タッチペンで車のキズを修復!ペイントカラーを失敗しない方法

大事にしている愛車にキズが付いてしまったらショックですよね。しかし、車にキズはつきものです。いくら気を付けていてもキズがつくのを完全に防ぐことは難しいでしょう。
では、もし車にキズが付いてしまったら?大きなキズやへこみであれば修理に出すでしょう。しかし、修理に出すほどのキズではないがキズが気になるといったときに便利なのが、タッチペンです。

こちらの記事では、タッチペンの失敗しない選び方タッチペンを使用するときのコツについてご紹介いたします。自身での車のキズの修復を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

トヨタ車 強化買取中

 

車のキズの修復に便利なタッチペン

車

自分で簡単に車のキズを修復することが出来るタッチペンとは?まずはじめにタッチペンについてご紹介いたします。

タッチペンとは

タッチペンとは、車の小さいキズの修復や塗装の剥がれ落ちを簡単に修復できる道具です。タッチアップペンやタッチペイントなどとも呼ばれます。車の小さいキズを自分で修復するときに、タッチペンがあればとても便利です。タッチペンは、車用品店やインターネットで1,000円以内で購入することが可能となっており、車の小さなキズや塗装の剥がれを手軽に修復することができるグッズとして高い評価を得ています。

車の小さなキズに最適なタッチペン

タッチペンは車のキズや塗装の剥がれを修復するのにとても便利ですが、どのようなキズやどのような塗装の剥がれであっても修復できるわけではありません。タッチペンで修復するのに向いているのは、車の小さなキズや範囲の小さい塗装の剥がれであり、大きいキズや深いキズ、範囲の広い塗装の剥がれには向いていませんので注意してください。車の大きいキズや深いキズ、範囲の広い塗装の剥がれの修復をしたい場合は、タッチペン以外の最適な修復方法を選びましょう。

タッチペンはサビを防ぐ効果も

タッチペンは車のキズを修復する以外にも、塗装が剥がれた箇所にタッチペンを塗ることにより、サビ・腐食を防ぐ効果もあるのです。また、車の塗装の剥がれやキズをほったらかしにしておいてしまうと、その部分からサビ・腐食が発生してしまいますので、車のキズやサビは出来るだけ早く修復するようにしましょう。

タッチペンの失敗しない選び方

パレット

車のキズをタッチペンで修復する際、出来るだけきれいに仕上げたいですよね。タッチペンには様々な種類がありますので、ご自身の車のキズの修復にどのタッチペンを使用するかが重要です。タッチペンの選び方ひとつで仕上がりは大きく変わってくるでしょう。
では、タッチペンの失敗しない選び方とは?タッチペンを購入する前に、こちらを参考にしてみてください。

車体の色に合ったタッチペン

タッチペンには色の種類がたくさんあります。車のキズの修復にタッチペンを利用する際は、車体の色に合ったタッチペンを選びましょう。タッチペンの色が車体の色とあってないと、せっかく塗装をしても逆に目立ってしまう可能性が考えられます。たとえば黒の車のキズを修復するときには黒のタッチペンを選びます。しかし、黒の車といっても車種によって色味が多少異なっていることがあります。タッチペンの色を選ぶときは、タッチペンを使用したい車の型番を調べて正確な色を把握しておきましょう。車の型番は車検証に記載されています。また、運転席のドア近くや、ボンネット内のエンジン近くに型番やカラーが書かれているシールが貼られていますので、それをインターネットで調べて車体の正確な色を把握する方法もあります。タッチペンの購入する際は先に、車体の正確な色を調べましょう。

