大雨で浸水・冠水したら安全な避難場所は?車で安全確保ができる場所

近年、突然の大雨などによる河川の氾濫など災害被害が多く見られます。また、大雨による洪水・土砂災害、冠水・浸水などの被害が各地で起こっています。実際に被害に遭ったことはなくても、テレビなどで目にしたことがある方は少なくないでしょう。
ではもし万が一、車の運転中に突然の大雨に巻き込まれた場合、車はいったいどこに避難をさせたら良いのでしょうか?車での安全な避難場所とは?

こちらの記事では、大雨で浸水・冠水したときの安全な避難場所車で安全確保ができる場所についてご紹介いたします。万が一の時に備えて参考にしてみてください。

 

どんな車も0円以上買取保証

 

大雨が予想される時の車の避難場所

浸水車

まずはじめに大雨が予想される時の車の避難場所についてご紹介いたします。万が一の災害時に備えて、出来るだけ事前に確認しておくことが大切です。

商業施設の立体駐車場

ショッピングモールやスーパーマーケット、パチンコ店などの商業施設の立体駐車場に車を避難させましょう。自然災害の発生が多い地域を中心に、水害が予測されるような場合、全国のパチンコ店の駐車場が台風や洪水を避けるために車の一時避難場所として開放されています。なかには自治体と災害支援協定を結んでいなくても避難場所として開放される場所もありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。避難するタイミングとしては、大雨になる前、比較的まだ雨が弱いタイミングで車を移動させ避難するのがベストです。雨や風が強くなってからの車での移動や避難はかえって危険になる可能性がありますので、注意してください。

大雨時に車で避難をするときの注意点

注意

大雨が予想されるときに事前に車で避難するときの注意点についてご紹介いたします。こちらでご紹介するのは事前に車で避難する場合であり、大雨が降っている最中に車で避難するのは危険ですので出来るだけ避けてください。なによりも命を守ることが大切です。大雨時などは絶対に無理はせず、安全な方法で身を守りましょう。

水位が上がってからの車での避難は避ける

水位が上がってしまってからの車での避難はとても危険な行為です。車が冠水・浸水してしまう可能性も考えられます。場合によっては、水没してしまった車から脱出することが出来ないという状況になってしまうかもしれません。大雨は突然と起こり、まだ大丈夫と思っていてもあっという間に水位が上がってしまいます。車の運転中に避難をするのであれば、必ず水位が上がり始める前に避難をしましょう。水位が上がってからの車での避難は絶対に避けてください。

正確な情報収集

テレビやラジオ、インターネットなどで最新の気象情報や災害情報、避難情報、道路状況などの正確な情報収集を行ってください。事前にハザードマップ(被害予測地図)などで避難場所や危険場所を確認しておくことも大切です。ハザードマップは人命を最優先に確保する避難対策として大きな注目を集めています。ハザードマップとは、予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲および被害程度、さらには避難経路、避難場所などの情報が既存の地図上に図示されています。インターネットからも閲覧することが可能となっており、おうち付近はもちろん出先のハザードマップも確認することが可能となっていますので、ぜひ有効活用をしましょう。

河川や崖のそばには近づかない

急に増水する可能性も考えられますので、河川には絶対に近づかないようにしてください。たとえ雨が収まってからでも河川の付近は危険です。台風や大雨のときは、急な道路の冠水や河川の氾濫が起こりやすいので、危険な場所は絶対に通らないように注意をしてください。高架下などの周囲より低い場所も危険です。そういった場所には絶対に進入しないでください。また、崖のそばなどももちろん危険です。崖のそばは土砂崩れが起こる可能性も考えられますので、近づかないようにしましょう。

水深に注意して減速して走行

道路が冠水してしまっているとき車の走行が可能なのは、一般的には車のドアの下や床面くらいまでであれば走行は可能と言われています。水深が車のドアの下や床面以上ある場合は、エンジン内部に水が入ってしまいエンストする可能性が考えられますので、車の走行は避けてください。冠水した道路をやむを得ず走行する場合はスピードを落として水深に注意して走行してください。また、水深状況はぱっと見ただけではわからず、だんだん深くなっている箇所などもありますので十分に注意してください。大丈夫だと思ってそのまま進んだら、水が深く車が動かせなくなったという事例も少なくはありません。冠水した道路はなるべく通らず迂回するなどしましょう。

場合によっては車を置いて避難する

前方の道路が冠水しているときなど、このままでは危険と感じたときには車は置いて避難をするということも考えておきましょう。大雨でも車なら大丈夫ということは一切ありません。無理をすることがなによりも危険です。また、大雨などの災害時は状況が一瞬で変わることも多いのです。油断をせずに適切な判断を心がけましょう。また、災害時の避難は原則的には徒歩で行うようにいわれています。車での避難は、歩行者や緊急車両の妨げとなってしまうからです。やむを得ない場合を除いて、避難に車を使用するのは危険な行動になりかねないので状況に応じて車での避難は避けることも考えてください。

まとめ

今回は、大雨で浸水・冠水したときの安全な避難場所や車で安全確保ができる場所についてご紹介しました。いかがでしたでしょうか?大雨などの災害は突然と起こり、予想できない場合が多くあります。とくに近年日本全国各地で大雨による被害が増えています。災害被害は突然のことですので、ほとんどの方がパニックに陥りやすいのです。災害時に少しでも正確な判断が出来るようにしておくためにも、万が一の時に備えて、普段から気象情報の確認を習慣づけておくこと避難場所を把握しておくことが大切です。突然の大雨であっても、知識があるのとないのとでは避難の仕方なども大きく異なるでしょう。

 

くるまのニュース一覧へ戻る