トヨタのリコール情報 | 令和2年7月8日リコール届出

トヨタ自動車は令和2年7月8日に、平成28年から令和2年に生産したダイナ、トヨエースの一部車両について、リコール届出を国土交通省に提出しました。
こちらの記事では、今回出されたリコール届出の詳しい内容についてご紹介したいと思います。そのほか、リコール対象車だった場合どうすればよいのか?などについてもご紹介いたします。ご自身の所有する車がリコール対象車の方などは、ぜひ参考にしてみてください。

>>リコール対象車は売れる?高く売るためのコツ

>>自分の車がリコール対象車になっているか調べてみた

リコール車 無料査定

無料見積はコチラ

トヨタ車リコール情報

トヨタ車リコール情報

今回リコール届けが出された対象車(ダイナ、トヨエースの一部車両)およびに不具合の状況や改善内容についてご説明いたします。ご自身が所有する車がリコール対象車かどうかご心配の方は、車検証をお手元にご準備の上ご確認ください。

令和2年7月8日リコール届出の対象車

今回リコール届けが出された対象車は以下になります。リコール対象車の含まれる車台番号の範囲には対象とならない車両も含まれますので、詳細についてはトヨタ販売店等にお問い合わせください。

車名型式通称名リコール対象車の車台番号リコール対象車の台数
トヨタLDF-KDY231、QDF-KDY231、QDF-KDY231改ダイナ、トヨエースKDY231-8025726~KDY231-804222913,355
LDF-KDY281、LDF-KDY281改KDY281-0017581~KDY281-002825710,556
QDF-KDY221KDY221-8006382~KDY221-80091482,273
LDF-KDY271KDY271-0004825~KDY271-00063961,351
LDF-KDY241VKDY241-0001387~KDY241-0001516120
ABF-TRY220TRY220-0115128~TRY220-01188543,240
ABF-TRY230、ABF-TRY230改TRY230-0126150~TRY230- 1347957,539
NBG-TRY231TRY231-0002252~TRY231-0002429178
NBG-TRY281TRY281-0001215~TRY281-000125945

不具合の状況や改善内容

今回届け出がされたリコールの概要は、リコール対象車(トヨタのダイナ、トヨエースの一部車両)がヘッドランプ後方の電気配線において、配策指示が不適切なためエアコン用ホース口金と接触し、走行時の振動により当該配線の被覆が損傷する可能性が見つかったためです。当該配線の被覆が損傷すると、最悪の場合は短絡してエンストを起こしてしまうおそれが考えられます。改善内容としては全車両エアコン用ホース口金部を点検し、配線保護シートがないものは追加電気配線の被覆が損傷しているものは補修配線固定用金具がない仕様は金具を追加し配線を固定することにより改善を行います。

自分の車がリコール対象車だったら

リコール通知

「リコール」とは、自動車メーカー等が保安基準に適合させるために必要な改善措置を行なうことです。リコール対象車は自動車メーカーや自動車販売店等が無料で点検・修理を行ってくれます。

リコール通知が届く

ご自身が所有している車がリコール対象車の場合、自動車販売店や自動車メーカーから「リコール通知」が届きます。引越し等での住所移転や名義変更をした場合には、車検証の「変更・移転登録」を行う必要があります。これを行っていなければ、万が一ご自身が所有している車がリコール対象車になった場合でも、リコール通知が届かない可能性がありますので変更・移転登録は行うようにしましょう。また、車検証上の所有者名義人がご自身でない場合ももちろんリコール通知は届きません。

リコール対象車ならまずは修理を!

リコール通知が届いたら、まずはディーラーや自動車販売店等に連絡をし指定の場所で点検・修理をしてもらいましょう。「リコール対象車は新車・中古車問わず修理費用などが無料」です。リコール対象車であるにも関わらずそのままほったらかしにしておくのは良くないです。またリコール箇所にもよりますが、「車検検査該当項目」の場合は、修理しておかないと車検に通らない可能性もあるのです。リコール対象車の無償修理には原則的に期限はありませんが、リコール通知が届いたら出来るだけはやめに点検・修理を受けることをおすすめいたします。

リコール対象車でも買い取ってもらえる?

リコール対象車でも買い取ってもらえる?

リコール対象車になったことをきっかけに車の乗り換えを考える方もいらっしゃるでしょう。
では、リコール対象車でも買い取ってもらえるのでしょうか?こちらでは、リコール対象車の買取リコール対象車を売却する際の注意点についてご説明いたします。リコール対象車の売却をご検討中の方は、参考にしてみてください。

リコール対象車でも買取可能

リコール対象車であってももちろん売却することは可能で、リコール対象車だからという理由だけでは車の買取査定に影響することはありません。しかし、売却を考えている場合であっても、査定前にリコール対象箇所の点検・修理を済ませておくに越したことはないでしょう。

リコール対象車を売却する際の注意点

リコール対象車かどうかということよりも、故障カ所があれば車の買取価格は大幅に下がってしまいます。買取査定額は基本的に、メーカー・車種走行距離年式から算出されます。それに加えて、外装状態や内装状態もプラス査定やマイナス査定として算出されます。リコール内容と関係ない故障などは、査定額にもちろん関係します。

高く車を買い取ってくれる廃車買取業者を探す

全国47都道府県の廃車買取おすすめ業者をまとめました。

廃車買取業者を探す

◇北海道・東北エリア
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

◇関東・甲信越エリア
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 山梨県 長野県

◇中部エリア
富山県 石川県 福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県

◇近畿エリア
滋賀県 京都府 兵庫県 大阪府 奈良県 和歌山県

◇中国・四国エリア
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県

◇九州・沖縄エリア
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

 

リコール情報一覧へ戻る