車の警告ランプの意味と対処法!点灯したら速やかな対処を

車にはたくさんの警告ランプが存在します。
警告ランプのそれぞれの意味警告ランプが点灯した場合の正しい対処法をご存じでしょうか?

こちらの記事では、車の警告ランプの種類車の警告ランプが点灯した場合の対処法についてご説明いたします。

車の警告ランプが点灯している場合、点灯している警告ランプによっては車がとても危険な状態である場合があります。車の警告ランプが点灯したらそのまま放置せず、速やかに正しい対処をしましょう

 

トヨタ車 強化買取中

 

車の警告ランプとは

警告

車の警告ランプは世界基準で規格化

車の警告ランプは世界基準で規格化がされており、国産車も外車もほとんど同じデザインの警告ランプとなっています。警告ランプの色には黄色と赤色の2種類があります。警告ランプが黄色の場合は速やかな点検が必要という意味であり、警告ランプが赤色の場合は深刻な状況であり車を即座に停車する必要があるという意味になります。

警告ランプが点灯したら速やかな対処を

車の警告ランプが点灯している場合は、なにかしらのサインを示しています。車の警告ランプが点灯もしくは点滅している場合は、その警告ランプのサインに従って必要な対処を速やかに行うようにしましょう。

車の警告ランプの種類

エンジン警告ランプ

自動車の警告ランプにはたくさんの種類があります。それぞれ重要な意味を持った警告ランプについてご説明いたします。万が一のときに備えて、警告ランプのそれぞれの役割を頭に入れておきましょう。

エンジン警告ランプ

エンジン警告ランプとは、エンジンになにかしらの異常があることを検知した時に点灯する警告ランプです。基本的にエンジン警告ランプは、スピードメーターの付近にあります。エンジンを付けた後や車の走行中にエンジン警告ランプが点灯もしくは点滅している場合は、異常があるという判断になります。

ブレーキ警告ランプ

ブレーキ警告ランプとは、サイドブレーキの作動状態、ブレーキオイル不足、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)の異常があることを示す警告ランプです。

油圧警告ランプ(エンジンオイルランプ)

油圧警告ランプ(エンジンオイルランプ)とは、オイル系統に異常があることを示す警告ランプです。油圧警告ランプ(エンジンオイルランプ)は、エンジンオイルの量が減り油圧が下がることで点灯します。油圧警告ランプ(エンジンオイルランプ)が点灯しているときは、かなり危険な状態と考えた方が良いでしょう。点灯しているにもかかわらず放置してしまっていると、エンジンが停止してしまうおそれがありますので要注意です、

充電警告ランプ(バッテリーランプ)

充電警告ランプ(バッテリーランプ)とは、車の充電状態に異常があることを示す警告ランプです。充電警告ランプ(バッテリーランプ)が点灯しているときは、車に流れる電圧が一定よりも下回っていることを知らせておりかなり危険な状態と考えた方が良いでしょう。充電警告ランプ(バッテリーランプ)が点滅するほど車に流れる電圧が下がってしまっているときは、エンジンが停止してしまうおそれがあるという知らせでもあります。

シートベルト警告ランプ

シートベルト警告ランプとは、電源ポジションがONのときに、運転者がシートベルトをきちんと着用するまで点灯し続けます。万が一運転者がシートベルトを着用していない状態のまま車を走行させてしまうと、シートベルト警告ランプは点滅に代わり警報ブザーが鳴ります

ガソリン残量警告ランプ

ガソリン残量警告ランプとは、ガソリンの残量が少なくなったことを知らせる警告ランプです。ガソリン残量警告ランプが表示されるときのガソリン残量は、車種によって異なります。ガソリン残量警告ランプが表示されたら、速やかにガソリンを補給するようにしましょう。

半ドア警告ランプ

半ドア警告ランプとは、車のドアがきちんと閉まっていないことを知らせる警告ランプです。半ドアのまま走行することは危険ですので、半ドア警告ランプが点灯しているときはドアの開閉を確認しましょう。

高水温警告ランプ

高水温警告ランプとは、エンジン冷却水の温度が正常値ではないことを示す警告ランプです。エンジン冷却水の温度が上がりすぎてしまうと、エンジンが正常に働かなくなってしまうおそれがあります。ただちに車を安全な場所へ停止させ、エンジンを停止させましょう。

ハイブリッドシステム異常警告ランプ

ハイブリッドシステム異常警告ランプとは、ハイブリット車や電気自動車などに搭載されているシステムに対し何かしらの異常があることを示す警告ランプです。車の走行中にバッテリー残量が低下した場合や駆動モーターに異常がみられる場合などに、ハイブリッドシステム異常警告ランプが点灯します。

4WD警告ランプ

4WD警告ランプとは、4WDシステムに異常があることを示す警告ランプです。4WD警告ランプは、本来は電源ポジションをONにすると点灯しエンジンがかかると消灯します。エンジンが回転中に4WD警告ランプが点灯もしくは点滅している場合は、4WDシステムに異常が発生しているもしくは前後輪の回転数または半径に差があることを示しています。

ABS警告ランプ

ABS警告ランプとは、ABS( アンチロック・ブレーキ・システム)系統に何らかの異常があることを示す警告ランプです。車の走行中にABS警告ランプが点灯した場合は、軽くブレーキを踏んでブレーキのかかり具合を確認しましょう。ABS警告ランプが警告している場合、ABS機能が停止している可能性も考えられますので、できるだけはやく整備工場に点検をしてもらうようにしましょう。

エアバック警告ランプ

エアバック警告ランプとは、エアバッグに関する部品やそれに連動するシートベルト関係に故障や異常があることを示す警告ランプです。エアバック警告ランプ点灯の原因として考えられるのは、エアバッグ駆動回路の異常電気系統の異常シートベルトプリテンショナーの故障シートベルトバックルの故障バッテリー容量不足などです。エアバック警告ランプが点灯している状態で車の走行を続けてしまうと、万が一衝突事故等を起こしてしまった場合などに正常にエアバックが作動しない危険性もありますので、十分に注意してください。はやめに整備工場などに持っていきましょう。

まとめ

車と街並み

普段あまり目にしない警告ランプが点灯したら、焦りますよね。車の警告ランプはたくさんの種類があり、それぞれの警告ランプによって危険度も異なります。車の警告ランプの中でも特に、故障やトラブルに繋がる警告ランプのマークと意味を覚えておくと、いざというときに役立つでしょう。安全で快適なカーライフを送るためにも、警告ランプの意味や対処法を把握しておくことをおすすめいたします。

 

くるまのニュース一覧へ戻る