キズの大きさに適したタッチペン

タッチペンには色のほかにもハケの大きさが種類別に用意されています。車のキズの修復にタッチペンを利用する際は、車体のキズの大きさに適したハケのタッチペンを選びましょう。車のキズが小さいのであれば細めのハケのタッチペンを、車のキズが少し大きめであれば少し大きめのハケのタッチペンを選ぶのが良いでしょう。たとえば、少し大きめの車のキズを修復するのに、細めのハケのタッチペンを使用するとなると、何度も塗らなければならなくなるため、仕上がりの色味にムラができてしまう可能性が考えられます。車のキズの修復を少しでもきれいに仕上げるためにも、車のキズの大きさに適したハケのタッチペンを選びましょう。

タッチペンの使用方法

車の塗装

では実際に、タッチペンを使用する際の流れについて簡単にご紹介いたします。

準備するもの

タッチペンで車のキズを修復する際に準備するものは以下になります。

  • タッチペン
  • クロス
  • コンバウンド
  • コンバウンド用スポンジ
  • 耐水ペーパー
  • シリコンオフ
  • マスキングテープ
  • ワックス

使用手順

タッチペンの使用手順は以下の通りです。一見、手順は多く感じますがひとつひとつの作業は難しいものではありません。

  1. キズの部分をきれいにする
  2. 表面をコンバウンドで磨く
  3. 耐水ペーパーで磨く
  4. シリコンオフで表面を脱脂する
  5. マスキングテープを利用してマスキングを行う
  6. タッチペンを塗る
  7. 乾燥させる
  8. マスキングテープを利用してマスキングを行う
  9. .耐水ペーパーで磨く
  10. 表面をコンバウンドで磨く
  11. ワックスで艶出しを行う

タッチペンを使用するときのコツ

point

つぎに、車のキズを自分で修復する際に、タッチペンを使用するときのコツについてご紹介いたします。せっかくご自身で車のキズを修復するのであれば、少しでもきれいに仕上げるためにもぜひ参考にしてみてください。

タッチペンの使用前にサビの除去を

車のキズをタッチペンで修復する際に、きれいに仕上げるにはタッチペンを使用する前に使用箇所にサビがないかをチェックしましょう。もしサビがある場合は、タッチペンを使用する前にサビの除去をしましょう。サビが残ったままの状態でタッチペンを使用してしまうと仕上がりが浮いてしまう可能性が考えられます。車のサビの除去は、タッチペンを使用するのと同様に簡単で、サビ落とし消しゴムなどでサビの部分をこするだけで除去することが可能となっています。サビがひどい場合は、サビ止めペイントを使用するなど、サビの状態に合った対処をしましょう。

しっかりと乾燥させる

タッチペンの塗装を完全に乾燥させるには、基本的には約1週間の期間が必要となります。タッチペンを塗ってからこの乾燥させる時間がとても重要となってきます。塗装した部分がしっかりと乾燥するまでは傷口に触れないように注意してください。タッチペンの乾燥時間についてはメーカーや色による違いもありますので、タッチペンの容器に書かれた乾燥目安時間の確認もしましょう。

失敗したら修正を

もしタッチペンの塗装の失敗をしてしまったら、焦らず修正すれば大丈夫です。ペイントうすめ液などを利用して、失敗した箇所の塗料を取りましょう。ペイントうすめ液を利用するときは、やりすぎないようにクロスなどで少量を修正箇所に軽くタッチするようにあてるのがコツとなっています。ペイントうすめ液を使用するときは、十分に換気が出来る場所で使用し、取り扱いには十分に注意しましょう。また、タッチペンの塗装に失敗したときに修正する専用のスプレーもありますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。初めての方や不慣れの方などだとうまくいかないこともあるでしょう。タッチペンを使用して失敗したとしても修正することは可能ですので、焦らずやり直しましょう。

まとめ

今回は、車の小さなキズを修復するのに最適なタッチペンについてご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?小さいキズなどの自分で修復できるものであれば、自分で修復することによって車にさらに愛着も沸くことでしょう。タッチペンでの修復は案外簡単です。値段も低価格で手に入れやすいので、1つ持っておくだけでも良いのではないでしょうか。

 

くるまのニュース一覧へ戻る