車の車内温度の変化に要注意!夏本番に向けての暑さ対策とは?

近年、異常気象といわれているほどに年々最高温度が上がっています。そんなときに困るのが車に乗る時ではないでしょうか。とくに駐車場が屋外の場合、夏はほとんど毎日サウナ状態のような車内になってしまいます。では、サウナ状態の車内を防ぐにはどうしたら良いのか?サウナ状態になってしまった場合、すぐに出来る対処法とは?
こちらの記事では、出発前にできる車の暑さ対策車の暑さ対策におすすめのグッズをご紹介いたします。これからさらに気温が上昇してくる季節ですので、車の暑さ対策を万全にしましょう。

 

トヨタ車 強化買取中

 

出発前にできる車の暑さ対策

車高温

いざ車に乗ろうとなってドアを開けたときに「暑い!」と感じたことがある方が多いのではないでしょうか。屋根がある場所に車を停めていたならまだしも、炎天下の下などに車を停めておくと少しの時間でも車本体や車内の温度はかなり上昇してしまいます。そんなときにすぐにできる車の暑さ対策をご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

車の外側に水をかける

車体の温度を下げる方法として効果的なのが、車体の外側に直接水をかける方法です。ホースを使える環境の場合は、車全体に水をかけるのが良いでしょう。バケツなどで運んで水をかける場合は、ボンネットやフロントウインドーを優先的に水をかけるようにしましょう。車を水で絵冷やすことにより、一気に熱を逃がす効果が期待できます。

車内の換気

車内が熱くなってしまうのは、車内に熱がこもることにより外気よりも車内のアンドが高くなってしまうからです。車内の熱気を追い出すためには換気が必要となります。車内を喚起するのにすぐにできる方法が、片側の窓を開けその反対側のドアの開け閉めを数回繰り返しましょう。車内に風の通り道を作り空気を入れ替えることで、車内の熱気を外に追い出す効果があります。

エアコンを外気導入に

車の暑さ対策として、窓をすべて開けてエアコンを外気導入にするというのもひとつの方法です。猛暑での社内の温度は50度以上になっている場合もあり、車内と車外を比べると車外の方が温度が低いこともあります。窓をすべて開けてエアコンを外気導入にするだけで、走り出した数分後には車内の温度が下がるでしょう。早い効果が期待できます。車内の温度が下がったことを確認出来たら、冷気が逃げるのを避けるためにエアコンの設定を内規循環設定に戻しましょう

車の暑さ対策におすすめのグッズ

温度

車の暑さ対策のためにさまざまなグッズが用意されています。そのなかでもおすすめのグッズをいくつかご紹介いたします。ご自身が使用しやすいと思うグッズを選び、車の暑さ対策に役立ててください。

フロントシェード

フロントシェードとは、車のフロントガラスに取り付ける日よけのことです。フロントシェードは、太陽光や熱、紫外線を防いでくれます。フロントシェードは熱も遮ってくれますので、車内の温度上昇も抑えることも期待できます。フロントシェードを取り付けておくだけで、車内の温度は約10~15度も下がると言われています。フロントシェードは暑い夏はもちろん、夏以外のどの季節でも一年中おすすめのグッズです。

ハンドル日よけカバー

ハンドル日よけカバーとは、名前の通り車のハンドルに取り付ける日よけカバーです。ハンドルは割と熱くなりやすく、置いていた車に乗るとハンドルが熱すぎてすぐには触れないという経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。ハンドル日よけカバーは、フロントシェードよりもさらに取り外しが簡単に行えますので、使用しやすいのではないでしょうか。

カーフィルム

カーフィルムとは、フロントgラスやサイドガラスに貼る紫外線や赤外線をカットしてくれるフィルムです。カーフィルムは紫外線を大幅にカットしてくれる効果が期待でき、いくら車内といっても紫外線が強ければ日焼けをしてしまいますので、日焼けが気になる方からは好評のようです。カーフィルムを使用する際の注意点としてはは、可視光線透過率が70%以上のものを選ぶということです。可視光線透過率が70%以下のものは違反になりますので購入するときに注意してください。

車用扇風機

車種によっては後部座席にエアコンの風が届きにくい場合もあります。そのようなときに便利なのが車用扇風機です。近年、小型扇風機や持ち運び用扇風機などさまざまな扇風機が注目を集めており、そのなかには車用扇風機も存在します。車用扇風機にはさまざまなタイプが用意されていますので、使用する車に合った車用扇風機を選びましょう。カー用品店やホームセンターのほかネットでの購入も可能となっています。

車内用冷却スプレー

冷却スプレーは普段使いなどでも使用したことがある方も多いのではないでしょうか。車で使用する際は、車内用冷却スプレーを選択しましょう。車内用冷却スプレーを吹きかけるだけで、車内の温度を一瞬で下げてくれる効果が期待できます。またチャイルドシート用の冷却スプレーもありますので、チャイルドシートを使用している場合はそちらもチェックしてみてください。冷却スプレーの注意点が2つあります。

1つ目は、車内に取り残したままにはしないことです。
実際にスプレー缶自体が破裂する事故が起きています。
2つ目は、冷却スプレーを使用した後に火を使わないことです。
2020年8月19日に広島県の福山市で冷却スプレーを使用後にトラックが爆発する事故が起きました。
ジエチルエーテルやLPガスなどは、空気より重く可燃性の高いガスが含まれているため換気が不十分だと爆発事故になることがあります。

19日午後4時20分ごろ、福山市御門町の県道交差点付近で、信号待ちのトラックが爆発した。フロントガラスなどが吹き飛び、運転していた20代男性が顔に軽いやけどを負った。
福山東署などによると、男性が車内で冷却スプレーを使用後、たばこにライターで火を付ける際、充満していたガスに引火したとみられる。

引用:https://www.sanyonews.jp/article/1043481

まとめ

今回は、出発前にできる車の暑さ対策や普段から使用できる車の暑さ対策におすすめのグッズをご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?夏はとくに車内の温度がかなり上昇してしまいます。スプレー缶など物によっては置きっぱなしにしておくと危険なものもあります。車内が熱いと感じた場合、ハンドルが熱いと感じた場合、無理せずまずは車内の温度を下げる対処ハンドルを冷やす対処をしましょう。

 

くるまのニュース一覧へ戻る