要になった場合、修理だけではなく乗り換えるという選択肢も入れ検討することをオススメします。

カンタン20秒で入力完了!
無料見積はコチラ

 

 

くるまのニュース一覧へ戻る