オルタネーターは車の発電機!故障する原因は何が多いの?役割や対処方法などもご紹介!

オルタネーターは車の発電機!故障する原因は何が多いの?役割や対処方法などもご紹介!

オルタネーターとは車の発電機です。

車の電気の源はバッテリーだと考えがちですし、その考えは正しいのですが電気の供給減はバッテリーだけではないのです。

車の中でバッテリーは電池の役割を担っていますが、使用し続けると充電が不足します。

充電が不足した状態をバッテリー上がりと言い、バッテリーが上がってしまえば、エンジンをかけることができなくなります。

そうならないために、オルタネーターが存在しているのです。

今回はオルタネーターの役割や比較的多い故障原因、故障した場合の対処方法を2つご紹介していきます。

オルタネーターの役割や頻繁に発生する故障原因は?

オルタネーターという言葉を初めて聞いたという方もいることと思います。

どんな車にも必ずオルタネーターは搭載されており、車の電力供給を行っています。

では具体的に、オルタネーターの役割や頻繁に発生する故障原因にはどのようなものがるのかという点のご紹介です。

役割

何度もいいますが、オルタネーターとは発電機です。

役割は車の電気供給であり、バッテリーとの違いは電力を作ることができるかどうかという違いがあります。

車の電気供給はバッテリーのみで行っていると思っている方もいると思いますが、正しくは違います。

車の始動時、スターターモーターをバッテリーの電気によって動かし、エンジンが回転するとオルタネーターが作動し発電します。

発電した電力は、ヘッドライトやオーディオ、ECUやセンサーなどに使用されると同時に、バッテリーの充電も行なっているのです。

一昔前は「ダイナモ」と呼ばれる発電機が車には搭載されていました。

 

ではオルタネーターとダイナモの違いはどのような点かを説明します。

オルタネーターとダイナモの大きな違いは、発電する電力が直流なのか交流なのかの違いです。

オルタネーターは交流電圧を作り出し、ダイオードによって直流に変換します。

それに対しダイナモは直流電圧を作り出す装置です。

 

なぜ交流電圧を直流電圧に変換するかというと、車に使用されているほとんどの電装品が直流電圧でしか動かないためです。

中にはHIDライトのように交流電圧を使用する電装品も存在しますが、その場合でも直流電圧をバラストという装置によって交流電圧に変換し電気を使用します。

また、電気として蓄えておけるのは直流電圧のため、交流電圧のままだとバッテリーを充電できないという理由もあるのです。

そう考えると、近年の車に採用されているのがなぜオルタネーターなのかという疑問がうまれると思います。

 

その理由は、ダイナモよりも簡単な構造かつ、装置自体のコストも安く抑えることができるからなのです。

そのため近年の車にはオルタネーターが使用されており、ダイナモという装置は姿を消しました。

車をあまり乗らない場合バッテリーが上がりやすくなるのは、オルタネーターの充電が追いついていないという、いたってシンプルな理由なのです。

故障原因

オルタネーターが故障する理由はさまざまです。

夏場に故障する頻度の多いオルタネーターですが、この装置は決して故障しやすい装置ではなく、寿命は約10年もしくは10万キロといわれています。

故障原因の多くは、オルタネーターの中に内蔵されている各パーツが関係します。

長年の使用で、コイルやブラシと呼ばれるパーツの摩耗によって、うまく電力を作り出すことができなくなることで、オルタネーターを交換することもあるのです。

また、ベアリングやワンウェイクラッチの故障で異音が発生したりと、故障だけを見てもさまざまな種類があります。

オルタネーターが故障してしまうと、まずバッテリーのチェックランプが点灯します。

また、バッテリーを充電することができずバッテリー上がりを起こすこともあるため、異常を感じた場合すぐに修理する必要があるのです。

バッテリー上がりの場合、ついついバッテリーを疑ってしまいがちですが、バッテリーを交換しても改善されないときは、オルタネーターを疑ってみることをオススメします。

オルタネーターが故障した場合2つの選択肢がある

オルタネーターが故障した場合、2つの選択肢から対処方法を選択します。

交換する方法

まず、交換するという選択肢です。

オルタネーターの故障で、経年劣化が原因となった場合、コイル部分が故障している可能性が考えられます。

コイル部分が損傷してしまうと、修理することができないため交換となります。

オルタネーターの内部にあるパーツに「ローター」と「ステーター」があり、この2つが電力を作り出す核となる部分です。

これらの部分が経年劣化により故障してしまうと、中身だけを取り換えるのは難しく、オルタネーター本体の交換という流れが一般的です。

オルタネーターの交換で、費用を抑えたいのであれば「リビルト品」を使用することもできます。

リビルト品とは故障したオルタネーターを回収し、故障した部分だけを修理し再度使用したいわゆるリサイクル品です。

価格面は新品よりも安く、汚れも取り除かれているため、ひと目見ただけではリビルト品だと分からないほどキレイな状態となっています。

修理工場やディーラーでも使用する頻度が高く、それだけ信頼性が高い証拠だと考えることができます。

購入店舗によっては保証が付いている場合もあるため、リサイクル品は嫌だと思わず選択肢の一つに入れてみることをオススメします。

修理する方法

もう一つの選択肢として修理するという方法が挙げられます。

先ほど紹介した故障原因のなかで、異音の原因ともなるベアリングの故障やワンウェイクラッチの故障がありました。

これらの故障では修理し、再度使用することも可能です。

しかし、故障原因の中には修理できない箇所の故障もあるため、現在オルタネーターが故障しているのであれば、整備工場で詳しい話を聞くことが一番確実な方法となります。

通常、オルタネーターを交換するとなると、5万円から10万円ほどの費用が発生します。

修理となれば、工賃+修理部品だけで済むため費用をかなり抑えることができるのです。

オルタネーターも車と同様、昔に比べ故障しづらい装置となりました。

10万キロ前後走行している車では故障することが多かったオルタネーターですが、現在では20万キロ走行しても故障しないケースも存在します。

10年以上同じ車に乗り続けていれば、オルタネーターが故障するのも時間の問題です。

同じパーツで乗り続けるのには限界があり、今後も乗り続ける予定で安全面を考えるのであれば、故障する前に交換するというのも一つの選択肢であるといえます。

まとめ

オルタネーターは車の電力を作り出す装置です。

エンジンが始動するとベルトによって動力を得て、発電を行います。

オルタネーターの役割は、車内の電気供給とバッテリーの充電です。

この装置が壊れてしまうとバッテリーはいつまでも充電されず、結果的にバッテリー上がりを起こします。

車には電力で作動している装置が数多く存在し、電力がうまく供給されなければエンジンが正常でも車を動かすことができなくなります。

オルタネーターは10万キロほどで交換をオススメするパーツです。

現在故障してなくても、今後もずっと乗り続けたいから早めに交換しておくという方は多くいます。

修理代は決して安くなく、オルタネーターが劣化によって故障しているのであれば、そろそろ車の交換時期が近いと考えることもできます。

オルタネーターの修理か車の乗り換え、どちらもメリットやデメリットがあるため、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

 

 

くるまのニュース一覧へ戻る